山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 74
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   74 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 74

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【爪の変形】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「こんにちは。29歳の男です。
私が幼少の頃、左足がひどい水虫になり、
親指の爪が、陥入爪のような感じになって
しまいました。右足の普通の爪に比べると、
分厚く、爪と皮膚がくっついている面積が、
右足の半分くらい、つま先に向かってで、
横幅は普通です。
 二年ほど前、爪白癬の薬と、爪にワイヤー
を通して矯正する治療をしましたが、若干
爪の厚みが薄くなった程度で、あまり変わら
ないです。
 抜爪をしたらどうかと、今考えていますが、
効果はあるのでしょうか?他に治療法はない
でしょうか?少しでも、見た目の良い爪に治し
たいのです。
 アドバイスお願いします。」
との事です。


#2
##1
「陥入爪(かんにゅうそう)」=「巻き爪」を代表として。

##2
「整形外科専門医先生」の分野では装具を用いての
「治療戦略」で「「爪」の「形成」が
御相談者の御相談内容要旨御記載のように
頻繁におこなわれるようになりました。

##3
「左足がひどい水虫になり、
親指の爪が、陥入爪のような感じになって
しまいました。右足の普通の爪に比べると、
分厚く、爪と皮膚がくっついている面積が、
右足の半分くらい、つま先に向かってで、
横幅は普通です。」
との事です。

##4
御相談者の「症状・症候」は「陥入爪(かんにゅうそう)」と
同様で御座います。

##4
但し「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」のような
「細菌性の炎症病態」は今は起こされていないようです。

##5
但し白癬の存在は無視できないと考えます。


#3
##1
「爪」の「病態」が「陥入爪(かんにゅうそう)」
であるわけですから。

##2
「抜爪:ばっそう」と同時に「爪母(そうぼ形成」を含めての
「治療戦略」は「効果」がある可能性は御座います。

##3
一度「形成外科専門医先生」を御受診され抜本的な
「形成外科手術」を様々に御相談されるのも方法で御座います。

##4
「二年ほど前、爪白癬の薬と、爪にワイヤー
を通して矯正する治療をしましたが、若干
爪の厚みが薄くなった程度で、あまり変わら
ないです。」
との事です。

##5
現在も「爪白癬:つめはくせん」は御持ちの様です。

##6
この点十分な留意が必要で「形成外科手術」に際しては
「皮膚科専門医先生」にも十分な併診が必要かもしれません。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨からは「ひょう疽:ひょうそ:(panaritium)」
など「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」のような
急性炎症のない「陥入爪(かんにゅうそう)」「病態」。

##2
一度「形成外科専門医先生」を御受診され「抜爪:ばっそう」と
「爪母(そうぼ)形成」「爪床部(爪の下の皮膚)形成」を
含まれた「形成外科手術」を考えられるのも方法であると
今の私は考えます。


##3
なお
現在も「爪白癬:つめはくせん」は御持ちの様です。
この点「皮膚科専門医先生」にも十分な併診が必要と考えます。


##4
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年8月15日 16時55分51秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: よし   
 こんにちは。29歳の男です。
私が幼少の頃、左足がひどい水虫になり、
親指の爪が、陥入爪のような感じになって
しまいました。右足の普通の爪に比べると、
分厚く、爪と皮膚がくっついている面積が、
右足の半分くらい、つま先に向かってで、
横幅は普通です。
 二年ほど前、爪白癬の薬と、爪にワイヤー
を通して矯正する治療をしましたが、若干
爪の厚みが薄くなった程度で、あまり変わら
ないです。
 抜爪をしたらどうかと、今考えていますが、
効果はあるのでしょうか?他に治療法はない
でしょうか?少しでも、見た目の良い爪に治し
たいのです。
 アドバイスお願いします。

[2004年8月15日 16時33分17秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【毛孔性苔癬について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「はじめまして。女28歳です。
今年で28歳になりますが、毛孔性苔癬が全く治りません。。
私の場合は、小さい頃は頬にもぶつぶつがあったのですが、高校生の時くらいに
だんだん治って今は顔はつるつるです、、、が、
二の腕から肩にかけてと、足首からお尻にかけて赤い斑点が無数にあります。
ざらざらという感じはそれほどないのですが、色素沈着でしょうか?
赤いぽつぽつがたくさんあって、かなり目立ちます。。
25歳を超えてから、ますますひどくなったような気がします。。。
範囲が広く、ピーリングが高そうで、どうする事もできません。
根本から消せばいいのか、とりあえず色素沈着を消せばいいのか。。。
小学生の頃、男子に気持ち悪いと言われ、隠し続けてきましたが、
やはりノースリーブやスカートが履きたい!と切実に思っています。
よきアドバイスお願いします。」
との事です。


#2
##1
「だんだん治って今は顔はつるつるです、、、が、
二の腕から肩にかけてと、足首からお尻にかけて赤い斑点が無数にあります。
ざらざらという感じはそれほどないのですが、色素沈着でしょうか?
赤いぽつぽつがたくさんあって、かなり目立ちます。。
25歳を超えてから、ますますひどくなったような気がします。。。
範囲が広く、ピーリングが高そうで、どうする事もできません。
根本から消せばいいのか、とりあえず色素沈着を消せばいいのか。。。」
との事です。

##2
御相談者の御相談の御記載内容からは
「毛孔性苔癬:lichen pilaris」の「御診断」はすでに
「皮膚科専門医先生」にてなされ「尿素の軟膏」などが「御投与」されたかも
知れません。
ケラチナミン・ウレパールなどです。

##3
けれども「尿素の軟膏」(ケラチナミン・ウレパールなどです)は
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・プラーヌス」「御投与」
されても「全く」「効果」がないはずです。


#3
##1
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・プラーヌス」=
「毛孔性角化症:もうこうせいかくかしょうkeratosis pilaris」
には「活性ビタミンD3(AVD3)」の外用が極めて奏功致します。

##2
「活性ビタミンD3(AVD3)」は極めて高額なので
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・プラーヌス」の「範囲」が
広いと「用いる用量」も大量になりますから。

##3
御相談者のように広範に
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・プラーヌス」がおありの場合は
場合により「治療戦略」として「活性ビタミンD3(AVD3)」を
あらかじめ用いられる部位を決められたほうが宜しいかもしれません。

##4
「25歳を超えてから、ますますひどくなったような気がします。。。
範囲が広く、ピーリングが高そうで、どうする事もできません。」
との事ですが「ピーリング」はあらゆる種類の「ピーリング」も含めて 
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」には「「効果」が御座いません。

##3
「活性ビタミンD3(AVD3)」は「根本「治療効果」」が
得られるものなのですが「「角化」した皮膚」に極めて有効で御座います。

##4
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」の「「角化」した皮膚と
「紅茶色い斑点」は「同時」に「症状・症候」としてきますから
「「角化」した皮膚」を「治療戦略」とすれば
「紅茶色い斑点」も同時にとれてくるはずで御座います。

##5
けれども「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」のこの
「紅茶色い斑点」は
###1
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療効果」として「「角化」した皮膚」
の消滅と同時に消滅する場合。
###2
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療効果」として「「角化」した皮膚」
の消滅より「遅れて取れてくる場合」
###3
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療効果」として「「角化」した皮膚」
が消滅してもしばらく残存する場合。
の「3つの反応」が御座います。

##6
以下「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」と「活性ビタミンD3(AVD3)」
について簡単にご説明致します。

#4
##1
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)

「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)
という「病態」は「同一「病態」」で御座います。

##2
「皮膚科専門医」先生には御受診されてご説明は受けられていることと
存じます。

##3
以下御相談者の場合「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」
の「「角化」した皮膚」がまだ潜在的にあるとして御回答致します。


#5
##1
「毛孔性苔癬」或いは「毛孔性角化症」の「治療」には
「活性型ビタミンD3」を用います。

##2
「「活性型ビタミンD3」のクリーム」のみで反応をみながら
治療していくという治療戦略が宜しいのではないかと
考えます。

##3
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)であれば。

##4
「ビタミンAを取ったり
乾燥しないように気を付けたりしています。」との
御努力をされる方もいます。

##5
この御考えはとてもとても「貴重」なのですがこれだけでは
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)は全く改善は致しません。


##6
ちなみに
「活性ビタミンD3(AVD3)」と「ビタミンD」とは全く
異なるもので御座います。

##7
「活性ビタミンD3(AVD3)」とは
「ビタミンD」が体内に消化管から吸収されて
代謝により体内でできるもので御座います。

##8
これが
活性ビタミンD3(AVD3)で御座います。

##9
また「活性ビタミンD3(AVD3)軟膏」よりも
「活性ビタミンD3(AVD3)クリーム」の「基材」のほうが
宜しいのです。

##10
けれどもまだ「クリーム基材」の
「活性ビタミンD3(AVD3)」
は「1種類」しか御座いません。
また「クリーム基材」のものは「活性ビタミンD3(AVD3)」
の「濃度」は低く「治療戦略」からは「即効性」がえられないです。


##11
「活性型ビタミンD3」とはいわゆる
「ビタミンの外用薬」です。
だから「のんでも」効きません。

##12
「ビタミンD3外用薬」は1985年に
日本人により「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
への薬効が確認されたものです。

##13
「活性型ビタミンD3」外用薬は
「21世紀最大の意外性に富んだ外用薬」であると考えます。


#6
##1
現在本邦では
###1「タカルシトール」
###2「カルシポトリオール」
###3「マキサカルシトール」
の3種類の「活性型ビタミンD3」が用いられます。

##2
おかおであるのであれば
「タカルシトール」から開始されるのが宜しいと
今の私は考えます。
けれども御相談者の場合「お顔」は「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」
は「解決」していますからこの場合は「問題」からは
外れますね。


##3
「二の腕から肩にかけてと、足首からお尻にかけて赤い斑点が無数にあります。
ざらざらという感じはそれほどないのですが、色素沈着でしょうか?
」は。


##4
「マキサカルシトール」或いは
「カルシポトリオール」
で「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」の「治療」を
始められるとて宜しいと今の私は考えます。

##5
けれども
両腕の上腕+「足首からお尻にかけて」は確かに
面積が広いかもしれません。

##7
#7に「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」と実際の
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療戦略」について
お話しいたします。


#7
##1
3つの活性ビタミンD3(AVD3)の外用薬をどのように
お肌=皮膚と接触させるか。=「コンタクト」

##2
またどのくらいの分量の「活性ビタミンD3(AVD3)」

使用するか。=「ドース:dose」

##3
また一日に何回塗ったらよいか。=「ローテーション」

##4
上記の##1 ##2 ##3が「活性ビタミンD3(AVD3)」
を使用する上で大変難しい「こつ」で御座います。


#8
##1
「今年で28歳になりますが、毛孔性苔癬が全く治りません。」
との事ですが「尿素」の外用薬がよく用いられるけれども
このような状況であれば全く「治療効果」はほぼ期待できません。


##2
けれども「活性ビタミンD3(AVD3)」では
著明な治療効果がえられるので「なかなかなおらない」
などということは「全く無い」はずですで御座います。


##3
###1
「私の場合は、小さい頃は頬にもぶつぶつがあったのですが、
高校生の時くらいに
だんだん治って今は顔はつるつるです、、、が、
二の腕から肩にかけてと、足首からお尻にかけて赤い斑点が無数にあります。」
・略・
###2
「ざらざらという感じはそれほどないのですが、色素沈着でしょうか?
赤いぽつぽつがたくさんあって、かなり目立ちます。。」
の「2つの」「症状・症候」を御相談されていらっしゃいますね。

##4
##3の###2に「関しては」「普段皮膚はつるつる」と
御記載されています。
けれども
###2で「赤いぽつぽつがたくさんあって、かなり目立ちます」
との事ですから。


##9
「紅茶色い斑点」は「ぼつぼつ」した政情を御持ちであると考えます。
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」としての「「角化」した皮膚」
の状態は今もおありなのではないでしょうか。


#9
##1
「範囲が広く、ピーリングが高そうで、どうする事もできません。
根本から消せばいいのか、とりあえず色素沈着を消せばいいのか。。。
小学生の頃、男子に気持ち悪いと言われ、隠し続けてきましたが、
やはりノースリーブやスカートが履きたい!と切実に思っています。」
との事です。

##2
お気持ちは本当によくわかります。

##3
御相談者が自らお書きになられているように根本的「治療戦略」
をとられたほうが宜しいのではないでしょうか。


#6結論:
##1
一般に「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)はこれは
「別の患者さん」なのですが
「一度皮膚科で診てもらいましたが、よくなる治療はないと言われて、
大変落ち込んでいてかわいそうで仕方ありません。
少しでも良くしてやりたいと真剣に思っています。」
というように。

##2
「お受けもちの先生」に
「治療戦略」として「活性ビタミンD3(AVD3)」が知られていない
ということが御座います。

##3
過去10年位にこのような事例が大変多いものです。
困ったことです。

##4
但し「活性ビタミンD3(AVD3)」の「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」
「治療戦略」は「美容外科」となります。
保険適応は全く御座いません。

##5
また「活性ビタミンD3(AVD3)」自体大変に高額なお薬でえあること
また「週に一回は御通院」していただく必要があること。

##6
ここで重要なことは「活性ビタミンD3(AVD3)」の場合
けれども「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」のこの
「紅茶色い斑点」は
###1
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療効果」として「「角化」した皮膚」
の消滅と同時に消滅する場合。
###2
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療効果」として「「角化」した皮膚」
の消滅より「遅れて取れてくる場合」
###3
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「治療効果」として「「角化」した皮膚」
が消滅してもしばらく残存する場合。
の「3つの反応」が御座います。


##7
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」に対する
「活性ビタミンD3(AVD3)」「治療戦略」は「「1回(日)」で
「治ってしまう」ということは絶対ありませんから
「週1回通院する」ペースで10回(日)は通院していただく
必要が御座います。


##8
御相談者の御相談内容の「症状・症候」は
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
で御座います。

##9
「「活性型ビタミンD3」のクリーム」の治療が独壇場であろうと
今の私は考えます。
「ピーリング」は全く「治療効果」が御座いません。

##10
「レーザー光照射」による「レーザー治療」もあるのですが
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」の患者さんは
「レーザー光照射」の部位が広すぎて
現実的・経済的に「具体性」はありません。



##11
上記は「御症状」の「御診断」が
「毛孔性苔癬:lichen pilaris:リヒェン・プラーヌス」で
間違いないと仮定しての「御回答」でございます。

##12
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)=
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
の患者さんの「治療戦略」はしっかりとしたものがあるということを
ご理解いただきたくて
上記御回答いたしました。

##6
「小学生の頃、男子に気持ち悪いと言われ、隠し続けてきましたが、
やはりノースリーブやスカートが履きたい!と切実に思っています。」
の御気持ちはよく判ります。

##7
早く綺麗に治したいものですね。


##8
なお「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
の「活性ビタミンD3(AVD3)」「治療戦略」の「御費用」
の「御相談」がこの相談掲示板で「過去」に御座いました。
(毛孔性苔癬 [2] [2004年 2月22日 9時21分29秒] )

この御相談と御回答を
「補足1」にコピーして御記載致します。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。

この御相談は「22歳・御婦人」からの御相談として
御回答致します。

「詳細な所見」不明で御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

#1
##1
「1.22歳・女です
2.腕にある毛孔性苔癬は赤く黒いポツポツが目立ちます

3.そして3つの活性ビタミンD3を使用すると
元の肌の色に戻るんでしょうか?
完璧にキレイになるんでしょうか?
そして3つの活性ビタミンD3の治療する
費用は、いくらぐらいするんですか?


本当に治したくて真剣です。夏はツラいです。
本当に長々とすいません。
返事よろしくおねがいします。」

との事です。


#2

##1
「1.22歳・女です
2.腕にある毛孔性苔癬は赤く黒いポツポツが目立ちます。」

=>
###1
「皮膚科専門医」先生にて
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
=「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の「御診断」がついて
いらっしゃるでしょうか。

###2
腕の「伸側」=「外側」なのでしょうか「屈側」=「内側」
にも「丘状発疹」があるのでしょうか。

###3
「腕」=「手首から肩」までなのでしょうか。
###4
「本当に治したくて真剣です。夏はツラいです。」
から範囲は###3と仮定いたします。
###5
###1−###4より「下記」御回答致します。


##2
「3.そして3つの活性ビタミンD3を使用すると
元の肌の色に戻るんでしょうか?」
との事です。

###1
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
或いは
「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)であれば大変
きれいになります。


###2
「活性ビタミンD3(AVD3)」の外用の方法には

####1
contact=外用の方法

####2
dose=「「活性ビタミンD3(AVD3)」の必要量

####3
rotation=「活性ビタミンD3(AVD3)」の外用回数。
「活性ビタミンD3(AVD3)」を毎日塗るわけですが
いやがおうでも「入浴しなければなりません」
「高額な「活性ビタミンD3(AVD3)」を入浴」の際は
あらいおとさなければなりません。
1日に何回外用する必要があるか。


###3
###2から綿密な「活性ビタミンD3(AVD3)」外用の
プロトコル=「治療処方」を作成いたします。

###4
右利きの患者さんの場合「左側」のほうが綺麗になるのが
早いです

###5
上肢・下肢に 「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」の
ある患者さんでは下肢のほうが綺麗になるのが早いです。


##3
「完璧にキレイになるんでしょうか?」

との事です。
###1
「完璧」がどのような意味を御相談者がもたれているか
判断できないのですが。

###2
お化粧品のローションにたとえれば
「スリープッシュ」が「ワンプッシュ」
となり・・という「感じ」でしょうか。

###3
御婦人にはおとしはないので失礼な表現なのですが
おとしがおわかいほど反応は早いですが
「殿方」ほどの「年齢依存性」はありません。


#3
##1
「そして3つの活性ビタミンD3の治療する
費用は、いくらぐらいするんですか?」
との事です。

##2
これは何よりも「活性ビタミンD3(AVD3)」
の使用必要「用量」によります。

##3
「活性ビタミンD3(AVD3)」の「原価」だけで考えれば
両側上肢に毎日外用されるとすれば「御体格」がわからないので
なんともいえませんが。

##4
御相談者の場合
1週間分で「活性ビタミンD3(AVD3)」の「薬価」
で5万円は必要ではないでしょうか。

##5
それから「活性ビタミンD3(AVD3)」の
contact=外用の仕方としてシリコンガーゼ包帯とか
様々なものが必要で御座います。
これは「御費用」としてはたいしたことは御座いません。


#4結論:
##1
「本当に治したくて真剣です。夏はツラいです。
本当に長々とすいません。
返事よろしくおねがいします。」
との事です。


##2
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
=「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)の患者さんは
みな同じで御座います。


##3
「成長すれば治りますから。」と「皮膚科専門医」先生
はおっしゃられるかもしれません。


##4
けれども40台50台でも直らない
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
=「毛孔性角化症」(keratosis pilaris)
の患者さんのほうが多いものです。


##5
「御嬢様」をつれてこられたお母様にも同様に
「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」(lichen pilaris)
があり「御嬢様」だけでもと必死で直されるお母様の「愛情」に
感動したことも数知れず御座います。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年2月22日 9時21分29秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆい   
1.22歳・女です
2.腕にある毛孔性苔癬は赤く黒いポツポツが目立ちます

3.そして3つの活性ビタミンD3を使用すると
元の肌の色に戻るんでしょうか?
完璧にキレイになるんでしょうか?
そして3つの活性ビタミンD3の治療する
費用は、いくらぐらいするんですか?


本当に治したくて真剣です。夏はツラいです。
本当に長々とすいません。
返事よろしくおねがいします

[2004年2月22日 2時24分20秒]

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

[2004年8月13日 8時38分53秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: まゆこ   
はじめまして。女28歳です。
今年で28歳になりますが、毛孔性苔癬が全く治りません。。
私の場合は、小さい頃は頬にもぶつぶつがあったのですが、高校生の時くらいに
だんだん治って今は顔はつるつるです、、、が、
二の腕から肩にかけてと、足首からお尻にかけて赤い斑点が無数にあります。
ざらざらという感じはそれほどないのですが、色素沈着でしょうか?
赤いぽつぽつがたくさんあって、かなり目立ちます。。
25歳を超えてから、ますますひどくなったような気がします。。。
範囲が広く、ピーリングが高そうで、どうする事もできません。
根本から消せばいいのか、とりあえず色素沈着を消せばいいのか。。。
小学生の頃、男子に気持ち悪いと言われ、隠し続けてきましたが、
やはりノースリーブやスカートが履きたい!と切実に思っています。
よきアドバイスお願いします。

[2004年8月12日 19時19分29秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【膝の傷痕】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「私は29歳の女性です。
今年の4月に左膝を強打してしまい、
軽い打撲と約2cmほど陥没して白くなりました。

現在4ヶ月経ち、赤く傷痕がもりあがっている状態になりました。
部位が膝のせいか足を伸ばすと、
傷痕がしわになり黒ずんでいる状態でもあります。
また、そこを軽くぶつけると普通より痛みもあります

その傷痕を消すためにはどうすればよいのでしょうか?
何か治療方法があれば教えて下さい。

宜しくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
「4月に左膝を強打してしまい、
軽い打撲と約2cmほど陥没して白くなりました。
現在4ヶ月経ち、赤く傷痕がもりあがっている状態になりました。」
との事です。

##2
「初期創傷」が打撲で
現在「創傷痕」が「白く陥没」現在「赤く傷痕がもりあがっている状態」
という状況が今ひとつ「判断し辛い」点があるのですが。

##3
「初期創傷」が「切傷:せっしょう」とか「挫創傷」であれば
「有色の傷痕」としては理解しやすいのですが。
「初期創傷」は「打撲」であられた由。

##4
「部位が膝のせいか足を伸ばすと、
傷痕がしわになり黒ずんでいる状態でもあります。
また、そこを軽くぶつけると普通より痛みもあります」
との事です。

##5
「初期創傷」=「打撲」で「白く」陥没していたわけだから
「内出血」も考えづらい。

##6
現時「有痛性」の「色素沈着」であり
「現在4ヶ月経ち、赤く傷痕がもりあがっている状態になりました。」
との「肥厚性瘢痕」のような「症状・症候」でもある。


#3
##1
「その傷痕を消すためにはどうすればよいのでしょうか?
何か治療方法があれば教えて下さい。」
との事です。

##2
御相談者は「形成外科専門医先生」或いは「皮膚科専門医先生」
を御受診されていらっしゃるでしょうか。

##3
「形成外科専門医先生」或いは「皮膚科専門医先生」を御受診されて
「創傷痕」の「症状・症候」を診ていただき御評価していただくと
宜しいと考えるのですが。

##4
いずれにしても「形成外科専門医先生」或いは「皮膚科専門医先生」
が「切って治す」「病態」ではないように今の私は考えます。


#4
##1
「切って治す」「病態」ではない場合に。

##2
###1
「塗ってなおす」か。
###2
「レーザー光照射」による「レーザー・リサーフエシング」
の「2つの方法」があるように考えます。


##3
「塗って治す」場合
###1
「高濃度ビタミンC(10%濃度が限界ですが)」
###2
「ハイドロキノン」
###3
「トレチノイン:オールトランスレチノイン酸」
などが候補に挙がります。

##4
「レーザー光照射」による「レーザー・リサーフエシング」の場合
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「レーザー・リサーフエシング」が宜しいと今の私は考えます。


#5
##1
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「レーザー・リサーフエシング」の場合。

##2
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
で「10億分の5−10秒の照射時間」で毎秒10ショットを照射しうる
「高速レーザー治療」には
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
が最適で御座います。

##3
「10億分の5−10秒の照射時間」で毎秒10ショットを
照射しうるから痛くはありません。

##4
赤くなりません。腫れません。痛くありません。ガーゼやばんそうこうを春必要
もありません。
照射直後から御化粧=メイクが可能です。(お顔のであれば)。

##5
「その傷痕を消すためにはどうすればよいのでしょうか?
何か治療方法があれば教えて下さい。」
との事ですが
「塗る治療」よりもパワーのある
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による「レーザー・リサーフエシング」が宜しいと今の私は考えます。

##6
「週1回照射する」ペースで最低10回(日)は照射致します。


#6結論:
##1
御相談者の御記載内容からは
「創傷痕」の「経過」と現状の「症状・症候」がひとつ
不明なこともあります。

##2
けれども
「形成外科専門医先生」「皮膚科専門医先生」が
「切って治す」「病態」でもないように今の私は考えます。


##3
いずれにしても「形成外科専門医先生」或いは「皮膚科専門医先生」
が「切って治す」「病態」ではないように今の私は考えます。


##4
「切って治す」「病態」ではない場合に。

##5
###1
「塗ってなおす」か。
###2
「レーザー光照射」による「レーザー・リサーフエシング」
の「2つの方法」があるように考えます。


##6
「塗って治す」場合
###1
「高濃度ビタミンC(10%濃度が限界ですが)」
###2
「ハイドロキノン」
###3
「トレチノイン:オールトランスレチノイン酸」
などが候補に挙がります。

##7
「レーザー光照射」による「レーザー・リサーフエシング」の場合
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による
「レーザー・リサーフエシング」が宜しいと今の私は考えます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年8月10日 8時34分56秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 佐藤   
私は29歳の女性です。
今年の4月に左膝を強打してしまい、
軽い打撲と約2cmほど陥没して白くなりました。

現在4ヶ月経ち、赤く傷痕がもりあがっている状態になりました。
部位が膝のせいか足を伸ばすと、
傷痕がしわになり黒ずんでいる状態でもあります。
また、そこを軽くぶつけると普通より痛みもあります

その傷痕を消すためにはどうすればよいのでしょうか?
何か治療方法があれば教えて下さい。

宜しくお願いいたします。

[2004年8月10日 2時39分32秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科