山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題11
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


ご心配なことと存じます。
#1
##1
「2週間前に後頭部(首と頭の境目くらい)に“こぶ”が出来たことがありました。
夜、洗髪の際に痛みとふくらみで気づいたのですが、ぶつけた記憶はありません。
翌日朝にはひいており、多少の痛みは残っておりましたが、現在は特に症状はありません。

また以前から比較的暑さに弱く、汗はかくほうなのですが
ここ2〜3ヶ月、首から上の部分だけ異常に汗をかくようになりました。
走ったりしているわけでもなく、家事や通勤での多少の動きで、
タオルで拭くほど吹き出してきます。
こちらは肩こりなどが原因かと思っておりましたが、こぶが出来たことで
部位からも、脳や神経系などの病気に関係があるのでは、と心配しております。」
との事です。
##2
「肩こり」がありなおかつ2週間前に
「後頭部(首と頭の境目くらい)に“こぶ”が出来たことがありました」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」による複合病態」でございます。
##2
この「コブ」は稀ならず見かけられます。
##3
「上気道感染」が併発したときなど「頚部リンパ腺炎」
と間違われたりまた事実同時に存在することも御座います。
##4
「緊張型」の特徴を下記に記載いたします。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いになられていませんか
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上項目は「緊張型」の不思議だが重用な特徴です。

#4
##1
「緊張型」は大変正診断率の大変低い「頭痛系の疾患」です。
##2
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」と間違われます。
##3
原因はともかく誘引は、
###1「水分の足りない状態でいらっしゃり
###2夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発症いたします。
#5
##1
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##2
怖い御症状ではありません。
##3
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

#5結論:
##1
##1
御相談者の御相談内容からは典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」による複合病態」でございます。
##2
##2
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」と間違われます。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。
##5
怖い疾患ではありません。だから絶対心配されませんように。

上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月22日 7時41分4秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: さとまる   
31歳の女性です。

2週間前に後頭部(首と頭の境目くらい)に“こぶ”が出来たことがありました。
夜、洗髪の際に痛みとふくらみで気づいたのですが、ぶつけた記憶はありません。
翌日朝にはひいており、多少の痛みは残っておりましたが、現在は特に症状はありません。

また以前から比較的暑さに弱く、汗はかくほうなのですが
ここ2〜3ヶ月、首から上の部分だけ異常に汗をかくようになりました。
走ったりしているわけでもなく、家事や通勤での多少の動きで、
タオルで拭くほど吹き出してきます。
こちらは肩こりなどが原因かと思っておりましたが、こぶが出来たことで
部位からも、脳や神経系などの病気に関係があるのでは、と心配しております。

[2003年8月21日 22時54分21秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【昨日はありがとうございました】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったですね。
#1
##1
鹿児島は近くはありません。
けれども
御上手に御通院あされていらっしゃいます。
##2
「先週8/15(金)に先生に診ていただきました、
鹿児島県の宮里(女性・33歳)
です。
お礼が大変遅くなりましたが、その節は突然の予約であったにも関わらず、
お時間をさいて頂いてありがとうございました。
前日の休診日にお電話して先生とお話をし、
翌日受診となったわけですから、
たまたま私の上京の時期が重なったのだとしても、
「これもご縁かな…」と
思い、感謝しております。

昨年の7月からずっと原因不明の脳梗塞・今年5月の再発、
そして血栓症と、
1年間悩み続け、加えて舌の痺れでイライラとした日々を過ごして参りました。

しかし先生に診て頂いて以来、
もちろん処方してくださったモーラステープも
効いているのだとは思いますが、精神的に随分と楽になり、
ピリピリとひどく舌が
しびれることがなくなりました。
相変わらず違和感や軽い痺れは感じているのですが、
1日を通して大きな症状の上下が
なくなりました。
丁寧に色々な視点から私の症状を診てくださり、
山本先生には本当に本当に心から感謝しております。」
との事です。


##3
順調に「治療ルート」に入られています。
##4
宜しかったです。

#2
##1
「1 「緊張型の頭痛」(…でしたでしょうか?)
そして極度の肩こりとのことですが、
  スポーツジムのインストラクターに指導を受けて、
肩の筋肉をほぐすような
  軽いストレッチを朝・晩、そして仕事の合間に行っています。
  これはやめた方がいいでしょうか?続けても大丈夫でしょうか?」
との事です。

##2
これは暫く「お休み」をされた方が「無難」でございます。
##3
結果がよければ宜しいのですが。

#3
##1
「処方していただいた「モーラステープ」は2週間分ですが、
その後はもう使用する  必要はないですか?
それともこちらの主治医にそれとなく相談して同じものを処方してもらか、
あるいは市販のもので代用ができるようなものがあるのでしょうか?」
との事です。

##2
「モーラステープ(ケトプロフェンテープ」は類似のものは
市販されてはいません。
##3
何とか「お受けもちの先生」にご相談され差し支えないように
御処方いただくと宜しいです。


#4
##1
「日常生活で特に気を付けることはありますか?
私が現在気を付けているのは、先生にご指導をうけた
「水分を十分にとること」
と、そして精神的には「脳梗塞の後遺症=舌の痺れ」という強い思い込みを
捨て、「治るんだ」と自分に言い聞かせていることです。」
との事です。
##2
無理に大量のお水を摂取する必要はないが
脱水に傾いた「ドライサイド・ドライブ」の御状態でいらっしゃいます。
##3
「治るんだ」と「プラス思考」は尊いものです。
「因果付け」をすて「プラスプラス」で頑張りましょう。


#5結論:
##1
病態の把握はできています。
##2
前回の御回答思い出してくださいませ。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月22日 7時21分31秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: 宮里   
山本先生こんにちわ。
先週8/15(金)に先生に診ていただきました、鹿児島県の宮里(女性・33歳)
です。
お礼が大変遅くなりましたが、その節は突然の予約であったにも関わらず、
お時間をさいて頂いてありがとうございました。
前日の休診日にお電話して先生とお話をし、翌日受診となったわけですから、
たまたま私の上京の時期が重なったのだとしても、「これもご縁かな…」と
思い、感謝しております。

昨年の7月からずっと原因不明の脳梗塞・今年5月の再発、そして血栓症と、
1年間悩み続け、加えて舌の痺れでイライラとした日々を過ごして参りました。

しかし先生に診て頂いて以来、もちろん処方してくださったモーラステープも
効いているのだとは思いますが、精神的に随分と楽になり、ピリピリとひどく舌が
しびれることがなくなりました。
相変わらず違和感や軽い痺れは感じているのですが、1日を通して大きな症状の上下が
なくなりました。
丁寧に色々な視点から私の症状を診てくださり、
山本先生には本当に本当に心から感謝しております。


私は次回は10月17日(金)〜10月20日(月)と上京いたします。
土・日は予定が入っておりますので、17日と20日に予約をさせて頂きました。
その際は、またよろしくお願いいたします。


さて先生にいくつか質問させて頂きたいことがあるのですが……

1 「緊張型の頭痛」(…でしたでしょうか?)そして極度の肩こりとのことですが、
  スポーツジムのインストラクターに指導を受けて、肩の筋肉をほぐすような
  軽いストレッチを朝・晩、そして仕事の合間に行っています。
  これはやめた方がいいでしょうか?続けても大丈夫でしょうか?

2 処方していただいた「モーラステープ」は2週間分ですが、その後はもう使用する  必要はないですか?
  それともこちらの主治医にそれとなく相談して同じものを処方してもらか、
  あるいは市販のもので代用ができるようなものがあるのでしょうか?

3 日常生活で特に気を付けることはありますか?
  私が現在気を付けているのは、先生にご指導をうけた「水分を十分にとること」
  と、そして精神的には「脳梗塞の後遺症=舌の痺れ」という強い思い込みを
  捨て、「治るんだ」と自分に言い聞かせていることです。



以上、また長い書き込みとなりましたが、お時間のある時にご指導くだされば幸いです。
原因がよく分からないと言われ続けた私の身体の症状に判断をしてくださり、
山本先生には本当に心から御礼申し上げます。

[2003年8月21日 19時1分18秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【早速の御回答ありがとうございます】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
御相談者の御相談内容からは
立派な御施設にて診療を受けられ「御診断」が「付かない」が故に
かえって宜しかったと今の私は考えます。
##2
本当はありえないことなのですが。
##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃる余り
「難しい」病気と考えてしまうことが
依然は稀ならずありました。


#2
##1
朗々とされて肩の荷をおろされてください。
##2
ただ御相談者の御相談内容に御回答したことは
是非お心に留めおきください。

##3
元来正診断率の大変低い「症状・症候」でございます。
##4
怖い御症状ではありません。


#3
「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。

###
#9結論:
##1
「中枢神経系」の「器質的疾患」或いは「末梢循環障害」或いは
筋肉障害ではございません。
##2
大変正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」です。
##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」
が「おみあし」に化けていると御考え下さい。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。
##5
ただし「脳神経外科専門医」の先生の中にもこの
「御症状」が苦手な先生のいることを何卒覚えておかれて下さいませ。
##6
ひとまずは悠々とされて下さい。
##7
怖い状態ではありません。怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。
##8
「機能性の疾患」というものは「大変」に「化けます」。」
###


前回の御回答上記の通りでした(一部)。


御遠方でいらっしゃいます。

とりあえずはまずはお電話を医療事務・受付嬢まで戴けますか。

不躾あればお許しください。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月21日 18時1分7秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: 杉本   
 何度もありがとうございます
 難病では無さそうで少し安心しております
一度 家族、会社と相談した上で先生のところへ
いつになるか分かりませんがお伺いしたいと思います 
初診で何日ぐらいかかるでしょうか 
またどんな治療でどれ程の期間を考
えておけば良いでしょうか 
診察して頂いてからでないと分からないかもしれませんが
例えばこの病気だとしたらという例えで
結構ですので教えて頂けますでしょうか 

[2003年8月21日 16時34分24秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【11ヶ月女児の「頭部外傷」】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「娘が、昨日午後食事中にハイチェアより転落しました。
背中から落ちたので後頭部を打ったものと思われます。
落ちた後すぐに両手をこぶしにして泣きました。
抱き上げて口の中に残存していた食べ物をかき出し、
しばらくあやすと泣き止みました。
その後、機嫌は悪くはないのですがそばから離れるとぐずったり、
伝い歩きが若干ふらついているような気がします。」との事です。

##2
お母様が「頭部外傷」の現場を「目撃されていて」何よりでした。

##3
「すぐに泣いたのは」「意識障害」のない証拠です。

##4
宜しかったですね。
ひとまず安心です。


#2

##1
小児頭部外傷の場合「小児頭部外傷後症候群」という
症状・症候が御座います。

##2
良くある症状・症候は「悪心・嘔吐」です。
悪心・嘔吐はしばらく続くことがあります。

##3
「頭部外傷」+「悪心・嘔吐」=危険という成人の「頭部外傷」
の考え方で「大変気にされたり」また「間違えられたり」する
小児科の先生いらっしゃいますが大丈夫です。

##4
「小児頭部外傷後症候群」の場合に。
症状・症候の一種として。
##5
24時間「全盲」になりおおさわぎ
になることもあります。


#3

##1
以下原則論をお話いたします。


#4
##1
「頭部外傷」のときは必ずや「「脳神経外科専門医」を
御受診下さいますよう。
##2
「頭部外傷」の場合「頭部X線撮影」は特殊でございます。
##3
また「頭部外傷」には「意識清明期」という怖い「落とし穴」があり
「頭部外傷」
の「重症な病態」が見落とされることがございます。


#5
##1
御相談者の御相談内容からはもうお嬢様の「頭部外傷」から

「時間・日時」が経っているので
安心はできますが。
##2
「頭部外傷」でも「後頭部打撲」の場合「後頭骨骨折」の有無の
診断は「大変重要」です。
##3
「後頭骨骨折」による「硬膜外血腫」は「静脈性」のため
場合により「意識清明期」が数日に及ぶことがございます。


#6
##1
「1度検査を受けた方が良いか』との事です。
##2
「脳神経外科専門医」を御受診されると宜しいです。
##3
このとき頭部X線撮影は
###1「正面」
###2「側面」
###3「タウン撮影」の
「3方向」は必ず「脳神経外科専門医」は撮影
致します。
##4
「頭部X線撮影」のみで宜しかろうと今の私は考えます。


#5結論:
##1
「頭部外傷」の場合必ず「脳神経外科専門医」を御受診下さい。
##2
「頭部外傷」で「脳神経外科専門医」を御受診されるとき
伝達しなければならない「大事な情報」がございます。


##3
「受傷時」の情報とりわけ


###1
「頭部外傷の日時と時刻」及び
###2
「意識障害の有無」や
###3
「受傷機転(何に頭をぶつけた)
は重要でございます。


##4

お母様の御相談内容からは「正確な時間の記載」が御座いません。

##5
けれどもそのほかはよく「御注意されてポイント」を
つかまれていますので「御回答」ができました。

##6
お子様の「頭部外傷」の場合あとから気管支炎や「上気道感染」を
起こし易いからお気を付けくださいませ。

##7
また「頭部外傷」にのみ気をとられ
他の「上肢・下肢」や胸部の外傷が「頭に上らない」
こともあります。
##8
しばらくご様子を見られてご心配であれば
脳神経外科専門医先生を御受診下さいませ。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月21日 10時19分1秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: 匿名希望   
11ヶ月女児のママです。

娘が、昨日午後食事中にハイチェアより転落しました。

背中から落ちたので後頭部を打ったものと思われます。

落ちた後すぐに両手をこぶしにして泣きました。

抱き上げて口の中に残存していた食べ物をかき出し、

しばらくあやすと泣き止みました。

その後、機嫌は悪くはないのですがそばから離れるとぐずったり、

伝い歩きが若干ふらついているような気がします。

今朝はゼリーを食べただけであまり食欲はないようです。

軽く咳き込んだりしていましたが、おんぶしているうちに眠ってしまいました。

もうしばらく様子を見て、ふらつくようであれば病院で検査を受けるべきでしょうか?

よろしくご教示ください。

[2003年8月21日 10時16分52秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【原因不明の偏頭痛?】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「土日は不調になることもなく元気なのですが
月曜日や水曜日あたりに頭痛が発生することが多く
朝起きたら、激しく後頭部が痛むそうです。
一度、症状が出ると2・3日は痛みが継続するようです。
また、夜眠れないことも多いそうです。

一度病院で診ていただいたそうなのですが
(もちろん違う病院です)
「原因不明の偏頭痛」
と的を得ない診断をされ、」との事です。
##2
これは困りましたね。

#2
##1
御回答限界でもあるのです。けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。
##2
まず「「原因不明の偏頭痛」との事ですが。
##3
「偏頭痛」は「症状・症候」名ではなく「疾患名」です。
##4
「原因不明」は関係ありません。


#2
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」であろうと
今の私は考えます。
##2
2月・6−7月、11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
##3
(土)(日)は具合よくても(月)(木)に症候悪化がくることが
不思議ですが多いものです。
##4
(月)(木)の早朝に症候悪化される患者さんが多いです。


#3
##1
原因はともかく誘引は、
「水分の足りない状態でいらっしゃり夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発生いたします。
##2
「機能性頭痛である頭痛系の疾患」では
大変正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」です。
##3
ストレスには弱くなります。
##4
「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

##5
#4に
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
特徴を記載いたします。


#4
さて
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
##1
基本は「目の奥がチクチクする痛み」と「鈍いこめかみ痛」です。
##2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」になり「うつ状態」と間違われます。
##3
「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」
「うつ状態・うつ病」「心身症」・「OA症候群」「低随液症候群」と
間違われます。

#6
##1
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##2
鎮痛剤は内服されないで下さい。
##3
「緊張型頭痛」では「偏頭痛」との鑑別困難或いは
「本質的」に混合の事例が極めて多い現実です。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃることを何卒覚えておかれてくださいませ

#7結論:
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」と考えます。
##2
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」
を呈します。
##3
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##4
「症状・症候」は全く無くても「機能性頭痛である頭痛系の疾患」
は診断が可能です。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年8月20日 19時55分28秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: 匿名希望   
現在、会社の同僚が頭痛に悩まされており、
何か病気なのではないか?と思い、相談させて
いただければと思いました。

頭痛の当事者は、28歳の男性です。
土日は不調になることもなく元気なのですが
月曜日や水曜日あたりに頭痛が発生することが多く
朝起きたら、激しく後頭部が痛むそうです。
一度、症状が出ると2・3日は痛みが継続するようです。
また、夜眠れないことも多いそうです。

一度病院で診ていただいたそうなのですが
(もちろん違う病院です)
「原因不明の偏頭痛」
と的を得ない診断をされ、本人が頭痛が酷く会社に来ることも
ままならい状態であるのに、この内容ですから診断書をいただいても
会社に認められるはずもなく・・・という状態になってしまっており
非常に心配しております。

改めてお伺いさせていただきたいとも思うのですが、
頭痛が発生している時に、お伺いした方が良いものでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、
ご回答いただければ幸いです。

[2003年8月20日 19時28分56秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【頭がクラクラします】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「1週間ほど前から、頭がクラクラ、めまいのようにフラフラする状態
が続いて止まりません。始まったときはちょうど海外のビーチに
旅行していたので、船に乗っている感覚が消えないだけかと錯覚しました。
でも1週間たった今でも治りません。
普段は、平日フルタイムで働いていて、寝不足・不規則で、
ストレスがたまった状態です。
また、大阪から東京への転勤を控えています。」
との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは「重症な「症状・症候」」は
「頭がクラクラ、めまいのようにフラフラする」「症状・症候」
でございます。

#2
##1
一見「平衡機能障害」を示唆するかのようなこの「症状・症候」
は実は「取り扱い上」は「緊張型頭痛」の「頭痛」と
同意義の「症状・症候」とされております。
##2
御相談者の御相談内容からは。
##3
御相談者は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」を
御持ちでございます。


#3
##1
「緊張型頭痛」の場合は大変正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」
がきます。
##2
「緊張型頭痛」で(土)の午前は具合よくても
日曜朝・月に症候悪化・急変がくることが不思議だが最も多いです。
##3
(月)(木)の早朝に症候悪化される患者さんが多いです。
##4
2月・6−7月、11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
##5
(土)(日)は具合よくても(月)(木)に症候悪化がくることが
不思議ですが多いものです。

##6
ストレスには弱くなります。
##7
「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##8
#4に「緊張型頭痛」の特徴を記載いたします。
##9
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」=「混合型頭痛」と呼称しますが
「緊張型頭痛」では「偏頭痛」との鑑別困難或いは「本質的」に混合例
が極めて多いものです。


#4
さて
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い「
頭痛系の「症状・症候」の集合です。
##2
原因はともかく誘引は、
「水分の足りない状態でいらっしゃり夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発生いたします。
##3
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))の
メモリーが一杯の状態から「情緒不安定」の「症状・症候」が
出現いたします。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」などと
間違われます。

#6
##1
「緊張型頭痛」の
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてくださいませ


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と考えます。
##2
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」=「混合型頭痛」と呼称しますが。
##3
「緊張型頭痛」では「偏頭痛」との鑑別困難或いは「本質的」に混合
の事例が極めて多い現実です。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
「平衡機能障害」は関係が無いように思われます。
##6
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」では
「ふわふわ感」「くらくら感」が「頭痛」と「同意義」をもちます。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年8月20日 19時45分21秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: みほこ   
1週間ほど前から、頭がクラクラ、めまいのようにフラフラする状態
が続いて止まりません。始まったときはちょうど海外のビーチに
旅行していたので、船に乗っている感覚が消えないだけかと錯覚しました。
でも1週間たった今でも治りません。
普段は、平日フルタイムで働いていて、寝不足・不規則で、
ストレスがたまった状態です。
また、大阪から東京への転勤を控えています。

仕事が忙しいせいで生理が乱れがちだったり、
慢性的に肩こりや冷え性・ほてりなどありました。

が、頭がクラクラするのは初めてです。
原因として何か考えられるものがありましたら、
教えていただけませんでしょうか? 
今は何科のお医者さまに
診察してもらったらいいのかすらわかりません。。
よろしくお願いいたします。

[2003年8月20日 16時37分46秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【もう一度聞いてください】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

大変重要なことが御座います。
#1
##1
「前回の御相談者の御相談内容の一部は下記の通り」です。
##2
「私は歩行困難で悩んでいる者です 
痙性対麻痺という症状なのでしょうか歩く時に
足が突っ張ったような感じになりスムーズに歩けません
 普通の人が普通に歩くスピードについて行くのが精一杯で
調子の悪いときには付いていけません 
特に階段を降りる時には衝撃をスムーズに吸収できず苦労しています

 京都に住んでいて市内の洛西清水病院という所に1年程前に行って 
脳のCT、脊髄のMRI、髄液、足の筋電図、又
他の病院で脳のMRIもとってもらいましたが
特に悪い所は見つからなかった様で 
おそらく家族性痙性対麻痺でしょうというぐらいで 
あまりはっきりした病名は出ませんでした 

又半年ほど前には近くの神経内科に少し通い
ビタミン注射をうってもらうのと筋肉を和らげる薬というものを服用し
「直りますよ」と言われていたものの
逆に調子が悪くなってきたのでやめました 
いったいこれからどうしていけば良いのか歩けなくなってしまうのか 
途方に暮れていたところでこのホームページを見つけました 。」

#2
##1
「私自身不安で他の病院にもいろいろ相談してみた
のですが症状が複雑な為か」との事ですが。
##2
例えば「パーキンソン症候群」 或は「パーキンソン病」は
「重要な症候」は3つございます。
##3
固縮(rigidity)と振戦(tremor)と無動・寡動(akinesia)です。
##4
これらが御相談者にあれば「当初」の病院で「簡単に「御診断」」
ついているはず。
##4
「脊髄小脳変性症」も同様に「「当初」の病院で「御診断」」
ついているはず。

#3
##1
「私自身不安で他の病院にもいろいろ相談してみた
のですが症状が複雑な為か 」との事です。
##2
ご心配なのは良く判ります。
##3
けれども
これは「ドクターショッピング」と呼称され「お受けもちの先生」
からは「信用」を失いますから御注意です。
##4
お気持ちは大変よく判ります。

##5
「私自身不安で他の病院にもいろいろ相談」との事ですが。
##6
けれども御相談者の御相談内容からは
新規病院での「お受けもちの先生」の「姿」が文面からは「見えません」。


#4
##1
「症状が複雑な為か」との事です。
##2
決して「複雑とは思えません」

#5結論:
「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。
「#9結論:
##1
「中枢神経系」の「器質的疾患」或いは「末梢循環障害」或いは
筋肉障害ではございません。
##2
大変正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」です。
##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」
が「おみあし」に化けていると御考え下さい。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。
##5
ただし「脳神経外科専門医」の先生の中にもこの
「御症状」が苦手な先生のいることを何卒覚えておかれて下さいませ。
##6
ひとまずは悠々とされて下さい。
##7
怖い状態ではありません。怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。
##8
「機能性の疾患」というものは「大変」に「化けます」。」

##9
その他は電子メールにておおくりしました。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年8月20日 8時49分54秒]
--------------------------------------------------------------------------
御相談者のお名前: 杉本   
8月14日に歩行困難で投稿させて頂いた者です
先日相談させて頂いた件 私自身不安で他の病院にもいろいろ相談してみた
のですが症状が複雑な為か 
パーキンソン病では、脊髄の障害では、脊髄小脳変性症では、といろいろ
な病名が出てきます 
先生のおっしゃる緊張型頭痛であれば
非常にうれしいのですが特定できる検査法などは無いのでしょうか 
有るとすれば先生の所で何日位かかるでしょうか

また治療には長期間かかるのでしょうか
 何度も申し訳ございません よろしくお願い致します。

[2003年8月19日 21時30分52秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科