山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 97
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   97 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 97

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【海綿状血管腫についてお礼と質問】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「お忙しい中、驚くほど早く、丁寧な返信をいただき、
本当に感謝しています。
お礼のあとで申し訳ないのですが参考までにお聞かせください。

前回の御相談の
(「生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もありますが、なっていない部分もあり、
しかし全体的には(特に立っている間等)、もこもこと膨らんだ状態になります
・・・中略・・・生活上特に大きな支障はありません
が、足にしびれと痛さの中間のようなものを感じ、動かしにくくなることが、
極めてまれにですが、あります」という部分に関し)



極たまに、とは言いましたが、そのたまにある
「しびれと痛みの中間」の原因はなんだと考えられるのでしょうか?
血栓というよりもうっ血に近いものでしょうか?

よろしければお教えください。

よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
御相談者は「血管腫」内部での「静脈鬱血」を
御心配されていらっしゃるようです。

##2
「小児」の四肢「血管腫」の場合などでは。
「心不全」すら惹起することも有ります。

##3
御相談者が
「血管腫」の「循環動態」として「鬱血:うっけつ:congestion」
に「留意」或は「注目」されるのも当然のことと
考えられます。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「「血管腫」の「循環動態」と「感覚障害・知覚障害」」
の問題或は御相談と解釈して下記に順を追って御回答致します。


#3
##1
まず「感覚障害・知覚障害」に関して。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載の
「感覚障害・知覚障害」は。

##3
「血管腫」による「末梢循環障害」の存在があり
「可逆的」な「末梢知覚神経障害」
が「稀」に発生することによる「症状・症候」であると推測されます。

##4
このように皮膚外科では「血管腫」と「感覚障害・知覚障害」
も最近では重要な課題になってきています。


#4
##1
皮膚外科領域の「血管腫」ではとりわけ
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」の
患者さん個々人で稀な頻度で「ピリピリ感」が発生することが
御座います。

##3
##2は多くの場合「激烈な「感覚障害・知覚障害」」であることは
極めて稀でありまず御座いません。

##4
「血管腫」の場合の関しては。
「感覚障害・知覚障害」の「範疇(はんちゅう)」の中でも
「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」
「知覚消失:アネステシア:ana-esthaesia」
或は「知覚過敏:ヒペレステシア:hyper-aestaesia」が発生する場合は。

##5
「非可逆的」な「重症の
「決定的な「末梢循環障害」」の場合で御座います。

##6
けれども
このような事例は稀で御座います。


#5結論:
##1
「血管腫」で多くのばあい発生する「感覚障害・知覚障害」

「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」
である。

##2
これらの##1の「感覚障害・知覚障害」は
「可逆的」な「末梢循環障害」に根源を発するもので御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載。
「血栓というよりもうっ血に近いものでしょうか?」
=>

##4
違います。

##5
皮膚外科的には解剖学的に
「静脈:vein」「動脈:artery」「神経:nerve]
と「配列」する「規則性」が御座います。

##6
この解剖学的規則性を皮膚外科では
を「それぞれの頭文字」をとり
「VAN:ヴワン」と呼称致します。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載から
御相談者の
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」の
「感覚障害・知覚障害」は
この「VAN:ヴワン」の「症状・症候」と評価したほうが適切であると
今の私は考えます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「海綿状血管腫についてお伺いします(38歳 男)。

生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もあります
が、なっていない部分もあり、しかし全体的には(特に立っている間等)、
もこもこと膨らんだ状態になります。

高校生の時、切除しようと思い検査を行ったりもしましたが
(造影剤による血管撮
影)、結局切除せず現在までそのまま来ています。

生活上特に大きな支障はありませんが、
足にしびれと痛さの中間のようなものを感
じ、動かしにくくなることが、極めてまれにですが、あります。

お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。

私なりにいろいろ調べますと、
海綿状血管種はどうやら血栓が出来ることがあるらしいのですが、
血栓が体の他の部分に回って支障をきたすということはないでしょう
か?

ちなみに、以前高校生の時に検査した際は
「手術すると大きな痕が残ることになる
よ。いいの?」と言われました。
裏を返せば「命の危険があるから、すぐに手術しよう」という
切迫したコメントはお医者さんから出ませんでした
ですから、そのままになっているのですが)。
あと、診断書をいただきに他のお医者さんにうかがった時
も、そういう切迫したコメントはいただきませんでした。

ただ、最近その血栓のことを知り、少し不安になりましたので
、お伺いさせていただいた次第です。

お忙しい中申し訳ありませんが、回答の程、よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は
各診療科目により「病態」が異なります。

##2
例えば脳神経外科では
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は100%
「毛細血管」より構成されている「血管腫」を
意味します。

##3
皮膚外科では
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は
「静脈性の血管の奇形」で御座います。

##4
けれども皮膚外科でもその昔(大昔)

「イチゴ状血管腫」を「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
と呼称していた時期があります。

##5
そのために
皮膚外科での
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
に関する「情報」にもさまざまな「混乱」がみられます。

##6
皮膚外科で
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
という「病名」自体が「なくなるかもしれない」
ともいわれています。


#3
##1
皮膚外科的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」には
###1
「狭義の「海綿状血管腫」」
###2
「静脈性蔓状血管腫」
の「2種類」が御座います。


##2
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は「血管腫」の一種ですから
理論的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」の中に
血栓ができても不思議ではありません。


##3
けれども現実的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」で
血栓を形成して「おおごと」になったという「報告」は
御座いません。


##4
あまりご心配されなくて宜しいと
今の私は考えます。


#4結論:
##1
「お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。」
との事です。

##2
上記御回答致しました。

##3
放置経過観察をされていて宜しいと
今の私は考えます。

##4
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年1月12日 15時29分27秒]
---------------------------------------------------------------
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


海綿状血管腫についてお伺いします(38歳 男)。

生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もあります
が、なっていない部分もあり、しかし全体的には(特に立っている間等)、
もこもこと膨らんだ状態になります。

高校生の時、切除しようと思い検査を行ったりもしましたが
(造影剤による血管撮
影)、結局切除せず現在までそのまま来ています。

生活上特に大きな支障はありませんが、
足にしびれと痛さの中間のようなものを感
じ、動かしにくくなることが、極めてまれにですが、あります。

お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。

私なりにいろいろ調べますと、
海綿状血管種はどうやら血栓が出来ることがあるらしいのですが、
血栓が体の他の部分に回って支障をきたすということはないでしょう
か?

ちなみに、以前高校生の時に検査した際は
「手術すると大きな痕が残ることになる
よ。いいの?」と言われました。
裏を返せば「命の危険があるから、すぐに手術しよう」という
切迫したコメントはお医者さんから出ませんでした
ですから、そのままになっているのですが)。
あと、診断書をいただきに他のお医者さんにうかがった時
も、そういう切迫したコメントはいただきませんでした。

ただ、最近その血栓のことを知り、少し不安になりましたので
、お伺いさせていただいた次第です。

お忙しい中申し訳ありませんが、回答の程、よろしくお願いします。

[2005年1月12日 15時22分24秒]

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

[2005年1月17日 18時42分1秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


お忙しい中、驚くほど早く、丁寧な返信をいただき、
本当に感謝しています。
お礼のあとで申し訳ないのですが参考までにお聞かせください。

前回の御相談の
(「生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もありますが、なっていない部分もあり、
しかし全体的には(特に立っている間等)、もこもこと膨らんだ状態になります
・・・中略・・・生活上特に大きな支障はありません
が、足にしびれと痛さの中間のようなものを感じ、動かしにくくなることが、
極めてまれにですが、あります」という部分に関し)


極たまに、とは言いましたが、そのたまにある
「しびれと痛みの中間」の原因はなんだと考えられるのでしょうか?
血栓というよりもうっ血に近いものでしょうか?

よろしければお教えください。

よろしくお願いします。

[2005年1月17日 18時17分50秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【“顆粒細胞腫瘍”】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
うまくご説明できるとよろしいのですが。

+++++++++++++++++++++++++
「顆粒細胞腫:
granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
について
「悪性化する可能性はどの程度なのでしょうか。」
との事です。
=>

「顆粒細胞腫:
granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
は良性腫瘍です。

「顆粒細胞腫:
granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
との「「病理組織検査診断」が確かであれば
「完全摘出」しううれば「再発」は致しません。
「悪性化」も致しません。

「この“顆粒細胞腫瘍”というものは、
一体どのような病気なのでしょうか?」

下記に順を追って御回答致します。


+++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「はじめまして。23歳の女性です。

10年ほど前から臀部(外陰部付近)にシコリができ始め、
徐々に4CM×6CM楕円形ほどに大きくなってきたので、
先日、形成外科にて摘出手術を行いました。

病理検査の結果、“顆粒細胞腫瘍”と診断されました。
ただの粉瘤かと思っていましたので、
まれに悪性化する腫瘍だと聞き驚きました。

皮膚とシコリとの境界がナイので、
再発するかもしれないといわれました。

この“顆粒細胞腫瘍”というものは、
一体どのような病気なのでしょうか?
悪性化する可能性はどの程度なのでしょうか。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「顆粒細胞腫:
granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
とは。

##3
神経由来の「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」で一般に90%
単発性であり10%に多発性の「病態」を作ります。

##4
因みに「脳腫瘍」は大部分「男性」に多いのですが。
女性に多い「脳腫瘍」が「3種類」のみ御座います。
###1
「聴神経腫瘍(シュワノーマ)」
###2
「髄膜腫:meningioma」
###2
「脳下垂体」の
「顆粒細胞腫:granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
の「3種類」が御座います。


##5
##4のように
「顆粒細胞腫:
granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
は「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」以外の分野でも
「話題性」のある「腫瘍」で御座います。

#3
##1
「顆粒細胞腫:granyular cell tumo(u)r :
granular cell myoblastoma」

「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」としても
「女性」に多い。

##2
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」では0.5−3.0cmほどの「結節:けっせつ」
としてみられます

##3
稀に「表面」が「疣状:いぼじょう」を示します。

##4
時に「圧痛:あつつう」「痒感:ようかん」が御座います。

##5
鑑別診断として
###1
「悪性顆粒細胞腫:malignant granyular cell tumo(u)r 」
###2
「黄色腫(xantoma)」
###3
「横紋筋肉腫:rhabdomyosarucoma」
との鑑別が必要となることが
が御座います。

##6
「治療戦略」は「外科的摘出」=「手術」で御座います。


#4結論:
##1
「悪性化する可能性はどの程度なのでしょうか。」
との事です。
=>

##2
「顆粒細胞腫:granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
は良性腫瘍です。

##3
「顆粒細胞腫:granyular cell tumo(u)r :granular cell myoblastoma」
との「「病理組織検査診断」が確かであれば
「完全摘出」しううれば「再発」は致しません。
「悪性化」も致しません。

##4
「皮膚とシコリとの境界がナイので、
再発するかもしれないといわれました。」
との事です。

##5
##4は「単純に完全摘出できていない可能性」が
「「病理組織検査診断」で「示唆」されただけのことで
この場合の「再発」は「再度摘出」すれば解決する。


##6
「この“顆粒細胞腫瘍”というものは、一体どのような病気なのでしょうか?」
=>
上記御回答致しました。
うまくご説明できるとよろしいのですが。

##7
ご心配なことと存じますが。
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年1月14日 16時18分55秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


はじめまして。23歳の女性です。

10年ほど前から臀部(外陰部付近)にシコリができ始め、
徐々に4CM×6CM楕円形ほどに大きくなってきたので、
先日、形成外科にて摘出手術を行いました。

病理検査の結果、“顆粒細胞腫瘍”と診断されました。
ただの粉瘤かと思っていましたので、
まれに悪性化する腫瘍だと聞き驚きました。

皮膚とシコリとの境界がナイので、
再発するかもしれないといわれました。

この“顆粒細胞腫瘍”というものは、
一体どのような病気なのでしょうか?
悪性化する可能性はどの程度なのでしょうか。

[2005年1月14日 16時17分13秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【海綿状血管腫について。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「海綿状血管腫についてお伺いします(38歳 男)。

生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もあります
が、なっていない部分もあり、しかし全体的には(特に立っている間等)、
もこもこと膨らんだ状態になります。

高校生の時、切除しようと思い検査を行ったりもしましたが
(造影剤による血管撮
影)、結局切除せず現在までそのまま来ています。

生活上特に大きな支障はありませんが、
足にしびれと痛さの中間のようなものを感
じ、動かしにくくなることが、極めてまれにですが、あります。

お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。

私なりにいろいろ調べますと、
海綿状血管種はどうやら血栓が出来ることがあるらしいのですが、
血栓が体の他の部分に回って支障をきたすということはないでしょう
か?

ちなみに、以前高校生の時に検査した際は
「手術すると大きな痕が残ることになる
よ。いいの?」と言われました。
裏を返せば「命の危険があるから、すぐに手術しよう」という
切迫したコメントはお医者さんから出ませんでした
ですから、そのままになっているのですが)。
あと、診断書をいただきに他のお医者さんにうかがった時
も、そういう切迫したコメントはいただきませんでした。

ただ、最近その血栓のことを知り、少し不安になりましたので
、お伺いさせていただいた次第です。

お忙しい中申し訳ありませんが、回答の程、よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は
各診療科目により「病態」が異なります。

##2
例えば脳神経外科では
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は100%
「毛細血管」より構成されている「血管腫」を
意味します。

##3
皮膚外科では
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は
「静脈性の血管の奇形」で御座います。

##4
けれども皮膚外科でもその昔(大昔)

「イチゴ状血管腫」を「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
と呼称していた時期があります。

##5
そのために
皮膚外科での
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
に関する「情報」にもさまざまな「混乱」がみられます。

##6
皮膚外科で
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
という「病名」自体が「なくなるかもしれない」
ともいわれています。


#3
##1
皮膚外科的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」には
###1
「狭義の「海綿状血管腫」」
###2
「静脈性蔓状血管腫」
の「2種類」が御座います。


##2
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は「血管腫」の一種ですから
理論的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」の中に
血栓ができても不思議ではありません。


##3
けれども現実的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」で
血栓を形成して「おおごと」になったという「報告」は
御座いません。


##4
あまりご心配されなくて宜しいと
今の私は考えます。


#4結論:
##1
「お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。」
との事です。

##2
上記御回答致しました。

##3
放置経過観察をされていて宜しいと
今の私は考えます。

##4
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年1月12日 15時29分27秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭    URL
ご心配なことと存じます。


#1
##1
「海綿状血管腫についてお伺いします(38歳 男)。

生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もあります
が、なっていない部分もあり、しかし全体的には(特に立っている間等)、
もこもこと膨らんだ状態になります。

高校生の時、切除しようと思い検査を行ったりもしましたが
(造影剤による血管撮
影)、結局切除せず現在までそのまま来ています。

生活上特に大きな支障はありませんが、
足にしびれと痛さの中間のようなものを感
じ、動かしにくくなることが、極めてまれにですが、あります。

お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。

私なりにいろいろ調べますと、
海綿状血管種はどうやら血栓が出来ることがあるらしいのですが、
血栓が体の他の部分に回って支障をきたすということはないでしょう
か?

ちなみに、以前高校生の時に検査した際は
「手術すると大きな痕が残ることになる
よ。いいの?」と言われました。
裏を返せば「命の危険があるから、すぐに手術しよう」という
切迫したコメントはお医者さんから出ませんでした
ですから、そのままになっているのですが)。
あと、診断書をいただきに他のお医者さんにうかがった時
も、そういう切迫したコメントはいただきませんでした。

ただ、最近その血栓のことを知り、少し不安になりましたので
、お伺いさせていただいた次第です。

お忙しい中申し訳ありませんが、回答の程、よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は
各診療科目により「病態」が異なります。

##2
例えば脳神経外科では
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は100%
「毛細血管」より構成されている「血管腫」を
意味します。

##3
皮膚外科では
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は
「静脈性の血管の奇形」で御座います。

##4
けれども皮膚外科でもその昔(大昔)

「イチゴ状血管腫」を「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
と呼称していた時期があります。

##5
そのために
皮膚外科での
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
に関する「情報」にもさまざまな「混乱」がみられます。

##6
皮膚外科で
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」
という「病名」自体が「なくなるかもしれない」
ともいわれています。


#3
##1
皮膚外科的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」には
###1
「狭義の「海綿状血管腫」」
###2
「静脈性蔓状血管腫」
の「2種類」が御座います。


##2
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」は「血管腫」の一種ですから
理論的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」の中に
血栓ができても不思議ではありません。


##3
けれども現実的には
「海綿状血管腫:cavernous (hem)angioma」」で
血栓を形成して「おおごと」になったという「報告」は
御座いません。


##4
あまりご心配されなくて宜しいと
今の私は考えます。


#4結論:
##1
「お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
とい%A

[2005年1月12日 15時29分27秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


海綿状血管腫についてお伺いします(38歳 男)。

生まれつき右足全体に海綿状血管腫があります。
紫色になっている部分もあります
が、なっていない部分もあり、しかし全体的には(特に立っている間等)、
もこもこと膨らんだ状態になります。

高校生の時、切除しようと思い検査を行ったりもしましたが
(造影剤による血管撮
影)、結局切除せず現在までそのまま来ています。

生活上特に大きな支障はありませんが、
足にしびれと痛さの中間のようなものを感
じ、動かしにくくなることが、極めてまれにですが、あります。

お伺いしたい点は、このまま放っておいて良いのかどうか、
という点です。

私なりにいろいろ調べますと、
海綿状血管種はどうやら血栓が出来ることがあるらしいのですが、
血栓が体の他の部分に回って支障をきたすということはないでしょう
か?

ちなみに、以前高校生の時に検査した際は
「手術すると大きな痕が残ることになる
よ。いいの?」と言われました。
裏を返せば「命の危険があるから、すぐに手術しよう」という
切迫したコメントはお医者さんから出ませんでした
ですから、そのままになっているのですが)。
あと、診断書をいただきに他のお医者さんにうかがった時
も、そういう切迫したコメントはいただきませんでした。

ただ、最近その血栓のことを知り、少し不安になりましたので
、お伺いさせていただいた次第です。

お忙しい中申し訳ありませんが、回答の程、よろしくお願いします。

[2005年1月12日 15時22分24秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【目の下のクマを治したいです。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「山本博昭先生、初めまして。


山本クリニックの掲示板を見て同じような悩みの方が
いらっしゃることが分かり、希望が持てた気がします。
先生の今までの御回答で、大体の治療内容は理解した
つもりでおります。が、やはり少し心配なものですか
らご相談させて頂きます。

現在34歳の男性です。
私の場合、19歳の頃寮生活に変わり、環境変化に追い
つかず1ヶ月位寝不足状態が続き、また仕事が不規則
で深夜勤務もあったりして、その頃からずっとクマが
消えません。休み等で寝ても全く消えることなく10数
年経ってしまいました。血液内科では、起立性調節障
害(自律神経系)と言われました。そのために血液が
上へ行かない趣旨のことも言っていました。また、私
は低血圧でもあります。そしてここ2年位、抑うつ状
態からくる熟眠障害になってしまい、寝られないため
もあり、クマが余計にひどいです。

そこでお聞きしたいのは、まず薬の関係です。
今、抗うつ剤と睡眠薬を服用しています。この状態でも
治療は可能でしょうか?静脈になにやら注射?するみ
たいなのですが大丈夫でしょうか。
また、このヤグレーザーで治療後、綺麗に消えたとして
クマが再び出てしまうことはないのでしょうか。
また今まで治らなかったクマの方はいらっしゃるのでしょ
うか。いろいろと気になってしまいます。

治すのならすぐにでも始めて、1〜2ヶ月で一気に治したい
です。幸い現在、会社を休職しているものですから。
よろしく御回答のほどお願い致します。」
との事です。


#2結論:
##1
「そこでお聞きしたいのは、まず薬の関係です。
今、抗うつ剤と睡眠薬を服用しています。この状態でも
治療は可能でしょうか?静脈になにやら注射?するみ
たいなのですが大丈夫でしょうか。」
との事です。

=>
###1
[目の下のクマのレーザー治療]は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」を
応用した「レーザー・リサーフエシング」の「一種」です。
###2
「今、抗うつ剤と睡眠薬を服用しています。この状態でも
治療は可能でしょうか?」
=>可能です。

###3
「静脈になにやら注射?するみ
たいなのですが大丈夫でしょうか。」との事です。
=>
「レーザー・リサーフエシング」のあと
「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」を加えます。
特別に「静脈注射」をするわけではありません。

###4
「治療戦略」の主体は「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
で御座います。


##2
「また、このヤグレーザーで治療後、綺麗に消えたとして
クマが再び出てしまうことはないのでしょうか。
また今まで治らなかったクマの方はいらっしゃるのでしょ
うか。いろいろと気になってしまいます。」

###1
[目の下のクマのレーザー治療]は「パーマネント」な「治療」です。
再発することはありえません。

###2
「今まで治らなかったクマの方はいらっしゃるのでしょ
うか。」
=>
現在のところ
「いらっしゃいません。」

##3
「治すのならすぐにでも始めて、1〜2ヶ月で一気に治したい
です。幸い現在、会社を休職しているものですから。
よろしく御回答のほどお願い致します。」
との事です。

###1
[目の下のクマのレーザー治療]は
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低10回(日)以上は
「レーザー光照射」が必要です。

###2
「「治すのならすぐにでも始めて、1〜2ヶ月で一気に治したい」
との事です。
=>
###3
[目の下のクマのレーザー治療]の場合
「回数(日)」は多ければば多いほど宜しいです。

###4
レーザー光は「魔法の光」ではないけれども
やはり「魔法の光」だなと思うようになってから
大分時間のたつ昨今です・。


##4
綺麗に治したいですね。

##5
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html

過去の御相談と御回答
a.. 眼の下のくま [2] [2004年10月31日 8時48分26秒]

の「コピー」を「補足1」に御記載致します。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「26歳女性です。
10歳くらいの小さいころから眼の下のくまで悩んでいます。
山本先生の相談掲示板を拝見して私と同じの悩みの方がいらっしゃり
皆さんくろうされていてまたレーザー治療という方法があることを
知り大変に感激しています。

ほかののご質問者のかたのごかいとうもよませていただき費用や方法など
大体の見当がつきたので是非山本先生にレーザー治療をお願いしたい
と考えています。
@
まったくわからなくならないまでもよくなるとしたら10回照射
するのと16回照射するのではどちらがよいのでしょうか。

A
それからレーザー治療の当日赤くなったり腫れたりかさぶたになったり
は本当にならないでしょうか(大丈夫ですよね)。

失礼な質問ですみません。
お忙しいところをすみません。よろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
「目の下のクマ」の「レーザー外科」は
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
による。

##2
「光衝撃波」による「パッチング」=
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(a「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
の作用機序を用いて。

##3
表面を傷つけずに「真皮形成」を致します。

##4
「目の下のクマ」のQスイッチNd・YAGレーザー装置
による「レーザー外科」は「目の下のクマ」 「治療戦略」の
独壇場になっています。

##5
けれども「目の下のクマ」 の場合
「レーザー光照射装置」の「レーザー光照射」テクニック
は大変高度の技術が必要で御座います。


#3
##1
「@
まったくわからなくならないまでもよくなるとしたら10回照射
するのと16回照射するのではどちらがよいのでしょうか。」
との事です。

##2
この御相談からは御相談者が10回(日)行うか16回(日)行うか
迷われている「御姿」が眼に浮かびます。

##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
10回(日)行なうよりも16回(日)行うのが
宜しいに決まっています。

##4
「目の下のクマ」 の「レーザー外科」は
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。


#4
##1
「A
それからレーザー治療の当日赤くなったり腫れたりかさぶたになったり
は本当にならないでしょうか(大丈夫ですよね)。」
との事です。

##2
「レーザー光照射」というと直感的に「熱」を思いだされる
ことと存じます。

##3
けれども「Qスイッチレーザー外科あるいはQスイッチレーザー治療」
でもちいる
最も高性能の「Q(キュー)スイッチ」をもつ
「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
は。

##4
「10億分の5−10秒の照射時間」で
毎秒10ショットを照射しうるから痛くも熱くもはありません。

##4
このような「極小短時間」での「レーザー光照射」では
「熱」に直感されるのとは別個の「レーザー光」の強い作用が
働きます。

##5
これが上に述べた
「photo ionization:光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」(abrasion:剥離ではない)
という作用で御座います。

##6
表面を傷つけず「真皮」まで最も深く到達するという
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
の「「波長=1064nm」ともあいまって
「目の下のクマ」 の際有力な「治療戦略」になっています。


##7
「「A
それからレーザー治療の当日赤くなったり腫れたりかさぶたになったり
は本当にならないでしょうか(大丈夫ですよね)。」
との事です。」
=>
###1
「レーザー光照射」直後はほんのりとあかくなりますが
すぐに消えてしまいます。

###2
全く「腫れません」

###3
かさぶたになりようがありません。

##8
##7のごとく「絶対に!」大丈夫です。
何卒にご安心下さい。


#5結論:
##1
「@
まったくわからなくならないまでもよくなるとしたら10回照射
するのと16回照射するのではどちらがよいのでしょうか。」
との事です。


この御相談からは御相談者が10回(日)行うか16回(日)行うか
迷われている「御姿」が眼に浮かびます。

適切な表現が思い浮かばないのですが
10回(日)行なうよりも16回(日)行うのが
宜しいに決まっています。

「目の下のクマ」 の「レーザー外科」は
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。


##2
###1
「レーザー光照射」直後はほんのりとあかくなりますが
すぐに消えてしまいます。

###2
全く「腫れません」

###3
かさぶたになりようがありません。

###4
けれども「目の下のクマ」 の場合
「レーザー光照射装置」の「レーザー光照射」テクニック
は大変高度の技術が必要で御座います。


##8
##7のごとく「絶対に!」大丈夫です。
何卒にご安心下さい。


##3
もうお読みになられたかもしれませんが
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
の過去の「御相談」の
目の下のクマ [2] [2004年10月23日 19時11分38秒]
の「内容」を「補足1」にコピー致します。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」+++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。
「目の下のクマ」についての御相談で御座います。
この「目の下のクマ」についての御相談は多いものなので

結論を「三部作」として

結論:2に「よくあるる御相談」
結論:3に「結論のまとめの結論」

として「補足」致しました。


#1
##1
「21歳の男性です。
目の下のクマで悩んでいます。
私は14歳の頃に貧血になり、その頃からクマが目立つ
ようになりました。ですので、素人目からみると血行の
悪さからくるクマではないかと思います。あと、軽度で
はありますが、幼い頃からアトピーもあります。
クマの状態としては紫色という感じで、よく見るとクマ
の部分の皮膚に小さな白っぽい点々があります。
このような多分(?)貧血からくるクマもレーザー治療
で治るのでしょうか?
御回答よろしくお願いします。」
との事です。

##2
「目の下のクマ」 については
様々な「治療戦略」がたてられてきました。

##3
レーザー治療の「レーザー光照射」
が現在では「独壇場」になっていると今の私は考えます。


#2
##1
「私は14歳の頃に貧血になり、その頃からクマが目立つ
ようになりました。ですので、素人目からみると血行の
悪さからくるクマではないかと思います。あと、軽度で
はありますが、幼い頃からアトピーもあります。」
との事です。

##2
「目の下のクマ」 は元来「小学校の生徒」位からのお小
さいときから御自覚され存在するものです。

##3
「目の下のクマ」の患者さんは
どちらかというと「蒙古ひだ」が薄く御色が白く
「ほりの深い」「欧米人種的」すなわち
「コーカサス人種」的なおかおの方に出やす
いものです。


#3
##1
「目の下のクマ」についてご説明いたします。

##2
まず大きく「4種類に分類」致します。

###1
「循環不全クマ」。
下眼嶮の静脈の循環不全が原因です。
この「静脈の名称」は「角静脈:かくじょうみゃく」と呼称致します。
膠原線維(コラーゲン)が薄くふくらんだ細静脈が広範に浮き出ている。
文字通り「歌舞伎の俳優さん」の目の下のクマ。
比較的「少ない」ものです。

###2
「下眼嶮皮膚が薄いクマ」。
誰でも下眼嶮の皮膚は大変薄いものです。
更に萎縮してクマとなる現象。
水分の足りない頭痛もちの患者さんに多いものです。


###3
アトピーや炎症で「微小シワのク
マ」。目の上下がはれぼったく赤みや黒ずんだり。
メラニン沈着が多いタイプです。


###4
「影クマ」。

肌の乾燥や保水が悪く影に見えるタイプ。
トータルに顕微鏡チエックが必要なものです。
治療の難易度が高い「目の下のクマ」 です。
御婦人独特のもので「子供の時にはありません」。
「基礎化粧品」の使い方がお上手でなかったり「メイク化粧品」
をおとさずに眠られてしまうくらい忙しい御婦人」に多いものです。
「目の下が黒ずんでいる」といわれて傷つくのも特徴。
「メイク」でクマよけいに目立つてしまうことも多いです。


#4
##1
###1−###4の目の下のクマ の患者さんで概ね共通している
ことがございます。
##2
###1
皮膚が薄い
###2
メラニンの薄い沈着が有る
####
水分がたりない
###4「アレルギー」「大人のアトピーAATP」の可能性
###5
その他なのです。


#5
##1
御相談者の御相談内容からは
「私は14歳の頃に貧血になり、その頃からクマが目立つ
ようになりました。」
との事です。

##2
御婦人であれば「基礎化粧品」はつかわれているからわかりやすいのですが。

##3
皮膚は当然ながら生き物です。

##4
何らかの理由で御顔の皮膚の性状には問題ができている可能性が
なくはありません。

##5
けれども
「おちいさいときからある「目の下のクマ」 」であれば
御相談者の御相談内容からは
「下眼嶮皮膚が薄いクマ」であると今の私は考えます。


#6
##1
治療法はレーザーフェイシアル 
(レーザーリサーフェシング)
が宜しかろうと存じます。

##2
QスイッチNd・YAGレーザー
(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置を
用います。

##3
QスイッチNd・YAGレーザー
(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
最も進化した「Qスイッチレーザー」です。

##4
照射直後当日から御婦人であれば御化粧が可能なもので御座います。
赤くはなりませんし傷痕も「皆無」です。


#7
##1
因みにレーザー外科以外の「目の下のクマ」 の「治療」で
「脂肪注入」或いは「注入法」等にて「目の下のクマ」 の治療は「難しかろ
う」と考えます。

##2
「脂肪注入」あるいは「真皮を作る物質」の注入は)「filler療法
(フイラー療法)」といいます。

##3
「目の下のクマ」 や「水疱瘡の痕」 は
従来、治療困難とされてきました。

##4
「目の下のクマ」 については
様々な「治療戦略」がたてられてきました。


##5
昨今は
レーザー治療の「レーザー光照射」
が「独壇場」になっております。


##6
21世紀の「治療戦略」として「目の下のクマ」 のみでなく
その他傷跡の「レーザー治療」などに「発展」していっていると
今の私は考えます。


#9結論:
##1
ご質問者の場合は、ご質問からわかる範囲
では。

##2
QスイッチNd・YAGレーザー
(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置によ
るレーザーシンクロナイゼーション。

##3
(あるいはレーザーリサーフェシング)で「治療」
されるとよろしいと考えます。

##4
皮膚顕微鏡等でくわしく拝見しながら照射を続けていきます。


##5
「目の下のクマ」 の「レーザー治療」の場合
当院では「1回(日)」の「御費用」が5万円で御座います。
週「1回(日)」のペースで最低10回(日)以上で16回(日)
は照射を行ないます。
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。

##6
照射回数の計算法は皮膚のターンオーバーと関係あるのですが
週「1回(日)」照射ペースで「6-10-16回の法則」という
のが御座います。

##7
この「6-10-16回の法則」は御自分で「レーザー・リサーフエシング」
による「目の下のクマ」の「改善」が「御自覚」しうる回(日)
とお考え頂いても結構です。
照射回(日)

##8
「目の下のクマ」 の「レーザー治療」の
「御費用」が「1回(日)」=5万円です。

週「1回(日)」ペースで10回(日)照射の場合は
5万円x10回(日)=50万円=「御費用(消費税込み)」
ということになります。

##9
山本クリニックでのNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
によるレーザー治療の場合
###1
臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査

###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)
をはじめ5種類のポストレーザーの医療用お化粧品

###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用

###4
術後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)と
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して経静脈投与も必要な場合
の全てを含めての「御費用」です。


#10結論−2:
ときどきある御相談を引用いたします。
ご参考にされて下さい。

##1
「 従来のメスを使用する?方法と
山本先生のレーザを使用する方法において、費用面、
  安全面、効果面において
それぞれのメリット・デメリットをお教え願いますでしょうか
  お忙しいところをすみません。」との事です。

##2
「上眼嶮」に「メス」をいれる
「重瞼術(じゅうけんじゅつ)」=「ふたえ手術」なら
「線」は残らないといけませんが。

##3
お顔にメスを「下眼嶮」にいれるというのは
たとえ針穴といえども
傷跡を隠せないのでお勧めはできません。

##4
「安全面、効果面においてそれぞれのメリット・デメリット」
との事ですが。

##5
「美容外科」は「お受けもちの先生」の
「御人格」とそして「御技量」が
何よりも「主体」で御座います。

##6
だから「美容外科」・「形成外科」の場合には殊更に
「ある特定の「治療戦略」」
依存性の「メリット・デメリット」の判断は極めて
困難なのではないでしょうか。

##8
「費用面、安全面、効果面において」との事ですが
これは「独壇場」と上記御回答致しました。


##7
御顔の外科=顔面外科は「レーザー外科」も当然含まれますが
極めて「慎重に進路」をとられて下さいますように。

##8
このような御回答しか出来ません。
御免なさい。
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

#11結論−3:
まとめ:「御費用」のことなの今回は
ですでに本回答の結論でも御記載致しましたの
「重複にも」なるのですが。
##1
皮膚顕微鏡等でくわしく拝見しながら照射を続けていきます。


##2
「目の下のクマ」 の「レーザー治療」の場合
当院では「1回(日)」の「御費用」が5万円で御座います。
週「1回(日)」のペースで最低10回(日)から16回(日)
は照射を行ないます。
「回数」は多ければば多いほど宜しいです。

##3
照射回数の計算法は皮膚のターンオーバーと関係あるのですが
週「1回(日)」照射ペースで「6-10-16回の法則」という
のが御座います。

##4
「目の下のクマ」 の「レーザー治療」の
「御費用」が「1回(日)」=5万円ですから
週「1回(日)」ペースで10回(日)照射の場合は
5万円x10回(日)=50万円=「御費用(消費税込み)」
ということになります。

##5
山本クリニックでのNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
によるレーザー治療の場合
###1
臨床血液検査・尿一般・尿沈査検査
###2
ポストレーザーキット(サンスクリーン(UVカット)
をはじめ5種類のポストレーザーの医療用お化粧品
###3
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー治療の費用
###4
術後の補液・輸液(点滴静脈注射のこと)と
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して経静脈投与も必要な場合
の全てを含めての「御費用」です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月23日 19時11分38秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ロウ   21歳の男性です。
目の下のクマで悩んでいます。私は14歳の頃に貧血になり、
その頃からクマが目立つようになりました。
ですので、素人目からみると
血行の悪さからくるクマではないかと思います。
あと、軽度ではありますが、幼い頃からアトピーもあります。
クマの状態としては紫色という感じで、
よく見るとクマの部分の皮膚に小さな白っぽい点々があります。
このような
多分(?)貧血からくるクマもレーザー治療で治るのでしょうか?
御回答よろしくお願いします。
[2004年10月23日 18時43分34秒]
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月31日 8時48分26秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆさこん   

26歳女性です。10歳くらいの小さいころから眼の下のくまで悩んでいます。
山本先生の相談掲示板を拝見して私と同じの悩みの方がいらっしゃり
皆さんくろうされていてまたレーザー治療という方法があることを知り
大変に感激しています。
ほかののご質問者のかたのごかいとうもよませていただき費用や方法
など大体の見当がつきたので
是非山本先生にレーザー治療をお願いしたいと考えています。
@まったくわからなくならないまでもよくなるとしたら
10回照射するのと16回照射するのではどちらがよいのでしょうか。
Aそれからレーザー治療の当日赤くなったり腫れたりかさぶたになったりは
本当にならないでしょうか(大丈夫ですよね)。
失礼な質問ですみません。
お忙しいところをすみません。
よろしくお願いいたします。
[2004年10月31日 8時5分12秒]

「補足1おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*

山本博昭先生、初めまして。

山本クリニックの掲示板を見て同じような悩みの方が
いらっしゃることが分かり、希望が持てた気がします。
先生の今までの御回答で、大体の治療内容は理解した
つもりでおります。が、やはり少し心配なものですか
らご相談させて頂きます。

現在34歳の男性です。
私の場合、19歳の頃寮生活に変わり、環境変化に追い
つかず1ヶ月位寝不足状態が続き、また仕事が不規則
で深夜勤務もあったりして、その頃からずっとクマが
消えません。休み等で寝ても全く消えることなく10数
年経ってしまいました。血液内科では、起立性調節障
害(自律神経系)と言われました。そのために血液が
上へ行かない趣旨のことも言っていました。また、私
は低血圧でもあります。そしてここ2年位、抑うつ状
態からくる熟眠障害になってしまい、寝られないため
もあり、クマが余計にひどいです。

そこでお聞きしたいのは、まず薬の関係です。
今、抗うつ剤と睡眠薬を服用しています。この状態でも
治療は可能でしょうか?静脈になにやら注射?するみ
たいなのですが大丈夫でしょうか。
また、このヤグレーザーで治療後、綺麗に消えたとして
クマが再び出てしまうことはないのでしょうか。
また今まで治らなかったクマの方はいらっしゃるのでしょ
うか。いろいろと気になってしまいます。

治すのならすぐにでも始めて、1〜2ヶ月で一気に治したい
です。幸い現在、会社を休職しているものですから。
よろしく御回答のほどお願い致します。

[2005年1月11日 18時29分54秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科