山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 53
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   53 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 53

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【巻き爪2】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「お返事ありがとうございます。
やっぱり病院に行かないといけないのですね。今は化膿して
いなくても、自然には治らないのですね?痛みさえとれたら
自分でまたふやかして爪きりでどうにかしようと思うのですが、
何か薬を塗って痛みをとる方法はありますか?化膿していなくても
爪をとらないといけないものですか?するとしても麻酔してくれるの
でしょうが、その麻酔自体どこにするのですか?少し触っただけで
痛いのに、そこに注射することを想像したら、怖くて病院に
行けないです。爪をとらない方法はありますか?」


#2
##1
「陥入爪(かんにゅうそう)」のおやゆびの局所麻酔は
「伝達麻酔」といって「おやゆび」の「根元」に致します。

##2
上手な先生だと「麻酔なし」でも「あっというまに」
「全抜爪」あるい「部分抜爪」してしまいます。

##3
けれども御相談者のお気持ちもとてもよく判ります。


#3
##1
「細菌感染」が「陥入爪(かんにゅうそう)」の「爪周囲炎」の
原因ですから。

##2
「応急処置」としては「外科原則」としては#4のような
「しのぎかた」があります。


#4
##1
「爪周囲炎」の部分の「安静」を保つ=
「くつなどはきもの」などで「あっぱくされないように」サンダル着用
する。

##2
「陥入爪(かんにゅうそう)」部分を「清潔」に保つ
=「消毒」あるいは「これに匹敵」する処置。

##3
##2のためには「消毒」も大事ですが
「流水で洗浄する」などのテクニックが重要です。

##4
「解放」して「カットバン」などまかない。
=「オープンテクニック」と呼称いたします。

##5
分泌液がでているのは=「うみ」ですから
##4のように「解放」せずに「創部」に溜め込むと
炎症はひどくなります。

##6
「痛みさえとれたら
自分でまたふやかして爪きりでどうにかしようと思うのですが、
何か薬を塗って痛みをとる方法はありますか?」
との事です。
=>
「外用薬」で創部を封じ込めないように
ご注意下さい。


#5結論:
##1
痛みが取れる=「炎症」が散るということですから
「いたみがとれてきたら」一安心ですが。

##2
決して無理はしないで
上記を御参考にされて下さい。

##3
「爪」きりは「炎症」がひけてからにされて下さい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
+++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。
お痛くて可愛そうですね。

#1
##1
「25歳女性。
もともと巻き爪で、足の親指の爪はよくくいこむので、
お風呂上りなどふやけた時に爪きりを入れて切ってい
ました。今回はそれが間に合わなかったのか、すでに
痛くて爪きりを入れることができません。ほおっておい
たらくいこんでいる部分の周りの皮膚が赤くなってきて、
膿みではないけど黄色っぽい汁が少し出始めました。
今は触ると痛いですが、歩けないほどではありません。
自然に治るものでしょうか?治らないとしたら、何科に
行けばいいですか?薬を塗って治りますか?どんな治療
をしますか?お願いします。」
との事です。


#2
##1
「巻き爪」は「陥入爪(かんにゅうそう)」と呼称いたします。
##2
「陥入爪(かんにゅうそう)」は多くの場合「爪周囲炎」を伴って
痛いために「治療」が必要となります。

##3
「抜爪」或は「全抜爪」をして「爪母(そうぼ」や「爪床部(爪の下の皮膚」
の「形成」を致します。

##4
「陥入爪(かんにゅうそう)」は「治療」をするときは「爪周囲炎」
を伴っているために「爪」があると「細菌感染」はどうしても根治せず
再発をくりかえします。
だから「爪」をとる=「抜爪」が必要になります。


#3
##1
「巻き爪」の「治療」=
「陥入爪(かんにゅうそう)」の治療=手術は「一般外科専門医先生」から
「形成外科専門医先生」「皮膚科専門医先生」「美容外科」でも
施行いたします。

##2
御相談者の御相談内容からは
お近くの「一般外科専門医先生」を御受診されてみては如何でしょうか。

##3
ちなみに「陥入爪(かんにゅうそう)」の手術は
先生により「お得意・苦手」がこれほどしっかりと「わかってしまう」
ものはないほど「お得意・苦手」が手術に現れます。

##4
お上手な先生の場合は「あっというまに終わってしまいます」。


#4
##1
「今は触ると痛いですが、歩けないほどではありません。
自然に治るものでしょうか?」との事です。

##2
一時的に「よくなったように」見えても
「陥入爪(かんにゅうそう)」による「爪周囲炎」は「再発」を
繰り返します。

##3
だから「自然に治る」のを期待されずに「早め」に「治療」されたほうが
宜しいと今の私は考えます。

##4
御相談者の場合はお近くの「一般外科専門医先生」を御受診されてみては
如何でしょうか。


#5結論:
##1
「巻き爪」の「治療」=
「陥入爪(かんにゅうそう)」の治療=手術は「一般外科専門医先生」から
「形成外科専門医先生」「皮膚科専門医先生」「美容外科」でも
施行いたします。

##2
「陥入爪(かんにゅうそう)」は多くの場合「爪周囲炎」を伴って
痛いために「治療」が必要となります。

##3
「抜爪」或は「全抜爪」をしたうえで「爪母(そうぼ」や「爪床部(爪の下の皮膚」
の「形成」を致します。

##4
「陥入爪(かんにゅうそう)」は「治療」をするときは「爪周囲炎」
を伴っているために「爪」があると「細菌感染」はどうしても根治せず
再発をくりかえします。
だから「爪」をとる=「抜爪」が必要になります。


##5
お上手な先生の場合は「あっというまに終わってしまいます」。


##6
御相談者の場合やはり「巻き爪」が自然に根治するとは
考えられませんので。
お近くの「一般外科専門医先生」を御受診されられると
宜しいと今の私は考えます。

##7
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月31日 6時21分49秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: はな   
25歳女性。
もともと巻き爪で、足の親指の爪はよくくいこむので、
お風呂上りなどふやけた時に爪きりを入れて切ってい
ました。今回はそれが間に合わなかったのか、すでに
痛くて爪きりを入れることができません。ほおっておい
たらくいこんでいる部分の周りの皮膚が赤くなってきて、
膿みではないけど黄色っぽい汁が少し出始めました。
今は触ると痛いですが、歩けないほどではありません。
自然に治るものでしょうか?治らないとしたら、何科に
行けばいいですか?薬を塗って治りますか?どんな治療
をしますか?お願いします。

[2004年3月30日 23時17分39秒]

+++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月31日 16時47分12秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ぶるぶる   
お返事ありがとうございます。
やっぱり病院に行かないといけないのですね。今は化膿して
いなくても、自然には治らないのですね?痛みさえとれたら
自分でまたふやかして爪きりでどうにかしようと思うのですが、
何か薬を塗って痛みをとる方法はありますか?化膿していなくても
爪をとらないといけないものですか?するとしても麻酔してくれるの
でしょうが、その麻酔自体どこにするのですか?少し触っただけで
痛いのに、そこに注射することを想像したら、怖くて病院に
行けないです。爪をとらない方法はありますか?

[2004年3月31日 12時15分59秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【足にしこりが・・・。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「お世話になります。ずっと昔ですが、ピアスホールの粉瘤について
何度か相談させてもらった25歳女です。
数年前から、右足の膝から20センチくらい下(べんけい?)の
部分に小さなしこりがありました。触ると少し痛い程度で気にして
なかったのですが、最近痩せたためか、そのしこりが少し大きく
なったような気がします。今は直径5ミリくらいです。触った時
の痛みも少しひどいような気もします。触らなければ、外からは
気になるほど大きくもないし、痛みもないのですが、石のように
コリコリしていて皮膚の中を少し移動します。
これも、耳にできたものと同じでしょうか?とってもらったほうが
いいものでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「今は直径5ミリくらいです。触った時
の痛みも少しひどいような気もします。触らなければ、外からは
気になるほど大きくもないし、痛みもないのですが、石のように
コリコリしていて皮膚の中を少し移動します。」
との事です。


##2
御相談者の御相談内容からは
「粉瘤=アテローマ」とは異なる印象を受けます。

##3
さりとてこれは「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」では
あろうと考えます。


#3
##1
「石のように
コリコリしていて皮膚の中を少し移動します。」の
「しこり」がおおきくならないのであれば
そのまま「御様子見」でも宜しいと考えます。

##2
どうしてもご心配で
綺麗に手術をするとお考えであれば「形成外科専門医先生」を
御受診されて「摘出」していただくと宜しいです。

##3
当然検査してくださるとは存じますが「「病理組織検査診断」
もしていただいたほうが宜しいです。

##4
御相談者の御相談内容を拝見する限り
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」でも
「良性」のものであろうと今の私は考えます。


#5結論:
##1
この「おみあし」の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」は
「粉瘤=アテローマ」とは異なる印象を私は持ちます。

##2
大きくならないままであれば
しばらく「御様子見」でも宜しいと今の私は考えます。

##3
どうしても心御配であれば「形成外科専門医先生」
を御受診されて「とるべきか」「とらないべきか」も含めて
様々に御相談されてみるのが宜しいおではないか
と今の私は考えます。

##4
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月31日 6時38分50秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: とっち   
お世話になります。ずっと昔ですが、ピアスホールの粉瘤について
何度か相談させてもらった25歳女です。
数年前から、右足の膝から20センチくらい下(べんけい?)の
部分に小さなしこりがありました。触ると少し痛い程度で気にして
なかったのですが、最近痩せたためか、そのしこりが少し大きく
なったような気がします。今は直径5ミリくらいです。触った時
の痛みも少しひどいような気もします。触らなければ、外からは
気になるほど大きくもないし、痛みもないのですが、石のように
コリコリしていて皮膚の中を少し移動します。
これも、耳にできたものと同じでしょうか?とってもらったほうが
いいものでしょうか?

[2004年3月30日 23時29分29秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【巻き爪】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
お痛くて可愛そうですね。

#1
##1
「25歳女性。
もともと巻き爪で、足の親指の爪はよくくいこむので、
お風呂上りなどふやけた時に爪きりを入れて切ってい
ました。今回はそれが間に合わなかったのか、すでに
痛くて爪きりを入れることができません。ほおっておい
たらくいこんでいる部分の周りの皮膚が赤くなってきて、
膿みではないけど黄色っぽい汁が少し出始めました。
今は触ると痛いですが、歩けないほどではありません。
自然に治るものでしょうか?治らないとしたら、何科に
行けばいいですか?薬を塗って治りますか?どんな治療
をしますか?お願いします。」
との事です。


#2
##1
「巻き爪」は「陥入爪(かんにゅうそう)」と呼称いたします。
##2
「陥入爪(かんにゅうそう)」は多くの場合「爪周囲炎」を伴って
痛いために「治療」が必要となります。

##3
「抜爪」或は「全抜爪」をして「爪母(そうぼ」や「爪床部(爪の下の皮膚」
の「形成」を致します。

##4
「陥入爪(かんにゅうそう)」は「治療」をするときは「爪周囲炎」
を伴っているために「爪」があると「細菌感染」はどうしても根治せず
再発をくりかえします。
だから「爪」をとる=「抜爪」が必要になります。


#3
##1
「巻き爪」の「治療」=
「陥入爪(かんにゅうそう)」の治療=手術は「一般外科専門医先生」から
「形成外科専門医先生」「皮膚科専門医先生」「美容外科」でも
施行いたします。

##2
御相談者の御相談内容からは
お近くの「一般外科専門医先生」を御受診されてみては如何でしょうか。

##3
ちなみに「陥入爪(かんにゅうそう)」の手術は
先生により「お得意・苦手」がこれほどしっかりと「わかってしまう」
ものはないほど「お得意・苦手」が手術に現れます。

##4
お上手な先生の場合は「あっというまに終わってしまいます」。


#4
##1
「今は触ると痛いですが、歩けないほどではありません。
自然に治るものでしょうか?」との事です。

##2
一時的に「よくなったように」見えても
「陥入爪(かんにゅうそう)」による「爪周囲炎」は「再発」を
繰り返します。

##3
だから「自然に治る」のを期待されずに「早め」に「治療」されたほうが
宜しいと今の私は考えます。

##4
御相談者の場合はお近くの「一般外科専門医先生」を御受診されてみては
如何でしょうか。


#5結論:
##1
「巻き爪」の「治療」=
「陥入爪(かんにゅうそう)」の治療=手術は「一般外科専門医先生」から
「形成外科専門医先生」「皮膚科専門医先生」「美容外科」でも
施行いたします。

##2
「陥入爪(かんにゅうそう)」は多くの場合「爪周囲炎」を伴って
痛いために「治療」が必要となります。

##3
「抜爪」或は「全抜爪」をしたうえで「爪母(そうぼ」や「爪床部(爪の下の皮膚」
の「形成」を致します。

##4
「陥入爪(かんにゅうそう)」は「治療」をするときは「爪周囲炎」
を伴っているために「爪」があると「細菌感染」はどうしても根治せず
再発をくりかえします。
だから「爪」をとる=「抜爪」が必要になります。


##5
お上手な先生の場合は「あっというまに終わってしまいます」。


##6
御相談者の場合やはり「巻き爪」が自然に根治するとは
考えられませんので。
お近くの「一般外科専門医先生」を御受診されられると
宜しいと今の私は考えます。

##7
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月31日 6時21分49秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: はな   
25歳女性。
もともと巻き爪で、足の親指の爪はよくくいこむので、
お風呂上りなどふやけた時に爪きりを入れて切ってい
ました。今回はそれが間に合わなかったのか、すでに
痛くて爪きりを入れることができません。ほおっておい
たらくいこんでいる部分の周りの皮膚が赤くなってきて、
膿みではないけど黄色っぽい汁が少し出始めました。
今は触ると痛いですが、歩けないほどではありません。
自然に治るものでしょうか?治らないとしたら、何科に
行けばいいですか?薬を塗って治りますか?どんな治療
をしますか?お願いします。

[2004年3月30日 23時17分39秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【目の下のあざについて】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


「あざ」の「色調」とか「あざ」の特徴の
御記載が御座いません。
御回答限界なのですが可能な限り御回答致します。


+++++++++++++++++++++++++
始めに御回答の結論を御記載致します。


単純明快に「眼」との距離関係の「御心配」とかんがえれば。
=>
「眼」の真下の「あざ」でも
「治療」は可能と御考え下さい。
下眼嶮の「まつげ」の「はえぎわ」の「あざ」でも
「レーザー外科」などの「治療」
は可能で御座います。」
+++++++++++++++++++++++++


#1
##1
「私は18歳の女性です。
ご相談は目の下のあざについてです。
生まれた頃からあるもので2cmくらいの楕円形です。
本当に目のすぐ下なのですが治療は可能なのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは
「どのような」「あざ」なのか皆目に見当がつきません。

##2
「あざ」にも多様な種類の「あざ」が御座います。

##3
まずは御相談者の場合は
「皮膚科」先生を御受診されてしっかりと
「あざ」の「御診断」を受けられる必要がありますね。


#3
##1
もしも「あざ」=「茶あざ」を意味されているとしたら
「ほくろ」「雀卵斑」(「そばかす」)の「いとこ」
のような「あざ」も御座います。
また一方では
「肝斑」「扁平母斑」など「レーザー外科」で難易度の
高い「あざ」の可能性も御座います。


「レーザー外科」の対象で御座います。


##2
もしも「あざ」=「くろい(あおい)あざ」を意味されているとしたら
「太田母斑」などの可能性も御座います。
「レーザー外科」の対象で御座います。


##3
もしも「あざ」=「あかいあざ」を意味されているとしたら
「血管腫」の可能性やその他が御座います。
「レーザー外科」の対象で御座います。

##4
もしも「あざ」=「灰色あざ」を意味されているとしたら
「「海綿状血管腫」の可能性が御座います。
「レーザー外科」の対象で御座います。

##5
その他「なんとおり」も考えられます。

##6
御免なさい。
いずれにしても「いかなるあざ」なのか見当が
つきません。


#3
##1
「本当に目のすぐ下なのですが治療は可能なのでしょうか?」
とのことから御相談者は
「あざ」を「レーザー外科」で治療されることをも
お考えでいらっしゃると考えます。

##2
「本当に目のすぐ下なのですが治療は可能なのでしょうか?」
との事ですが。

##3
「レーザー外科」の「治療」の対象となる
「あざ」であれば。

##4
「目の下」直下であろうと「眼嶮」にあろうと
「レーザー光照射」
は「可能」で御座います。


#5結論:
##1
御相談者の「御心配」は大変よく判ります。

##2
けれども
御相談者の御相談内容からは
「あざ」の「色調」とか「あざ」の特徴の
御記載が御座いません。

「どのようなあざ」なのか見当がつきません。

##3
まずは
「皮膚科専門医」先生を御受診されしっかりと
「御診断」をたてて頂くのが「だいじ」。


##4
「「本当に目のすぐ下なのですが治療は可能なのでしょうか?」
とのことから御相談者は
「あざ」を「レーザー外科」で治療されることをも
お考えでいらっしゃると考えます。」


##5
御相談者が「あざ」の「レーザー光照射」の「眼への影響」

御考えになられている様子が眼に浮かびますが。

この点は大丈夫です。


##6
「レーザー外科」の対象となる「あざ」なのであれば
「目の下」直下でも「レーザー光照射」を行う高い技術が
御座います。
御心配は無用です。


##7
けれども「治療」のまえに
まずは「皮膚科」の先生のところにいかれて
「御診断」をしっかりとつけてていただく必要があります。

##8
「ご相談は目の下のあざについてです。
生まれた頃からあるもので2cmくらいの楕円形です。
本当に目のすぐ下なのですが治療は可能なのでしょうか?」
との「御相談」
は単純明快に「眼」との距離関係の「御心配」とかんがえれば。
=>
「眼」の真下でも
「治療」は可能と御考え下さい。
下眼嶮の「まつげ」の「はえぎわ」の「あざ」でも「治療」
は化膿で御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月30日 6時11分58秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: エリ   
私は18歳の女性です。
ご相談は目の下のあざについてです。
生まれた頃からあるもので2cmくらいの楕円形です。
本当に目のすぐ下なのですが治療は可能なのでしょうか?

[2004年3月29日 21時46分5秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【毛孔性角化症】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「毛孔性角化症の治療費について教えてください。
私自身長い間悩み続けていますが、今はそれ以上に、8歳の娘のことが心配です。
うっすらと手足に湿しんが出てきていましたが、本人が頬の湿しんに気がついて、
気にし始めました。くるべきときがきたと感じ必死の思いで検索したところこちらに
たどり着きました。本当にうれしかったです。
しかし前の方の回答で1週間の薬代が5万円と拝見ました。
これだけは絶対に用意してやりたいのです。
トータルでの費用は個人差があるでしょうがぜひお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)=
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の「御診断」は
受けられていますでしょうか。

##2
「おちいさいときに」「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)で
「おとなになったらなおります」と「皮膚科先生」にいわれて
「大人」になっても「なおらず」苦労されている患者さんは
少なくありません。

##3
御母様が「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)であられるのであれば
間違いはないと考えますが。

##4
けれども「皮膚科専門医」先生を御受診されての「御診断」が
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)であったと「仮定」して
御回答致します。


#3
##1
「私自身長い間悩み続けていますが、今はそれ以上に、8歳の娘のことが心配です。
うっすらと手足に湿しんが出てきていましたが、本人が頬の湿しんに気がついて、
気にし始めました。くるべきときがきたと感じ・略・」
との事です。

##2
お気持ちは大変よくわかります。

##3
「8歳の御嬢様」の場合重要なことはお嬢様の場合
御嬢様自身が
「きにされているか」「なやまれているか」「すごく悩まれているか」
により「状況」は大変異なります。

##4
学校の先生に「おこさま」が「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)
で「悩まれる」ことがあること。またそれ以前に
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の「病名」すらご存じない
場合もあります。

##5
逆に「学校の担任の先生」が御婦人で御自分も
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)で苦労されており
「大変よく理解していただけた」という事例も御座います。

##6
「うっすらと手足に湿しんが出てきていましたが、
本人が頬の湿しんに気がついて、
気にし始めました。」と「お子様」の場合「手足」でくることが
圧倒的に多いものです。

##7
「女の子さま」の場合「制服」のスカートをはけず「ズボン」
をはかざるを得ないこともありえます。

##8
また「体育の授業」のときこれは御嬢様もなかなかお母様にいわないことも
あるのだけれども「体育の授業」を「大変きにされれて悩まれている」ことが
御座います。

##9
多くの場合「学校の担任の先生」に
御嬢様が「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)であることを
「理解」していただくことようにお母様が「とりはからっていただくように」
おじはなしされることも重要であると今の私は考えます。

##10
「学校の担任の先生」が「校医」の先生に尋ねられて
「大人になったらなおるもの」と聞かされることが
実に多いものです。

##11
「大人になったらなおるものだからきにするな」
と「学校の担任の先生」にいわれてますます
御嬢様が「きずついてしまわれた」事例も御座います。


#4
##1
#1#2#3までの上記の
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の御嬢様の「背景要因」
をまず御母様は「再度」ご確認下さい。

##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
御嬢様を「守るため」です。

##3
上記に御記載いたしましたが御嬢様が
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)
で「大変悩んでいる場合」は「治療」されたほうが宜しいです。

##4
「しかし前の方の回答で1週間の薬代が5万円と拝見ました。
これだけは絶対に用意してやりたいのです。
トータルでの費用は個人差があるでしょうがぜひお聞きしたいです。」
との事です。

##5
「「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)」の「ひろがり」
「手足」とのことです。

##6
「「活性ビタミンD3(AVD3)」の「御費用」は1週間分で
お母様のご指摘の「目安」通りであろうであろうと推測いたします。

##7
「週1回通院=##6」x「何回通院が必要」か=「総御費用」という
ことになります。

##8
結果論的には
「8歳の御嬢様」くらいで週1回通院で御母様と御一緒に
「学校のある日でも御通院可能」である患者さんで
6回ー10回位の通院の方が多かったように思われます。

##9
「トータルでの費用は個人差があるでしょうがぜひお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。」との事です。

これは「御費用」x「通院回数」=「総御費用」と考えて計算されて
いただけますでしょうか。


#5結論:
##1
手足にも「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療」を
はじめると「おみあし」はスカートは困難で「紫外線」という観点
からもズボンのほうが宜しいです。


##2
「学校の担任の先生」にも
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の御嬢様の場合は
「治療」をしても・しなくても・

様々に「配慮していただくことがある」
ことを御銘記下さいませ。


##3
判りづらいことが御座いましたらば。
病院の医療事務・受付嬢までお電話を頂けますか。
不躾御許し下さい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月28日 9時25分51秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 田中   
毛孔性角化症の治療費について教えてください。
私自身長い間悩み続けていますが、今はそれ以上に、8歳の娘のことが心配です。
うっすらと手足に湿しんが出てきていましたが、本人が頬の湿しんに気がついて、
気にし始めました。くるべきときがきたと感じ必死の思いで検索したところこちらに
たどり着きました。本当にうれしかったです。
しかし前の方の回答で1週間の薬代が5万円と拝見ました。
これだけは絶対に用意してやりたいのです。
トータルでの費用は個人差があるでしょうがぜひお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。

[2004年3月27日 22時44分14秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【立ち耳の手術について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「5歳の娘のことでご相談いたします。
半年ほど前、耳のことで相談したく病院を訪れたところ、
「立ち耳」と診断され、手術でしか治せないと言われ
ました。
その後、本などで調べたところ、手術をする場合「耳の
裏の皮膚を切り、軟骨を削り、皮膚を縫い合わせる」と
いう簡単な手術のようでしたが、後遺症、術後の不具合
(失敗)など本当にないのか心配です。
本には載っていない下記のことについても気になります。
(そうなることはないのでしょうか?)
1、眼鏡がかかりづらくなるなど
2、耳以外の箇所に手を加えることなどないのかどうか
(耳を起こすために側頭部に耳を縫い付けるなど)
どうかご返答いただきたくお願い致します。」
との事です。


#2
##1
「立ち耳」というのは「耳介軟骨の変形」
で起こるものなので御座います。
御診断が「立ち耳」ということで御回答を申し上げます。

##2
立ち耳を含めて「耳介軟骨の変形」でおこる「形状不全」
を御説明いたします。
これらの「病態」は「耳介の先天異常」と呼称されることも
御座います。

##3
耳介の軟骨の小さな変形では
###1
スタール耳(とがった耳)、
###2
おれ耳、
###3
立ち耳
###4
その他
などがあります。

##4
これらの中には「小さな変形の場合」であり、
かつ幼少時に見つかれば装着器具を使って手術なしに
矯正可能な場合もないわけではありません。

##5
けれども
これは出来るだけ軟骨が柔らかい幼少時に
のみ初めて行えることです。

##6
「耳介頭蓋角」の御記載が止むを得ずも無く
どの程度の「立ち耳」か判断しにくいのですが
可能な限りで御回答いたします。


#3
##1
「立ち耳」に関しては「お子様」が
さらに大きくなった場合
軟骨が堅くなり美醜に差し支える場合は形成外科で
手術を行い修復手術を致します。

##2
「本などで調べたところ、手術をする場合「耳の
裏の皮膚を切り、軟骨を削り、皮膚を縫い合わせる」と
いう簡単な手術のようでしたが・・略・」
との事です。

##3
これは「耳介形成術」のことと考えます。
「簡単な手術」との事ですが「とんでもありません」。

##4
「左右対称」に「形成外科」手術を施行しなければ
ならない「耳介形成術」は私は「大変」難易度の高い手術のひとつと
考えています。

##5
「顔面外科」で簡単な手術というものは
はひとつもないと今の私は考えます。


#4
##1
いずれにいたしましても
ご心配が尽きないと存じます。
##2
お気持ちは大変よくわかります。
##3
「顔面外科手術」には「全身麻酔」が必ず必要で御座います。
これは「寸分たがわぬ」手術を進行させるために
「お子様」の場合局所麻酔では不可能ということも
御座います。

##4
「耳介手術」の場合成人でも「全身麻酔」で施行致します。


#5
##1
「後遺症、術後の不具合
(失敗)など本当にないのか心配です。」
との事です。

##2
「ありとあらゆる手術」に「後遺症、術後の不具合
(失敗)など」の可能性は「頻度は少ないにせよ」必ずや
御座います。

##3
あくまでも「可能性」で御座います。

##4
だから「立ち耳」は「病気なのであるか」であるかという次元まで
議論は進みます。

##5
##4の「「立ち耳」は「病気なのであるか」」
に関して#6に記載いたします。


#6
##1
「正常耳介」の認識に関しては
は本邦と「欧州・米国」では著しく差異があり認識は異なります。

##2
「耳介頭蓋角」という「顔面外科」ならではの「測定角度」が
御座います。

##3
「耳介頭蓋角」は「欧州・米国」では「30度」であるのに対して
本邦では平均「83度」で御座います。

##4
だから「欧州・米国」で「立ち耳」とされるお子様の大多数は
本邦では「正常範囲」と見なされます。

##5
余談ですが「大きく目立つ耳介」は本邦では「副耳」とされ
「縁起のよい耳」とされ喜ばれますが。

##6
「欧州・米国」では「悪魔の耳:devil ear」とされ
「形成外科」の対象となります。

##7
一般的に「欧州・米国」で「耳介形成術」の対象は主として
本邦では正常範囲の「立ち耳」の患者さんが多いものです。

##8
一方本邦では「耳介形成術」の対象は「埋没耳」が患者さん
としては多いものです。


#7
##1
「耳介形成術」を行なわれる場合
もしもお小さいから、「入院」されるとなると
「小児科」に入院してということになりますでしょうか。

##2
いずれにしても手術を考える場合では
「お受けもちの先生」は
形成外科医師と小児科医師
が必用ですね。

##3
だから具体的に「立ち耳」ではあられても。

##4
「耳介形成術」が必要であるのか
また必要でないのかに関しては
「形成外科専門医」の
「お受けもちの先生」と再度よくご相談され
慎重に進路をとられるのが宜しかろうと考えます。

##5
「1、眼鏡がかかりづらくなるなど
2、耳以外の箇所に手を加えることなどないのかどうか
(耳を起こすために側頭部に耳を縫い付けるなど)」
に関しては。

##6
「5歳の御嬢様」の「立ち耳」の程度がはんだんできないし
また「耳介形成術」の手法も細かく言えば「何千通り」も
ありますから御回答限界で御座います。

##7
このような御解答しかできません。
御免なさい。

##8
的外れな御回答であればお許し下さい。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月28日 8時24分39秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: さくら   
5歳の娘のことでご相談いたします。
半年ほど前、耳のことで相談したく病院を訪れたところ、
「立ち耳」と診断され、手術でしか治せないと言われ
ました。
その後、本などで調べたところ、手術をする場合「耳の
裏の皮膚を切り、軟骨を削り、皮膚を縫い合わせる」と
いう簡単な手術のようでしたが、後遺症、術後の不具合
(失敗)など本当にないのか心配です。
本には載っていない下記のことについても気になります。
(そうなることはないのでしょうか?)
1、眼鏡がかかりづらくなるなど
2、耳以外の箇所に手を加えることなどないのかどうか
(耳を起こすために側頭部に耳を縫い付けるなど)
どうかご返答いただきたくお願い致します。

[2004年3月27日 21時32分18秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【ほくろの切除縫合のあと】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「はじめまして 34才、女性です。
こちらの相談コーナーを見て勉強させてもらっています。
もっと早くにこちらのページを知っていたらと後悔する毎日です。

さて、一ヶ月前ほどに右の口角より約2.5cmほど下の4mmのほくろを
切除縫合しました。
皮膚科のお医者さんに言われるがままに切除縫合しました。
(ガンの可能性があると言われました。
小さいころからあるホクロで大きさはほとんど変わりませんが
年令とともに盛り上がってきたので、気になって皮膚科を受診したところ、
すぐに血液検査、手術という感じでした。
一応保険でしたが、美容整形でほくろを切除したのと
変わらない金額になりました。
結局、結果はがんではありませんでした。)

質問1:皮膚科のお医者さんは手術痕はニキビ跡ぐらいの
小さな赤い点になり、ほとんど目立たないということでしたが
本当にそうなるのでしょうか?

こちらの相談コーナーを見ても傷跡はうっすら残ると書いてありますが
。。。皮膚科のお医者さんは手術の方法は巾着縫合ということでしたが、
実際の手術は普通にブラックジャックの顔のキズの状態で
(切開の線にほぼ垂直に2針)でした。
これは本当に巾着縫合で、傷跡は”ニキビ痕のような赤い点になる”
のでしょうか?

質問2:手術痕は一ヶ月たちますが、引きつれが残っており、
糸のあともあります。傷は少し凹んでおり
、周囲が固く盛り上がっています
。一度、手術をしたお医者さんに見てもらったのですが、

引きつれや傷跡はキレイになると言うばかりで、余計に不安になります。
本当に時間が立てば周囲の固くなり盛り上がっている部分は柔らかく
平らになり、引きつれも治るんでしょうか?
(引きつれは現在、笑うとかなり
不自然なしわが手術痕に沿ってできます。
手術痕の赤みや周囲の盛り上がり、引きつれは
写真で記録していますがほとんど変化はありません。)

また、どのくらいで傷が落ち着いてくるものなのでしょうか?

傷は現在のところ、ほくろより目立っています。
(ほくろは盛り上がってはいましたが4mmの色が
そんなに濃くないものだったのであまり目立ちませんでした)
こんなんだったら切除しなければ良かったと思います。
長くなりましたが
、どうかよろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「皮膚科専門医」先生の「手術」は

基本的に「形成外科」或いは「美容外科」
の手術とは「異なるものです」。

##2
「外科系の先生」であればどの「先生」も「創傷痕」は綺麗に
と御考えになるはずです。
お考えにならない先生はいないでしょうね。

##3
けれども「「手術縫合線痕」を綺麗にする」の
適切な表現が思い浮かばないのですが
「形成外科」そして更に「美容外科」の場合
「綺麗のレベル」が全く異なるはずであると今の私は考えます。


#3
##1
「質問1:皮膚科のお医者さんは手術痕はニキビ跡ぐらいの
小さな赤い点になり、ほとんど目立たないということでしたが
本当にそうなるのでしょうか?

こちらの相談コーナーを見ても傷跡はうっすら残ると書いてありますが
。。。皮膚科のお医者さんは手術の方法は巾着縫合ということでしたが、
実際の手術は普通にブラックジャックの顔のキズの状態で
(切開の線にほぼ垂直に2針)でした。
これは本当に巾着縫合で、傷跡は”ニキビ痕のような赤い点になる”
のでしょうか?」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容から「手術縫合線痕」が
「実際の手術は普通にブラックジャックの顔のキズの状態」であるのであれば。

##3
これは勿論「巾着縫合」ではなく
通常の「線状切開方法」と通常の「縫合」方法
であると考えられますね。

##4
「皮膚科のお医者さんは手術痕はニキビ跡ぐらいの
小さな赤い点になり、ほとんど目立たないということでしたが
本当にそうなるのでしょうか?」との事です。

##5
##4の「状況」=「一言で言えば目立たないこと」
は「美容外科」「形成外科」の「レベル」でも御座います。

##6
「形成外科」「美容外科」でも「切開・縫合」の場合はどうしても
「傷痕」は残ります。

##7
「傷痕が残る」=「目立つ」ということですから「形成外科」「美容外科」
では「ほくろ」の「治療戦略」に「レーザー光照射装置」を用いることに
至る事が多いです。

##8
「これは本当に巾着縫合で、傷跡は”ニキビ痕のような赤い点になる”
のでしょうか?」
=>
御記載からは巾着縫合とは思えません。
「4mmの「ほくろ」」ですから「縫合線痕」が「白く残る」
と今の私は考えます。

##9
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。


#4
##1
「質問2:手術痕は一ヶ月たちますが、引きつれが残っており、
糸のあともあります。傷は少し凹んでおり
、周囲が固く盛り上がっています
。一度、手術をしたお医者さんに見てもらったのですが、

引きつれや傷跡はキレイになると言うばかりで、余計に不安になります。
本当に時間が立てば周囲の固くなり盛り上がっている部分は柔らかく
平らになり、引きつれも治るんでしょうか?・略・
また、どのくらいで傷が落ち着いてくるものなのでしょうか?」
との事です。

##2
「一ヶ月前ほどに右の口角より約2.5cmほど下の4mmのほくろを
切除縫合しました。」との事ですから。

##3
「皮膚のターンオーバー」は「1回」終了していると考えます。
まだ「若い「創傷痕」」なので今後様々に「動きがある」と
今の私は考えます。

##4
「一ヶ月前ほどに右の口角より約2.5cmほど下の4mmのほくろを
切除縫合しました。」との「口唇周囲」の「口輪筋」の上に「皮膚」が
あります。

##5
この場所に「形成外科」でも「美容外科」でも「さまざまな理由」で
「切開法」を施行する場合は。

##6
何回も何回も「御顔の表情」を確かめ「皮膚の割線(かっせん)」
に「さからわない」ように「手術縫合線痕」がなるように
入念にデザインいたします。

##7
けれども御婦人は「表情」のほかにお顔のの皮膚の保湿のために
「洗顔」も大事ですね。

##8
どのような洗顔をされるのか「洗顔してみせていただいたり」しながら
「レーザー外科」「レーザー治療」の場合さえも「治療戦略」を
変更していきます。

##9
「引きつれや傷跡はキレイになると言うばかりで、余計に不安になります。
本当に時間が立てば周囲の固くなり盛り上がっている部分は柔らかく
平らになり、引きつれも治るんでしょうか?」
との事です。

##10
「顔面皮膚」は「形状記憶性」が強いですから
また「手術縫合線痕」には「垂直=90度」のちからが加わりますから。

##11
「創傷痕」が落ち着かれる形で・或いは「術痕はニキビ跡ぐらいの
小さな赤い点になり、ほとんど目立たない」形で
「手術縫合線痕」が落ち着くのは困難であろうと今の私は考えます。

##12
このような御回答しかできなくて
申し訳ありません。
御免なさい。


#5
##1
「周囲の固くなり盛り上がっている部分は柔らかく
平らになり、引きつれも治るんでしょうか?
(引きつれは現在、笑うとかなり
不自然なしわが手術痕に沿ってできます。」
との事です。

##2
上記よりこの「手術縫合線痕」は元来
「右の口角より約2.5cmほど下の4mmのほくろ」という大変に
「「手術縫合線痕」を綺麗にする」となると「難易度」の高い場所
にできています。

##3
「手術縫合線痕」としては確立されて残る可能性は高いと
今の私は考えます。

##4
けれども「ほくろ」が「悪性」でなくて宜しかったです。

##5
御相談者もご周知のように「形成外科」「美容外科」先生で
「おかおのほくろ」「治療戦略」を「切開法」でいかれる先生
はほくろが「悪性」の可能性のある場合であり
「極めて慎重であり」かつ「必ず痕は残ります」とおっしゃられると
今の私は考えます。

##6
「皮膚科専門医」のお受けもちの先生も一生懸命で
いらっしゃったことと存じます。

##7
けれども今御相談者は「慌てずに」しばらくに
御様子見をされて下さい。すんだことです。

##8
そして「手術縫合線痕」が気になるようであれば
改めて「どうしてなおそうか」を
考えられるようにされていただくほうが宜しいと
思います。


#6結論:
##1
「傷は現在のところ、ほくろより目立っています。
(ほくろは盛り上がってはいましたが4mmの色が
そんなに濃くないものだったのであまり目立ちませんでした)
こんなんだったら切除しなければ良かったと思います。」
との事です。

##2
御相談者の「ほくろ」の手術のあとが御相談者の御考えどおり
ではないようなので。
これは
「さいなん」であったとも今の私は考えます。

##3
御顔の「顔面外科手術」はくれぐれも「慎重」に進路
をとられて下さいますように。

##4
今御相談者は「慌てずに」しばらくに
心を落着けられて御様子見をされて下さい。すんだことです。

##5
そして「手術縫合線痕」が気になるようであれば
改めて「どうしてなおそうか」を
考えられるようにされていただくほうが宜しいと
思います。


##6
「レーザー外科」「「傷跡」レーザーフエイシャル」
で治せる「治療戦略」はあるのです。

##7
御気持ちは大変によく判ります。
お辛いであろうとも考えます。
けれどもまだ10mmの「ほくろ」の「切開法」
でなくて宜しかったと御考えいただけますか。


##8
このような御回答しか出来ません。
御免なさい。

的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月25日 12時42分46秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
はじめまして 34才、女性です。
こちらの相談コーナーを見て勉強させてもらっています。
もっと早くにこちらのページを知っていたらと後悔する毎日です。

さて、一ヶ月前ほどに右の口角より約2.5cmほど下の4mmのほくろを
切除縫合しました。
皮膚科のお医者さんに言われるがままに切除縫合しました。
(ガンの可能性があると言われました。
小さいころからあるホクロで大きさはほとんど変わりませんが
年令とともに盛り上がってきたので、気になって皮膚科を受診したところ、
すぐに血液検査、手術という感じでした。
一応保険でしたが、美容整形でほくろを切除したのと
変わらない金額になりました。
結局、結果はがんではありませんでした。)

質問1:皮膚科のお医者さんは手術痕はニキビ跡ぐらいの
小さな赤い点になり、ほとんど目立たないということでしたが
本当にそうなるのでしょうか?

こちらの相談コーナーを見ても傷跡はうっすら残ると書いてありますが
。。。皮膚科のお医者さんは手術の方法は巾着縫合ということでしたが、
実際の手術は普通にブラックジャックの顔のキズの状態で
(切開の線にほぼ垂直に2針)でした。
これは本当に巾着縫合で、傷跡は”ニキビ痕のような赤い点になる”
のでしょうか?

質問2:手術痕は一ヶ月たちますが、引きつれが残っており、
糸のあともあります。傷は少し凹んでおり
、周囲が固く盛り上がっています
。一度、手術をしたお医者さんに見てもらったのですが、

引きつれや傷跡はキレイになると言うばかりで、余計に不安になります。
本当に時間が立てば周囲の固くなり盛り上がっている部分は柔らかく
平らになり、引きつれも治るんでしょうか?
(引きつれは現在、笑うとかなり
不自然なしわが手術痕に沿ってできます。
手術痕の赤みや周囲の盛り上がり、引きつれは
写真で記録していますがほとんど変化はありません。)

また、どのくらいで傷が落ち着いてくるものなのでしょうか?

傷は現在のところ、ほくろより目立っています。
(ほくろは盛り上がってはいましたが4mmの色が
そんなに濃くないものだったのであまり目立ちませんでした)
こんなんだったら切除しなければ良かったと思います。
長くなりましたが
、どうかよろしくお願いします。

[2004年3月25日 11時24分33秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【ピアスホールの化膿?】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「27歳 女性です。
1月はじめにあけたピアス、問題なく
経過したので10週間たったころセカンド
ピアスをつけました。付け替えているときに
出血してしまいましたが、なおりました。
さらに数日後、軸を通そうとしたら後ろから
出てこないため少し動かしすぎたのか
貫通するまでに痛みがありました。
その翌日腫れ、赤み、痛み、が出ました。
でも穴がふさがりそうだったので
ピアスはそのままにしました。
翌日、膿が出たのでイソジン消毒し、
ゲンタシン軟膏を塗りました。
事情があり病院にいけません。
穴をふさがず、治すにはどうしたらよいでしょうか?」
との事です。


#2
##1
ご心配なことと存じます。

##2
御相談者の御相談内容からは
「フアーストピアス」から「セカンド・ピアス」への
移行が「10週間」ではやや「早め」な気が致します。

##3
そして「セカンドピアス」の「ピアススタッド」が太すぎるか
「最初のピアスホール」が「フアーストピアシング」の際に
小さかったようにも思われます。


#3
##1
「感染性ピアストラブル」でいらっしゃるようです。

##2
そして今極めてわかりやすく言えば
セカンドピアス自体が「感染の元」=「異物」になって
いると考えられます。

##3
だから「どのように消毒しょうとも」「抗生物質軟膏」を
うろうとも「ピアス」をされている限り
「感染性ピアストラブル」は解決されません。

##4
「ピアスホール」を「残して」「感染性ピアストラブル」に
対応するために。

##5
「感染性ピアストラブル」用の
ピアストラブル時ようの「シリコンピアス」というのが
あるのですが。

##6
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」
先生でなければ扱えません。


#4
##1
「でも穴がふさがりそうだったので
ピアスはそのままにしました。
翌日、膿が出たのでイソジン消毒し、
ゲンタシン軟膏を塗りました。」
は「絶対にしてはいけないこと」で御座います。

##2
いま「感染性ピアストラブル」を乗り切るためには
「ピアス」を「はずすのが」最優先で御座います。

##3
残念だけれども「ピアスホール」はあきらめるより
致し方がありません。

##4
「感染性ピアストラブル」で「早期ピアストラブル」で
いらっしゃるが「感染性粉瘤」になると厄介で御座います。


#5結論:
##1
「事情があり病院にいけません。
穴をふさがず、治すにはどうしたらよいでしょうか?」
との事です。

##2
これはまず「早期ピアストラブル」=「感染性ピアストラブル」
の原因になっている「ピアス」をはずさないとだめです。

##3
「事情があり病院にいけません。
穴をふさがず、治すにはどうしたらよいでしょうか?」
との事です。

##4
「ピアス専門医(この名称の専門医はいません)」先生に
ピアストラブル時ようの「シリコンピアス」を入れていただき
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
等をしない限り「ピアスホール」を残すことは困難です。


##5
このような御回答しか出来ません。
御免なさい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月25日 10時59分54秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 和田 まち   
27歳 女性です。
1月はじめにあけたピアス、問題なく
経過したので10週間たったころセカンド
ピアスをつけました。付け替えているときに
出血してしまいましたが、なおりました。
さらに数日後、軸を通そうとしたら後ろから
出てこないため少し動かしすぎたのか
貫通するまでに痛みがありました。
その翌日腫れ、赤み、痛み、が出ました。
でも穴がふさがりそうだったので
ピアスはそのままにしました。
翌日、膿が出たのでイソジン消毒し、
ゲンタシン軟膏を塗りました。
事情があり病院にいけません。
穴をふさがず、治すにはどうしたらよいでしょうか?

[2004年3月24日 21時36分41秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科