山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 226
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   226 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 226

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 自分で針で取ろうとした右頬のほくろのとれない状態と傷痕  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

これは大変困りましたね。

元来の「ほくろ」の形状即ち直径mm・隆起性ほくろなのか
「皮膚と同じ高さ」=「隆起性がない」であったのか
色調はいかなる色であったのかの御記載がなく
元来の「ほくろ」の「病態」が把握できません。

この「ほくろ」は「母斑細胞母斑」(nevus cell nevus)
或いは「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」という
ものであったと仮定します。
「単純黒子:たんじゅんこくし:lentigo simplex」ではないと
思います。

もし
「傷跡の長さは
直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらいだと思います。」
の傷痕が「ほくろ」の「部位と範囲」であるとすれば 。

御相談者は「コンパス」で「ほくろ」=「母斑細胞母斑」(nevus cell nevus)
或いは「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」を
構成する「メラニン色素」を有する「メラノサイト」=「メラニン含有細胞(メラノサイト)」
を「皮膚深部」まで「細胞移植」をされてしまった可能性がある。

まだコンパスをさしているとしたら大至急中止されて下さい。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「私は、現在32才女性(広島)です。
4年ほど前に自分のホクロを取りたいと思い、
コンパスの針で思い切りホクロを取ろうと顔に突き刺しました。
しかし、結果的にはホクロ自体はとれず、
傷跡がずっと目立ってしまっています。
傷跡はニキビ跡のように
(実際はニキビ跡より深いと思います)凹んでしまっています。

突き刺した場所は右頬なのですが、
今では家族にすら右頬を向けることが怖く、
食事のときや車に乗るときなど、右頬をなるべく見られないようにしています。
ホクロの部分ですが、多少なくなったのかもしれませんが、
奥深くに黒く残っており、

傷跡が治ったらホクロの部分が黒くなってしまっているのです。
傷跡ですが、4年前ぐらいから1週間〜2週間に1回の頻度で針を使用して
何度も刺して、いつかホクロが取れないか。。。と思い試してします。
従って、傷跡自体は常に赤くなっております。
そして、傷跡の赤色に混じって、ホクロの黒い色が混ざっている感じです。

傷跡の長さは
直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらいだと思います。

この傷跡は、先生のクリニックで治療をした場合、
目立たないようにすることはできますか?
また、ホクロの黒い部分をなくしたいのですが、可能でしょうか?
傷跡自体はある程度残ることは仕方のないことなので、諦めていますが、
ホクロの部分は本当に治したいのです。

4年前に友達に気持ち悪いといわれて、
ほくろを取ろうと考えたのですが、
今ではとっても後悔して、この傷跡について考えない日はありませんでした。

どうか、先生お忙しいとは存じますが、
ご返答くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」
との事です。


#2
##1
「4年ほど前に自分のホクロを取りたいと思い、
コンパスの針で思い切りホクロを取ろうと顔に突き刺しました。
しかし、結果的にはホクロ自体はとれず、
傷跡がずっと目立ってしまっています。
傷跡はニキビ跡のように
(実際はニキビ跡より深いと思います)凹んでしまっています。
・略・
傷跡が治ったらホクロの部分が黒くなってしまっているのです。
傷跡ですが、4年前ぐらいから1週間〜2週間に1回の頻度で針を使用して
何度も刺して、いつかホクロが取れないか。。。と思い試してします。
従って、傷跡自体は常に赤くなっております。
そして、傷跡の赤色に混じって、ホクロの黒い色が混ざっている感じです。」
との事です。

##2
「傷跡ですが、4年前ぐらいから1週間〜2週間に1回の頻度で針を使用して
何度も刺して、いつかホクロが取れないか。。。と思い試してします。」
との事です。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
御相談者の「ほくろ」は
「母斑細胞母斑」(nevus cell nevus)或いは
「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」
であろうと考えます。

##4
「単純黒子:たんじゅんこくし:lentigo simplex」
ではありません。

##5
「ほくろ」はいずれにしても「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
の「一種」です。


#3
##1
いずれにしても「ほくろ」は
もしも「形成外科専門医」でも「手術」或いは外科的方法で取ろうとすれば
難易度の極めて高いものです。

##2
「傷跡ですが、4年前ぐらいから1週間〜2週間に1回の頻度で針を使用して
何度も刺して、いつかホクロが取れないか。。。と思い試してします。」
等と言う「方法」は。

これは極めて「まずいことをされてしまったなあ」と
今の私は考えます。

##3
「ほくろ」を構成する「黒色細胞」の
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の何%かを
皮下深部に「細胞移植」をしてしまった可能性があります。

##4
外科「手術」での取り残しは百歩譲って「またとればよい」
ですから「あとくされ」はありません。

##5
御相談者の事例では「ほくろ」が
「母斑細胞母斑」(nevus cell nevus)であれば
「深いところまで」
「黒色細胞」の「メラニン含有細胞(メラノサイト)」を
「自己「刺青:tatoo」のように「移植」されてしまった
可能性が御座います。


#4
##1
「私は、現在32才女性(広島)です。
4年ほど前に自分のホクロを取りたいと思い、
コンパスの針で思い切りホクロを取ろうと顔に突き刺しました。
しかし、結果的にはホクロ自体はとれず、
傷跡がずっと目立ってしまっています。
傷跡はニキビ跡のように
(実際はニキビ跡より深いと思います)凹んでしまっています。」
=>
「ほくろ」の「病態」+「創傷痕」
の「2「病態」」です。

##2
「 突き刺した場所は右頬なのですが、
今では家族にすら右頬を向けることが怖く、
食事のときや車に乗るときなど、右頬をなるべく見られないようにしています。
ホクロの部分ですが、多少なくなったのかもしれませんが、
奥深くに黒く残っており、 」
=>

御相談者の事例では「ほくろ」が
「母斑細胞母斑」(nevus cell nevus)であれば
「深いところまで」
「黒色細胞」の「メラニン含有細胞(メラノサイト)」を
「自己「刺青:tatoo」のように「移植」されてしまった
可能性が御座います。

##3
「傷跡が治ったらホクロの部分が黒くなってしまっているのです。
傷跡ですが、4年前ぐらいから1週間〜2週間に1回の頻度で針を使用して
何度も刺して、いつかホクロが取れないか。。。と思い試してします。
従って、傷跡自体は常に赤くなっております。
そして、傷跡の赤色に混じって、ホクロの黒い色が混ざっている感じです。

傷跡の長さは
直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらいだと思います。」
=>
間違っても
このようなことはされてはいけません。
=>##4

##4
御相談者は形成外科医師でも外科医師でもないから
「黒色細胞」の「メラニン含有細胞(メラノサイト)」を
「創傷痕」の中に「ばらまいてしまった可能性がある」


#5
##1
「4年前に友達に気持ち悪いといわれて、
ほくろを取ろうと考えたのですが、
今ではとっても後悔して、この傷跡について考えない日はありませんでした。
・略・
この傷跡は、先生のクリニックで治療をした場合、
目立たないようにすることはできますか?
また、ホクロの黒い部分をなくしたいのですが、可能でしょうか?
傷跡自体はある程度残ることは仕方のないことなので、諦めていますが、
ホクロの部分は本当に治したいのです。」
との事です。
=>##2

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
###1
「この傷跡は、先生のクリニックで治療をした場合、
目立たないようにすることはできますか?
また、ホクロの黒い部分をなくしたいのですが、可能でしょうか?」
###2
「傷跡自体はある程度残ることは仕方のないことなので、諦めていますが、
ホクロの部分は本当に治したいのです。」
との
「2種類」の「御希望」が読み取れます。

##3
##2の###2の
「ホクロの部分は本当に治したいのです。」
との事です。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「この傷跡は、先生のクリニックで治療をした場合、
目立たないようにすることはできますか?
・略・傷跡自体はある程度残ることは仕方のないことなので、諦めていますが、」
と「相反する御記載」になられています。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載から
「傷跡の長さは
直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらいだと思います。」
御相談者の「ほくろ」は「母斑細胞母斑」(nevus cell nevus)
或は「色素性母斑:nevusu pigmentosusus」
であろうと考えます。

##6
「直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらい」の
「瘢痕:はんこん:scar:スカー」を伴う人工的な「新種」の
「メラニン「病態」」に変化していると思う。


#6
##1
#3・#4・#5から
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」

「傷痕レーザー外科」として「レーザー・リサーフエシング」

##2
#3・#4・#5から
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
として
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
を用いる。

##3
「黒色細胞」の「メラニン含有細胞(メラノサイト)」が
強いようならば
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=「「Qスイッチ・ルビーレーザー」
をも併用する。

##4
御相談者の今現在の「病態」では
「ルビーのしずく」(あだ名です)ができるが。*
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
で「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
でいったほうが
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「傷痕レーザー外科」も兼ねるのでよい。


「ルビーのしずく」(あだ名です)
------------------------------------------------------------
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による
「ほくろ」の「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
の場合。

##1
1回(日)で1個の「ほくろ」の完全な「メラニン蒸散」をするのではなく
「少しずつ」飛ばしていきます。

##2
「レーザー光照射」から「4日間」の間は「ほくろ」の表面には
「ルビーのしずく」という「一種独特」の「赤み」がでます。

##3
けれども「ほくろ」の「メラニン色素」の「黒」の上にのっているので
全く「最初」のうちは目立ちません。
また「メラニン色素」が「メラニン蒸散」によって減っていくに
つれて「ルビーのしずく」(あだ名です)も著しく減りますから
結局は目立ちません。

##4
また「多発性ほくろ」の
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
「メラニン蒸散」の場合は
当日からメイクができますから隠すことができます。

##5
いずれにしても「4日間」で「ルビーのしずく」は消えてしまいますから
問題はありません。


------------------------------------------------------------


#7
##1
「傷跡の長さは
直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらいだと思います。

この傷跡は、先生のクリニックで治療をした場合、
目立たないようにすることはできますか?
また、ホクロの黒い部分をなくしたいのですが、可能でしょうか?
傷跡自体はある程度残ることは仕方のないことなので、諦めていますが、
ホクロの部分は本当に治したいのです。」

##2
#3・#4・#5・#6
から
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
で「治療戦略」をとります。

##3
加えて「Bleaching cream:漂白クリーム」の
「当院自家調」の「7%のハイドロキノンクリーム」も併用
致します。

##4
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
での
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
「ルビーのしずく」(あだ名です)がでますが
気にされないで下さい。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
とは
「10億分の10秒」で高エネルギーの「1ショット」を
毎秒10ショットする「高速レーザー」の
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
用いる「治療戦略」です。

##6
「照射回(日)は週一回(日)のペース」=
「「皮膚のターン・オーバー」の1/4=7日間」
で。
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低32回(日)以上
の「レーザー光照射」が必要です。

##7
1回(日)の「御費用」は5万円です。
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

##8
「1ショット時間」が「10億分の10秒」で「光速度」でも
「光が3mしか進めない時間」です。
「1ショット時間」が「10億分の10秒」「レーザー光照射」では。
「レーザー光照射」の「メカニズム」としては「3種類」の「メカニズム」
###1
「phto-thermal effects:「光熱反応」
###2
「photo-chemikal effects:「光化学反応」」
###3
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
のなかの
###3
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」=
「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(アブユレージョン:aburasionではありません)=
「光衝撃波」による「パッチング」
の「レーザー光照射」の中で最もハイパワーの「レーザー光照射」
が可能です。

##9
赤くなりません・腫れません・痛くありません。
「ルビーのしずく」(あだ名です)があっても
御婦人であれば「レーザー光照射」直後から「メイク」が可能で御座います


#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
御自分で「しかも針で」このような事をしては絶対に
いけません。

##3
よく
「ウオノメ(鶏眼):コーン:corn::clavus」で
御自分でいじられて
「類上皮腫(エピデルモイド)」=「白く綺麗なクリーム状の皮下腫瘍」
や「乳頭腫様変化:papillomatous change」という「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
をおこされているかたがいます。
外見上は「ウオノメ(鶏眼):コーン:corn::clavus」
とは全く区別が付かない。

##4
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
の「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」

「レーザー光照射装置」としては
「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
で「治療戦略」
をとります。

##5
「照射回(日)は週一回(日)のペース」=
「「皮膚のターン・オーバー」の1/4=7日間」
で。
「「毎週1回(日)照射」のペース」で最低32回(日)以上
の「レーザー光照射」が必要です。

##6
1回(日)の「御費用」は5万円です。
「回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

##7
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
1・
顔のほくろ40個くらいのヤグレーザー治療 [2]
[2005年12月25日 15時39分41秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/173147354348661.html
コピー致します。「★★★御参照頂けますか。★★★1」
2・
ほくろの炭酸ガスレーザー後に陥没凹とてかりそしてほくろの集団再発 [2]
[2006年 7月16日 16時49分 8秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/28068538878961.html
コピー致します。「★★★御参照頂けますか。★★★2」

是非ともを御参照頂けますか。
(いずれも長いです)

##8
広島在住との事です。
遠方からお越しの方は
北海道・九州・四国・から御通院されます。

綺麗に直したいですね。


取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解ください。

------------------------------------------------------------

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「★★★御参照頂けますか。★★★1」++++++++++++++++

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「山本先生初めまして。こんにちわ。
36歳・女性。

顔に沢山のほくろがあり今にいたっています。
自分で見ていても気持ち悪いほどほくろ多いとおもいます。
私のほくろは1-2mmの大きさ。数は40個くらい。
色は黒+茶です。平らです。隆起せいのものはありません。

ほくろのレーザーを是非ともうけたいのです。
友人が別のクリニックでレーザーで3個のほくろ治療をうけましたが。
ものすごく痛かったそうです。
小さな絆創も目立ちます。これはいやだと思います。

山本先生にほくろ治療をヤグレーザーのメラニン蒸散
でぜひともお願いしたいのです。
お忙しい所を御相談させて頂いて申し訳ございません。

知りたいことです。
よろしくお願いいたします。

(1)山本先生のヤグレーザーでのほくろレーザー治療は
どのようにするのでしょうか。

(2)毎週かけるのでしょうか。

(3)何回くらいレーザーかけるのでしょうか。

(4)費用は大体で結構です。どのくらいでしょうか。

お忙しいところを本当に申し訳ありません。
どうかよろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
顔面外科で「ほくろ」をとるとき7つの方法あります。
あくまでも一般論で御座います。

###1
メスでとり縫合。メスできる糸で縫合する「外科」の基礎
糸が取れるまで洗顔不能で包帯要。

###2
CO2(炭酸ガス)レーザー(レーザーメスと考えて)
###1のメスのかわりにレーザー光を用いると御考え下さい。
なお「CO2(炭酸ガス)レーザー」の場合「縫わない」から
あとで「てかる」トラブルのかたが大変多いものです。

###3
ヤグレーザーメラニン蒸散(メラニンを気体として飛ばす)で
ヤグレーザー外科でとる。
「photo−ablation:フオト・アブレーション」と呼称いたします。
メラニンだけ飛ばしてしまう。傷跡は一切残らない。
その日からお化粧ができます。

###4
バイポーラー高周波メスを用いる。
ぬわないが「黒い傷跡」が残ります。

###5
サージトロンという「ラジオ波メス」外科
を用いる。
縫わない。
「大変きれいですが白いきずあと」はのこる。

###6
クリオサージェリー(液体窒素)でとる
今はまず行われません。
「液体窒素(LN2)」或は「雪状炭酸」(ドライアイス)を
用いる方法。

###7
その他
の7種類があります。


#3
##1
ほくろを「とる」医療施設は概ね上記####3と###4以外は
全て完備しているように考えます。

##2
あくまでも「一般論」でございます。

#4
##1
ほくろの診断ですが。
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
では「レーザー光照射」の前のお顔の皮膚の診察は
とても重要です。

##2
まず表皮・真皮透過の皮膚顕微鏡2台で診断いたします。
さらに
「サイリス=「レーザー外科」独特の顕微鏡(スイス製)」
で立体的に診断いたします。

##3
「ほくろ」でも「単発ほくろ」のかたもいれば
「多発性ほくろ」=「多発ほくろ」のかたもいれば
「ほくろ」の発生している「部位」や「大きさ」
色調その他により。
=>##4

##4
「メラニン蒸散」=
「固体である「メラニン色素」を気体にして飛ばしてしまう」
という「治療戦略」も回数も方法も全く変わります。


#5
##1
「顔に沢山のほくろがあり今にいたっています。
自分で見ていても気持ち悪いほどほくろ多いとおもいます。
私のほくろは1-2mmの大きさ。数は40個くらい。
色は黒+茶です。平らです。隆起せいのものはありません。

ほくろのレーザーを是非ともうけたいのです。
友人が別のクリニックでレーザーで3個のほくろ治療をうけましたが。
ものすごく痛かったそうです。
小さな絆創も目立ちます。これはいやだと思います。」
との事です。

##2
御友人は多分に「CO2(炭酸ガス)レーザー」
でおとりになられた可能性があります。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の場合は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
が宜しいです。

##4
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)

「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(アブユレージョン:aburasionではありません)
というメカニズムを応用致します。

##5
「photo−ablation:フオト・アブレーション」とは
「熱作用を用いず組織を蒸散させるレーザー治療」のこと
で御座います。
なお
「メラニン蒸散」=「「メラニン色素」という固体」を
「気体」に換える」=「「メラニン色素」だけ飛ばしてしまうという
「テクニック」で傷跡は一切残りません。

##6
多発ほくろですから
「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「「Qスイッチ・ルビーレーザー」或は
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
装置で治療が宜しいかと考えます。


#6
##1
ここで
「ほくろ」+「レーザー治療・レーザー外科」で
大切な「キーワード」を##2に記載いたします。

##2
レーザー治療・レーザー外科に用いるレーザー光には

###1
メスの性格を持つレーザー光
「phto-thermal effects:「光温度反応」
###2
メラニン(黒色)を蒸発させるレーザー光
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
=「photo−ablation:フオト・アブレーション」

の2種類があるということなのですね。

##3
「多発ほくろ」=「多発性ほくろ」では
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
でなおかつ痛くない
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
での
メラニン(黒色)を蒸散させるレーザー光
「phtoto-ionization effects:「光イオン反応」
=「photo−ablation:フオト・アブレーション」
(「アブレージョン:abrasion:摩滅」ではありません)
が宜しいです。


#7
##1
特に多発ほくろの場合は同時に10個-数10単位のほくろに
同時にレーザー光照射が
可能でないと時間がかかります。

##2
同時とはいっても一つ一つのほくろにレーザー光照射を施行する
わけなのですが。

##3
このようにしようとすると
###1
QスイッチNd・YAGレーザー
(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
による
「「Qスイッチヤグレーザー光」がレーザー光として必要です。

###2
そして何よりも直径1mm弱の目に見えない光線をほくろに
照射するわけですから
「ねらい(ターゲッテイングといいます)」の技術が必要ですね。

##4
多発ほくろの治療には
「####1+####2」の技術が必要ということになりますね。
このことは是非覚えておかれて下さいませ。


#8
##1
「レーザー光照射メス」と「ヤグレーザー」について

##2
ご友人が行なわれた「ほくろのレーザー治療」は
「CO2(炭酸ガス)レーザー」であろうと考えます。

##3
CO2(炭酸ガス)レーザーは「メスレーザー」ですから
「メス」の「切除」と同様に「巾着縫合」(糸で縫う)が必要です。
けれども最近は「行なわなくなりました」。

##4
これを行なわないと
白くてかてか光ることがあります。
「水疱瘡の痕」 と類似した状態に化けることがあります。

##5
勿論大変お上手にCO2レーザーを「使いこなされる」
先生もいらっしゃいます。


#9
##1
Nd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)は
メラニン蒸散(固体を気体にかえること)を
させますから「当日」からお化粧ができるものです。

##2
「ヤグレーザーの照射頻度と回数」
##2
1レーザー光照射は週1回で行います。
##3
 直径1-2mmのほくろが40個であれば全てに
各回(日)ごとに照射して回数を重ねます。

##4
 回数には「6-10-16回の法則」がありますが
10回以上照射で
多発ほくろのほとんど全ては消すことが可能です。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
照射回(日)は週一回(日)のペースで
14回数(日)は必要です。

##6
1回(日)の「御費用(消費税込み)」は
5万円です。


#10
##1
なお「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
をQスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
で行う場合「ルビーのしずく」(あだ名です)という
「あか」が「レーザー光照射」から4日間はでますが
目だつものではありません。

##2
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による
「ほくろ」の「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
の場合。

##3
1回(日)で1個の「ほくろ」の完全な「メラニン蒸散」をするのではなく
「少しずつ」飛ばしていきます。

##4
「レーザー光照射」から「4日間」の間は「ほくろ」の表面には
「ルビーのしずく」という「一種独特」の「赤み」がでます。

##5
けれども「ほくろ」の「メラニン色素」の「黒」の上にのっているので
全く「最初」のうちは目立ちません。
また「メラニン色素」が「メラニン蒸散」によって減っていくに
つれて「ルビーのしずく」(あだ名です)も著しく減りますから
結局は目立ちません。

##6
また「多発性ほくろ」の
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
「メラニン蒸散」の場合は
当日からメイクができますから隠すことができます。

##7
いずれにしても「4日間」で「ルビーのしずく」は消えてしまいますから
問題はありません。


#11結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置
によるレーザー外科で多発ほくろは治療されると大変きれいです。

##3
週一回のペースで14回の照射で消します。

##4
綺麗に直したいですね。

##5
「山本先生にほくろ治療をヤグレーザーのメラニン蒸散
でぜひともお願いしたいのです。
お忙しい所を御相談させて頂いて申し訳ございません。」
との事です。

##6
大丈夫です。

##7
「知りたいことです。
よろしくお願いいたします。

(1)山本先生のヤグレーザーでのほくろレーザー治療は
どのようにするのでしょうか。
=>
上記御解答致しました。

(2)毎週かけるのでしょうか。
=>
照射回(日)は週一回(日)のペースが
「皮膚のターン・オーバー」とも関連し
最良です。

(3)何回くらいレーザーかけるのでしょうか。
=>
照射回(日)は週一回(日)のペースで最低14回(日)

(4)費用は大体で結構です。どのくらいでしょうか。」
=>
1回(日)の「御費用(消費税込み)」は
5万円です。*

##8
なお
QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)
による
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
の場合「ルビーのしずく」(あだ名です)が照射の当日から4日間
は「赤」としてでます。
=>#9に御記載しておきました。

##9
上記御解答致しました。
綺麗に直したいですね。


<本文と重複するので一部編集致しました。>


++++++++++++++++++++

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年12月25日 15時39分41秒]
--------------------------------------------------------------------------

「★★★御参照頂けますか。★★★おわり1」


++「★★★御参照頂けますか。★★★2」++++++++++++++++


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」
による「形状記憶性」「色調記憶性」の皮膚変化
に加えて。

理由は判断できませんが
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
をおこしてしまったようです。

「CO2(炭酸ガス)レーザー」による
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」

1・「印鑑輪様遺残」=「signet-ring spot:SRS」
2・「内底部遺残」=「inner/internal spot:IS」
の「2種類」があります。

「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」で
「増殖時間が早い」です。

特に「ほくろ除去後の「ほくろ」の周囲」の
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
である
「印鑑細胞様遺残」=「signet-ring spot:SRS」は
非常に「傷痕レーザー治療・レーザー外科」
としては難易度が高いほど「増殖時間が早い」。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「28歳 女です。
北海道在住 まり

去年の12月に頬の直径4mmくらいの黒茶色であまりもりあがりがない
というか平らなほくろを東京のあるクリニックでレーザーでとりました。
つかわれたレーザーの名前はわかりません。パンチ法という方法だそうです。
1回のレーザーで局所麻酔をしてとっていただいたのですが
そのほくろのレーザー除去のあとが芳しくなく途方にくれています。

まずほくろのとったああとが
白くなりほくろをとったあとがすこし凹んでいます。

そして中央部にまた
小さなほくろが4−5個(全部たして1−2mmくらい)
でてきてしまいました。

さいしょはきずあとがあかくてわからなかったのかもしれません。
とったときからのこっていたのかもしれません。

とっていただいた先生からはもう少し盛り上がってくるまで(きず?ほくろ?)
まって考えましょうといわれたのです。
けれども方向が定まらず心配でたまりません。

いろいろ調べているうちに山本先生のホームページで
『ほくろのレーザーの痕が凹んでテカり悩んでいます 』
という記事をしっかり読ませていただいているうちに
私と同じかたが大変多いことに気が付きいてもたってもいられずに
ごそうだんをさせていただくことにいたしました。

具体的にいまの私のほくろの状況はほくろのちいさなかけらが残っている
状態のようです。
「傷痕レーザー外科」で大丈夫でしょうか。

北海道からいまからならば週一回のペースで通院できます。
また平日でも大丈夫です。回数も30回ー40回とこころえて
います。
山本先生のご解答を読ませていただいて
費用や方法もわかったつもりです。

もしも山本先生にレーザーをしていただけるのであれば
あさってにでも予約をとらせていただきます。

お忙しいところを本当に申し訳ございません。」
との事です。


#2
##1
「去年の12月に頬の直径4mmくらいの黒茶色であまりもりあがりがない
というか平らなほくろを東京のあるクリニックでレーザーでとりました。
つかわれたレーザーの名前はわかりません。パンチ法という方法だそうです。
1回のレーザーで局所麻酔をしてとっていただいたのですが
そのほくろのレーザー除去のあとが芳しくなく途方にくれています。」
との事です。

##2
「つかわれたレーザーの名前はわかりません。パンチ法という方法だそうです。
1回のレーザーで局所麻酔をしてとっていただいたのですが」
との事です。

##3
間違いなく用いられた「レーザー光照射装置」は
「CO2(炭酸ガス)レーザー」でしょう。

##4
「そのほくろのレーザー除去のあとが芳しくなく途方にくれています。
まずほくろのとったああとが
白くなりほくろをとったあとがすこし凹んでいます。
そして中央部にまた
小さなほくろが4−5個(全部たして1−2mmくらい)
でてきてしまいました。
さいしょはきずあとがあかくてわからなかったのかもしれません。
とったときからのこっていたのかもしれません。」
との事です。
=>##5

##5
これは困りましたね。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」
に「特有の「傷痕」」に加えて
「「ほくろ」の取り残し」をされてしまわれたようです。


#3
##1
「お受けもちの先生方」も一生懸命で
いらっしゃることよく分かります。

##2
俗にいう
「ほくろ」には
「単純黒子:たんじゅんこくし:lentigo simplex」

「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
の「2種類」があります。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載そして
「御年齢」からは
「単純黒子:たんじゅんこくし:lentigo simplex」は
発生しませんから
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
という「ほくろ」です。

##4
「ほくろ」の「黒褐色」は皮下の
「メラノサイト」=「メラニン含有細胞(メラノサイト)」
という細胞内の「「メラニン顆粒」の中の「メラニン色素」」
によるものです。


#3
##1
「単純黒子:たんじゅんこくし:lentigo simplex」及び
「母斑細胞母斑:ぼはんさいぼうぼはん:nevus cell nevus」
の「ほくろ」の「「黒褐色」は。

##2
単純に「皮膚の下」に「メラニン色素」があるから「黒褐色」
であるわけではない。

##3
「メラノサイト」=「メラニン含有細胞(メラノサイト)」
という「細胞集団」の持つ「「メラニン顆粒」の中の「メラニン色素」」
によって「黒褐色」になります。

##4
だから「CO2(炭酸ガス)レーザー」によって
全摘すればそこは単純に「皮膚欠損」となり
御顔では「皮膚欠損」は修復はされにくいですから

##5
「CO2(炭酸ガス)レーザー」により
人工的に「水痘罹患による「水疱瘡痕」 」と同じ
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」
が発生致します。


#4
##1
「パンチ法」というのは吸引管で「ほくろ」の「大きさ」
と同じ直径の吸引管で皮膚を「吸い上げて」「ほくろ」の
境界をつくる方法です。

##2
「皮膚と同じ高さ」=「隆起性がない」
「ほくろ」の「CO2(炭酸ガス)レーザー」の場合に
用いられる方法です。

##3
「CO2(炭酸ガス)レーザー」では#3のようにして
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」で「ほくろ除去後のトラブル」
として「「白くテカテカ」した「陥凹状」の「病態」」が
発生します。

##4
さらに困る事例が
御相談者の御相談内容要旨御記載にあるように。

##5
「まずほくろのとったああとが
白くなりほくろをとったあとがすこし凹んでいます。
そして中央部にまた
小さなほくろが4−5個(全部たして1−2mmくらい)
でてきてしまいました。
さいしょはきずあとがあかくてわからなかったのかもしれません。
とったときからのこっていたのかもしれません。」
という事例。

##6
「さいしょはきずあとがあかくてわからなかったのかもしれません。
とったときからのこっていたのかもしれません。」
という「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」施術後
数ヶ月して「赤みが引いて来て」はじめて明らかになる
「ほくろ除去後」の
「メラノサイト」=「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
です。
=>#5


#5
##1
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」による
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」は
眼には「施術直後は見えません」。

##2
「ほくろ」は概ね「円形」をしています。
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」による
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
は「2つの形態」をとる事が知られています。
=>##3

##3
###1
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」により
「ほくろ」の周囲に点状に
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」を
起す場合。=
「印鑑輪様遺残」=「signet-ring spot:SRS」

###2
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」により
「ほくろ」のあった「内部」に点状に
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」を
起す場合=
「内底部遺残」=「inner/internal spot:IS」

の「2種類」です。

##4
「印鑑輪様遺残」=「signet-ring spot:SRS」と
「内底部遺残」=「inner/internal spot:IS」のうち
とりわけ
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」で
「メラノサイト」=「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の
「印鑑輪様遺残」=「signet-ring spot:SRS」を
起す場合。
=>##5

##5
再発の増殖時間が早い「複数の「微小ほくろ」」として
小さいながらも隆起性ほくろとして「銀色の「微小ほくろ」」
が多発してきます。
「増殖時間が早い」のが特徴です。


#6
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「そして中央部にまた
小さなほくろが4−5個(全部たして1−2mmくらい)
でてきてしまいました。
さいしょはきずあとがあかくてわからなかったのかもしれません。
とったときからのこっていたのかもしれません。」
との事です。

##2
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」による
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」

1・
「形状記憶性」
2・
「色調記憶性」に加えて
3・
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
により「隆起性微小ほくろ」が「発生してしまった」こと
です。

##3
##2の「3・」は御相談者の御相談内容要旨御記載では
「印鑑輪様遺残」=「signet-ring spot:SRS」というより
「内底部遺残」=「inner/internal spot:IS」ではある。

##4
「まずほくろのとったああとが
白くなりほくろをとったあとがすこし凹んでいます。
・略・
具体的にいまの私のほくろの状況はほくろのちいさなかけらが残っている
状態のようです。
「傷痕レーザー外科」で大丈夫でしょうか。」
との事です。

##5
御相談者は非常に敏感に「銀色微小ほくろ」が
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」
の「傷痕」に加えて併発されているのに気付かれています。


#7
##1
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」
として「形状記憶性」「色調記憶性」の「ほくろ除去後のトラブル」
のほかに
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
を起している訳です。

##2
だから
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」
に対して
「傷痕レーザー治療・レーザー外科」+
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
が必要になります。

##3
「こわいCO2(炭酸ガス)レーザー」による
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」は
「増殖時間が早い」「銀色微小ほくろ」の発生を起します。

##4
よって
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
御相談者の御指摘どおりに
「傷痕レーザー治療・レーザー外科」に加えて
「「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
の「テクニック」をも用いなければなりません。

##5
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは
超高性能Qスイッチレーザー治療」の「レーザー光照射装置」
として
「QスイッチNd・YAGレーザー
(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
だけで出来ればよいのです。

##6
##5

「QスイッチRUBYルビーレーザー光照射装置」=
「Qスイッチ・ルビーレーザー」での
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」も
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
は「増殖時間が極めて早い」ため「追いつかなければ」
用いざるをえません。


#8
##1
「いろいろ調べているうちに山本先生のホームページで
『ほくろのレーザーの痕が凹んでテカり悩んでいます 』
という記事をしっかり読ませていただいているうちに
私と同じかたが大変多いことに気が付きいてもたってもいられずに
ごそうだんをさせていただくことにいたしました。

具体的にいまの私のほくろの状況はほくろのちいさなかけらが残っている
状態のようです。
「傷痕レーザー外科」で大丈夫でしょうか。」
との事です。

##2
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
をよく御読みいただいていらっしゃるようです。

##3
週一回(日)のペース=
「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の一皮膚のターン・オーバー」
で30−40回数(日)は必要です。

##4
「超高性能Qスイッチレーザー外科あるいは超高性能Qスイッチレーザー治療」
による
「傷痕レーザー治療・レーザー外科」に加えて。

##5
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」

「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」

「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「メラニン蒸散」
をしなければなりません。


#9結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「「CO2(炭酸ガス)レーザー」によるほくろ除去後のトラブル」

「形状記憶性」「色調記憶性」の遺残に加え
「ほくろ除去後」の「メラノサイト」=
「メラニン含有細胞(メラノサイト)」の「残留遺残」
が発生し「銀色微小ほくろ」の「増殖」が始まっています。

##3
「治療戦略」は御相談者御指摘のように
急がれたほうが宜しいです。

##4
「北海道からいまからならば週一回のペースで通院できます。
また平日でも大丈夫です。回数も30回ー40回とこころえて
います。
山本先生のご解答を読ませていただいて
費用や方法もわかったつもりです。

もしも山本先生にレーザーをしていただけるのであれば
あさってにでも予約をとらせていただきます。」
との事です。

##5
上記御解答致しました。

##6
綺麗に直したいですね。
私も頑張ります。


御相談者が
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
の「過去の御相談と御回答」
で読まれた
「ほくろのレーザーの痕が凹んでテカり悩んでいます
[2] [2006年 6月 4日 13時29分24秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/44191332960418.html
をご覧ください。

<本文と重複するので一部編集致しました。>


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年7月16日 16時49分8秒]
--------------------------------------------------------------------------


「★★★御参照頂けますか。★★★おわり2」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年8月13日 10時12分48秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
私は、現在32才女性(広島)です。
4年ほど前に自分のホクロを取りたいと思い、
コンパスの針で思い切りホクロを取ろうと顔に突き刺しました。
しかし、結果的にはホクロ自体はとれず、
傷跡がずっと目立ってしまっています。
傷跡はニキビ跡のように
(実際はニキビ跡より深いと思います)凹んでしまっています。

突き刺した場所は右頬なのですが、
今では家族にすら右頬を向けることが怖く、
食事のときや車に乗るときなど、右頬をなるべく見られないようにしています。
ホクロの部分ですが、多少なくなったのかもしれませんが、
奥深くに黒く残っており、

傷跡が治ったらホクロの部分が黒くなってしまっているのです。
傷跡ですが、4年前ぐらいから1週間〜2週間に1回の頻度で針を使用して
何度も刺して、いつかホクロが取れないか。。。と思い試してします。
従って、傷跡自体は常に赤くなっております。
そして、傷跡の赤色に混じって、ホクロの黒い色が混ざっている感じです。

傷跡の長さは
直径1センチで、深さはおそらく1ミリ〜1.5ミリぐらいだと思います。

この傷跡は、先生のクリニックで治療をした場合、
目立たないようにすることはできますか?
また、ホクロの黒い部分をなくしたいのですが、可能でしょうか?
傷跡自体はある程度残ることは仕方のないことなので、諦めていますが、
ホクロの部分は本当に治したいのです。

4年前に友達に気持ち悪いといわれて、
ほくろを取ろうと考えたのですが、
今ではとっても後悔して、この傷跡について考えない日はありませんでした。

どうか、先生お忙しいとは存じますが、
ご返答くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

Sunday, August 13, 2006 1:55 AM

[2006年8月13日 01時55分23秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科