山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 82
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   82 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 82

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【凹んだ傷跡】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

止むを得ずも「創傷痕」の具体的おおきさ(例○cm)・色調・形状
の御記載が御座いません。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

「傷痕レーザー治療=
「レーザー・リサーフエシング」にてかなりに綺麗に
できると今の私は考えます。

下記に順を追って御回答致します。


#1
##1
「はじめてご相談させていただきます。
私は23歳に女です。
幼少のころに、鼻の横を角でぶつけて、皮膚が割けてしまい
1cmくらいの凹んだ傷跡として残ってしまいました。
法令線のすぐ上で、爪で跡をつけた感じに見える程度でなのでそこまで
目立つというわけでないのですが、光の加減で影ができるのでやはり
気になってしまいます。
このような凹んだ傷跡の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
また治療期間と費用がどの程度かかるのかもお教えください。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「1cmくらいの凹んだ傷跡として残ってしまいました。
法令線のすぐ上で、爪で跡をつけた感じに見える程度でなのでそこまで
目立つというわけでないのですが、光の加減で影ができるのでやはり
気になってしまいます。」
との事です。

##3
「爪で跡をつけた感じに見える程度でなのでそこまで
目立つというわけでないのですが、光の加減で影ができるのでやはり
気になってしまいます。」
との事です。

##4
「症状・症候」としては極端に目立つというほどの
「創傷痕」ではないけれどもやはり「目立つ「創傷痕」」
であると解釈して御回答致します。


#3
##1
凹凸の凹の「傷痕」の修復には「2通り」の「治療戦略」
があると考えます。

##2
この「2つの」「治療戦略」とは。
###1
「形成外科」的に「皮膚形成術」を行う方法。
###2
「レーザー外科」にて「傷跡レーザー」として
「レーザー・リサーフエシング」を行う方法。
で御座います。

##3
上記の「2つ」の「治療戦略」が考えられます。

##4
##2の「皮膚形成術」はやはり傷跡が残るので
「もとのもくあみ」になる可能性が御座います。

##5
よりまして「レーザー・リサーフエシング」にて
修復する方法が最良であると今の私は考えます。


#4
##1
「レーザー・リサーフエシング」は
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
という「Qスイッチ」を用いたレーザーを用います。

##2
皮膚深部まで到達するレーザーで
「周囲皮膚色:back skin color:BSC」とおなじ
「色」に持っていきます。

##3
この「レーザー・リサーフエシング」の理論は
「光衝撃波」による「パッチング」或は
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(アブユレージョン:aburasionではありません)
とも呼称されます。

##4
凹凸の凸のでっぱりはへこませ凹凸の凹は持上げる
表面に傷をつけず「真皮形成」の作用で御座います。

##5
週1回照射のペースで
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
でおおむね10回(日)以上ほど照射を重ねていきます。


#5
##1
「このような凹んだ傷跡の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。」
との事です。
=>##2

##2
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による
「レーザー・リサーフエシング」が宜しいと
今の私は考えます。


#6
##1
「また治療期間と費用がどの程度かかるのかもお教えください。」
との事です。
期間は「週1回(日)」の照射ペースで
毎週1回(日)「レーザー光照射」を行って最低10回(日)は
必要で御座います。

##2
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

##2
因みに
「レーザー治療後に腫れたり赤くなったり
痕が残ったりするかどうかというのが一番気になります。」
という御相談はよく御座います。


##3
強いエネルギーにもかかわらず
痕は全く残りません。「レーザー光照射」直後にも少し20分ほどほんのり
赤くなるくらいで御座います。

##4
「治療回数が何回ぐらいかかるか」をおこたえしておいたほうが
宜しいかも知れませんね。##5にお答えいたします。

##5
「6-10-16回の法則」という週一回ペースの場合の
照射回数の法則が御座います。

##6
御相談者の御相談内容からは
最低10回(日)以上は必要で御座います。

##7
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。


##8
「レーザー治療」一般について大事なことは。
「レーザー光照射装置」にも様々なレーザー」があること
で御座います。

###1
例えば
「CO2(炭酸ガス)レーザー」などは「メスレーザー」だから
「メス」で手術したのと同様に麻酔が必要ですし痛く熱いです。

###2
「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「ゴムではじかれたような」パチンがしますが
痛くも赤くもなりません。


##9
「また治療期間と費用がどの程度かかるのかもお教えください。」
との事です。

=>
###1
御相談者の御相談内容からは
「1回(日)」の「御費用(消費税込み)」が5万円で
最低10回以上は必要ですから。

5万円x10回(日)=50万円=「総御費用(消費税込み)」
以上
も目安で御座います。

###2
「回数」が多ければ多いほど宜しいです。

###3
上記「御費用」の中には
ポストレーザーのお化粧品と医薬品の中間の有名な
「お化粧品キット」と「臨床血液検査」その他のすべからく
の「御費用」が含まれます。


##10
[傷痕レーザー治療]に関しては私は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
はまさに独壇場であろうと考えています。


#7結論:
##1
「創傷痕」に対しては教科書的には様々な「治療戦略」が御座います。

##2
お顔のの「傷痕」の場合には「形成外科手術」を行っても
また「形成外科手術」「創傷痕」が残るので。

##3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による
「レーザー・リサーフエシング」が
「傷痕レーザー治療」として最適であると
今の私は考えます。

##4
「このような凹んだ傷跡の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
また治療期間と費用がどの程度かかるのかもお教えください。」

=>

上記御解答致しました。

##5
照射回(日)は週一回(日)のペースで「レーザー光照射」
を行うとすると回(日)x週=「「治療」期間」
ということになります。

##6
「爪で跡をつけた感じに見える程度でなのでそこまで
目立つというわけでないのですが、光の加減で影ができるのでやはり
気になってしまいます。」
との事です。
=>
「傷痕レーザー治療=
「レーザー・リサーフエシング」にてかなりに綺麗に
できると今の私は考えます。


##7
綺麗に治したいですね。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月11日 6時20分38秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 山本   
はじめてご相談させていただきます。
私は23歳に女です。
幼少のころに、鼻の横を角でぶつけて、皮膚が割けてしまい
1cmくらいの凹んだ傷跡として残ってしまいました。
法令線のすぐ上で、爪で跡をつけた感じに見える程度でなのでそこまで
目立つというわけでないのですが、光の加減で影ができるのでやはり
気になってしまいます。
このような凹んだ傷跡の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
また治療期間と費用がどの程度かかるのかもお教えください。

[2004年10月10日 17時50分47秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【傷が治りません】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
これは「婦人科専門医先生」を御受診される状態
ではなく「皮膚科専門医先生」を受診される
御状態であると今の私は考えます。


#1
##11.31歳 女性 
2.10ヶ月前に会陰部左側に痛みとかゆみが
 あり、少し裂け傷ができていました。
 自然治癒するかと思い2ヶ月放置していまし
 たが傷がふさがりません。
 その後、婦人科を受診し、レスタミンコーチ
 ゾンを処方され、塗布し続けていますが回復
 しません。出血はあまりありませんが、排尿
 時にしみ痛く、かゆみもあります。9月には
 右側にも裂け傷ができていました。治るかど
 うか心配です。どうぞ良いアドバイスをお願
 いします。」
との事です。


#2結論:
##1
2ヶ月間放置されておいたのはまずかったですね。

##2
「その後、婦人科を受診し、レスタミンコーチ
 ゾンを処方され、塗布し続けていますが回復
 しません。出血はあまりありませんが、排尿
 時にしみ痛く、かゆみもあります。9月には
 右側にも裂け傷ができていました。」
との事です。

##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
やはり拝見していないので
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
何がおきているか皆目見当もつきません。
申し訳ございません。

##4
しっかりと「皮膚科専門医先生」を御受診されることを
お勧め致します。

##5
このような御回答しか出来ません。御免なさい。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


[2004年10月8日 5時58分46秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: さとみ   
1.31歳 女性 
2.10ヶ月前に会陰部左側に痛みとかゆみが
 あり、少し裂け傷ができていました。
 自然治癒するかと思い2ヶ月放置していまし
 たが傷がふさがりません。
 その後、婦人科を受診し、レスタミンコーチ
 ゾンを処方され、塗布し続けていますが回復
 しません。出血はあまりありませんが、排尿
 時にしみ痛く、かゆみもあります。9月には
 右側にも裂け傷ができていました。治るかど
 うか心配です。どうぞ良いアドバイスをお願
 いします。

[2004年10月7日 22時40分28秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【指がはれて】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「はじめまして。こんにちは。
私は30歳になる女性です。ニヶ月になる子供に母乳をあげている状態です。
指(小指と薬指)の爪のささくれをとったばっかりに、2週間ほど指の腫れが続いています。
自分で膿を出したりもしてました。
いつもは少し赤くなってすぐに治るのですが、今回はひどくて。
昨日病院に行って処置してもらったのですが、たいした膿も出ず、抗生物質の
薬も母乳だから飲めないので(私が飲みたくないと言いました)自然治癒しかない、
ということになり帰ってきました。爪の下に膿らしき白い部分があるのですが、
その膿はどうしたら取り除けるでしょうか?昨日は赤く腫れてる部分に針を刺している
ようでしたが。他に何か早く治す方法はありませんか?
どうぞ宜しくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
この「病態」は「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」の
「症状・症候」で御座います。

##2
「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」にて
「爪床部(爪の下の皮膚)の化膿性「病態」」が持続
されているようです。

##3
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
必要です。

##4
ただ「穿刺排膿」しているだけでは「解決」致しません。

##5
「抗生物質の
薬も母乳だから飲めないので(私が飲みたくないと言いました)自然治癒しかない、
ということになり帰ってきました。」
との事です。

##6
御気持ちは大変よく判ります。けれども
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」の
可能性に尽き再度「お受けもちの先生」と御相談されてみては如何でしょうか。


#3
##1
「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」の
「爪床部(爪の下の皮膚)の感染病態」が持続している状態
であると今の私は考えます。

##2
中には「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」で
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」
をしても完治されないかたもいらっしゃいます。

##3
このような場合には「抜爪:ばっそう」をせざるをえない重症な
患者さんもいらっしゃいます。


#4結論:
##1
「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」或いは
「爪床部(爪の下の皮膚)の化膿性「病態」」の持続している
「病態」と今の私は考えます。

##2
「昨日病院に行って処置してもらったのですが、たいした膿も出ず、抗生物質の
薬も母乳だから飲めないので(私が飲みたくないと言いました)自然治癒しかない、
ということになり帰ってきました。」
との事です。

##3
##2に関して御気持ちは大変よく判ります。けれども
御母様が「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」の状態が存続するようでは
「あかちゃん」にも「好ましくありません」。

##4
「お受けもちの先生」と再度御相談されてみていただくのが
宜しいと今の私は考えます。

##5
如何でしょうか。

##6
「化膿性疾患」でも「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」は
厄介でありまたお母様の御気持ちは大変よく判ります。

##7
けれども極めて杓子定規に「理論的」に考えると
この「?疽:ひょうそ」=「急性爪周囲炎」の状態は
一朝一夕には改善されないような気がいたします。

##8
適切な「抗生物質」
を用いられない場合は「抜爪:ばっそう」をして「感染巣」を
露出して消毒をすれば
問題は解決いたします。

##9
「抜爪:ばっそう」は現実的ではないような気がいたします。
=「糖尿病」などで難治性の場合に「抜爪:ばっそう」の場合など
やむなく施行されるもので御座います。

##10
「抜爪:ばっそう」までじゃいかなくても
「爪床部(爪の下の皮膚」と「爪」との間隙が確保されれば
自然排膿され治癒に向かいます。

これは正しい「切開線」による「切開」を行う方法です。

##11
##10の場合いずれは「爪」は取れてしまうことが多いものです。

##12
「形成外科専門医先生」を御受診されて##10の処置を
していただくのも方法です


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月7日 17時45分48秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 伊藤タカ子   
はじめまして。こんにちは。
私は30歳になる女性です。ニヶ月になる子供に母乳をあげている状態です。
指(小指と薬指)の爪のささくれをとったばっかりに、2週間ほど指の腫れが続い
ています。
自分で膿を出したりもしてました。
いつもは少し赤くなってすぐに治るのですが、今回はひどくて。
昨日病院に行って処置してもらったのですが、たいした膿も出ず、抗生物質の
薬も母乳だから飲めないので(私が飲みたくないと言いました)自然治癒しかない、
ということになり帰ってきました。爪の下に膿らしき白い部分があるのですが、
その膿はどうしたら取り除けるでしょうか?昨日は赤く腫れてる部分に針を刺して
いるようでしたが。他に何か早く治す方法はありませんか?
どうぞ宜しくお願いいたします。

[2004年10月7日 16時40分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【開胸手術の傷レーザー治療】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「32歳主婦です。
初めてメール致します。
山本先生の莫大なレーザー治療の御知識と真摯な御解答に感激しながら
いつもこの相談掲示板を大変にに参考にさせていただいております。

実は私は大学病院で10歳のときに心臓の開胸手術をいたしました(心室中隔欠損)。
ちょうど22年前です。
そのときの傷痕が胸の中央で白く今長さを測ったらちょうど20cmの長さです。
幅は5mmー7mmくらいで色は白で傷にそって縫い痕があります。


ちょうどこの前のかたと同じようにレーザー治療で直せたらばと
思い初めて御相談させていただいた次第です。

その場合のレーザー治療のお費用や内容などははこの前のかたと同じと考えさせて頂いて
よろしいでしょうか。
この点だけでも御解答いただければ結構です・・。
あつかましくて申し訳ありません。
できれば是非レーザー治療を山本先生にお願いしたいです。

ご多忙中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
「その場合のレーザー治療のお費用や内容などははこの前のかたと同じと考えさせて頂いて
よろしいでしょうか。
この点だけでも御解答いただければ結構です・・。
あつかましくて申し訳ありません。
できれば是非レーザー治療を山本先生にお願いしたいです。」
との事です。


##2
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
にての「傷痕レーザー治療」で対象は
開胸手術の「手術」痕ということになります。

##3
「開胸手術の「手術」痕」は「人工的な「創傷痕」ですから
傷痕は「白くて」綺麗な「傷痕」であろうと存じます。


##4
この白い傷痕の「色」がどのようにして発生したものかは
「胸の傷痕 [2] [2004年10月 7日 14時 3分58秒] 」
の御相談者の場合と同じで御座います。

##5
但し「ケロイド状態」のような傷痕と異なり
「真っ白い」平らな「傷痕」であると考えますから。

##6
##5を「消すこと」は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の「傷痕レーザー治療」でも
ふかのうですが。

##7
大変に綺麗な「傷痕」になると今の私は考えます。

##8
御婦人の場合「開胸手術」の「傷痕」をコンシーラーで
隠されていらっしゃることが多いと考えます。

##9
コンシーラーは「不要」な「傷痕」に変化させることは
可能であると今の私は考えます。


#3結論:
##1
「ちょうどこの前のかたと同じようにレーザー治療で直せたらばと
思い初めて御相談させていただいた次第です。

その場合のレーザー治療のお費用や内容などははこの前のかたと同じと考えさせて頂いて
よろしいでしょうか。
この点だけでも御解答いただければ結構です・・。」
との事です。

=>##2

##2
「同じとお考え頂いて」宜しいと今の私は考えます。


##3
綺麗に直したいですね。


##4
なおこの御回答は更に「補足」させていただくかも知れませんので
とりあえず第一報として御理解下さい


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月7日 15時22分56秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: やさか   
32歳主婦です。
初めてメール致します。
山本先生の莫大なレーザー治療の御知識と真摯な御解答に感激しながら
いつもこの相談掲示板を大変にに参考にさせていただいております。

実は私は大学病院で10歳のときに心臓の開胸手術をいたしました(心室中隔欠損)。
ちょうど22年前です。
そのときの傷痕が胸の中央で白く今長さを測ったらちょうど20cmの長さです。
幅は5mmー7mmくらいで色は白で傷にそって縫い痕があります。

ちょうどこの前のかたと同じようにレーザー治療で直せたらばと
思い初めて御相談させていただいた次第です。

その場合のレーザー治療のお費用や内容などははこの前のかたと同じと考えさせ
て頂いてよろしいでしょうか。
この点だけでも御解答いただければ結構です・・。
あつかましくて申し訳ありません。
できれば是非レーザー治療を山本先生にお願いしたいです。

ご多忙中申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

[2004年10月7日 15時9分0秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【胸の傷痕】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「35歳 女です。
10歳のとき自転車で転倒して胸に傷を作ってしまい病院の外科で縫合手術をしました。 
この胸の傷痕は真中に縦方向に幅5mmから一番おおきいところで10mmば位で
長さが15センチの赤白いケロイドのような状態になっています。
このケロイドのような状態のちょうど真ん中くらいが下着のあたるあたりです。
ほかにも傷痕はありますが胸の傷のようなケロイドのような状態の傷痕あはありません。

コンシーラーで隠さないと胸の開いた服はきれませんし水着もきれません。
一昨年ある大学病院の形成外科で診断していただき治療もうけました。
結局は診断はあまりはっきりせず肥厚性瘢痕とケロイドの中間?で肥厚性瘢痕に近い
という診断でした。


治療はリザベンというお薬の内服と圧迫療法でしたが全く変化はありませんでした。

もしもこの傷痕が肥厚性瘢痕であればレーザー治療でなおせるものでしょうか。
先生の相談掲示板でレーザー治療のことを知り治療を受けてみたいのです。

もしも可能であれば私の場合の治療費のことやレーザー治療について
すこし詳しく知りたいと思っています。
お忙しいところをほんとうに身勝手な御相談で申し訳ないのですが。
よろしくお願い致します。」
との事です。


#2
##1
「一昨年ある大学病院の形成外科で診断していただき治療もうけました。
結局は診断はあまりはっきりせず肥厚性瘢痕とケロイドの中間?で肥厚性瘢痕に近い
という診断でした。
治療はリザベンというお薬の内服と圧迫療法でしたが全く変化はありませんでした。」
との事です。

##2
「一般的にいうケロイド」には
「真性ケロイド」と「肥厚性瘢痕」の2つがあります。

##3
「この胸の傷痕は真中にに縦方向に幅5mmから一番おおきいところで10mmはば位で
長さが15センチのケロイドのような状態になっています。
このケロイドのような状態のちょうど真ん中くらいが下着のあたるあたりです。」
との事なのですが。

##4
「真性ケロイド」か或いは「肥厚性瘢痕」であるか
御相談者の御相談内容からはなんとも判断は困難で御座います。

##5
「形成外科専門医先生」の「お受けもちの先生」のご判断のように
「肥厚性瘢痕」に近いかなという印象を持ちます。

##6
その根拠は
「ほかにも傷痕はありますが胸の傷のようなケロイドのような状態の傷痕あはありません。」
という御相談者の御記載からの判断で御座います。


#3
##1
「10歳のとき自転車で転倒して胸に傷を作ってしまい病院の外科で縫合手術をしました。」
との事です。

##2
「10歳のとき怪我をして外科で縫合手術」とのことですが。
これが御相談者の「肥厚性瘢痕」の原因とであることは
間違いが御座いません。

##3
「手術創縫合線」には常に「垂直=90度」の方向に外力が働き
当初「1本線」でも次第に幅が広がる傾向は「常にある」と御考え下さい。


#4
「ケロイド状態」に至られる患者さんの場合
「手術創縫合痕」の原則は下記の通りで御座います。

##1
傷は元来断面が「「Vの字形」であること。

##2
傷を縫合することにより断面は「逆Vの字形」に
「縫合糸」で形成されること。

##3
「縫合後」抜糸をした後は「傷口」と垂直の方向に
「外力」が働くから断面は再び「Xの字形」になること。

##4
「逆Vの字形」の完成された「縫合線痕」は「真ん中」が
「皮膚のターンオーバー」に「同調しなくなる」こと。

##5
「傷跡」の場合傷跡が「1本」であっても
「Vの字形」の
「断面Vの傷跡」は「3つの線」から構成されていること。

##6
「ケロイド状態」=「肥厚性瘢痕」或は「真性ケロイド」の場合
は丸い「玉」或いは「雪だるま」或いは
「数珠」のような構成要素の「複合」であること。


#5
##1
#4の##4の場合
###1
膠原線維がすけてみえ
灰色ー白い色にみえること=「ホワイト・スカー;white scar」

###2
###1に「毛細血管拡張」或いは「毛細血管増殖」を伴うと
赤黒く或いは褐色にみえること=「レッド・スカー:red scar」

##2
ときには「ケロイド体質」の方は「真性ケロイド」を作ってしまうこと。

##3
「ケロイド体質」でないかたは「肥厚性瘢痕」で留まること。

##4
「ケロイド体質」ではなくかつ「お色が白い方」は「肥厚性瘢痕」でも
「軽い盛り上がりの褐色のすじ」ですむこと。


#6
##1
「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」など俗にいう「ケロイド状態」
は人種により異なります。

##2
黒人種には最も頻繁にみられ「コーカサス人種」=「白人種」には
まず「有色の傷跡」は見られません。

##3
「モンゴロイド」である日本人は「黄色人種」であり「有色の傷痕」は
「白人種」よりも遥かに「頻々」とみられ「黒人種」よりは
「有色の傷痕」は遥かに稀で御座います。

##4
「モンゴロイド」である日本人は「黄色人種」ですがもしも
「ケロイド体質」であると「ケロイド状態」になります。

##5
教科書的には「肥厚性瘢痕」は元のきずよりも「小さく」
「真性ケロイド」は元のきずよりも「大きく」成長することにより
鑑別を致します。


#7
##1
「もしもこの傷痕が肥厚性瘢痕であればレーザー治療でなおせるものでしょうか。
先生の相談掲示板でレーザー治療のことを知り治療を受けてみたいのです。

もしも可能であれば私の場合の治療費のことやレーザー治療について
すこし詳しく知りたいと思っています。」
との事です。

##2
「レーザー・リサーフエシング」の理論は
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(abrasion:剥離ではない)
というもので御座います。

##3
「Q(キュー)スイッチ」という「物理スイッチ」を備えた
「レーザー光照射装置」で「Qスイッチレーザー」を照射致します。

##4
「Q(キュー)スイッチ」とは「10億分の10秒」の
「高エネルギー」の「レーザー光ビーム」を「毎秒10ショット」照射する
「高性能」の「高速レーザー」を発生させる装置です。

##5
「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「Qスイッチレーザー」でも「最高性能」のものです。

##6
「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
を有するQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
は「皮膚表面」を傷つけずに「深部」にレーザー光線」のエネルギー
を与えるもので御座います。

##7
わかりやすくは
「光衝撃波」とも呼称されます。

##8
「レーザー」の「光衝撃波」
(Light Shock Wave:LSW)は軍事目的で海上から「潜水艦」を破壊浮上させる
ために考えられたもので御座います。

##9
凹凸の凸のでっぱりを取り除き凹凸の凹のへこみを持上げて
周囲の皮膚組織と「シンクロナイゼーション」を起こして
皮膚の「形状記憶性」をなくして「皮膚のターンオーバー」を
開始させます。

##10
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の場合照射直後から御化粧が可能で御座います。


#8
##1
「Q(キュー)スイッチ」とは「1億分の10秒」の
「高エネルギー」の「レーザー光ビーム」を「毎秒10ショット」照射する
ので御座います。

##2
「肥厚性瘢痕」の「レーザー光照射」の場合。

##3
「ほくろ」の「治療戦略」でいえば「「1回(日)」で
「ほくろ」が100−200個単位で取れるエネルギーの照射を
「肥厚性瘢痕」の「レーザー外科」の場合致します。

##4
痛くも無ければ赤くもなりません。

##5
但し「CO2(炭酸ガス)レーザー」のように「Q(キュー)スイッチ」
のない「光熱反応:photothermal effect」しか「効果」がだせない
レーザー光線」も御座います。

##6
##5で治療をされると「熱作用」により「肥厚性瘢痕」を
或いは「ケロイド状態」を増悪させることが御座います。

##7
何卒に御留意下さい。


#9結論:
##1
「もしも可能であれば私の場合の・略・レーザー治療について
すこし詳しく知りたいと思っています。」
=>
上記御回答致しました。


##2
因みに
「レーザー治療後に腫れたり赤くなったり
痕が残ったりするかどうかというのが一番気になります。」
という御相談はよく御座います。


##3
強いエネルギーにもかかわらず
痕は全く残りません。「レーザー光照射」直後にも少し20分ほどほんのり
赤くなるくらいで御座います。

##4
「治療回数が何回ぐらいかかるか」をおこたえしておいたほうが
宜しいかも知れませんね。##5にお答えいたします。

##5
「6-10-16回の法則」という週一回ペースの場合の
照射回数の法則が御座います。

##6
御相談者の御相談内容からは
最低10回(日)以上は必要で御座います。

##7
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。


##8
「レーザー治療」一般について大事なことは。
「レーザー光照射装置」にも様々なレーザー」があること
で御座います。

###1
例えば
「CO2(炭酸ガス)レーザー」などは「メスレーザー」だから
「メス」で手術したのと同様に麻酔が必要ですし痛く熱いです。

###2
「QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
は「ゴムではじかれたような」パチンがしますが
痛くも赤くもなりません。


##9
「もしも可能であれば私の場合の治療費のこと・略・
すこし詳しく知りたいと思っています。」
との事です。

=>
###1
御相談者の御相談内容からは
「1回(日)」の「御費用(消費税込み)」が5万円で
最低10回以上は必要ですから。

5万円x10回(日)=50万円=「総御費用(消費税込み)」
以上
も目安で御座います。

###2
「回数」が多ければ多いほど宜しいです。

###3
上記「御費用」の中には
ポストレーザーのお化粧品と医薬品の中間の有名な
「お化粧品キット」と「臨床血液検査」その他のすべからく
の「御費用」が含まれます。


##10
「「ケロイド状態」に関しては私は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
はまさに独壇場であろうと考えています。


##11
それから御相談者の場合は
「ほかにも傷痕はありますが胸の傷のようなケロイドのような状態の傷痕あはありません。」との事ですから
「ケロイド体質」ではないと今の私は考えます。

##12
けれども
「ケロイド状態」の場合は「皮膚形成術」は極めて
慎重になられて下さい。


##13
因みに
私は「ケロイド体質」のかたには「ピアシング」も致しません。


##14
「ケロイド体質」のかたの「真性ケロイド」であっても
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による「治療戦略」は極めて「有効打」が得られます。


##15
綺麗になおしたいですね。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月7日 14時3分58秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆみこ   
35歳 女です。
10歳のとき自転車で転倒して胸に傷を作ってしまい病院の外科で縫合手術をしま
した。 
この胸の傷痕は真中に縦方向に幅5mmから一番おおきいところで10mmはば位で
長さが15センチの赤白いケロイドのような状態になっています。
このケロイドのような状態のちょうど真ん中くらいが下着のあたるあたりです。
ほかにも傷痕はありますが胸の傷のようなケロイドのような状態の傷痕あはありま
せん。

コンシーラーで隠さないと胸の開いた服はきれませんし水着もきれません。
一昨年ある大学病院の形成外科で診断していただき治療もうけました。
結局は診断はあまりはっきりせず肥厚性瘢痕とケロイドの中間?で肥厚性瘢痕に近い
という診断でした。
治療はリザベンというお薬の内服と圧迫療法でしたが全く変化はありませんでした。
もしもこの傷痕が肥厚性瘢痕であればレーザー治療でなおせるものでしょうか。
先生の相談掲示板でレーザー治療のことを知り治療を受けてみたいのです。
もしも可能であれば私の場合の治療費のことやレーザー治療について
すこし詳しく知りたいと思っています。
お忙しいところをほんとうに身勝手な御相談で申し訳ないのですが。
よろしくお願い致します。

[2004年10月7日 12時1分7秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【娘のほくろのようなもの】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「先日、掲示板でお世話になったものです。
その節は、どうもありがとうございました。
何度も、申し訳ないのですが宜しくお願いします。

5歳の娘のことです。2歳くらいのとき、オムツを替えていたら
ホクロのようなものができているのに気が付きました。
最近、見たら大きくなっているような気がします。また、成長に伴って
皮膚が伸びているようにも思います。
ホクロというよりは、小さな黒アザっぽく、5,6ミリに縦長で、クレヨンで
かすったようです。全部黒いのではなく、かすった感じです。平らです。

良性のものならば、この大きさなら様子をみてもいいのかなと思うのですが、
万が一、悪性のものでしたら心配ですし、場所が場所なだけに治療可能なのか、
と考えてしまいます。診察してもらわなければいけないのなら、娘が小さいうち
にと思っています。
もし、診察してもらうのなら、皮膚科か形成外科のどちらへ行ったらいいので
しょうか。
宜しくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「5歳の娘のことです。2歳くらいのとき、オムツを替えていたら
ホクロのようなものができているのに気が付きました。
最近、見たら大きくなっているような気がします。また、成長に伴って
皮膚が伸びているようにも思います。
ホクロというよりは、小さな黒アザっぽく、5,6ミリに縦長で、クレヨンで
かすったようです。全部黒いのではなく、かすった感じです。平らです。」
との事です。


##2
##1の「症状・症候」からは
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」=

「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」=俗にいう「ほくろ」
のように思われます。

##3
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」

「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」は
2−4歳ころから出来始め30歳ー40歳くらいで
最も多くの数になります。

##3
日本人で
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
を「もたない人はいない」ともいわれています。
(平均10個くらい)

##4
加齢につれ
80歳位で
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
は消えてしむもので御座います。


#3
##1
「良性のものならば、この大きさなら様子をみてもいいのかなと思うのですが、
万が一、悪性のものでしたら心配ですし、場所が場所なだけに治療可能なのか、
と考えてしまいます。診察してもらわなければいけないのなら、娘が小さいうち
にと思っています。」
との事です。

##2
お母様が前回の御相談で「母斑」でご苦労されていらっしゃい
ますからお気になることと存じます。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
まず「悪性」のものは考えられないと今の私は考えます。

##4
けれども「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
自体「皮膚腫瘍」の「範疇(はんちゅう)」には入ります。

##5
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」=
「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」は
「皮膚腫瘍」の「範疇(はんちゅう)」に入ります。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」=
「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」
であるように・

今の私は考えます。

##2
けれども
「母斑:ぼはん」自体は「皮膚腫瘍」の「範疇(はんちゅう)」
に入ります。

##3
「良性のものならば、この大きさなら様子をみてもいいのかなと思うのですが、
万が一、悪性のものでしたら心配ですし、
場所が場所なだけに治療可能なのか、と考えてしまいます。
診察してもらわなければいけないのなら、娘が小さいうち
にと思っています。」
=>
御気持ちはとてもとてもよく判ります。


##4
「もし、診察してもらうのなら、
皮膚科か形成外科のどちらへ行ったらいいので
しょうか。
宜しくお願いします。」
との事です。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは「御診断」のみであれば
「皮膚科専門医先生」が宜しいと今の私は考えます。

##6
もしも最初から「治療戦略」を考えるのであれば。

##7
「皮膚科専門医先生」と「形成外科専門医先生」を
併診されると宜しいと今の私は考えます。


##8
一刻も早く御嬢様の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


##9
前回のお母様の御相談と
御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。

「病態」はやはり「母斑:ぼはん」という共通点。
念のためまた再度ご参考のため+++以下に「補足1」として
補足致します。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「お忙しいところ恐れ入ります。29歳、女性です。
生まれつき、両肩から腕、胸と広範囲の伊藤母斑です。
24歳くらいにアトピーがきっかけで、両手まで出ました。
今の病院でアレキサンドライトレーザーでテスト中です。
Q−ALEXレーザーです。アザの薄い所に2度打ちましたが、
再発していると言われ、先生も諦め気味です。1度目は、毛穴
の点々状に茶色になり、2回目は、白くなったのですが、うっすら
茶色っぽく見えています。初めから今2ヶ月半くらい、経過しており
ます。
レーザーは打てば打つほど薄くなると言われているのに、2回で効果
なしといわれてしまうのは、私のアザは稀なタイプなのでしょうか。
一般的に茶色くなるが、3ヶ月くらいすると薄くなるといわれる
説と私は違うのでしょうか。
先生はルビーレーザーで試すことを勧めてますが、効果は期待できる
のでしょうか。
太田母斑は治りやすいと言われておりますが、伊藤母斑は治りにくい
のでしょうか。分からないことばかりですみません。
とても悩んでいます。今の病院の先生に簡単に諦められているみたい
で、辛いです。宜しくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」も
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」も
「色調」や「「病理組織診断」上は全く「同一」であり
「分布域」=「発生する場所」の違いのみで
延長線上あるいは同一線上にある病態で御座います。


##2
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」

「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」

通常「Q(キュー)スイッチ」レーザーにて2−3ヶ月間隔で
2−4回は繰り返して照射を致します。

##3
だから「治療」には「年」単位の「治療戦略」が必要です。

##4
「Qスイッチレーザー」には通常
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
が用いられます。


#3
##1
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」も
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」も
「Qスイッチレーザー」の「治療戦略」によく反応いたします。

##2
通常は「Qスイッチレーザー」としては第一選択で
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
が用いられます。

##3
「2−3ヶ月に「1度」」というように「治療」のストロークが
長いので綿密な「治療戦略」と
「レーザー外科」術者も患者さん双方の「ガッツ」が必要で
御座います。


##4
「生まれつき、両肩から腕、胸と広範囲の伊藤母斑です。
24歳くらいにアトピーがきっかけで、両手まで出ました。」
との事です。

##5
御相談者の場合は「範囲」が広い=
「「レーザー光照射」が大変である」という特徴がおありです。

##6
即ち
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
は通常「片側」が多いのですが「両側性」であることなので
「レーザー光照射」の「面積」は広いです。


#4
##1
「今の病院でアレキサンドライトレーザーでテスト中です。
Q−ALEXレーザーです。アザの薄い所に2度打ちましたが、
再発していると言われ、先生も諦め気味です。1度目は、毛穴
の点々状に茶色になり、2回目は、白くなったのですが、うっすら
茶色っぽく見えています。初めから今2ヶ月半くらい、経過しており
ます。」
との事です。


##2
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」も
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
でも「テス照射」的に「2回」が終了されて「2ヵ月半」が
経過されていますが。

##3
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
クラスは「2−3ヶ月」で勝負はできません。


#5
##1
「レーザーは打てば打つほど薄くなると言われているのに、2回で効果
なしといわれてしまうのは、私のアザは稀なタイプなのでしょうか。」
との事です。

##2
「「レーザーは打てば打つほど薄くなると言われているのに」
=>
その通りなのですが。御相談者にはアトピーもおありであったようだから
「エネルギー」を「弱く」開始された可能性が御座います。

##3
「しいて」「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」ではなく
「「Qスイッチアレックス・レーザー」=
「「Qスイッチ・アレキサンドライト・レーザー」を選択されたのは。

##4
「1ショット」あたりの「照射面積」を「広く」確保されようと
したためだと考えられます。

##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。


#6
##1
「、私のアザは稀なタイプなのでしょうか。
一般的に茶色くなるが、3ヶ月くらいすると薄くなるといわれる
説と私は違うのでしょうか。」との事です。
=>
「そのとおり」で宜しいと今の私は考えます。

##2
「照射直後」は「青」+「赤」=「茶」のように
みえるが。
2−3ヶ月で「青の成分」=「メラニン色素斑」
は「消退」し「赤色調」は「消える」=>「全体の青色は薄れてくる」
はずで御座います。


##3
けれども「母斑」のなかでも
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」や
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」クラス
の「母斑」では「面積」が広いから
最初の「2−3ヶ月」では「そう簡単」にはいかないことも事実であろう
と今の私は考えます。

##4
御相談者の「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
が「何らかの特殊性」があるとは
考えにくいです。

##5
「先生はルビーレーザーで試すことを勧めてますが、効果は期待できる
のでしょうか。」
=>
「Qスイッチレーザー」として
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビーレーザー」

「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」
ではある意味では「標準」でしょう。

##6
だから
「効果」は期待できるはずで御座います。


#7
##1
「太田母斑は治りやすいと言われておりますが、伊藤母斑は治りにくい
のでしょうか。分からないことばかりですみません。」
との事です。

##2
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
にて
或いは
Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療において
「両者に差は御座いません。」。

##3
だから「太田母斑は治りやすいと言われておりますが、
伊藤母斑は治りにくいのでしょうか。」
との事ですが「このようなことは全くないはずです」。

##4
但し御相談者の御記載内容からは
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
でも御相談者の
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」は「範囲」が
広いので「時間」も「回数」も必要とするはずで御座います。

##5
ただそれだけのことで御座います。


#8結論:
##1
「レーザー外科」的には
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」=
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」と
御考え下さい。

##2
皮膚外科的にも
「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」=
「太田母斑:naevus fusucocaeruleus ophthalmomaxilaris」であり
ただ「メラニン色素斑」の分布が違うだけと考えていただいて
差し支えありません。

##3
但し御相談者の「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
は「両側」であり「メラニン色素斑」の「分布」も「広いから」
それだけ「レーザー光照射」の時間も「2−3ヶ月」おきの回数も
必要とされるであろうと考えます。

##3
「レーザー外科」は「メスの外科」よりも「大変」です。

##4
「今の病院の先生に簡単に諦められているみたい
で、辛いです。」
との事ですが。

##5
いずれにしても「レーザー外科」は「お受けもちの先生」の「ガッツ」
と「レーザー治療」に対する「広範な知識」と「熱意」と「やさしさ」
が必要なことは確かで御座います。

##6
御相談者の御記載内容からはまだ「治療戦略」では「第一歩」
にも「始まっていないように」今の私は考えます。

##7
御相談者の「伊藤母斑:naevus fuscocaeruleus acromiodeltoideus」
が「レーザー治療」「レーザー外科」の「治療戦略」が上手にいかれて
一刻も早く「メラニン色素斑」が消失されることを
心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年6月6日 14時56分13秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆりこ   
お忙しいところ恐れ入ります。29歳、女性です。
生まれつき、両肩から腕、胸と広範囲の伊藤母斑です。
24歳くらいにアトピーがきっかけで、両手まで出ました。
今の病院でアレキサンドライトレーザーでテスト中です。
Q−ALEXレーザーです。アザの薄い所に2度打ちましたが、
再発していると言われ、先生も諦め気味です。1度目は、毛穴
の点々状に茶色になり、2回目は、白くなったのですが、うっすら
茶色っぽく見えています。初めから今2ヶ月半くらい、経過しており
ます。
レーザーは打てば打つほど薄くなると言われているのに、2回で効果
なしといわれてしまうのは、私のアザは稀なタイプなのでしょうか。
一般的に茶色くなるが、3ヶ月くらいすると薄くなるといわれる
説と私は違うのでしょうか。
先生はルビーレーザーで試すことを勧めてますが、効果は期待できる
のでしょうか。
太田母斑は治りやすいと言われておりますが、伊藤母斑は治りにくい
のでしょうか。分からないことばかりですみません。
とても悩んでいます。今の病院の先生に簡単に諦められているみたい
で、辛いです。宜しくお願いします。

[2004年6月6日 14時4分4秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月6日 18時26分5秒]

---------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆりこ   
先日、掲示板でお世話になったものです。
その節は、どうもありがとうございました。
何度も、申し訳ないのですが宜しくお願いします。

5歳の娘のことです。2歳くらいのとき、オムツを替えていたら
ホクロのようなものができているのに気が付きました。
最近、見たら大きくなっているような気がします。また、成長に伴って
皮膚が伸びているようにも思います。
ホクロというよりは、小さな黒アザっぽく、5,6ミリに縦長で、クレヨンで
かすったようです。全部黒いのではなく、かすった感じです。平らです。

良性のものならば、この大きさなら様子をみてもいいのかなと思うのですが、
万が一、悪性のものでしたら心配ですし、場所が場所なだけに治療可能なのか、
と考えてしまいます。診察してもらわなければいけないのなら、娘が小さいうち
にと思っています。
もし、診察してもらうのなら、皮膚科か形成外科のどちらへ行ったらいいので
しょうか。
宜しくお願いします。

[2004年10月6日 13時55分22秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科