山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 379 
山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   379 山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板最近の話題 379

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「レーザー(LASER)リサーフエシング」レーザー(LASER)
「レーザー治療の「レーザー光照射」」但しレーザー治療は外科的治療法
パルス・ルビーレーザー装置 Qスイッチ・ルビーレーザー
レーザーフェイシアル QスイッチNd・YAGレーザー(ネオジミウム・ヤグ・
レーザー)装置
「サーモグラフイー」サージトロンという「ラジオ波メス」外科
「ウオノメ(鶏眼)」 サージトロンという「ラジオ波メス」外科

「ほくろ」アザ ほくろ あざ ホクロ 黒子 aza hokuro 
「にきび痕」「水疱瘡痕」 みずほうそう 
目頭 二重まぶた 「目の下のクマ」

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 耳鳴り  】

--------------------------------------------------------------------------

この御相談は

東京都 世田谷区 山本クリニック
の公式ホームページ

山本クリニック 脳神経外科・神経内科相談掲示板URL
http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php

のログ番号検索で
【94】
を検索されて下さい。


相談者:匿名希望 年齢:56 性別:男性 地域:兵庫県 
[2009/05/29 (金)18:02:43]

突然「キーン」という耳鳴りがして今日で4、5日たちます。
20年程以前より首・肩の凝りがひどく、今では頚骨がカラスの嘴みたいに尖り、
首ヘルニアではないかと思われる状態です。
耳鼻科・整形外科にも診察に行きましたが「判らない」との返事だけです。
よい治療法等があれば是非お教えください。

     
「 耳鼻科・整形外科にも診察に行きましたが
「判らない」との返事だけです。
よい治療法等があれば是非お教えください。」
との事です。


御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」です。


「よい治療法等があれば是非お教えください」
との事です。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

治療法ですが。
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても「星状神経節ブロック(SGB)」
は全く「効果」がありません)

しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でも「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。

このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に関しましては。

ちょっと長くよみづらいかもしれませんが。

山本クリニックの旧脳神経外科・神経内科相談掲示板
[2003/07/23-2009/02/25]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」特集10
[2] [2008年 5月17日 20時37分32秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/61066769792615.html

を御参照頂けますか。

---------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 消えないたんこぶ  】

---------------------------------------------------------------------

この御相談は

東京都 世田谷区 山本クリニック
の公式ホームページ

山本クリニック 脳神経外科・神経内科相談掲示板URL
http://www.clinicayamamoto.com/list_N.php

のログ番号検索で
【93】
を検索されて下さい。


相談者:クレマチス 年齢:30 性別:男性 地域:茨城県 
[2009/05/27 (水)21:55:07]

友人(30歳男性)のことで相談させて頂きます。
約1年前に額(右側)に出来たたんこぶが消えません。
私と向かい合って席に着いていた際、
床に落ちたものを拾おうと二人同時に立ち上がり、
お互いの額がぶつかりました。
痛みのみで出血、赤みはなく嘔吐、意識障害もありません。
現在に至るまで体調不良はなく、
固い小さなこぶがあるのみです。
押しても痛くありません。
診察を受けるよう勧めれば良かったと後悔しております。
     

友人(30歳男性)の
「約1年前に額(右側)に出来たたんこぶ」の「御相談」です。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御相談者」の「「御心配」の焦点」がいずこにあるか
推察が困難であるのです。

可能な限りで御回答致します。


「御相談者」と向かい合って席に着いていた際に
床に落ちたものを拾おうと「二人同時に立ち上がり、
お互いの額がぶつかった際の
「頭部外傷のこぶ」が「御心配」という
「御相談趣旨」と解釈させていただきます。


さて。

1・
「頭部外傷」としての「局在部位」である
「額(右側)」は「右前頭部」と解釈させていただきます。

そして
2・
「頭部外傷」の「外力」は
「床に落ちたものを拾おうと二人同時に立ち上がり、
お互いの額がぶつかった」=「外力」と解釈させていただきます。

上記の「1・」「2・」からは。

「頭部外傷」としては「1年後まで存続する」
「こぶの「発生」の可能性」は
「脳神経外科専門医」としてかんがえようがありません。

よりまして
「痛くない小さなのこった「こぶ」」の正体は。

御友人の元来からもつ前頭骨の正常構造物である
「前頭結節:けっせつ」です。

(前頭骨外面は前頭面とも呼ばれ前方に向かって膨隆し、
最も突出した部分を前頭結節*と呼称いたします。)

この「こぶ」は解剖学的には。

「前頭結節:ぜんとうけっせつ:
Tuberfrontale; Eminentia frontalis:Frontaltuber」
という正常構造物なのです。


「診察を受けるよう勧めれば良かったとしております。」

「御後悔」される必用のある状況ではありません。

たぶんに「このこぶ」は
「御相談者」のこころのなかにのこったままでいる
「こぶ」かもしれませんね。


さて
人間には「今日」と「明日」しかありません。

だから
御友人様と「御相談者」
にあられては「頭部外傷」の「エピソード」を
速く断ち切られ。

そして今後の
「強靱な精神力と強靭な生活力」をもたれる「方策」
のほうが。

今現在の「こぶ」を「ご心配」されるより
重要であるかもしれません。

このように今の私は考えますが如何でしょうか。


ps1
坂本竜馬 (1835〜1867)
この江戸末期の志士は齢20歳にして日本と世界を揺るがしました。
享年22歳。奇しくも享年日は彼の生誕日であった。
坂本竜馬曰く。

*世の中の人は何とも言わば言え。わが成すことは我のみぞ知る。
*何でも思い切ってやってみることですよ。
どっちに転んだって人間はいずれ
幸いにも一生を終えれるのだから。

ps2
「ジュリアス・シーザー:イウリアス・カエサル :
Gaius Julius Caesar 前100〜前44)」
は有名な「てんかん」持ちである。
けれども史実に違わぬ大変な天才政治家であり帝王。
そのため「てんかん」のことを古代ローマでは
「morbus sacrae:モルブス・サクラエ:聖なる病気」
と呼称。

---------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)美容外科・形成外科