山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題9
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【症候性てんかん】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
##1
これは困りましたね。
##2
御回答限界でございます。

#2
##1
「脳波検査」は1度ですむものです。
##2
だから「脳波検査」自体は一回が60分くらいかかります。
##3
「一つ目の施設でとった脳波を持ってゆきました(診察前日の体調良好時の脳波)」
との事です。
「何度も脳波をとり診断を下したと両親も聞かされていたようです。」
との事です。
##4
脳波検査とは「脳波検査所見」が「決まるまで」何回も施行しないもの
なのですが。
##5
要するに「「異常所見」か「「異常所見」でないか「何回」も
「脳波検査」は特殊な「状況」でないかぎり行なわれません。
##6
「脳波検査」の「回数」は多ければば多いほど「「脳波検査所見」が
精密になるわけではございません。

#3
##1
「二つ目の施設でも、二人の神経内科のDrが「脳波などからみて、
はじめは単剤で始めてみましょう、2.3日は発作が起きても心配しないで」と
シロップの錠剤を進めて下さいました。そこで帰れるはずだったのです。
次の日になって、違うかも、と言われても半信半疑でした。」との事です。
##2
「抗痙攣剤の「血中濃度」の数値」は如何でしょうか。
##3
抗痙攣剤の「血中濃度」の数値が「高すぎると」
痙攣は逆に起こしやすくなります。

#4結論:
##1
「てんかん」と「痙攣発作」は異なります。
##2
前者は「病名」であり後者は「「症状・症候」でございます。
##3
御相談者の御相談内容からの「脈絡」をみて。
##4
「てんかん脳波」の
でている患者さんには必ず「抗痙攣剤の投与」が「必要」だから。
##5
##4ではない状態即ち
「「抗痙攣剤の投与」が「必要」と考えられない病態」としか。
##6
##5としか考え付きません。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年8月17日 12時55分20秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者 山本クリニック 山本博昭: remon   
一つ目の施設では症候性てんかんと診断され、二つ目の施設へは
一つ目の施設でとった脳波を持ってゆきました(診察前日の体調良好時の脳波)
何度も脳波をとり診断を下したと両親も聞かされていたようです。
二つ目の施設でも、二人の神経内科のDrが「脳波などからみて、
はじめは単剤で始めてみましょう、2.3日は発作が起きても心配しないで」と
シロップの錠剤を進めて下さいました。そこで帰れるはずだったのです。
次の日になって、違うかも、と言われても半信半疑でした。
では、外来診察時の診断は一体と??
てんかんでなければ嬉しいことなのですが、今日もいきなり倒れてしまい
痙攣を起こしました。両親の話によると頭を左に向けかがみ込むように痙攣
していたそうです。(2.3分)
困っています・・・。

[2003年8月17日 10時22分9秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【後頭部の痛み】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「一昨日から後頭部右側の丁度血管が通っている所がズキズキと痛く
あまりにも日常生活が満足にできないのでメールをしました。
明日も痛かったら
病院に行った方がよろしいでしょうか?自分自身かなり不安です。」
との事です。
##2
「後頭部右側がずきずき痛む」この御症状のみ記載がおありですが
他の症状・症候の御記載が無く御回答限界ではあるのです。
##3
けれども御回答を試みます。


#2
##1
また(土)(日)に症状が悪化して「月曜日早朝」に最悪になる
頭痛のタイプ
として「緊張型頭痛」があります。
##2
(月)(木)の早朝に症候悪化することが「特徴」です。
##3
「緊張型頭痛」は怖い疾患ではありません。
##4
けれども
「ストレスには弱くなります。「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##5
あちこち巡り巡って「緊張型頭痛」であった患者さんは多いものです。
##6
このように正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」という点では
怖いともいえましょう。
##7
下記#3に「緊張型」の特徴を記載いたします。
頭痛らしからぬ症状・症候の多いことが「重要」でございます。

#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#4
##1
「緊張型」はストレスには弱くなります。
##2
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##3
「ストレス」が原因と医学書にも書いてありますが。
##4
「ストレスから急に開放される」ことが原因という論文もあり
このほうが治療戦略の上からは大きな評価を受けています。
##5
だから「緊張型」の患者さんは「休日が窮日である」という損な
「特徴」がございます。

#5
##1
原因はともかく誘引は、
###1
「水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発生致します。

##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##3
「緊張型」の患者さんは新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))の
メモリーが一杯の状態から「情緒不安定」に陥り易い特徴が御座います、
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
##5
このことはご留意下さい。

#6結論:
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」による複合病態」
による頭痛で宜しかろうと
考えます。
##2
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の
先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
怖い疾患ではありません。だから絶対心配されませんように。
##4
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」
「心療内科の先生」の疾患と
間違われます。

##5
私は「緊張型」は正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」であると
考えています。
##6
怖い疾患ではありません。
だから絶対心配されませんように。

##7
上記お役に立てば幸いです。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月18日 6時54分39秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者 山本クリニック 山本博昭: へロー   
初めまして、一昨日から後頭部右側の丁度血管が通っている所がズキズキと痛く
あまりにも日常生活が満足にできないのでメールをしました。明日も痛かったら
病院に行った方がよろしいでしょうか?自分自身かなり不安です。
年齢26歳男性です。
ご回答よろしくお願いします

[2003年8月17日 21時23分27秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ふらついてまっすぐ歩けないのですが】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「62歳の母のことなのですが、
数日前から歩く時にふらつきまっすぐ歩けない状態です。
ふわふわした感じで、歩く時は壁等に手をついていて、
少し吐き気があるためか、食欲もあまりないようです。
座っているときはふらつき感はないそうです。
また、正常眼圧緑内障の治療中です。」との事です。
##2
ふらつきは「めまい感」と同義ですが。
##3
「めまい感」は「「めまい感(仮性眩暈)」と「真性眩暈」
に分類されます。
##4
御相談者の御相談内容からはお母様のふわふわ感は
「「めまい感(仮性眩暈)」
であるように考えます。

#2
##1
緑内障には、いくつかの分類法があります。
##2
最近、特に注目されているのがのが正常眼圧緑内障です。
##3
眼圧は10〜21mmHgが正常とされています。
##4
しかし、眼圧はこの範囲内にあるのに、
緑内障の症状が現れるのが、正常眼圧緑内障です。

#3
##1
「緑内障」或は「正常眼圧緑内障」と関連の有る
症状・症候とは思えません。
##2
けれどもふわふわ感が
「めまい感」は「「めまい感(仮性眩暈)」であったとしても。
##3
症状・症候が強いようであれば。
##4
「脳神経外科専門医先生」
を御受診されるほうが宜しいと今の私は考えます。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容からはお母様のふわふわ感は
「「めまい感(仮性眩暈)」
であるように考えます。
##2
けれども症状・症候がお強いようならば「脳神経外科専門医先生」
を受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
怖い御症状ではないように思えます。

上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月18日 12時35分18秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者 山本クリニック 山本博昭: めぐ   
こんにちは。初めて相談させていただきます。
62歳の母のことなのですが、
数日前から歩く時にふらつきまっすぐ歩けない状態です。
ふわふわした感じで、歩く時は壁等に手をついていて、
少し吐き気があるためか、食欲もあまりないようです。
座っているときはふらつき感はないそうです。
また、正常眼圧緑内障の治療中です。

このような症状からはどんな原因や病気が考えられますでしょうか?
車の運転をしても大丈夫なのでしょうか?

お手数をおかけいたしますが、アドバイスよろしくお願いいたします。

[2003年8月18日 9時17分36秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【意識がなくなってしまう】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「3年前、体の調子が悪く(悩みがありノイローゼ状態)
食事の支度も出来ず、その日は外食をしたのです。
そこで、お酒をたのみチューハイジョッキ3分の1ぐらい
飲んだ時に、気持ちが悪くなりトイレに行こうと思い
立ち上がった瞬間、意識がなくなってしまいました。
意識がもうろうとしていて、すこし戻った瞬間、その場で
吐いてしまい、旦那に抱えれながらトイレにつれていってもらい
トイレで吐き、全身の力が抜けまたそこで意識を失って、近くに
病院があったので車に乗せてもらって(この時も記憶がありません)
きずいた時には病院のベットで点滴をうっていました。」
との事です。
##2
アルコール+低血糖+脱水等想定されますが。
##3
結果的には「起立性低血圧」の症状・症候を起こされています。
##4
悪心・嘔吐の後「「意識障害」もあるから
かなり「用心が必要です」。

#2
##1
「アルコール」は血管拡張作用がございます。
##2
「アルコール」は「少量」であろうと
吸収されて「血管拡張作用」で血管拡張作が発生する。
##3
特に「脱水傾向」にあれば血管拡張作用にて
「アルコール」少量摂取でも。
##4
血圧は一気に「下降」致します。

#3
##1
加えて「「アルコール」と「「アルコール吸収後」の症状・症候
を考えますと。
##2
御相談者の御相談内容からは消化管の「潰瘍」をもたれている可能性
が御座います。
##3
これらの「消化管の「潰瘍」をもたれている」
等の「可能性」は「内科的背景要因」としては。
##4
本の一例でございます。

#4
##1
「アルコール」の関与する「「意識障害」の場合は
とにかく「「内科専門医先生」による
精密検査全般が必用であると考えます。

##2
###1
臨床血液検査はいうまでも無く
###2
「超音波断層検査」
###3
「消化管造影検査」或はまたは加えて「内視鏡検査」
###4
その他が必用であろうと考えます。

#5
##1
ビールは別として
発泡性の「アルコール」は「大変危険」なことがあります。
##2
「吸収速度」が「異常に早くなるので」大変苦しみます。
##3
「3年前、体の調子が悪く(悩みがありノイローゼ状態)
食事の支度も出来ず、その日は外食をしたのです。」との事です。

#6
##1
「ストレス」が原因と考えら「ノイローゼ」と自己診断されていますが
しっかりと「御診断」は受けられていますか。

##2
「1度目、意識がなくなったのを気にクセのように倒れるように
なってしまいました。その前にはそんな意識がなくなってしまうなんて
経験したことはありません。」との事です。
##3
「危険を承知で何故」同じ事を繰り返されるのか
不思議です。

#7結論:
##1
まず「内科的背景要因」の有無につき「内科専門医先生」の
判断の元「全身」の精密検査をされてください。

##2
消化管・肝臓その他に「「異常所見」の有無」が先決です。

##3
チューハイなどビールは別として発泡性の「アルコール」にて
御相談者の御相談内容と同様のことを起こされる患者さん
は稀ならずいらっしゃいます。

##4
けれども「中枢神経系障害」の有無を脳CT・脳MRI・脳MRA
などで見るより必用なことが御座います。
##5
それはまずは「内科的背景要因」の「探索」であると
と今の私は考えます。
##6
今は「脳神経外科専門医」レベルでは「大丈夫」です。
##7
だから「内科的背景要因」の探索をされるのが宜しいです。

##8
「お辛いことも多いのであろう」と考えます。
##9
御相談者の御相談内容から「お気持ち」はよく
判ります。
##10
辛いのは
「御相談者おひとりだけでは御座いません」
##11
頑張っていきましょう。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月18日 19時8分13秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者 山本クリニック 山本博昭: えみ   
はじめまして。私は28歳(女)子供2人います。
ご相談したい事がありここへきました。
3年前、体の調子が悪く(悩みがありノイローゼ状態)
食事の支度も出来ず、その日は外食をしたのです。
そこで、お酒をたのみチューハイジョッキ3分の1ぐらい
飲んだ時に、気持ちが悪くなりトイレに行こうと思い
立ち上がった瞬間、意識がなくなってしまいました。
意識がもうろうとしていて、すこし戻った瞬間、その場で
吐いてしまい、旦那に抱えれながらトイレにつれていってもらい
トイレで吐き、全身の力が抜けまたそこで意識を失って、近くに
病院があったので車に乗せてもらって(この時も記憶がありません)
きずいた時には病院のベットで点滴をうっていました。
2時間ほど打ったら元気になりました。
そこから何ヶ月あいていたかわかりませんが、
友達の家でも、また倒れ意識がなくなったのですが意識がもどるまでは
早かったそうです。そして3回目家で子供が寝た後、
チューハイの缶(350ml)を3分の1ぐらい飲んだ所、また気分が
悪くなりトイレに行こうと思って、ふらふらしながらトイレの電気を
つけた瞬間、急に意識がなくなって倒れてしまいました。
旦那はいなかったので、意識がなくなってどれぐらいの時間がたったのか
わかりませんが、頭が痛く(倒れた時に壁に頭をぶつけました)、寒くて目が覚めて
意識がもどりました。この倒れた数日、頭をぶつけた所が痛かったのと
意識がなくなって倒れるのが病気ではないかと思い病院へ行きましたが
レントゲンは異常なし、CTも異常ありませんでした。
このことから、アルコールがからんでいてアルコールを飲まなければ
意識がなくなることはありませんが、私は、アルコールがまったく飲めないと
いうわけではなく、日によっては(たとえばチューハイをコップで5杯ぐらい)
倒れない時もあるのです。気になるのは、アルコール中毒というのは
大量にアルコールを飲んだ時におこるのであって、3口アルコールを飲んで
意識が急になくなってしまうのではどうなんでしょうか?
そして、最近、花火を友達家族で見に行き、そこでもほんのすこしだけ
アルコールを飲んで、気持ち悪くなり、立ち上がった瞬間、意識をなくして
しまいました。立ち上がった時まではおぼえていますが、目が覚めた時には
横になっていたので一瞬どうなってしまったのか?がわかりませんでした。
その時、目が覚めた時にすっきりしているわけではなく気分がとても
悪かったです。気持が悪くてたまりませんでした。
1度目、意識がなくなったのを気にクセのように倒れるように
なってしまいました。その前にはそんな意識がなくなってしまうなんて
経験したことはありません。最近、病院へいこうかどうか迷ってはいます。
アルコールを飲まなければ倒れない、だけどすこし飲んだぐらいで意識が
なくなって倒れるのもおかしいので、ちゃんと検査を受けた方がいいのでしょうか?
どお返事御願いします。

[2003年8月18日 16時53分35秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科