山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 91
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   91 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 91

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【ケロイド】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


1年齢の御記載はあるものの 2・性別 の御記載が御座いません。
また「ケロイド状態」の「大きさ」「色調」の御記載が御座いません。

御回答限界でもあるのです。

けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。


#1
##1
「22歳の学生です。
今から5〜6年前に胸の辺りににきびのようなものができ、
最初は放置してしまったため、ケロイドになってしまいました。

治療を行ったことのありましたが、今放置している状態で、
最近どんどん肥大化してしまい、痛みもあります。

このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。」
との事です。


#2
##1
俗に言う「ケロイド状態」には「肥厚性瘢痕」と「真性ケロイド」
があります。

##2
教科書的には「真性ケロイド」とは実際の「創傷痕」よりも
拡大して増殖するものを呼称し「肥厚性瘢痕」とは
実際の「創傷痕」よりも拡大して増殖しないものとされています。

##3
極めて判りやすくいえば「真性ケロイド」は「ケロイド体質」のかたが
なられるものであり「肥厚性瘢痕」は「ケロイド体質」でないかたに
発生すると御考え下さい。

##4
「真性ケロイド」も「肥厚性瘢痕」も「部分」の「症状・症候」からは
鑑別しうるものではありません。

##5
御相談者の御相談の御記載内容からは
「真性ケロイド」か或いは「肥厚性瘢痕」かは判断ができません。


#3
##1
「現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので」
との事です。

##2
「肥厚性瘢痕」も「真性ケロイド」も「内服薬」での「治療戦略」
でこの「病態」を「治療」することは全く不可能です。

##3
勿論「漢方薬」とて同様です。

##4
御相談者の御相談の御記載内容からは
御自分のお体をいたわる御気持ちが大変よく判ります。

##5
蛇足ながら「結果論」ですが「レンドルミン」「パキシル」等を
内服されている患者さんは。

##6
「真性ケロイド」にしても「肥厚性瘢痕」にしても
これらを「増大」させることが多いものです。

##7
#3に「ケロイド状態」につき簡単にご説明致します。


#3
##1
「肥厚性瘢痕」にしても「真性ケロイド」にしても
白人種=「コーカサス人種」は「ケロイド状態」は大変少ないものです。

##2
一方適切な表現が思い浮かばないのですが
「黒人種」のかたは「ケロイド状態」=「真性ケロイド」も「肥厚性瘢痕」
に至るかたが大変多いものです。

##4
「モンゴロイド」である「日本人」は
「コーカサス人種」と「黒人種」との「中間」であると
思われて下さい。

##5
上記の「ケロイド状態」に関する「人種差」は
「創傷治癒過程」として「黒人種」が「ケロイド状態」にて
「創傷治癒過」を行なう「皮膚の特性」を持っているからとも
考えられています。

##6
だから外国=「コーカサス人種」圏内に居住する日本人の場合
「ケロイド状態」があっても現地のドクターから
適切に「治療戦略」をたててもらえないことが稀ならず御座います。

##7
また日本人では「ケロイド状態」は「お色が白い」かたに
発生しやすい気が致します。

##8
或いは結果論として「ケロイド状態」を御持ちで「治療」を受けられようと
するかたは「お色が白い」ともいえます。


#4
##1
「このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。」
との事です。

##2
「シリコンシート」はある程度「治療戦略」にて「ケロイド状態」が
緩和されたかたには有効です。

##3
けれども「ケロイド状態」が現在増殖中の場合には
「気休め」程度しか効果は御座いません。

##4
「ケロイド状態」=「肥厚性瘢痕」或いは「真性ケロイド」を
御持ちの場合「レーザー外科」を考えられてみては如何でしょうか。
#5に「ケロイド状態」の「レーザー外科」「レーザー治療」について簡単にご説明致します。


#5
##1
「ケロイド状態」=「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」の
患者さんはこれまで治療困難とされてきました。

##2
けれども「Qスイッチレーザー光線」を用いる
優秀な「レーザー光照射装置」が開発されて。

##3
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
にて「ケロイド状態」の患者さんは綺麗になられるようになりました。

##4
「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
には「レーザー光照射装置」として
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
が最適です。

##5
これはQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の「Qスイッチレーザー光線」としての
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
という「特性」を応用したものです。

##6
但し「ケロイド状態」の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
は「大変な「レーザー光照射」のショット数」を
必要と致します。

##7
「大きさ」は「「人差し指」1本分」が限界です。

##8
1回(日)の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
の「御費用」は5万円です。

##9
「4分の1「皮膚のターンオーバー」」に匹敵する
「週1回照射する」ペースで最低10-16回(日)は照射に
必要です。

##10
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。

##11
このように「ケロイド状態」=「真性ケロイド」或いは「肥厚性瘢痕」
の「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」は。

##12
「レーザー外科」「レーザー治療」の「範疇:はんちゅう」では
一種の「傷跡レーザー外科・レーザー治療」であると
今の私は考えます。


#6結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
御相談者の性別が不明であり
「ケロイド状態」の「大きさ」「色調」或いは「胸の正確な部位」等の
御記載がないために
適切な御回答ができたかどうか。

##3
「薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。」
=>
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
を用いた「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
をされてみては如何でしょうか。

##4
「このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが」
との事です。

##5
「ケロイド状態」はいかなる「内服薬」も奏功するものではない
ことを御銘記下さい。
また一方「パキシル」「レンドルミン」等を内服されている患者さん
には「ケロイド状態」の増悪される患者さんが「多い」と
今の私は考えます。

##5
「シリコンシート」などの「圧迫療法」はなんらかの
「ケロイド状態」の「改善或いは消退傾向」のある時期でなければ
まず「効果」はないものと思われて下さい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年12月2日 10時49分30秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
22歳の学生です。
今から5〜6年前に胸の辺りににきびのようなものができ、
最初は放置してしまったため、ケロイドになってしまいました。

治療を行ったことのありましたが、今放置している状態で、
最近どんどん肥大化してしまい、痛みもあります。

このまま放置することはできないので、治療を行いたいのですが、
現在他の科でも病院にかかっているため、
薬を飲んだりして身体にあまり負担をかけたくないので、
できれば漢方薬やシリコンシートを使った治療法で治らないものかと
考えているのですが、
そういった方法で治すことは可能でしょうか。

[2004年12月1日 22時21分34秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【目の際のほくろの除去について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

「御相談の内容枝(ないようし)」が多岐にわたるため
全体として「個別性」或いは「整合性」のある御回答が困難な御相談です。


#1
##1
「30歳女性です。
20歳ごろ(?)から左目の際の上まぶたの睫毛が生えている部分
に2〜3mmほどのほくろができてきました。
特に大きくなってきている感じはありませんが、ほくろがある
せいで、ほくろのある部分だけ睫毛の生え方が均一でなくなって
おり、また今後大きくなったりすることで視界が遮られること
などが気になります。
このほくろを何とかして取りたいのですが、教えていただきたい
ことは、
@このようなほくろは除去できるのか
A除去できる場合、どのような方法があるのか
B過去に同様の症例があるか、または危険はないか(目、睫毛、その他の
部分の皮膚への損傷はないか)
Cどのくらいの期間の通院が必要なのか
D費用はどのくらいかかるのか
です。
よろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。


##2
「左目の際の上まぶたの睫毛が生えている部分
に2〜3mmほどのほくろができてきました。」との事です。

##3
2mmと3mmでは大変な「大きさ」の違いです。
2mmであれば「普通の「ほくろ」」・3mmであれば「大きめの「ほくろ」」
です。

##4
いずれにしても「上眼嶮」の「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」
の「ほくろ」の「ほくろ除去」は難易度の高いものです。

##5
まずいずれにしても「ほくろ除去」には「7種類」の方法が御座います。
これを下記#3に御記載致します。


#3
##1
一般論ですが
顔面外科で「ほくろ」をとるとき7つの方法あります。

###1
メスでとり縫合。メスできる糸で縫合する「外科」の基礎
糸が取れるまで洗顔不能でドレッシングが必要。

###2
CO2(炭酸ガス)レーザー(レーザーメスと考えて)
(1)のメスのかわりにレーザー光を用いる)

###3
ヤグレーザーメラニン蒸散(メラニンを気体として飛ばす)で
ヤグレーザー外科でとる。
メラニンだけ飛ばしてしまう。傷跡は一切残らない。
その日からお化粧ができる。

###4
バイポーラー高周波メスを用いる。
ぬわないが、傷跡は残ります。

###5
サージトロンというラジオ波メスを用いる。
縫わない。「大変きれいな白いきずあと」はのこる。

###6
「液体窒素:LN2」を用いてクリオサージェリーでとる。
今はまずおこなわれません。

###7
その他


の7種類があります。


##2
御相談者の場合上記の「7つ」の「ほくろ除去」の選択枝があります。

##3
御相談者が「何とかして「ほくろ除去」」をしたいのであれば
この「7つ」の何れかを選択しなくてはなりません。

##4
但し「ほくろ」が「上眼嶮」の「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」
の「ほくろ」であるからいずれの手法を用いても「施術の難易度」は高くなります。

##5
「施術の難易度」が高いということは「施術」の時間も
「施術」のための通院回数も・あるいは総合的な通院期間も
「施術」に必要な「御費用」も「大幅」に個人差ふがでる
と今の私は考えます。

##6
また上記の方法で「保険適応」のあるものは
###1と####6の「2つ」のみです。


#4
このほくろを何とかして取りたいのですが、教えていただきたい
ことは、
##1
@このようなほくろは除去できるのか
=>
可能です。けれども難易度は高いです。

##2
A除去できる場合、どのような方法があるのか
=>
上記#3き御回答致しました。

##3-1
B過去に同様の症例があるか、。
=>
「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」の「ほくろ」
の患者さんは少なくはありません。

##3-2
または危険はないか(目、睫毛、その他の
部分の皮膚への損傷はないか)

=>
<A>
###1
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の場合であれば。

###2
「レーザー外科」の場合は目をつぶって頂き
「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」を「反転」させ
「Qスイッチレーザー光線」=「「1ショット時間」=「10億分の10秒」」
を何ショットかして。

###3
「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」を「気体」に換える」
を行ないます。


###4
「週1回照射する」ペースで
「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」を
「気体」に換える」まで10回(日)が必要です。


<B>
「CO2(炭酸ガス)レーザー」の場合は「メスレーザー」=「レーザーメス」
ですから通常の「メス」で「ほくろ除去」を行なった場合と
まず同様です。


##4
Cどのくらいの期間の通院が必要なのか
=>
###1
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
であれば「毎日」支障のない生活ができますが
「週1回照射する」ペースで10回(日)は必要です。

###2
通常の「メス」で「ほくろ除去」を行なった場合は
部位が「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」だから
「ドレッシング方法」により場合により洗顔ができない
時期が発生することが御座います。

##5
D費用はどのくらいかかるのか
です。
=>
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
で「メラニン蒸散」を行なった場合。
「週1回照射する」ペースで
1回(日)の「御費用」が5万円かかります。

だから
「週1回照射する」ペースで10回(日)の
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の場合
5万円x10回(日)=50万円=「総御費用(消費税込み)」
ということになります。


#5結論:
##1
「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」の「外科」或いは
「レーザー外科」は難易度が高いものです。

##2
「難易度」=「施術の難易度」は「御費用」或いは「期間」とりわけ
「御費用」に大きく反映されるものです。

##3
上記の「御費用」は私の場合の「御費用」でありまた
先生により考え方は異なるかも知れません。


##4
何卒にくれぐれもご注意頂きたいのは
御相談者の「睫毛:しょうもう」の生えている「部分」の「ほくろ除去」
の難易度は極めて高い。

##5
お顔の外科の場合はみなそうなのですが御相談者の場合
さまざまな御施設を選択される場合には極めて「慎重に」
進路をとられて下さい。


##6
御相談者の場合には
大学病院の「形成外科」外来にて「形成外科専門医」先生を受診されて
さまざまに御相談されてみるのが「最良」の方法の「ひとつ」であるように
も今の私は考えます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年12月2日 9時13分20秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ぽっぽ   
30歳女性です。
20歳ごろ(?)から左目の際の上まぶたの睫毛が生えている部分
に2〜3mmほどのほくろができてきました。
特に大きくなってきている感じはありませんが、ほくろがある
せいで、ほくろのある部分だけ睫毛の生え方が均一でなくなって
おり、また今後大きくなったりすることで視界が遮られること
などが気になります。
このほくろを何とかして取りたいのですが、教えていただきたい
ことは、
@このようなほくろは除去できるのか
A除去できる場合、どのような方法があるのか
B過去に同様の症例があるか、または危険はないか(目、睫毛、その他の
部分の皮膚への損傷はないか)
Cどのくらいの期間の通院が必要なのか
D費用はどのくらいかかるのか
です。
よろしくお願いいたします。

[2004年12月1日 21時24分31秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【右足裏だけの尋常性ゆうぜい】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「山本先生

先生のホームページを見て、
できればご意見を伺いたくメールいたしました、

9歳の男の子ですが、
1年半前に、右足裏だけに尋常性ゆうぜいができ、
液体窒素療法を毎週行い、すでに70回以上は受けております。
少しは良くなっているものの、
こんなに時間がかかるのに不安を感じております。

合気道を裸足で毎週やっていることから、
それも影響しているかとも思いますが、
いずれにしても早く治療するにはレーザー治療は有効でしょうか?

失礼ですが、いかほどかかるものなのでしょうか?

師走のお忙しい中、突然で申し訳ございませんが、
宜しくお願いいたします。」
との事です。


#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい」は
出来ればこれをとる方法に様々なものが
あります。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「液体窒素:LN2」での「治療戦略」が
ご子息様の場合最良であろうと今の私は考えます。

##4
「レーザー外科」でとる場合は「CO2(炭酸ガス)レーザー」
を用いますが。
麻酔その他を考えると「メス」と同じです。

##5
部位的にも
「液体窒素:LN2」が一番と今の私は考えます。

##6
このような御回答しか出来ません。御免なさい。

##7
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

##8
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年12月1日 11時54分47秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 子供のいぼに悩む母より    
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*

山本先生

先生のホームページを見て、
できればご意見を伺いたくメールいたしました、

9歳の男の子ですが、
1年半前に、右足裏だけに尋常性ゆうぜいができ、
液体窒素療法を毎週行い、すでに70回以上は受けております。
少しは良くなっているものの、
こんなに時間がかかるのに不安を感じております。

合気道を裸足で毎週やっていることから、
それも影響しているかとも思いますが、
いずれにしても早く治療するにはレーザー治療は有効でしょうか?

失礼ですが、いかほどかかるものなのでしょうか?

師走のお忙しい中、突然で申し訳ございませんが、
宜しくお願いいたします。
 

[2004年12月1日 11時51分17秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科