山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 1
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。
何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

#1
この病態は「苦手な脳神経外科専門医先生」もいらっしゃいます。
このことをご了解くださいませ。
#2
「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。



「ご心配なことと存じます。
#1
##1
「耳下腺・顎下腺・顎下リンパ腺が、2〜3日脹れては治り、
を繰り返しています。こめかみ付近、後頭部に軽い頭痛。
後頚部えりあしに、首こりのぐりぐりがあり、。
口の渇きも気になります」との事です。
##2
「顔面」の「「症状・症候」を含み
「こめかみ付近、後頭部に軽い頭痛。
後頚部えりあしに、首こりのぐりぐりがあり」とは。
##3
「緊張型」の「症状・症候」です。
##4
大変大切なことですが
「偏頭痛の発作(鮮輝暗転〜激痛〜嘔吐)があり」とのことです。

#2
##1
少なからぬ患者さんが「「閃輝暗点」と「悪心・嘔吐」は「「偏頭痛」
と考えられています。
##2
これは「間違い」でございます。
##3
「医師の教科書」にもこのような「鑑別診断表」がよく
見かけられますが。
##4
「閃輝暗点」は「緊張型」の患者さんで「著しいもの」が
出現いたします。
##5
だから「閃輝暗点」があるから「偏頭痛」として「偏頭痛」
の治療を受けられているとある日「「緊張型」が
「爆発」致します。


#3
##1
#2の「緊張型」+「偏頭痛」=「混合型頭痛」という
「分類」もまことに意味の少ないものです。
##2
「緊張型」の成分がある場合には「緊張型頭痛」
の治療を優先させないと患者さんは「苦しみます」
##3
上記の「閃輝暗点」の「間違い」は[Grood,H(2001)]の「論文」
でも有名ですが。
##4
数十年以来この「間違い」は
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」のみの知るところ
として「据え置き」になっております。

#4
##1
緊張型頭痛という「頭痛系の疾患」(緊張型頭痛症候群)の故なのですが。
##2
「緊張型」の患者さんには「再発性反復性上気道感染」
が必ずや併発いたします。
##3
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して
経静脈投与も必要なことが多いものです。
##4
場合により「内科専門医」先生の併診も必用になります。
##5
「ここで最初に戻りますが、
直った後も2回ほど顎・首がこわばって脹れ、
昨日まで流行性耳下腺炎の時のような状態でした。」との事です。
##6
まさにこの「症状・症候」が「緊張型」の「喉化け(あだ名です)」
でございます。


#5
##1
また「緊張型」の患者さんはほぼ100%アレルギーがあるのですが。
##2
それはそれとして
「大人のアトピーAATP」。
##3
「大人のアトピー」という「御自分のリンパ球」が御自分の
「皮膚」を攻撃するために「原因不明」の「皮膚のしもやけ」
のような「症状・症候」がでます。
##4
「皮膚科専門医先生」のいうアトピーとは異なるので
「脳神経外科の「大人のアトピーAATP」」と呼称することもあります。

#6
##1
「このままリーゼと呉シュユ湯を続けて様子見で、いいものでしょうか?
受診するとしたら、耳鼻科でしょうか?
ホームドクターの婦人科でしょうか?
それともやはり、頭痛に強い脳神経科でしょうか?」との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは御相談者は
「大変よく御自分を観察されています」。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の
先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
けれども現実的には
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。

#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」です。
##2
「混合型頭痛」とされても宜しいのですが。
##3
「混合型頭痛」では「治療戦略」がたちません。

##4
「3年前からに甲状腺膿腫が右側にあり3pくらいです。」に関して。
「緊張型頭痛」では「甲状腺疾患」の合併が優位に多いものです。
(Chrles,H,L:19998,)


上記御参考までにお留めおきください。」


前回の御回答上記の通りでした(一部)。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月2日 18時19分20秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: HH   
早速のご回答、ありがとうございました。
参考にさせていただいて、地元の脳神経科へ受診してみます。
[2003年8月2日 16時41分2秒]
--------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
「脊椎空洞症の疑いがあるといわれた39歳男性です。
左後頭部痛・めまい・夜耳鳴りがするのですが、
治す方法はありますでしょうか?」との事です。
##2
「症状・症候」のより細かな御記載があると
宜しいのですが無理からぬことです。
##3
「症状・症候」は「左後頭部痛・めまい・夜耳鳴りがするのですが」
との事です。
##4
御回答限界ではあるのです。けれども御回答を試みます。

#2
##1
「脊椎空洞症の疑いがあるといわれた」との事です。
##2
「画像診断」であれば「脊髄(頚髄)空洞症」の有無は明確。
##3
すなわち「疑い」というのはありえません。
##4
「脊髄(頚髄)空洞症」の所見が明確にあったとしても。
##5
「左後頭部痛・めまい・夜耳鳴りがするのですが」という「症状・症候」
には結びつきません。

#3
##1
単純に考えれば「「機能性頭痛」の「頭痛系の疾患」による複合病態」
と考えられます。
##2
この場合「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
として「解釈」しても宜しいのではないか。
##3
#4に「緊張型頭痛」の特徴を記載いたします。

#4
#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
##1
「脊髄(頚髄)空洞症」の「疑い」より。
##2
これは緊張型頭痛という「頭痛系の疾患」(緊張型頭痛症候群)なのですね。
##3
「緊張型」の
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。


#6結論:
##1
「脊髄(頚髄)空洞症の疑い」という「御診断疑い」はひとたび
忘れられてください。
##2
「「機能性頭痛」の「頭痛系の疾患」による複合病態」を
考えて「地道に直されて」いかれたほうが宜しいように
今の私は考えます。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月2日 18時51分13秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
脊椎空洞症の疑いがあるといわれた39歳男性です。
左後頭部痛・めまい・夜耳鳴りがするのですが、
治す方法はありますでしょうか?
[2003年8月2日 11時59分41秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【背中の痛みが胸に移動します】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「側の背中(肩胛骨の横から下側)に痛みが走ります。
立っているとき、椅子に座っているときはほとんど痛みませんが
なぜか正座してしばらくすると痛みます。
身体の動きに伴って痛むこともあります。
数日前からは、痛みが胸(肋骨の上)へ移動して困っています。
同時に胃の調子も悪くなりました。」との事です。
##2

また
「また、毎年この時期(6,7月)になるとかならず腰痛も起こります。
筋肉がピクピクする感じもあります。
長年の頭痛もちです。」との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
これは緊張型頭痛という「頭痛系の疾患」(緊張型頭痛症候群)
なのでございます。
##3
元来正診断率の大変低い「症状・症候」でございます。
##4
正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」です。
##5
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」と間違われます。


#3
##1
これは「骨・皮・筋」の「症状・症候」ではありません。
##2
この御症状は「骨・皮・筋」の疾患とりわけ「脊椎系の疾患」
と間違われると大変「迷路」を辿ります。

#4
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」。
##2
その「症状・症候」の特徴を記載いたします。

#5

さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#6
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」の
治療法ですが。
##2
###1筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

#7
##1
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##2
如何でしょう。
##3
脳神経外科、神経内科医師でも
「緊張型頭痛症候群」の「診断と治療」が苦手(大嫌いの先生もいます)
の先生がいらっしゃいます。
##4
ご留意ください。


#8結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と考えます。
##2
「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」はさまざまな「症状・症候」に変化
致します。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。


取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、誤りもあろうかと存じますが
ご了解ください。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月2日 20時14分17秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: こわぽ   
はじめまして。痛みの悩みがあります。よろしくおねがい致します。

42歳、女性です。
二週間ほど前、重いものを持って歩いたのをきっかけに、
右側の背中(肩胛骨の横から下側)に痛みが走ります。
立っているとき、椅子に座っているときはほとんど痛みませんが
なぜか正座してしばらくすると痛みます。
身体の動きに伴って痛むこともあります。
数日前からは、痛みが胸(肋骨の上)へ移動して困っています。
同時に胃の調子も悪くなりました。
自分の感覚では、瞬間的に筋が引きつっているような印象です。
これは肋間神経痛でしょうか?
左利きで、右足が軸足になるせいか、ふくらはぎが左より太いです。
猫背で右肩が下がっています。このことが原因でしょうか?

また、毎年この時期(6,7月)になるとかならず腰痛も起こります。
筋肉がピクピクする感じもあります。
長年の頭痛もちです。

整形外科か整体を受診しようと考えていましたが、先生のサイトを
拝見して、思い切ってご相談した次第です。
どのような治療をうければ良いでしょうか?
ご回答いただければ幸いです。
[2003年8月2日 9時59分24秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【口元痙攣】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「3日前より,口元がピクピクと痙攣するようになりました。
わずか数秒ですが、続けて痙攣するときもあれば,
数時間空く事もあります。」との事です。
##2
「症状・症候」のより細かな御記載があると
宜しいのですが無理からぬことです。
##3
御回答限界ではあるのです。けれども御回答を試みます。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」の可能性がございます。
##2
怖い疾患ではありません。
だから絶対心配されませんように。
##3
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」の可能性のみで
「絶対間違いない」というわけでもないのですが。
##4
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」以外には
「心配」する必用のあるものは「ないです」。

#3
##1
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」とは
「頭蓋内」で「顔面神経」の脳幹部からの「出発点」が
脳血管と「衝突」して起きる病態です。
##2
顔面神経」の脳幹部からの「出発点」のことを
「entry zone:エントリー・ゾーン」と特別に呼称します。
##3
「entry zone:エントリー・ゾーン」の「衝突」を解除
する「Janetta(ジャネッタ)の手術」という「特殊」な手術で治療
致します。
##4
絶対に「神経ブロック」はされませんように。

#4
##1
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」のようです。
##2
けれども御相談者の御相談内容からは「軽度」なので
「治療」は必要と致さないように今の私は考えます。
##3
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」のJanetta(ジャネッタ)の手術
は「脳神経外科専門医」なら誰でもできることになっているが。
##4
極めて「手術がうまくないとだめ」で「日本に数人くらいしかいません」。

#5結論:
##1
御回答限界ではあるのです。けれども御回答を試みました。
##2
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」のようです。
##3
「脳神経外科専門医」先生を御受診されると宜しいです。
##4
早急な「保存的治療」は意味がありません。
##5
怖い疾患ではありません。だから絶対心配されませんように。
[2003年8月2日 18時35分45秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 田中   
はじめまして,福岡の田中(36歳女性)と申します。
3日前より,口元がピクピクと痙攣するようになりました。
わずか数秒ですが、続けて痙攣するときもあれば,
数時間空く事もあります。
まず何が原因であり、何処に診療をお願いすれば良いのか
教えて下さい。
よろしくお願いします。
[2003年8月2日 8時3分39秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【脳梗塞&脳出血について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「脳血管障害治療戦略」で患者さんの「出血性脳血管障害」
を重視するか
「虚血性脳血管障害」を重視するかは
「脳神経外科専門医」は悩むことがございます。
##2
68歳のお父様の場合もそのような事例の一つとはいえます。

#2
##1
「MRI検査の結果、ラクナ梗塞が2箇所あり、
軽度の脳梗塞との診断でバイアスピリン100を処方されました。」
との事です。
##2
結局御相談者の御相談内容からは
虚血性脳血管障害の「症状・症候」は明確でありません。

#3
##1
「脳梗塞との診断から1年経ちましたので再度MRIの検査を
受けました。すると今度は小さな脳内出血が1箇所
見つかりました。」との事です。
##2
この場合も御相談者の御相談内容からは「症状・症候」
は明確ではありません。

#4
##1
まだ何も「脳血管障害」の本物の「大発作」のごとき「症状・症候」
がなく須らくが画像診断からの治療戦略ですね。
##2
これは私の考えですが「バイアスピリン100」は効果がありすぎて
「出血性脳血管障害」を起こすほどの「内服薬法」ではない。
##3
だから
いずれもむしろ「内科的な背景疾患」に留意されて
「脳血管障害発作(今まで一度もおこされていない)」を
起こさないように全身管理をされていくほうが宜しいです。

#5結論:
##1
これは私の考えですが「バイアスピリン100」は効果がありすぎて
「出血性脳血管障害」を起こすほどの「内服薬法」ではない。
##2
むしろ「内科的な背景疾患」に留意されて
「脳血管障害発作(今まで一度もおこされていない)」を
起こさないように治療戦略の幅を広げられたほうが宜しいでしょう。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

##2
[2003年8月2日 12時45分25秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: M.M   
68歳の父の事でご相談させていただきます。
1年程前に左足のしびれが数日続き、本人はゴルフによる
疲れだろうと思っていたようですが内科を受診後
脳神経外科を紹介されCT、MRI検査の結果、ラクナ梗塞が2箇所あり、
軽度の脳梗塞との診断でバイアスピリン100を処方されました。
(入院はしていませんし、点滴等の治療もありませんでした。
薬の処方のみでした。)
10年ほど前から高血圧で降圧剤を飲んでいます。
脳梗塞との診断から1年経ちましたので再度MRIの検査を
受けました。すると今度は小さな脳内出血が1箇所
見つかりました。バイアスピリンの服用をやめるように
指示がありました。服用をやめて1ヵ月後に受診し
頚動脈の検査でも動脈硬化(35%位との事)が見られるので
3日に一度、バイアスピリンを飲むことになりました。
脳梗塞の予防にはアスピリンは有効だと思いますが
逆に脳出血した場合、出血がひどくなる危険性も高まります。
脳梗塞と脳出血の両方がある場合の治療は、どのように
行われるのでしょうか。どちらの予防を優先させるべき
でしょうか。
どうぞ、宜しくお願い致します。
[2003年8月2日 1時55分12秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【偏頭痛だけでなく緊張型頭痛も?】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「耳下腺・顎下腺・顎下リンパ腺が、2〜3日脹れては治り、
を繰り返しています。こめかみ付近、後頭部に軽い頭痛。
後頚部えりあしに、首こりのぐりぐりがあり、。
口の渇きも気になります」との事です。
##2
「顔面」の「「症状・症候」を含み
「こめかみ付近、後頭部に軽い頭痛。
後頚部えりあしに、首こりのぐりぐりがあり」とは。
##3
「緊張型」の「症状・症候」です。
##4
大変大切なことですが
「偏頭痛の発作(鮮輝暗転〜激痛〜嘔吐)があり」とのことです。

#2
##1
少なからぬ患者さんが「「閃輝暗点」と「悪心・嘔吐」は「「偏頭痛」
と考えられています。
##2
これは「間違い」でございます。
##3
「医師の教科書」にもこのような「鑑別診断表」がよく
見かけられますが。
##4
「閃輝暗点」は「緊張型」の患者さんで「著しいもの」が
出現いたします。
##5
だから「閃輝暗点」があるから「偏頭痛」として「偏頭痛」
の治療を受けられているとある日「「緊張型」が
「爆発」致します。


#3
##1
#2の「緊張型」+「偏頭痛」=「混合型頭痛」という
「分類」もまことに意味の少ないものです。
##2
「緊張型」の成分がある場合には「緊張型頭痛」
の治療を優先させないと患者さんは「苦しみます」
##3
上記の「閃輝暗点」の「間違い」は[Grood,H(2001)]の「論文」
でも有名ですが。
##4
数十年以来この「間違い」は
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」のみの知るところ
として「据え置き」になっております。

#4
##1
緊張型頭痛という「頭痛系の疾患」(緊張型頭痛症候群)の故なのですが。
##2
「緊張型」の患者さんには「再発性反復性上気道感染」
が必ずや併発いたします。
##3
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して
経静脈投与も必要なことが多いものです。
##4
場合により「内科専門医」先生の併診も必用になります。
##5
「ここで最初に戻りますが、
直った後も2回ほど顎・首がこわばって脹れ、
昨日まで流行性耳下腺炎の時のような状態でした。」との事です。
##6
まさにこの「症状・症候」が「緊張型」の「喉化け(あだ名です)」
でございます。


#5
##1
また「緊張型」の患者さんはほぼ100%アレルギーがあるのですが。
##2
それはそれとして
「大人のアトピーAATP」。
##3
「大人のアトピー」という「御自分のリンパ球」が御自分の
「皮膚」を攻撃するために「原因不明」の「皮膚のしもやけ」
のような「症状・症候」がでます。
##4
「皮膚科専門医先生」のいうアトピーとは異なるので
「脳神経外科の「大人のアトピーAATP」」と呼称することもあります。

#6
##1
「このままリーゼと呉シュユ湯を続けて様子見で、いいものでしょうか?
受診するとしたら、耳鼻科でしょうか?
ホームドクターの婦人科でしょうか?
それともやはり、頭痛に強い脳神経科でしょうか?」との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは御相談者は
「大変よく御自分を観察されています」。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の
先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
けれども現実的には
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。

#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」です。
##2
「混合型頭痛」とされても宜しいのですが。
##3
「混合型頭痛」では「治療戦略」がたちません。

##4
「3年前からに甲状腺膿腫が右側にあり3pくらいです。」に関して。
「緊張型頭痛」では「甲状腺疾患」の合併が優位に多いものです。
(Chrles,H,L:19998,)


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月1日 19時2分21秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: HH   
はじめまして。42才の主婦です。

耳下腺・顎下腺・顎下リンパ腺が、2〜3日脹れては治り、
を繰り返しています。こめかみ付近、後頭部に軽い頭痛。
後頚部えりあしに、首こりのぐりぐりがあり、。
口の渇きも気になります

いろいろ調べてここにたどり着き、
どうも自分は緊張型頭痛もあり?と思われ、質問いたします。

元々は、
20才頃から偏頭痛の発作(鮮輝暗転〜激痛〜嘔吐)があり、
35才からは嘔吐までは至らないが、頻繁に頭痛が起き、
現在も続いています。
40才の梅雨の頃、目に違和感を感じ、眼科に定期的に
通うようになりました。
(眼圧・眼底検査・視野検査ともに以上なし。乾き目)
その秋口、深夜気分が悪くなり横にもなれず、
冷や汗と体温低下、結局、嘔吐と下痢(どちらも全く未消化)
で治まるということがありました。
その後、短時間ですが入浴後に、片目のピントが合わない、
鼻側の視野が欠けてしまうといった症状で、眼科を受診。
これは一時的なものとの診立てで、偏頭痛歴ありと伝えると、
カフェルゴットと、冷え(更年期の先駆け?)にもいいと、
漢方薬(当帰芍薬散と当帰四逆加呉シュユ生姜湯)を処方され、
快調でした。
主婦検診の婦人科でもこの件を伝え、
他にこの頃ひどかったじんましん(接触と気温差と豚肉による)
向けに、アルブミンと精神安定剤(リーゼ)を処方され、
体調は安定していました。
が、この6月末の眼圧検査で、低いながらも毎月12、13、14
と上昇しているし、眼底も気になるからと、急いで検査を予約、
頭痛のカフェルゴットは服用禁止、呉シュユ湯を処方されました。
が、翌日流行性耳下腺炎(今までなった事がなく、2週間前に
知人が罹っていたことから、と老内科医の診立て。微熱ながらも
耳下腺顎下腺が10日程脹れて痛みました)となり、検査中止。
その後の眼圧検査は12でクリア。都合で視野検査は秋に。

ここで最初に戻りますが、
直った後も2回ほど顎・首がこわばって脹れ、
昨日まで流行性耳下腺炎の時のような状態でした。

実は2回とも長時間の読書や書類整理後に起こっています。
先生の緊張型頭痛の特徴に当てはまることも多々あります。
リーゼの服用後に就寝すると、症状が改善されます。

このままリーゼと呉シュユ湯を続けて様子見で、いいものでしょうか?
受診するとしたら、耳鼻科でしょうか?
ホームドクターの婦人科でしょうか?
それともやはり、頭痛に強い脳神経科でしょうか?

なお、4年前に後頚部の痛みで整形外科を受診、
軽いヘルニアという事で筋肉の緊張を緩める薬と牽引で
軽快し、ストレッチとジム通いで今に至ります。
また、3年前からに甲状腺膿腫が右側にあり3pくらいです。
他に花粉症(春も秋も主に頭痛とだるさ)でもあります。

長々と大変申し訳ありませんでしたが、
ご回答、よろしくお願いいたします。
[2003年8月1日 15時39分17秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【記憶力について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

##1
御相談者の御相談内容からは「症状・症候」は2つございます。
###1
「よく高熱をだし、40度は年に3回は出すのですが」という「症状・症候」
###2
「自分に自信が無くなってきました。
片頭痛もよく起こり一度救急車で運ばれたこともあります。」
という「症状・症候」
でございます。
##2
###1は「再発性反復性上気道感染」例えば「扁桃腺炎」を
伴った「反復性呼吸器感染」であると考えます。
##3
###2は「偏頭痛」というよりは
「毎回右、左、後頭部と痛みが変わっています。」との事からも。
##4
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
と考えます。
#2
##1
「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」はさまざまな「症状・症候」
に変化致します。
##2
また「緊張型」の患者さんには「再発性反復性上気道感染」の併発
が大変多いものです。
##3
#3に「緊張型」の特徴を記載いたします。

#3
##1
「残像」が「強く」光が嫌いになられていませんか
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上項目は「緊張型」の不思議だが重用な特徴です。


#4
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」は
正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」です。
##2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))の
メモリーが一杯の状態から「情緒不安定」になられます。

#5
##1
原因はともかく誘引は、
「水分の足りない状態でいらっしゃり夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発生致します。
##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###”
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。


#6結論:
##1
「再発性反復性上気道感染」例えば「扁桃腺炎」を
伴った「反復性呼吸器感染」であると考えます。
##2
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
をお持ちでいらっしゃいます。
##3
「偏頭痛」はちょっと考え難いです。
##4
「頭痛系の疾患」のお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月1日 8時46分29秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: りん   
1.28歳 女性です。
2.よく高熱をだし、40度は年に3回は出すのですが、
2年程前ワキで図った体温が41度を超えていました。
そのころから、物覚えが悪くなり、最近は友人にも指摘されてしまい、
自分に自信が無くなってきました。
片頭痛もよく起こり一度救急車で運ばれたこともあります。
CTも撮りましたが問題ないと帰されてしまいました。
現在も頻繁におこり、すっきりとした一日を過ごせる日がありません。
毎回右、左、後頭部と痛みが変わっています。
3.先日友人より脳ドックで検査してみてはと言われました。
頭がクリアではなくどこか違うところで、ものを考えているような気がします。
高熱のため、障害が出ることを聞いたこともあります。
2年間の期間が空いてしまいましたが治療できますか?
仕事柄多くの文章を覚えることもあります。
どうか、良きアドバイスをいただければと存じます。
[2003年8月1日 0時55分44秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【子供の指についてありがとうございました】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。
#1
##1
怖い御症状ではありません。
##2
鍵盤楽器などで「超早期教育」を始められたときや。
##3
「無理」が有る場合にも
「類似「症状・症候」」がでることもあります。

#2
##1
「有効な治療法等があればまた教えてください。」との事です。
##2
クリッペル・フイル症候群(Krippel-File)(KFS)
自体は「「症状・症候」のない患者さんが多いのだけれども。
##3
これらの患者さんは成人だから。
##4
だから「何らの記憶もないままに矯正された患者さん」
も多いと今の私は考えます。


##3結論:
##1
しばらくご様子見でよろしいのではないかと
今の私は考えます。
##2
如何でしょう。


上記御参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年8月1日 7時38分32秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 裕子   
ご丁寧なアドバイスをいただきありがとうございました。
はっきりした病名が初めてわかりとても心強く思いました。
心配ないとのことですが、猫背気味であるのもやはりそのせいではないかと思います。
もし、有効な治療法等があればまた教えてください。
[2003年7月31日 22時44分46秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【首のしこりについて】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「1年ほど前から、首の後(頚椎の左、えりあし)の所に
 2センチくらいのしこりがあります。触ると硬くないの
 ですが、ここ1ヶ月ですこし大きくなり、頚椎の右側にも
 僅かはみだしてきた感じです。」との事です。
##2
「首のしこり」の実態が今ひとつ「症状・症候」の
御記載が不足なのですが。
##3
御回答限界ではあるのです。けれども御回答を試みます。

##4
「触ると硬くない」とのことです。

##5
御相談者の御相談内容からは「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
のように伺えます。
##6
けれども怖い病気ではないように思えます。

#2
##1
よく「しこり」とおっしゃられて頚部の「筋肉のしこり」
である場合が多いものです。
##2
御相談者の場合も「「筋肉のしこり」ではないでしょうか。
##3
いずれに致しましても
##4
「脳神経外科専門医先生」を御受診されれば宜しいと
今の私は考えます。

#3
##1
「筋肉のしこり」の場合
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」として
「牛のこぶ」のように「盛り上がる」患者さんもいらっしゃいます。

##2
##1の場合であれば「頭痛系の疾患」
のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
脳神経外科専門医であっても「この御症状」が
「苦手な先生」がおられることにご留意ください。

#4結論:
##1
よく「しこり」とおっしゃられて頚部の「筋肉のしこり」
である場合が多いものです。
##2
御相談者の場合も「「筋肉のしこり」ではないでしょうか。
##3
いずれに致しましても
##4
「脳神経外科専門医先生」を御受診されれば宜しいと
今の私は考えます。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月30日 16時59分17秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 上口 尚子   
初めまして、ご相談申し上げます。
1、 44歳、女
2、1年ほど前から、首の後(頚椎の左、えりあし)の所に
 2センチくらいのしこりがあります。触ると硬くないの
 ですが、ここ1ヶ月ですこし大きくなり、頚椎の右側にも
 僅かはみだしてきた感じです。
3、脳神経外科を受診したほうがいいでしょうか?また、
 先生のご判断をお伺いいただければ・・・。

どうぞ、よろしくお願い致します。
 
[2003年7月30日 15時1分50秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【ありがとうございました】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

また私のご回答はあくまでもに
ご参考とされてくださいませ。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月30日 8時36分44秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 南   
ご指導頂いたことも参考にさせていただき、再度通院している神経科内科の主治医と相談します。

本当に有難うございました。
[2003年7月29日 23時52分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【緊張性の頭痛とは】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「頭痛系の「症状・症候」」で「中枢神経系」
に「「異常所見」のない「場合」を「機能性頭痛」といいます。
##2
「緊張型頭痛」とは「機能性頭痛」の一種でございます。
##3
たかが「頭痛」などと考えると「大変なことに」なります。
##4
「機能性頭痛である頭痛系の疾患」には「緊張型頭痛」と
「片頭痛」「群発頭痛」があります。
##5
「機能性頭痛」の中で「一番患者さんが苦労されるのは」
「緊張型頭痛」です。

#2
##1
これはとても大事なことですが
「緊張型頭痛」であり「「緊張性頭痛」という頭痛はございません。
##2
だから「「緊張性」の頭痛」という呼称も医学的には適切では
ありません。
##3
ちなみに「緊張性頭痛」という名称はいわくつきです。
##4
「緊張性頭痛」という「頭痛用語」をお使いになられる先生
は頭痛に「苦手な先生」でごzぁいます。

#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#4
##1
「緊張型」は
「婦人科疾患(特にホルモンのアンバランスなど)
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」
「心療内科疾患」「「うつ(欝)病」「うつ状態」「パニック障害」
などと間違われます。
##2
「緊張型」の患者さんはストレスには弱くなります。
##3
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するように
みえるが間違いなのです。
##4
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」です。
##5
「正しく診断してもらえない」ことが「緊張型」の最大の
患者さんの「苦労」かもしれません。

#5
##1
(月)(木)の早朝に症候悪化される患者さんが多いです。
##2
2月・6−7月、11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
##3
(土)(日)は具合よくても(月)(木)に
症候悪化がくることが不思議ですが多いものです。
##4
「胃ばけ(あだ名です)」で「@救急車騒ぎ」を起こすのも特徴です。

#6
##1
原因は「遺伝」でよろしいのだが、
がんの遺伝とかとは本質的に異なります。
##2
男性は父親から、ご婦人はお母様より引っ張ります
##3
日本国内よりも
(1973年の日本で開催された「国際脳神経外科学会」で)
欧米から注目を浴びまして「北関東症候群」というあだ名がつきました。
##4
この「頭痛」「後頚部痛」は福島、茨城、埼玉、栃木、群馬、千葉と
北関東のご出身(正確には男性ならばお父様が、ご婦人ならばお母さま)の
患者さんに多発するからなのですが。
##5
大阪府・京都府まずない。
ただし山陰の島根・鳥取は全県に、また島根も多い。
山口県は全県。兵庫は「明石」に、広島は「福山」に「巣」があります。
##6
また四国全県に、九州全県に北海道全道に発生し、
新潟、山梨、静岡、神奈川、三重、愛知、にも多いです。

#7
##1
「緊張型」の
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」が
苦手な先生のいらっしゃることを何卒覚えておかれてくださいませ。
##4
鎮痛剤は内服されないで下さい。
悪化いたします。

#8結論:
##1
「緊張型頭痛」即ち「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり。
##2
正診断率の大変低い「機能性頭痛」でございます。
##3
ありとあらゆる「疾患」の中で「苦しむ」ことは「最上級」です。
##4
「contraction headache」は「英国頭痛病名」の「緊張型頭痛」の
「語源」ですがcoutractionとは「頭と足を押さえて胴体を捻る」
という「中世」の拷問のころです。
##5
拷問文化のない合衆国にてtension-type headacheと「誤訳」されたもの。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年7月30日 19時51分56秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: はな   
28歳・女性です。
先日、夜中に眠れないほど頭を締め付けられる頭痛に見舞われ、
救急病院で診てもらいました。
そのときは病院でバファリンを飲んで、少し落ち着いたのでそのまま帰宅しましたが、
翌日までぼんやりと頭痛が残っていました。
貧血の持病があるため、そのせいかと、貧血でかかっている病院に相談したところ、
「緊張性の頭痛でしょう」とのことで、血液検査に異常がなかったため
CTやMRIは撮らず、鎮痛剤を処方されただけでした。
今後、またあのような頭痛が起こったら、と心配なのですが、
CTなどを撮っておく必要はないのでしょうか。
また、「緊張性の頭痛」とはどのようなものをいうのでしょうか。
[2003年7月29日 22時49分57秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【日ごろ、偏頭痛に悩まされております】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


#1
##1
「症状(?)としては、
・偏頭痛(ほぼ毎日)
・顎間接の痛み(1ヶ月前には収まりました)
・顔の一部に変な痛み(たまに)
があります」との事です。
##2
「偏頭痛」という診断は「脳神経外科専門医先生」にて
されていらっしゃるのでしょうか。
##3
適切な表現が思い浮かばないのですが
御相談者の御相談内容からは「緊張型」が可能性が高いですが。
##4
「緊張型頭痛」のほうが遥かに「偏頭痛」より
可能性高い或は「混合型頭痛」(「緊張型頭痛」+「偏頭痛」)
であると今の私は考えます。

#2
##1
「最近脳梗塞が若年層でも
ありうるというニュースを聞き、心配になって
いたため、現在私のわかる範囲の症状をお伝えさせて
いただきます。」との事です。
##2
この「報道」は誤りです。
##3
「脳神経外科学会」統計でも2000年特に「若年層」に脳梗塞が多い、
即ち「虚血性脳血管障害」が多いという統計はでておりません。
##3
但し「保険病名」で「若年性脳梗塞」という「医学的意味の皆無」な
「病名」は増えています(1999)。
##4
保険病名とは脳CT・脳MRI・脳MRAを施行した場合「異常なし」
では「保険適応」にならないから
「脳血管障害」と病名を付記することです。
##4
大学病院などでも「情報開示」で「あなたは脳血管障害ではありません。
けれども保険適応の事務処理のため脳血管障害と病名を付けさせていただきました」
と「伝言」されることがございます。

#3
##1
ご心配されませんように。
##2
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」は
「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」に
機会あれば御受診されると宜しいですね。


取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、誤りもあろうかと存じますがご了解ください。

上記御参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
日ごろ、偏頭痛に悩まされておりますので、
ご相談までメールさせていただきました。

初めは、昨年むちうちになってしまったせいかと
おもっていたのですが、最近脳梗塞が若年層でも
ありうるというニュースを聞き、心配になって
いたため、現在私のわかる範囲の症状をお伝えさせて
いただきます。
もし、検査したほうが良いかもしれないという場合には
改めて予約させていただきたいと考えております。

症状(?)としては、
・偏頭痛(ほぼ毎日)
・顎間接の痛み(1ヶ月前には収まりました)
・顔の一部に変な痛み(たまに)
があります。

お忙しいところ、大変恐れ入りますが、
ご回答いただければ幸いです。

性別:女
年齢:28歳
[2003年7月29日 19時52分56秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【喉】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「耳鼻科専門医先生」と「脳神経外科専門医先生」を
御受診されて「宜しかったです。
###1
「耳鼻咽喉科では喉には異常が見られない、
喉の感覚が過敏なだけであるとの事でした」が「耳鼻科専門医先生」
の御診断である。
###2
「脳神経外科の方では「緊張型頭痛」という診断で
はあったのですが、ストレスが原因であるとの事で
具体的な治療はありませんでした。」が「脳神経外科専門医先生」
の御診断である。

##2
「脳神経外科専門医先生」からは治療のお話しは
なかったようですが。

##3
これには「理由」がございます。
これを#2で「御回答」致します。

#2
##1
「脳神経外科専門医先生」は「緊張型頭痛」と診断された。
##2
「緊張型」は正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」です。
##3
診断がついただけ宜しかったです。
##4
「緊張型」の治療は「頭痛系の疾患」にお得意でない
「脳神経外科専門医先生」もいらっしゃいます。
##5
その場合「無理せず」「治療戦略」を「立てられず「慎重」
にされる先生もいらっしゃいます。
##6
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
立派であると考えます。

#3
##1
御相談者の御相談内容からは「喉化け(あだ名です)」
があるため「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」
でないと「踏み込めない」ものでございます。
##2
「「今年の7月に入って
からの天候ですと「緊張型」の患者さんは大変苦労されます」
との事でしたがこれは時期が過ぎればある程度は解消されるのでしょうか。」
との事です。

##3
確かに「大変「喉化け(あだ名です)」の患者さんは大変多い」
と私は考えます。
##4
時期により「症状・症候」の寛解は得られるかも知れない。
これも「可能性としては」否定できませんね。

##5
けれども「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」は
季節により「症状・症候」は寛解しても存続し続けます。
##6
御相談者の御相談内容からは「緊張型」の「グレード(Gr)は高い」
ようでございます。

##7
やはり「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」
を御受診される機会を探されたほうが宜しいでしょう。

#4結論:
##1
お受けもちの「脳神経外科専門医先生」も一生懸命でいらっしゃること
よく分かります。
立派であると考えます。
##2
「「今年の7月に入って
からの天候ですと「緊張型」の患者さんは大変苦労されます」
との事でしたがこれは時期が過ぎればある程度は解消されるのでしょうか。」
との事です。
##3
確かに「大変「喉化け(あだ名です)」の患者さんは大変多い」です。

##4
時期により「症状・症候」の寛解は得られるかも知れない。
##5
けれども「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」は
季節により「症状・症候」は寛解しても存続し続けます。
##6
やはり「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」
を御受診される機会を探されたほうが宜しいでしょう。
##7
如何でしょうか。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月29日 18時58分35秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: kei   
先日2512で喉の異常を相談した者です。
度々申し訳ありません。
アドバイスをいただき、耳鼻咽喉科と脳神経外科を
受診しました。耳鼻咽喉科では喉には異常が見られない、
喉の感覚が過敏なだけであるとの事でした。
また脳神経外科の方では「緊張型頭痛」という診断で
はあったのですが、ストレスが原因であるとの事で
具体的な治療はありませんでした。
日によっては「ノド化け」がひどいことがあり、このまま
喉が詰まってしまうのではないかと思うほど呼吸が
苦しく感じられる事あります。以前「今年の7月に入って
からの天候ですと「緊張型」の患者さんは大変苦労されます」
との事でしたがこれは時期が過ぎればある程度は解消されるのでしょうか。
「ノド化け」と「飲込み難さ」が車の運転時などにひどくなることがあり、
大変不安を感じます。
[2003年7月29日 18時0分41秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【脳動静脈奇形・・お礼】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。



「#5結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
お子様の「症状・症候」は出ていないから。
##2
「脳動静脈奇形(AVM)」
に関しては「定期的な検査」をスケジュールを作っていただき
経過観察されてみては如何でしょうか。

##3
「手術をするべきかしないべきか」は「お受けもちの先生」の判断による
「診断」です。
##4
この「診断」はすでに下っています。

##5
「脳動静脈奇形(AVM)」がおありであれば「心配の種」
を「摘出」したいと思われるお気持ちはよく判ります。
##6
脳動脈瘤の「開頭クリッピング手術」より「難しい」とか
は問題ではないように今の私は考えます。

##7
御相談者と同じような
「脳内血管腫」(「脳動静脈奇形(AVM)」も血管腫の一種)を
同様な経緯で「発見された」患者さんは多いものです。
##8
そのまま手術せずにいられるお子様や
成人された方は「実に多い」ものです。
##9
このことを何卒にご理解下さい。」



前回の御回答上記の通りでした(一部)。



「御相談者のお子様」のようにたまさか
脳CT  で「脳動静脈奇形(AVM)」や「脳内血管腫」が
みつかる事例は稀ならずあります。

むしろ「多い」といって宜しいでしょうか。


まるで「夢のように忘れ去られる時期がくる」もので
ございます。

御健勝をお祈り申し上げます。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月29日 8時43分11秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
大変ご丁寧なお返事を本当にありがとうございました。
患者である子供本人が、
病状を把握し治療法を選べる年齢でないこともあり、
親としてどうしたらよいか、本当に迷っておりました。
何も治療はせず、定期的に検査を続けると言う先生のご意見は、
実は私どももそういう方向でいけたらと考えていたことでした。
とても力強く、勇気の出るお言葉を頂き、
大変感謝いたしております。
またご相談させていただきたいと思います。

本当にありがとうございました。
[2003年7月28日 23時11分54秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【先日の結果の続き2】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

うまくご説明できるとよろしいのですが。
#1
##1
「##5
実際は「Hb(ヘモグロビン)値」−2=「実際Hb」
ではないでしょうか。

これをお答えくださった意味が分かりません、すみません。
ヘモグロビンの値は記入していないのですが、
高いとお答え下さっているのがどうしても分かりません。」
との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは
「482*10四乗ul
MCVCはどれか分かりませんがMCV93 MCH30.5 MCHC32.7です。」
との事です。
##3
##2からは「HB=14.7」と計算できます。
##4
「暗算」なので「少し間違っているかもしれません」。

#2
##1
「受動喫煙はあります。そんなに酷い度合いではありませんが。」
との事です。
##2
「「Hb(ヘモグロビン)値」は14.2では「ご婦人」としては
「高い」です。
##3
この理由として「受動喫煙」その他を考えますが。
##4
「これは私の推定」なので勿論直接「診察させて頂いた訳ではないから」
間違っているかもしれません。

#3結論:
##1
臨床血液検査の「読み込み」は「大変鋭い」ものだということは
ご理解ください。
##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
臨床血液検査の「読み込み」の苦手な「内科専門医先生」
もいらっしゃることも何卒御銘記ください。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月29日 19時11分31秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 南   
返信有難うございます
一つお聞きします。
##5
実際は「Hb(ヘモグロビン)値」−2=「実際Hb」
ではないでしょうか。

これをお答えくださった意味が分かりません、すみません。
ヘモグロビンの値は記入していないのですが、高いとお答え下さっているのがどうしても分かりません。

###1
「喫煙」はされていませんでしょうか。
###2
或は「受動喫煙」はおありではないですか。

喫煙はありませんが、受動喫煙はあります。そんなに酷い度合いではありませんが。

何度も申し訳ございません。
[2003年7月28日 20時10分6秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【低随液圧の手術について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


お名前: 安部   
さっそくお答えくださいありがとうございました。大切な情報が抜けていて大変申し訳ございません。知り合いの症状は、昨年の4月の車で追突されてから始まりました。首、肩、手先が痺れ痛くお箸も持てないほどになり、整形に行ってレントゲンを取って診察して貰っても骨に異常はなく、鍼、整体、麻酔科にも通いましたが打つ手がなかったので、精神科に通って頭痛薬、耳鳴りのビタミン剤、抗うつ薬、睡眠薬などを処方されました。私はたまたま神奈川県の医師が「低髄圧液症候群」の治療をされているのをテレビ番組を見て知り合いの症状に非常によく似ていると思い、すぐに知らせたのです。それで知り合いはその情報をもとにその診察と治療をしてもらえる、一番近くの病院を見つけ出しました。そこで診ていただいたら、髄液が漏れていると言われたそうです。この治療の存在を知り合いに知らせた私としては、治療のためにかえって悪くなったら非常にすまないと思いご相談申し上げました。私自身、別の手術で麻酔を背中にうったとき、硬膜が傷ついて、手術箇所そのものはすぐに回復したにもかかわらず、上体を起こそうとすると、以前経験したことなのない、異常な痛みの頭痛が生じて、起き上がれなかったことがあったので、それがずっと続くというのはさぞ辛いことだろうと察しします。これが私が今知っている情報です。本人は現在入院中です。少ない情報で申し訳ございません。
[2003年7月29日 0時25分33秒]



「全体的に」「情報が不足」しており御回答限界でございます。
御回答精度は低下します。
また御回答限界ではあるのです。けれども御回答を試みます。


#1
##1
「低髄液圧と診断されその手術を受けました。」との事ですが。
##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
「低随液圧症」という「病名」はございません。
##3
また「低随液圧」の「症状・症候」のみに対して「脳神経外科にて手術」
が行われることは「ございません」。

#2
##1
私が「推測いたします」に「「髄液漏」がおありである。
##2
その「「髄液漏」を塞ぐために何らかの手術が行われた
と「推定」致します。
###1
「硬膜形成術」
###2
或は「それに相応する外科的処置」
が行われたのではないでしょうか。

##2
勿論「髄液漏」を「惹起するにたる」何らかの
「中枢神経系器質的疾患」が大前提です。
##3
「中枢神経系器質的疾患」がなければ「髄液漏」は通常発生致しません。
##4
また「髄液漏」等が無ければ通常「脳脊髄圧」は通常低下致しません。

#3
##1
因みに
逆に「頭蓋内圧亢進」の場合「脳脊髄圧」は250(場合により200mmH2O)
以上をいいます。
##2
「頭蓋内圧亢進」の場合は。

###1
「脳脊髄液」産生亢進による「水頭症」
###2
その他の「頭蓋内占拠性病変」の存在
###3
脳浮腫など
###4
その他
で発生し得るのでございます。

#4
##1
「身体を起こそうとするだけで
締め付けられるように頭痛がして、
めまいがするので寝たまま食事を取るような状態になってしまい、
点滴や痛み止めをうってもらっています。」との事です。

##2
「脳脊髄圧」の低下が存在する場合は
外科「脳神経外科にて手術」にて「「髄液漏」の修復
は「成功」したとしても「1週間で退院」になるでしょうか。
##3
急速に「脳脊髄圧」が「正常化」するとは考えられない。
##4
因みに
##1は「脳脊髄圧」の「低い「症状・症候」」に酷似いたします。
##5
「全体的に」「情報が不足」しており御回答限界でございます。


#5結論:
##1
適切な表現が思い浮かばないのですが
「低随液圧症」という「病名」はございません。
##2
また「脳脊髄圧」の正常化を目的としての外科処置は
元来「脳脊髄圧低下」自体が「慢性病態」であるので。
##3
休息に状況改善が「期待しうる」とも思えません。



上記御参考までにお留めおきください。



何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月28日 19時25分16秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 安部千津子   
私の知り合いが長い間、耳鳴り、頭痛などに悩まされていて、
県内の病院では原因がわからなかったのですが、
県外の別の病院で診てもらったところ、
低髄液圧と診断されその手術を受けました。
手術は非常に痛かったそうです。
ふつう一週間くらいで退院できると言われたそうですが、
知り合いの場合、
手術後、身体を起こそうとするだけで
締め付けられるように頭痛がして、
めまいがするので寝たまま食事を取るような状態になってしまい、
点滴や痛み止めをうってもらっています。
この手術を受けて以前より悪化することがあるのか、
また起きあがろうとすると頭痛がする症状は消えるのか教えてください。
[2003年7月28日 9時40分23秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【先日はありがとうございました。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


お手紙有難うございました。
#1
##1
神経ブロックのあとかなり
「深頚神経叢ブロック」の効果がよくでています。
##2
「「めまい感(仮性眩暈)」は「緊張型」の頭痛「症状・症候」と
同一のものと考えています。

##3
だから御相談者の「めまい感」は
「緊張型」の「症状・症候」が強くでている
という「現実」です。

##4
この理由は「緊張型」の
「増悪時期・季節的」なものと関連があるように
思えます。

#2
##1
夜の就眠中の「温度管理」に留意。
むしろ暖かめ・低湿度にする。
これにはご留意ください。
##2
それから
睡眠障害が出ているような気が致します。

##3
また軽いけれども
「再発性反復性上気道感染」を起こされているように
思えます。

#3
##1
数日目が
「(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に
最悪になることがあります。」。
##2
この「流れ」の日に当たるから御注意ください。
##3
「お住まい周り」がとても寒いということです。
##4
2月、6−7月、11月に症状が悪化」
(feb/june/7fal crisis)のタイプと
考えます。
##5
神経ブロックはよい神経ブロックができています。
御安心ください。

#4結論:
##1
「お住まい周り」がとても寒いということで
2月、6−7月、11月に症状が悪化
(feb/june/7fal crisis)のタイプと
考えます。

##2
神経ブロックはよい神経ブロックができています。
御安心ください。

上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、誤りもあろうかと存じますがご了解ください。

[2003年7月28日 8時45分11秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: かなす  
先日はありがとうございました。

先日は1日目からとても疲労感があったため、
2日目は本当にへとへとになり東京駅の
保健センターで休んでしまいました;久しぶりです;

今回ブロック後、後頭部〜みみのあたりが暖かくなったような、
モア〜〜とした感じが
広まって、こんな感じは初めてだったので驚き。
2日目は異様にめまい感がひどく、かなり驚いてしまいました。

今日でもめまい感(ぐらつき)は酷く、
ここ最近めまい感はとてもよかったため不快で
す。
数日したらよくなるといいんですけど。
とてもぐらぐらしています。対処法等教えてく
ださい。


話は異なり、
残暑か秋ごろに「緊張型が楽になる時期」
という物があったと思うのですが(昔先生が
おっしゃっていて、私もそのように感じていました)、
いつ頃だったでしょうか?

丁度そのあたりに大事な用があり、
体調の良い時に当たりたいと思っているので、
体調管理のためにもおしえていただきたいです。

個人によって差があるかもしれませんが。
よろしくおねがいいたします。
[2003年7月28日 8時41分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【首のもやもや】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「1ヶ月ほど前に急に右腕に痺れと右足に痛みを伴う痙攣が起きました。」
との事です。

##2
この「痙攣」が気になります。
##3
「痙攣」が「痙攣発作」であるならば。
##4
「脳神経外科専門医」先生を受診されて精密な「脳神経外科精査」
の必用がございます。
##5
このことは何卒「御銘記」下さいませ。

#2
##1
けれども御相談者の御相談内容からは
私が心配している「痙攣発作」のようなものでも
ないようにも思えます。

##2
例えば
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
をお持ちであるように今の私は考えます。

##3
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
とは。
##4
適切な表現が思い浮かばないのですが
極めて判りやすくいえば「肩こり症候群」です。

##5
下記に「緊張型」の特徴を記載いたします。

#3
##1
「残像」が「強く」光が嫌いになられていませんか
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上項目は「緊張型」の不思議だが重用な特徴です。

#4
##1
「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」は様々な「症状・症候」に
変化いたします。
##2
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」などと
間違われます。
##3
正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」でございます。
##4
原因はともかく誘引は、「水分の足りない状態でいらっしゃり
夜間就眠時に背部を冷やすこと」により発生致します。
##5
「首の右後ろ辺りがもやもやし、毎日頭がすっきりしないし、
右足も軽い痛みが走ります。」というような
「症状・症候」できます。
##6
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

#6結論:
##1
「痙攣」が「痙攣発作」であるのであれば「脳神経外科精査」
が必用です。
##2
「首の右後ろ辺りがもやもやし、毎日頭がすっきりしないし
、右足も軽い痛みが走ります。」という
「症状・症候」からは。
##3
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」が考えられます。
##4
「頭痛系の疾患」のお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
如何でしょう。
##6
「緊張型」は
2月、6−7月、9月、11月に症状が悪化もしくは発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いものです。
##7
(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に最悪になることがあります。
##8
頭が「ぼー」とされる「症状・症候」もその一つでございます。

##9
巻頭のお話しいたしましたように「痙攣発作」(てんかんのこと)
であるか否かは「極めて重要」ですから「御銘記」下さいませ。
##10
急がないからこのような意味でも
脳神経外科専門医先生に御受診されると宜しいです。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月28日 16時3分10秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 潤   
28歳の男です。

1ヶ月ほど前に急に右腕に痺れと右足に痛みを伴う痙攣が起きました。
四川富貴庚という漢方薬を飲みはじめてから、痺れなどは無くなりましたが、
首の右後ろ辺りがもやもやし、毎日頭がすっきりしないし、右足も軽い痛みが
走ります。
いったい何なんでしょうか・・・。
[2003年7月27日 19時13分14秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【パニック障害というよりも緊張型頭痛ではないかと思うよう
         なりました。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「パニック障害」との事です。
##2
本邦では「パニック障害」の診断の下に多数のの「緊張型」
の患者さんが苦しまれていらっしゃる事と存じます。

##3
理由は「緊張型」は「頭痛系の疾患」だが
「主症状が頭痛でない」ことのほうが多いからです。
##4
これに加えまして
特に「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の患者さんは
「独特な思考過程」を持たれる様になります。
##5
ストレスには弱くなります。「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

#2
さて以下のような「症状・症候」は如何でしょうか。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#3
##1
2月・6−7月、11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisisと呼称されます)
することが多いです。

##2
(土)(日)は具合よくても(月)(木)に症候悪化が
くることが不思議ですが多い
ものです。
##3
(月)(木)の早朝に症候悪化される患者さんが多いです。

#4
##1
御顔も「頭」のうちですが「鼻が詰まる」「耳が詰まる」
という「症状・症候」も特徴的です。
##2
また
涙・唾液分泌は減少しても鼻水は分泌亢進いたします。
##3
けれども「たりない唾液」を両方の頬の奥に溜め込んでおり
「唾液」を無意識のうちに飲み込む。
##4
6月から7・8.9.10,11月にかけて
気管が「頚椎」に接近圧迫されるようになり
飲み込みにくくなります。
もしくは「食事」については「同じものしか」食べれなかったりする。

#5
##1
乳がんの手術を1.5年前に施行されたとの事です。
##2
t1n0m0との事です。
手術はそれでも「根治乳房切除術」は施行されましたでしょうか。
##2
術後の放射線療法は如何でしょうか。
また化学療法はcmf療法は施行されましたでしょうか。
##3
「内分泌治療中」とのことですが
タモキシフエン(ノルバデックス)は宜しいのですが。
##4
TAM+αが「よく理解できません」
TAM試行中とのことですが「エストロゲンレセプター:ER]
は腫瘍組織で陽性であっれたのでしょうか。

#6
##1
いずれにいたしましても
御相談者の御相談内容からは
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」のようです。
##2
「末梢神経ブロック」は内分泌治療に何ら影響は与えません。

上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。
長くて申し訳ありません。
けれども御初診のしおりのようなものおおくりいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

お手紙ありがとうございました。
お大変だなあと思っておりました。


これは「御返事」の書き出しとしては失礼になるかも知れないので
お許し下さい。

「ご期待にかなうかわからず」手放しでどうぞとも
申し上げられないのですが。

私で宜しければ拝見いたします。

とりあえずに
山本クリニックの「初診のしおり」のようなもの
おおくりいたしておきます。

まず事務的なご連絡で恐縮ですが。
なにとぞご了解ください。

私の病院は予約制です
(けれども込み合うので、ぴったり、○○○○時に、拝見でき
ません可能性があります)。
日曜日、祝祭日、木曜日は休診日です。
朝9時から午後6時までですが、
午後7時すぎまでは診療をいたしていることが多いです。
いわゆる3分間診療は全く行いません。

例えば検査などで大学病院で可能で、当院で不可能な検
査はまずありません。

大学病院で不可能でも当院では可能な臨床検査機器あるいは治
療機器は数多くあります。

午後1時と午後3時は手術時間帯でございます。

とりあえず受付嬢(医療事務4名・看護婦8名)
までお電話で予約・詳細につき御電話
いただければありがたいです

(できましたらば私(院長)がお電話口にでます)。

お名前。生年月日、ご住所、
ご連絡電話番号、携帯電話(PHS)番号など頂戴できましたらば
カルテをつくり(カルテができると動き早いです)
お待ちいたします。

世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル
(茶色の6階建て:私のものではないのです
がこう呼ばれています。)
の1−2階(300u)が病院です。

病院前に専用駐車場8台分あります。

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
[2003年7月27日 16時24分27秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
山本先生

突然の御相談申し訳ございません。
長年パニック障害を患っています。
投薬で治ったかに見えても数年すると再発するということ
を繰り返しています。
そして先月からまた再発してしまい本当に困っております。

私の症状は・・・
喉が締め付けられる、或は詰まったような感じがする。
(食欲はあり、食事中にそれは感じない)
あまり締め付け感が強くなると吐気がしてきて、
過呼吸や動悸が激しく
目の前も暗くなり、パニックになる。

6〜8月に発症し、始まる前は背中から首にかけて痛くなる。
お腹は空いているのに喉だけが受け付けないことがある。

鼻が詰まったような感じもある。頭痛はほとんど無い。
首というか胸鎖乳突筋が異常に緊張して硬くなっている。
・・・といった状況です。

以上のようなことから、貴サイトを拝見し、
パニック障害というよりも
緊張型頭痛ではないかと思うようになりました。

そこで一度そちらにうかがって診ていただきたいのです。
広場恐怖があるため外出もままならない状況です。
予約を取り「絶対行かねば」と思うと
家を出るときから予期不安が始まって
しまうのです。
勝手ながら調子の良い時にうかがって空いているなら診ていただく
ということは可能でしょうか?


さらに私は一年半ほど前に乳がんの手術をいたしました。
現在はホルモン療法を受けております。

ホルモン療法と神経ブロックとの併用は問題ありませんか?
また筋肉を柔らかくしたり、緊張を取る薬というのは具体的に
どのような薬剤で、それは上記と併用しても大丈夫でしょうか?


お忙しいところ恐縮ですが、よろしくご教示くださいませ。
[2003年7月27日 16時11分49秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【脳血管障害の心配がありますか3】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

うまくご説明できるとよろしいのですが。
#1
##1
御相談者の御相談内容からは「自分隠し」という
現象がおありのようです。
##2
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。
##3
「自分隠し」は「緊張型」の患者さんの「思考過程」として大変有名です。
##4
「自分隠し」には下記のような「症状・症候」が
関連或いは出現いたします。

#2
##1
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や他人に
「無理強い」をすることが習慣化いたします。
##2
##1の「症状・症候」は「怒りっぽくなる」と御表現される
患者さんは多いものです。
##3
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。
##4
「自分隠し」の「不安の種まき」が始まります。
##5
「真実の自分」と「自分隠しの自分」の多重人格演出が始まります。
##6
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」
##7
「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)のため
「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない)。
##8
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。
##9
「習慣」=「往復・反復}で
「真実の自分」と「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。
##10
「他人の評価」は極めて「平坦」な評価になります。
##11
「責任感」というのは「御自分だけの「実感」」である。
##12
だから
御自分の中でしか存在しえないものです。

#3
##1
「美容院に行くたび、かなりこりが激しい、
と言われますが、当の私はさほど感じていません。
右利きの私が左手でマウスを扱うためか、
時々左の肩甲骨の内側あたりが痛くなりはしますが、
まぁ、その程度です。」との事です。
##2
立派な「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」でいらっしゃいます。
#4
さて
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」でいらっしゃいます。
##2
よく「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」「婦人科疾患」
と間違われることが多いからご注意下さい。
##3
「緊張型」は「頭痛系の疾患」だが主症状が
頭痛でないことのほうが多いです。
##4
「因果付け」という。
##5
「AがBだからCになる」という「流暢な論理」=「因果付け」
の錯角方程式をよく用いられます。

#6
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
##2
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」の「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」
から由来する「複合病態」です。
##3
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてくださいませ

#7結論:
##1
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」です。
##2
「AがBだからCになる」という「流暢な論理」=「因果付け」の
錯角方程式をよく用いられます。
##3
2月・6−7月、11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##4
(土)(日)は具合よくても(月)(木)に症候悪化がくることが
不思議ですが多いものです。
##5
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は「大変に非生産的な状態」
に加わり正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」で
患者さんは「苦労されます」。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年7月27日 12時2分37秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 春奈   
早速のご回答、有難うございました。
ところで、肩こりですが、美容院に行くたび、かなりこりが激しい、
と言われますが、当の私はさほど感じていません。
右利きの私が左手でマウスを扱うためか、
時々左の肩甲骨の内側あたりが痛くなりはしますが、
まぁ、その程度です。
頭痛はごくまれです。年に何度かある程度です。
ところで、質問ですが、
”責任感の強さが自分のみの評価に向けられている”
とはどういう意味でしょうか。
他人の評価でなく、自分の思いこみ、という事でしょうか?
[2003年7月26日 21時24分41秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【脳血管障害の心配がありますか】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
御相談者の御相談内容からは「症状・症候」としては
次の5つでございます。
##2
###1
「怒りっぽくなった」等喜怒哀楽の中でも「他人(でしょうね)」
に「怒り」をぶつける
###2
「理解力」が衰えたと「御相談者が思われている」「症状・症候」です。
「理解力が衰えた」という事実には無関係でございます。
###3
###2が「仕事」に「焦点が絞られる」こと。
###4
「時間がかかる」事を気にされている。
###5
「健康診断での代謝系検査、脂質系検査、血圧は異常なしです。」と
「思考結論されること」。

#2
##1
私は#1のことごとくは「大変に責任感の強い」御相談者の人格
が表現されていると思います。
##2
但しその「責任感」は「自分評価」のみに向けられています。
#4
##1
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))の
メモリーが一杯の状態から「情緒不安定」になられていますね。
##2
「脳」が疲れた状態。

##3
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」など「肩こり」の
「症状・症候」などおありではないでしょうか。

#5結論:
##1
「脳神経外科専門医先生」を御受診必用な
器質的疾患があるとは到底思えません。

##2
##1は「脳血管障害」や「脳腫瘍」などの可能性がないこと
と今の私は考えます。

##3
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」を
お持ちであるような気が致します。

##4
加齢も脳血管障害も今の御相談者の「症状・症候」とは
関係がないと今の私は考えます。


上記御参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月26日 19時33分27秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 春奈   
52歳の会社員です。閉経しています。
更年期障害かとも思うのですが、
怒りっぽくなったのもさる事ながら、
理解力の衰えがとても気になっています。
通常の会話は大丈夫ですが、仕事の話をするとき、
どうも理解力がかなり落ちていると思います。
仕事の処理能力も低下し、時間が掛かるようです。
カンが鈍り、思考力の衰えを実感しています。
健康診断での代謝系検査、脂質系検査、血圧は異常なしです。
ちなみに
総コレステロール206、中性脂肪70、HDL69です。
別に手足の痺れとか震えは全くありませんし、立ちくらみもありません。
1度検査を受けた方がよいのでしょうか。
加齢が原因なら笑い話ですが。
[2003年7月26日 14時21分55秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【脳動静脈奇形】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


ご心配なことと存じます。

#1
##1
御相談者の御相談内容からは「要旨」は次の様になると
解釈致します。
##2
「偶さか7歳のお子様に脳CTを撮影」して「脳動静脈奇形(AVM)」
が発見された。けれども2施設を経由して

「現在最終的には手術をしないほうが良い」という
診断である」ということであろうと存じます。

##3
お気持ちは「大変」よく判る。
##4
また「お受けもちの先生」の「大英断」も大変よく判ります。
##5
「お受けもちの先生」は「脳神経外科専門医」として経験ある
大変ご立派な先生と考えます。

#2
##1
脳CT検査にて脳CTは造影も行い「脳神経外科専門医」先生による
「脳動静脈奇形(AVM)」も確かであると仮定して以下御回答致します。
##2
まず念のため「最初の御病院」での「ご意見」は
「脳神経外科専門医」の先生からのものと仮定して以下御回答致します。


#3
##1
まず「脳動静脈奇形(AVM)」に対する治療法は「開頭手術」が
「大原則」である。
##2
このことを御銘記下さい。

##3
確かに放射線による「血管凝固」も治療戦略にはあるが
「難治性の「脳動静脈奇形(AVM)」」に応用されることが多いです。

#3
##1
「脳動静脈奇形(AVM)」の「症状・症候」は2種類に分類可能です。
##2
すなわち
###1
「脳動静脈奇形(AVM)」の「脳動脈」から「脳静脈」へのスチール現象
による虚血性脳血管障害による巣症状(そうしょうじょう)。
この場合「症候性痙攣発作」が有名な症状。

###2
「脳動静脈奇形(AVM)」からの出血。
です、

##3
「7歳のお子様」は「脳動静脈奇形(AVM)」による
これらの「症状・症候」はおこされていません。


#4
##1
年齢にもよりますが
「偶発的にみつかった」「脳動静脈奇形(AVM)」に関しては
「脳神経外科専門医」の「極めて治療の適応の有無の判断」は
「極めて慎重」でございます。

##2
「「治療によるリスクを考えると、
何もしない方がよい」と判断された先生」の御考えは極めて
「適切」であるように今の私は考えます。

##3
ちなみに欧米の「脳神経外科専門医」は
「中枢神経系の器質的疾患」が脳CTでたまさか見つかっても
この病態による「巣症状(そうしょうじょう)」の出現がない場合
いかなる名医であろうと「絶対手術はいたしません」。

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
お子様の「症状・症候」は出ていないから。
##2
「脳動静脈奇形(AVM)」
に関しては「定期的な検査」をスケジュールを作っていただき
経過観察されてみては如何でしょうか。

##3
「手術をするべきかしないべきか」は「お受けもちの先生」の判断による
「診断」です。
##4
この「診断」はすでに下っています。

##5
「脳動静脈奇形(AVM)」がおありであれば「心配の種」
を「摘出」したいと思われるお気持ちはよく判ります。
##6
脳動脈瘤の「開頭クリッピング手術」より「難しい」とか
は問題ではないように今の私は考えます。

##7
御相談者と同じような
「脳内血管腫」(「脳動静脈奇形(AVM)」も血管腫の一種)を
同様な経緯で「発見された」患者さんは多いものです。
##8
そのまま手術せずにいられるお子様や
成人された方は「実に多い」ものです。
##9
このことを何卒にご理解下さい。

上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年7月27日 9時50分32秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
7歳の子供がたまたま(頭をぶつけた際)撮ったCTで
「脳動静脈奇形」が発見されました。
最初の病院では
「治療可能な場所であり早急な治療が望ましい」との診断。
紹介先の病院では「治療によるリスクを考えると、
何もしない方がよい」と全く違った見解でした。
今のところ症状は何もありません。
こういった場合、積極的に治療した方が良いのか、
また治療は手術、放射線など、何が望ましいのか。
動脈瘤よりも手術が難しいとも聞きました。
治療する際の年齢はいつ頃がよいのか。
色々な情報が知りたいです。
よろしくお願いいたします。
[2003年7月25日 22時34分44秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【先日の結果】  

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「FT4 1.31 TSH 1.22でした。甲状腺機能は問題なしでした」
との事です。
##2
「甲状腺機能」は「極めて深読み」をすると脳下垂体のTSHが1.22は
ドライブが強いような気が致します(「数値が高いほうにある」。
##2
けれどもFT4は1.31で「低くない」ので「甲状腺機能」は
通常「アンダードライブ」されている「可能性」はございます。

#2
##1
他の御記載の「臨床血液検査」数値ですが。
##2
「Ht(ヘマトクリット)」の44.9は高いです。
##3
この理由としては3つの可能性がございます。
###1
「喫煙」をされている
###2
「受動喫煙」をされている。
###3
「反復性呼吸器感染」の患者さん。
特に「喘息性気管支炎」の患者さんの場合です。
##4
RBC数もしくはMCVCがあれあば「補正」できますが。
##5
実際は「Hb(ヘモグロビン)値」−2=「実際Hb」
ではないでしょうか。

#3
##1
大変乏しい「臨床血液検査」の数値からは。
##2
御相談者は「胃炎」と「気管支炎」をもたれている可能性がある。

#4
##1
#3の胃炎は「TIBC(総鉄結合能)」を検査していただき
310ー350位であれば6歳−10歳くらいから「胃」からの「鉄」吸収障害が
おありであろうと考えるから。
##2
#3の気管支炎は「甲状腺機能」「アンダードライブの可能性」を
よみとり「#4の##1」とあわせ考えて。

#5
##1
「数値が低いのは、ネットで色々載っていますが
高いのはあまり載っていませんでした。」との事です。
##2
「意味が判読不能」ですが。
##3
「臨床血液検査の数字」は「高い低い」で
「何らかの「異常所見」を読み込む」ものでは
到底ありません。


#6結論:
##1
臨床血液検査の結果では「何かある」気が致します。
##2
怖い物ではないとは考えます。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年7月27日 13時7分58秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 南   
ブラウザは普通なのですが書き込みできないのでメールしました。

先日7/20に相談しました三重県30歳女性です
頭痛の事と、顔が赤くなり汗が出ないなどの質問をした者です。
7/22に血液検査(甲状腺の検査も含めた検査)をしました。

結果は総ビリルビンが1.3mg/dlでしたが、
以前採血したときも少し高めだったので問題なしとのこと。
尿素窒素が5mg/dl低め
尿酸1.6mg/dl低め
ヘマトクリット44.9%少し高め
あとの項目は範囲内でした。
Free T4 1.31
TSH 1.22でした。
甲状腺機能は問題なしでした。

ヘマトクリットは排卵日当日か翌日だったので
少し高かったのかもしれません。
私は生理痛は軽いのですが、排卵痛があるので。
男性並みの数値と指摘されましたが再検査とは言われませんでした。

数値が低いのは、ネットで色々載っていますが
高いのはあまり載っていませんでした。
卵巣なんとかの原因もあるようですが、
4月に婦人科でエコーと子宮ガン検診異常なしなので
暫く様子を見るといったところです。
[2003年7月25日 19時22分13秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【慢性的な頭痛・肩こり・・・】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
頭痛ですが。
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」及び
「「緊張型」による複合病態」」
と推定いたします。
##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3場合により神経ブロックを施行いたします。

#2
##1
「機能性頭痛」は「治る」といわず「寛解」といいます。
##2
御相談者の御相談内容からは
「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」を
一度御受診されてみては如何でしょう。
##3
「鍼、灸、漢方、カイロ、整骨院
などにも行きましたし、内科、神経内科、脳神経外科、
歯科にも行きました」との事です。
##4
お辛いことはよく判ります。
##5
けれども「治療をするに」ずいぶん
沢山の「医療施設」をめぐられている感が否めません。

#3
##1
「緊張型」の患者さんで御自分の「症状・症候の自覚」を
さまざまな治療戦略の中で
「取得」されるのにも「何年」もかかる場合
もあります。
##2
それぞれの先生におかれても
「お受けもちの先生」としてお
受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##3
「「緊張型」でも何が原因で悪化するか」とかの自己評価
が大変重要です。


#4結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」をお持ちと
推定いたします。
##2
「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」を
一度御受診されるのも「方法」です。
##3
「機能性頭痛」は患者さんの「自己努力と冷静さ」がおおきく
治療予後に影響するように思えます。
##4
御相談者の御相談内容からは「緊張型」としてがグレード(Gr)
は高くないように思えます。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月25日 19時26分3秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: プッチンさん      
プッチンさん   
5年以上、肩こりやめまい、頭痛に苦しんでいる24歳の女性です。
多くの治療方法を試してきましたが、効果ありませんでした。鍼、灸、漢方、カイロ、整骨院
などにも行きましたし、内科、神経内科、脳神経外科、歯科にも行きました。
先生の掲示板で良く書いてあることだと思いますが、水も一日2〜3リットル飲むようにして
1月経ちました。
先生のところではブロック注射をやられているようですが、地元の病院の麻酔科でブロック
したときは全く効果がありませんでした。
もう死にそうなくらい辛いです。先生の掲示板では同じ様な患者さんの質問も多いようなので
先生のところで診ていただきたいものいですが、本当に治ったりするのでしょうか?
治るか、治らないか、あいまいな感じでは、もう精神的に通うのが辛くなるので、どうぞご回答
ください。よろしくお願いします。
[2003年7月25日 19時21分3秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【慢性的な頭痛・肩こり・・・】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
頭痛ですが。
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」及び
「「緊張型」による複合病態」」
と推定いたします。
##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3場合により神経ブロックを施行いたします。

#2
##1
「機能性頭痛」は「治る」といわず「寛解」といいます。
##2
御相談者の御相談内容からは
「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」を
一度御受診されてみては如何でしょう。
##3
「鍼、灸、漢方、カイロ、整骨院
などにも行きましたし、内科、神経内科、脳神経外科、
歯科にも行きました」との事です。
##4
お辛いことはよく判ります。
##5
けれども「治療をするに」ずいぶん
沢山の「医療施設」をめぐられている感が否めません。

#3
##1
「緊張型」の患者さんで御自分の「症状・症候の自覚」を
さまざまな治療戦略の中で
「取得」されるのにも「何年」もかかる場合
もあります。
##2
それぞれの先生におかれても
「お受けもちの先生」としてお
受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##3
「「緊張型」でも何が原因で悪化するか」とかの自己評価
が大変重要です。


#4結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」をお持ちと
推定いたします。
##2
「「機能性頭痛」にお得意な「脳神経外科専門医」先生」を
一度御受診されるのも「方法」です。
##3
「機能性頭痛」は患者さんの「自己努力と冷静さ」がおおきく
治療予後に影響するように思えます。
##4
御相談者の御相談内容からは「緊張型」としてがグレード(Gr)
は高くないように思えます。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月25日 19時26分3秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: プッチンさん      
プッチンさん   
5年以上、肩こりやめまい、頭痛に苦しんでいる24歳の女性です。
多くの治療方法を試してきましたが、効果ありませんでした。鍼、灸、漢方、カイロ、整骨院
などにも行きましたし、内科、神経内科、脳神経外科、歯科にも行きました。
先生の掲示板で良く書いてあることだと思いますが、水も一日2〜3リットル飲むようにして
1月経ちました。
先生のところではブロック注射をやられているようですが、地元の病院の麻酔科でブロック
したときは全く効果がありませんでした。
もう死にそうなくらい辛いです。先生の掲示板では同じ様な患者さんの質問も多いようなので
先生のところで診ていただきたいものいですが、本当に治ったりするのでしょうか?
治るか、治らないか、あいまいな感じでは、もう精神的に通うのが辛くなるので、どうぞご回答
ください。よろしくお願いします。
[2003年7月25日 19時21分3秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【先日7/3手術受けました。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

お手紙有難うございました。
「頚椎前方固定」という手術を思考されたようです。
cc4・5間に「チタン」にて頚椎前方固定されたようです。
まだ「装具」(パンツエル)されていらっしゃるでしょうか。

疾患名及び「症状・症候」が御記載無く御回答限界でございます。
申し訳ございません。

取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、誤りもあろうかと存じますがご了解ください。

--------------------------------------------------------------------------
お名前: kubino     
 
先日7/3手術受けました。MRIの写真ではチタンが4番の上と下に入っていま
す。
特に喉のところでは固定していないようですが、こんご大丈夫でしょうか意見を待っ
ています。
手術は前方より顕微鏡で実施したとの説明です。
また、今後の注意がありましたら一緒にお教えください。
現状では、大きな痛みは消えましたが、時々両腕がおもぐるしくひじが痛いのです。
ではよろしくお願いします。
[2003年7月25日 19時19分46秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【ALSではないかと心配しています。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
筋萎縮性側索硬化症(ALS)を初めとする
##2
「運動神経細胞疾患」を「ぴくつき」で心配される患者さんは
多いものです。
#2
##1
この場合怖い「ぴくつき」は
必ず「筋萎縮がありそれによる脱力」のあと
出現することを覚えられてください。
##2
「筋萎縮」がなければ「運動神経細胞疾患」ではないともいえます。
##3
またこの「症状・症候」がないから筋萎縮性側索硬化症(ALS)
でないという「陰性「症状・症候」」も重要です。
##4
すなわち
###1
感覚障害
###2
眼球運動障害
###3
自律神経症状(膀胱直腸障害など)
###4
褥創 」
の4つです。

#3結論:
##1
御相談者の御相談内容からは筋萎縮性側索硬化症(ALS)
は積極的には考えられません。
##2
またこの「症状・症候」がないから
筋萎縮性側索硬化症(ALS)でないという
「陰性「症状・症候」」も重要です。

上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。
[2003年7月25日 19時24分49秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: きたむら     
きたむら   
ALSではないかと心配しています。
<御相談の記載箇所が間違って記入されておりました>
移植いたします。
[2003年7月25日 19時18分43秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【指先の痺れの原因】  

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
御相談者の御相談内容からはあしのいたみ 
下肢の痛 下肢痛と「知覚異常性大腿神経神経痛」とも考えられます。
##2
けれどもどうも「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」をお持ちで
いらっしゃるように思えます。
##3
結局##1+##2の病態を御持ちであると今の私は考えます。

#2
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」
なのですが。

##2
「緊張型」は「頭痛系の疾患」だが主症状が頭痛でないことのほうが多いです。
##3
「おみ足」の「症状・症候」で現れそのうちに「御顔の締め付けられる感じ」
や上肢のしびれ、そして「頭痛」がでて初めて診断がつくことが御座います。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」などと実によく
間違われやすいです。
##5
#3に「緊張型」の様々な「特徴」を記載いたします。

#3
さて
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#4
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」
でございます。
##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##3
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。

#5結論:
##1
下肢痛からは「知覚異常性大腿神経神経痛」とも考えられます。
##2
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」もおありです。
##3
結局##1と##2は「併発」することが多いものです。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」等
と間違えられやすいです。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
(土)(日)は具合よくても
(月)(木)に症候悪化がくることが不思議ですが多いものです。
##7
2月・6−7月、11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年7月27日 13時53分13秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: まなか   
  
33歳女性です。17、8年前に
両膝蓋骨亜脱臼症候群で両膝の手術をしています。
今年2月に左脚が痺れ、
ヘルニアの検査をしたのですが、異常なし。
何らかの原因で膝の裏の神経が傷ついた為で
時期治ると整形外科で言われ、
そのうち治るといわれ治療をしていません。
その後、痺れは痛みにもなり足の指、
ふくらはぎに広がしました。
1ヵ月後、右脚にも痺れが出ました。
同時に、上唇、舌にも軽い痺れがあります。
最近は軽くなったのですが。
今朝から左指先の小指以外に強い痺れが出ています。
最初は、寝ている時に
左が下になっていたのでそのせいかと思いましたが、
夜になっても痺れたままです。
少し痛みも感じます。動かす事は出来ますが、
膝の神経と関係があるのでしょうか?
また、受診する時は整形外科の方が
良いのでしょうか?アドバイスお願いします。
[2003年7月25日 19時17分39秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【「偏頭痛」なのでしょうか】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

御回答遅れまして申し訳ありませんでした。
7月25日御相談者は御来院されました。


「緊張型頭痛」の「典型」でいらっしゃいました。

宜しかったです。

頑張って治していきましょう。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
[2003年7月27日 13時57分17秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 埼玉県   
お世話になります。
初めて相談さすぇ手頂きます。
35才女です。
いままで会社の健康診断でも何も言われたことが無かったのですが。
7月21日に休日の朝出勤だったのですが猛烈な頭痛がきて朝おきても
歩けないほどでした。めまいはありませんでした。
結局午後からしごとにでかけたmのですが。目が痛く首の痛い頭痛が続いています。
初めての経験なので不安です。
宜しくお願いいたします。
[2003年7月25日 19時16分16秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【どうもありがとうございました。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

お手紙ありがとうございました。
宜しかったです。
#1
「緊張性頭痛」を御持ちでございます。
けれども
##1
「緊張性頭痛」には使わない御処方でございます。
##2
眼の「症状・症候」そのものでございます。
##3
そして喉の「症状・症候」そのものが
「緊張性頭痛」の複合病態なのでございます。
##4
けれどもお受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##5
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##6
ロキソニンなどの「鎮痛剤」は「悪化」するので通常用いません。
##7
「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」の「症状・症候」が俄かに発症いたします。
「緊張型」は「頭痛系の疾患」だが主症状が頭痛でないことのほうが多いです。
##8
しっかり治されると宜しいですね。


#2
##1
でも「脳神経外科専門医」先生御受診されて宜しかったです。
##2
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 埼玉県   
2504-2507で先日掲示板にご相談した山田貴子(31歳・女)です。
掲示板にてご報告しようと思いましたが「工事中」のようでしたのでメール
にて失礼いたします。
頭痛と喉の違和感で先生にご回答いただき、昨日脳神経外科のある
病院へ行ってきました。

片目が極端に悪いため目が疲れて緊張しているだろうということ、
ストレス(まぶしさ、暑さ、疲れ、緊張)からくる緊張型の頭痛で
喉の圧迫感もストレスからくることがある、との山本先生と同じ診断でした。
一応CTスキャンもしましたが、脳に異常はありませんでした。

なるべくメガネをかけるように言われました。
(今までは特に支障がなかったので裸眼で生活していました。)

ロキソニン錠
リンラキサー錠
リーゼ錠
   朝・夕 1錠ずつを4日分処方されました。

とにかく脳に異常がなくて「ホッ」といたしました。母が去年下垂体腫瘍の手
術を受けていたので。

どうもありがとうございました。
[2003年7月25日 19時15分15秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●記事タイトル:【まさか頭痛によるものだとは思いませんでした。】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


「症状については、当てはまることが多いです。
まさか頭痛によるものだとは思いませんでした。
不安な気持ちがかなり楽になりました。

本当にありがとうございました。」との事です。


「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。
#ご心配なことと存じます。
#1
##1
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」が考えられます。
##2
「目の周り」特に「上眼嶮」に痛みや「閃輝暗点」がきます。
よく「閃輝暗点」は「偏頭痛」の「症状・症候」といわれるが間違いです。
##3
顎や「顔の中心部」にも「症状・症候」がきます。
##4
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」です。

#2
##1
ストレスには弱くなります。「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##2
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
##3
怖い病気ではありません。
##4
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」
と間違われます。

#3
##1
「残像」が「強く」光が嫌いになられていませんか
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上項目は「緊張型」の不思議だが重用な特徴です。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群」をお持ちと考えます。
##2
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、外用薬も用いて
場合により神経ブロックを施行いたします。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##4
ただし脳神経外科専門医ですらも「この御症状」に
苦手な先生がいらっしゃいます。ご留意ください。


上記御参考までにお留めおきください。」

前回の御回答上記の通りでした(一部)。


#1
宜しかったです
#2

「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」はさまざまな「症状・症候」に変化する。
「顎関節症」は歯科口腔外科の「顎関節症」と脳神経外科の「顎関節症」と
全く違う病態です。
緊張型頭痛症候群・緊張型背部症候群
という
「頭痛系の疾患」でございます。

痛み止めはだめです。

取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、誤りもあろうかと
存じますがご了解ください。

[2003年7月25日 18時53分11秒]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科