山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 61
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   61 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 61

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【真性ケロイドの治療】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


ご心配なことと存じます。

短い御回答で申し訳ないのですが
御相談者の御相談内容は熟読させていただきました。


#1
##1
「はじめまして、42歳、女です。
胸の虫刺されから真性ケロイドになり、腫れる度に注射治療してます。

今回転勤して近所の皮膚科にケロイドの治療をしていると
電話で確認、その後ホルモン注射をしました。

その直後から注射針を通した形跡の所に、
白い筋の様なものが出来ました。
5ミリから1センチの長さで5箇所です。

2週間経ちましたが同じです。
今日、病院に行ったら体質でそうなるんですよ、
話の途中に、2種類の注射があり、
こちらは貴方に合わないね(白っぽい方)と言われました。

前回、注射をした一部分に、どす黒く押すと痛みのある所があります。
その黒い部分に白い筋が2本あり、今日その部分に
針を刺し、白い物を押し出す事をしましたが、
余りの痛さに(黒い部分が傷み)途中で中止しました。
白い物は、少しだけ出たそうです。

通常は、白い筋状のものは身体に吸収されるとの事で
2週間後に同じ状態なら、局部麻酔をして
今日と同じ作業をして白い物を出しましょうと言われました。
この状態で残すと、ケロイドがまた広がるからと言われました。

一番聞きたいのは、この治療法で大丈夫なのでしょうか?
私は、不安です。
初めから形成外科に行かなかった事を悔やんでます。
アドバイスをお願いします。」
との事です。

#2
##1
「一番聞きたいのは、この治療法で大丈夫なのでしょうか?」
=>
「大丈夫ではない」と今の私は考えます。


#3結論:
大学病院の「形成外科専門医先生」を「お受けもちの先生」
とされてしっかりと
最初から「治療戦略」をたてていただく
のが宜しいと思います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月12日 8時17分0秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: まめ   
はじめまして、42歳、女です。
胸の虫刺されから真性ケロイドになり、腫れる度に注射治療してます。

今回転勤して近所の皮膚科にケロイドの治療をしていると
電話で確認、その後ホルモン注射をしました。

その直後から注射針を通した形跡の所に、
白い筋の様なものが出来ました。
5ミリから1センチの長さで5箇所です。

2週間経ちましたが同じです。
今日、病院に行ったら体質でそうなるんですよ、
話の途中に、2種類の注射があり、
こちらは貴方に合わないね(白っぽい方)と言われました。

前回、注射をした一部分に、どす黒く押すと痛みのある所があります。
その黒い部分に白い筋が2本あり、今日その部分に
針を刺し、白い物を押し出す事をしましたが、
余りの痛さに(黒い部分が傷み)途中で中止しました。
白い物は、少しだけ出たそうです。

通常は、白い筋状のものは身体に吸収されるとの事で
2週間後に同じ状態なら、局部麻酔をして
今日と同じ作業をして白い物を出しましょうと言われました。
この状態で残すと、ケロイドがまた広がるからと言われました。

一番聞きたいのは、この治療法で大丈夫なのでしょうか?
私は、不安です。
初めから形成外科に行かなかった事を悔やんでます。
アドバイスをお願いします。

[2004年5月11日 20時10分18秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【皮膚科に通院してますが】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
美容外科・形成外科相談掲示板で御相談を頂いたのですが
この「症状・症候」は
「頭痛系の「症状・症候」」のようです。

下記に順をおって御回答致します。


#1

##1
「年齢35歳女性です。
2ヶ月前に顔に膿が出る程の皮膚炎を起こしました。
もともと、軽いアレルギー性の慢性皮膚炎はあったのですが、
いままでに無い痛がゆさでした。
顔は赤くただれたようなかんじになり、
とくに髪の毛のはえぎわあたりの頭皮は明け方に寝ながら
掻いてしまうと、神経にくるような激痛が起こりました。
そして、皮膚科にいって、みてもらうと、水疱はないので
帯状疱疹ではないだろうとのことで、アレルギー検査と
アレルギー用の、ジルテック、顔のロコイド軟膏などの、クスリを
いただきました。
アレルギー反応はどれも低数値の陰性でした。
クスリをつけると顔の赤みはとれてきたのですが
頭皮の毛根からくるチクチクした痛がゆさはひろがっていきました。
特に痛い部分はこめかみ近くの頭皮です。ちょっとかくと
ビリビリひびく痛さです。
あと、おでこの両脇に神経痛のような痛みが残っています。
冷たい風邪にあたったり、さわるとピリっとします。
そしておでこ頬骨あたりから上全体が包まれたような(帽子をかぶっているよな)
麻酔を打ったような違和感がありずっととれません。
皮膚科の先生にはストレスでは?としか言われなく、クスリもいつも
同じものを頂いてます。
このまま皮膚科に通ってて良くなるのかと、不安です。
神経科などにも行ってみた方がよろしいでしょうか?
ご回答お願いできたら嬉しいです。」
との事です。


#2
##1
「クスリをつけると顔の赤みはとれてきたのですが
頭皮の毛根からくるチクチクした痛がゆさはひろがっていきました。
特に痛い部分はこめかみ近くの頭皮です。ちょっとかくと
ビリビリひびく痛さです。
あと、おでこの両脇に神経痛のような痛みが残っています。
冷たい風邪にあたったり、さわるとピリっとします。
そしておでこ頬骨あたりから上全体が包まれたような(帽子をかぶっているよな)
麻酔を打ったような違和感がありずっととれません。」
との「症状・症候」なのですが。

##2
この「症状・症候」は「緊張型頭痛」の「症状・症候」に酷似
致します。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「病態」ではないでしょうか。

##4
たまさかに「アレルギー性皮膚炎」にて「皮膚科専門医先生」
を受診されて「そのつづき「病態」」として
御相談者は考えられていらっしゃるかもしれませんが。

##5
この「症状・症候」は「機能性頭痛」の
「頭痛系の「症状・症候」」で御座います。
御相談者に
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」は御座いません
でしょうか。

##6
#3に「機能性頭痛」のことを簡単にご説明いたします。

#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」
でなない「頭痛」を呼称致します。

##4
御相談者の御相談内容要旨からは「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##5
「補足1」に「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を。

##6
「補足2」に「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の時間依存性を記載いたします。


#4
##1
御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と考えていかれたほうが宜しいと今の私は考えます。

##2
「緊張型頭痛」は
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。

##3
意味も無く「疲労ですね」或いは
「ストレスですね」等と医師より
図らずともいわれてしまう病態でも御座います。

##4
よく何かの一つ覚えの如く「リラクセーション」とか
「体操」をせよとかいわれてしまいますが感心致しません。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##7
御相談者の御相談内容要旨からはたまさかに
「アレルギー性皮膚炎」」の診療から始まったことと」
及び
「顔は赤くただれたようなかんじになり、・略・
とくに髪の毛のはえぎわあたりの頭皮は明け方に寝ながら
掻いてしまうと、神経にくるような激痛が起こりました。」

と「治療」部位がおかおでありちかかったので
「皮膚科専門医先生」の御治療と重なり合わさっている部分
が御座います。

##8
御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
上記「症状・症候」もあわせて。

##9
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨からは
「症状・症候」は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。御座います。

##2
「緊張型頭痛」という「機能性頭痛」の「頭痛系の「症状・症候」」
で御座います。

##3
怖い病気ではないのですが正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
「正診断率の大変低い」が怖いといえましょう。

##4
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。

##5
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。
御留意下さい。

##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月12日 7時25分18秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: コヤナギ   
年齢35歳女性です。
2ヶ月前に顔に膿が出る程の皮膚炎を起こしました。
もともと、軽いアレルギー性の慢性皮膚炎はあったのですが、
いままでに無い痛がゆさでした。
顔は赤くただれたようなかんじになり、
とくに髪の毛のはえぎわあたりの頭皮は明け方に寝ながら
掻いてしまうと、神経にくるような激痛が起こりました。
そして、皮膚科にいって、みてもらうと、水疱はないので
帯状疱疹ではないだろうとのことで、アレルギー検査と
アレルギー用の、ジルテック、顔のロコイド軟膏などの、クスリを
いただきました。
アレルギー反応はどれも低数値の陰性でした。
クスリをつけると顔の赤みはとれてきたのですが
頭皮の毛根からくるチクチクした痛がゆさはひろがっていきました。
特に痛い部分はこめかみ近くの頭皮です。ちょっとかくと
ビリビリひびく痛さです。
あと、おでこの両脇に神経痛のような痛みが残っています。
冷たい風邪にあたったり、さわるとピリっとします。
そしておでこ頬骨あたりから上全体が包まれたような(帽子をかぶっているよな)
麻酔を打ったような違和感がありずっととれません。
皮膚科の先生にはストレスでは?としか言われなく、クスリもいつも
同じものを頂いてます。
このまま皮膚科に通ってて良くなるのかと、不安です。
神経科などにも行ってみた方がよろしいでしょうか?
ご回答お願いできたら嬉しいです。

[2004年5月11日 20時4分52秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【ろう孔】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

さぞかしに
ご心配なことと存じます。


#1
##1
「生後3か月の娘のことです。
生まれつき鼻の下にろう孔があり
分泌物が出てきます。
これは大人になっても続く事でしょうか。
部位が顔だけに将来心配しています。
きれいに直すことはできますか?」
との事です。


#2
##1
止むを得ずも御相談者の御相談内容からは
「生まれつき鼻の下にろう孔があり
分泌物が出てきます。」との「瘻口:ろうこう:fistula」が
どのような「解剖学的」な「症状・症候」であるか
判断ができません。

##2
##1とは具体的には
今「お受けもちの先生」からどのような「瘻口:ろうこう:fistula」
と「御診断」されていらっしゃるか
止むを得ずも
御記載が御座いません。


##3
御嬢様のような「瘻口:ろうこう:fistula」にも
様々な種類のものが御座います。

##4
「先天的なもので」「瘻口:ろうこう:fistula」は
「生まれつき鼻の下にろう孔があり」が「奥はどこまでいっているか」
「どこにつながっているか」が大変重要で御座います。


#3
##1
#2の診断のためMRI或は「超音波断層検査」或は
顔面x線撮影に加えて
そして「瘻口造影:ろうこうぞうえい:fistulography」
などの診断検査が行われます。

##2
「瘻口:ろうこう:fistula」に「先天的な腫瘍」が
合併していることも稀ならず御座います。


##3
「これは大人になっても続く事でしょうか。
部位が顔だけに将来心配しています。
きれいに直すことはできますか?」
の前に「お受けもちの先生」を形成外科の先生とされ
しっかりとした「御診断」をたてて頂くのが肝要で御座います。


#4結論:
##1
御相談者の御嬢様の場合
大学病院の「形成外科専門医先生」を受診されて
さまざまに「治療戦略」をたてていただくのが
宜しいと今の私は考えます。

##2
「生後3か月の娘のことです。」
と「まだお小さ」いので・また「症状・症候」が軽微なので
「慌てる必要」はないと思います。

##3
「先天性瘻口」であればしばらく経過観察をしつつ
「治療戦略」をたてていくことになると今の私は考えます。

##4
「形成外科専門医先生」を「お受けもちの先生」とされ
また「入院検査」が必要の際は「小児科専門医先生」の
「パワー」も必要で御座います。

##5
ご心配のこと大変によく判ります。

##6
慎重に大学病院の「形成外科専門医先生」」を
「お受けもちの先生」
とされて「瘻口:ろうこう:fistula」の「御診断」
をしっかりと立てていただき
御嬢様の御成長にあわせつつ
「きれいになおして」頂くと宜しいと今の私は考えます。

##7
御嬢様の「瘻口:ろうこう:fistula」が早く
綺麗に治られますことを心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月12日 6時28分27秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ももママ   
生後3か月の娘のことです。
生まれつき鼻の下にろう孔があり
分泌物が出てきます。
これは大人になっても続く事でしょうか。
部位が顔だけに将来心配しています。
きれいに直すことはできますか?

[2004年5月11日 19時2分4秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科