山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題24
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

24記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【はじめまして】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「20歳女です。
時々なのですが、めまいを起こします。
慢性的に肩こりを患っているため、
それが原因だと思って今まで特に気にしていなかったのですが、
友人からメニエル病について知らされました。
そんなにひどい症状というわけでもないのですが、
あてはまるような気もしています。」
との事です。
##2
「「メニエル症候群」或は「メニエル病」という病態
は「明確なもの」ではありません。

#2
##1
めまいのは「「めまい感(仮性眩暈)」と「真性眩暈」(真性めまい)
がございます。
##2
御相談者の御相談内容からは「「めまい感(仮性眩暈)」
のように考えられます。
##3
「「めまい感(仮性眩暈)」であれば「メニエル症候群」とは
関係がありません。
##4
何よりも「慢性的に肩こりを患っているため」との事
ですがこの「症状・症候」が気になります。

#3
##1
御相談者の御相談内容からは寧ろ
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」である可能性が御座います。
##2
肩こりのある場合「緊張型頭痛」という「頭痛系の疾患」であることが
大変多いものです。
##3
「頭痛系の疾患」で「「器質的疾患(画像診断で「目に見える疾患」)」
が原因でない「頭痛系の疾患」を「機能性頭痛」といいます。
##4
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」等がございます。
##5
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」の場合
「肩こり」のみで「頭痛」には到らず
「頸こり・肩こり」のみで停止していることが御座います。

#4
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」では
頭痛よりも9月では「ふわふわ感」や「くらくら感」など
「「めまい感(仮性眩暈)」で「症状・症候」が現れることが多いものです。
##2
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「眼科疾患」
などと間違われます。
##3
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」には発症する時期
の特徴が御座います。
##4
(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に最悪になることがあります。
##5
2月、6−7月、9月、11月に症状が悪化もしくは発症
(feb/june/7fal crisis)することが多い。
##6
(月)(木)の早朝に症候悪化することが「特徴」の場合もございます。
##7
#5に「緊張型」の特徴を記載いたします。


#5
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#6
##1
治療法ですが
###1筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##2
原因はともかく誘引は、
###1
「水分の足りない状態でいらっしゃり
####2
夜間就眠時に背部を冷やすこと」により発症いたします。

#7結論:
##1
御相談者の上記御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」を御持ちのようです
##2
「メニエル症候群」或は「メニエル病」では御座いません。
##3
「症状・症候」がお強いようであれば
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
因みに俗に「メニエル症候群」とされている患者さんの
95%は「メニエル症候群」ではなく「緊張型」でございます。
##5
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月28日 7時48分56秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: M   
20歳女です。
時々なのですが、めまいを起こします。
慢性的に肩こりを患っているため、
それが原因だと思って今まで特に気にしていなかったのですが、
友人からメニエル病について知らされました。
そんなにひどい症状というわけでもないのですが、
あてはまるような気もしています。
病院で診断してもらった方がいいのでしょうか?
少し教えていただけませんか??

[2003年9月27日 18時53分56秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【水頭症】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「父は40才代前半から脳疾患を患っています。初期はイライラ
することが多く、職場でも上手くいかず性格的な問題かとおもって
おりましたが、次第に足がこわばりトイレに行くにも立ち上がることが
できなくなってしまいました。それから、数カ所の病院を転々とし糖尿が
原因ではと曖昧な治療を受け、最後に行き着いた病院で水頭症と診断され
管を入れて水を通す手術をし、なんとか60才定年までなんとか無事過ごす
ことができました。
今年、初旬から急に段差のない所で転倒することが多くなり
3月には車椅子での生活となってしまいました。あまりの急な状況に
かかりつけの病院にいったのですが、「長年患っているので処置のしようがない
施設に入れる準備をしておいた方が良い」といわれてしまいました。
結局、他の病院で検査を受けると、以前に入れた管が完全につまってはいないが
かなり通りが悪くなっているので入れ替えた方が良いといわれ、手術をしました。
水の通りは改善され、後はリハビリで回復をということだったのですが
手術から半年、まだ、介助なしでは生活はできません。」
との事です。
##2
「水頭症」がありこれに対して
「脳室腹腔短絡術VP-shunt」を施行されたのが
30年前ということになります。
##3
「水頭症」にも様々な種類があります。
##4
最初の手術の段階では
「正常圧水頭症(noramal pressure hydrocephalus NPH)」
の可能性が「一番高い」と「推定」せざるを得ないのですが。


#2
##1
現在「脳室腹腔短絡術VP-shunt」機能不全と診断されたとのことです。
##2
これを「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]
と呼称します。
##3
この場合「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]
の発生する場所は
###1
「脳室チューブ」
###2
「シャント・デバイス」
###3
「腹腔チューブ」
の3箇所のいずれか1箇所で御座います。
##4
「シャントの流れが不全であれば」##3の「どの場所」
で「不全」を起こしているかの「診断」は
「脳神経外科専門医」であれば必ず「行います」。
##5
##4の目的で最も確実に施行されるのが
「シャント造影」と呼称される検査で御座います。
##6
この検査は「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]
の場合「必ず施行」されるものです。
##6
こうして行われる「シャント再建手術」を
「シャント・リビジョン」と呼称します。


#3
##1
まず御相談者の上記御相談内容からは
適切な表現が思い浮かばないのですが。
##2
「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]の
「生々しさ」が伝わってきません。
##3
「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]
の部位を「証明」する「造影検査」は術前・術後
で施行されるはずです。
##4
御相談者はこれらのご説明を受けられていらっしゃることと
存じます。
##5
お疲れになられているのであろうと存じます。

#4
##1
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##2
けれどもお父様の不具合は
「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]
だけではなさそうです。

#5
##1
「今年、初旬から急に段差のない所で転倒することが多くなり
3月には車椅子での生活となってしまいました。あまりの急な状況に
かかりつけの病院にいったのですが、「長年患っているので処置のしようがない
施設に入れる準備をしておいた方が良い」といわれてしまいました。
結局、他の病院で検査を受けると、以前に入れた管が完全につまってはいないが
かなり通りが悪くなっているので入れ替えた方が良いといわれ、手術をしました。
水の通りは改善され、後はリハビリで回復をということだったのですが」

##2
このような場合
###1
「低Na血症」を起こされている場合
が「最多数」で御座います。
###2
そして
「肺炎」の一歩手前という状態が最多数で御座います。
##3
「内科的背景要因」も少なからずあるようです
から「呼吸器」には何卒ご留意ください。

#6結論:
##1
「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]に
付随して
「シャント・リビジョン」の手術が行われたが
自発性が回復しない場合の
御相談者の上記御相談内容でございます。
##2
今現実問題として「お父様」は「肺炎」の危険性が
大変多いと今の私は考えます。
##3
今起こされているわけでは御座いません。
##4
「脳神経外科専門医」先生が
「シャント・マルフアンクション(shunt mulfunction)]
に対応されても「何かおかしい」という場合。
##4
「呼吸器感染トラブル」の予兆であることが御座います。
##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##6
今後は「全身管理」とりわけ「呼吸器」
に回られた「治療戦略」が必要必須な
気が致します。
##7
御家族のご心配と「社会的背景」のご心配は
痛いほど良く判ります。
##8
このような御回答しかできなくて
御免なさい。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月27日 19時1分19秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ごんた   
私の父69才について御相談にのっていただきたく存じます。
父は40才代前半から脳疾患を患っています。初期はイライラ
することが多く、職場でも上手くいかず性格的な問題かとおもって
おりましたが、次第に足がこわばりトイレに行くにも立ち上がることが
できなくなってしまいました。それから、数カ所の病院を転々とし糖尿が
原因ではと曖昧な治療を受け、最後に行き着いた病院で水頭症と診断され
管を入れて水を通す手術をし、なんとか60才定年までなんとか無事過ごす
ことができました。
今年、初旬から急に段差のない所で転倒することが多くなり
3月には車椅子での生活となってしまいました。あまりの急な状況に
かかりつけの病院にいったのですが、「長年患っているので処置のしようがない
施設に入れる準備をしておいた方が良い」といわれてしまいました。
結局、他の病院で検査を受けると、以前に入れた管が完全につまってはいないが
かなり通りが悪くなっているので入れ替えた方が良いといわれ、手術をしました。
水の通りは改善され、後はリハビリで回復をということだったのですが
手術から半年、まだ、介助なしでは生活はできません。
(会話も言っている内容は正常なのですが、言葉がはっきりしません。)
そろそろ今の病院を退院しなければなりません。手術の担当医の「水頭症
は全く問題がない。それで回復しないのは何か他に問題があるのではないか
と思われるが、それ以上はわりません」という説明がとても気になります。
今の段階では、介護保険を利用し、在宅介護をするか、老人保健施設に入所
させるかのどちらかの選択でしょうが、再度、検査し原因を調べ治療する
手段はないのでしょうか?
担当医は「う〜」と唸るだけで何の回答もありませんでした。
父が受けた検査については専門的な知識がない為、詳しくはわかりませんが
MRIはいつも受けてました。
よろしくお願いいたします。

[2003年9月27日 15時55分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【不整脈2】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったですね。

#1
何事にもお体の些細なことに
敏感であることは尊いことです。
#2
かつ敏感すぎてもいけないわけですが。
#3
けれども
適切な表現が思い浮かばないのですが
「家庭の医学」やその他のメデイアでも
「酷い間違い」が多いです。



何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月27日 18時27分52秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
解りやすく、丁寧な御回答有難うございました。

[2003年9月27日 13時3分54秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【不整脈?】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「5年程前からですが、
立った状態から勢いよくしゃがみこむと
ドン・ドド・ドンと大きな脈を打ちます。
一瞬で治まりますが不規則に打つので気になります。
毎回ではないので病院には行っていません。
生理現象でしょうか?」
との事です。


#2
##1
心臓に戻ってくる「大循環の「静脈還流」の量」は
瞬間的に「常に変化」
しています。
##2
この「静脈還流の変化」が「不整脈」と心配される
場合は稀ならずあります。
##3
呼吸に際しても「吸気時」は「胸腔内圧」は高いので
脈拍も多くなります。
##4
また「呼気時」は「胸腔内圧」は下がりますので
脈拍は少なくても「大循環血液量」を戻せるので
脈拍は低下します。

#3
##1
#2と同じ作用機序での脈拍変動を御相談者は
ご心配されているように思えます。
##2
生理的な変動であり不整脈で心配する「症状・症候」
ではなかろうと考えられます。
##3
ご心配であれば「循環器内科専門医」先生を御受診されると
宜しいと考えます。

#4結論:
##1
心臓に戻ってくる「大循環の「静脈還流」の量」は
瞬間的に「常に変化」
しています。
##2
この「静脈還流の変化」が「不整脈」と心配される
場合は稀ならずあります。

##3
ご心配であれば
「循環器内科専門医」先生を御受診されると
宜しいと考えます。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月27日 12時36分38秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
35才 女性です。5年程前からですが、
立った状態から勢いよくしゃがみこむと
ドン・ドド・ドンと大きな脈を打ちます。
一瞬で治まりますが不規則に打つので気になります。
毎回ではないので病院には行っていません。
生理現象でしょうか?

[2003年9月27日 11時56分16秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【緊張性頭痛について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「先生に緊張性頭痛および複合症ではないかとの
助言を聞き早速脳神経外科にいきました
ただ先生が言われたとおり私がいった病院は
頭痛に関する診断があまり得意とはしてい
ないかもしれません。
(素人の私がいうのはずうずうしいのは当然なのですが)でき
れば先生の病院に通いたいのですが遠方なのでそうもいきません。

私が通った病院の先生の診断は緊張性頭痛なら
文字を読むときだけとか難しいことを考
える時だけに症状が強くでるのは緊張性頭痛じゃないのではないか、
とのことでした。
特定の条件(私のときは文字を見てる最中の少しの間)
の間だけ症状が強く出る緊張
性頭痛っていうのあるのでしょうか。
(先生がおしゃる土曜日、日曜日など日にち単位
ではなく文章を読んでいるわずかの間だけ)

無理をいって緊張性頭痛に効くと言うリンプラール50mg
と痛み止めロルフェナミン60
mg(朝夕)を処方してもらいました。
実際薬の処方は正しかったのでしょうか。
あと薬の効果が感じ始めるのには
どのくらいの期間がかかるのでしょうか。」
との事です。

##2
これは御回答限界の御相談でございます。
けれども「下記」ご参考にされてください。


#2
##1
「緊張性頭痛なら文字を読むときだけとか難しいことを考
える時だけに症状が強くでるのは緊張性頭痛じゃないのではないか、
とのことでした。
特定の条件(私のときは文字を見てる最中の少しの間)
の間だけ症状が強く出る緊張
性頭痛っていうのあるのでしょうか。」
との事ですが。
##2
「本をよむ」「パソコンに向かう」などわずかな際にも
テクノストレスの負荷のあるときに「症状・症候」」が
俄かにも発生しうるのが「緊張型頭痛」の特徴の一つ
ともいえます。
##3
けれども「お受けもちの先生」もこのようなことは
ご存知名はずですから。
##4
「文字を読むときだけとか難しいことを考
える時だけに」「症状・症候」
ということを「慎重に」御留意されたものと考えます。

#3
##1
御処方も大変適切であると思います。

##2
「お受けもちの先生」にはそれぞれ「考え方」があり既に
私よりも御相談者のことは「「脳神経外科専門医」として
しっかり把握されていらっしゃるはずです。
##3
心を開かれて「もう「お受けもちの先生」先生に任せた」と
安心されるくらいで結構ではないでしょうか。
##4
何卒に頑張られてください。
頑張られてください。

#4結論:
##1
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##2
「宜しい先生だなあ」と今の私は考えます。
##3
何事も御主治医先生と御相談されてくださいますように。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。


なお「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。
###
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
#1
##1
「現在、文字を読むとおでこのあたりの鈍い痛み、頭の震え、必要以上に頭が締め付けら
れる感じのせいで文章を理解するのに時間がかかったりする症状で悩んでいます。

その症状に至るまでの過程を説明したいと思います。
高校3年のころから精神科があつかうような病気(確認癖がやめられない、うつ、など)
のため精神科に4年ぐらい前から通ってます。そういう意味でこの症状も精神的なもの
かもしれません。

半年ぐらい前から極度に緊張する場面にあったときに頭が震えるという症状がおこり、
緊張してなくても頭が震えるという症状が続いたため脳神経外科にいきました。その
時の検査(CTスキャンだと思います)で脳に異常はみつからず首の骨の検査(MRIかわ
かりません)で若干の異常が見つかったため頸推ヘルニアの病名がつきました。しかし
精神科に通っていたのと診断にいまいち納得がいかなかったのを理由に脳神経外科に
はそれっきりいきませんでした。」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
を御持ちのようです。


#2
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」等がございます。
##2
場合により「機能性頭痛の各種頭痛成分」が混合していることがあります。
##3
よく「急に視力・視野障害」があるようなという感じ
で「眼に着ます」。
##3
上記をご理解戴いたうえで
#3に御相談者の様な「緊張型」の場合特徴を記載いたします。


#3
#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#4
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」は。
##2
2月、6−7月、9月、11月に症状が悪化もしくは発症
(feb/june/7fal crisis)することが多い。
##3
(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に最悪になることがあります。
##4
(月)(木)の早朝に症候悪化することも「特徴」です。
##5
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」
「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「眼科疾患」
と間違われます。


#5
##1
原因はともかく誘引は、
###1「水分の足りない状態でいらっしゃり
####2夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発症いたします。
##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
「情緒不安定」という「緊張型頭痛」特有の「思考過程」もお持ちの様です。


#6結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」のように
思えます。
##2
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」等がございます。
##3
場合により「機能性頭痛の各種頭痛成分」が混合していることがあります。
##4
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月24日 7時34分57秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: どんなときにも   
お忙しいとは思いますが、すこし長くなると思いますが相談にのってもらえるでしょ
うか 私は24歳 男です

現在、文字を読むとおでこのあたりの鈍い痛み、頭の震え、必要以上に頭が締め付けら
れる感じのせいで文章を理解するのに時間がかかったりする症状で悩んでいます。

その症状に至るまでの過程を説明したいと思います。
高校3年のころから精神科があつかうような病気(確認癖がやめられない、うつ、など)
のため精神科に4年ぐらい前から通ってます。そういう意味でこの症状も精神的なもの
かもしれません。

半年ぐらい前から極度に緊張する場面にあったときに頭が震えるという症状がおこり、
緊張してなくても頭が震えるという症状が続いたため脳神経外科にいきました。その
時の検査(CTスキャンだと思います)で脳に異常はみつからず首の骨の検査(MRIかわ
かりません)で若干の異常が見つかったため頸推ヘルニアの病名がつきました。しかし
精神科に通っていたのと診断にいまいち納得がいかなかったのを理由に脳神経外科に
はそれっきりいきませんでした。

そして今の症状がはじまったきっかけとして思いつくのがある文章をよんでてその文章
が頭に入ってこないのが気になり何回も読んでしまったのがきっかけかもしれません。
そういう意味では精神面がやはり影響しているかもしれません。

今の症状に関連しているかわかりませんが、頬杖をついたりして顔(頭)を固定すれ
ばいく分は症状は軽くなります。また難しいことを考えようとすると同じ症状がでます
また仰向けで寝ようとすると似たような症状が起こるときがあり横の姿勢じゃなきゃ
寝ずらい時もたまにあります。

以下のことを総合して考えたときに、文字を読むときの頭の痛みの理由は精神的なもの
なのか、脳の問題か、視力(ちなみに両方とも0.5ぐらいです特に文字が見えにくいと
感じたことはありません。)の問題か、またはまったく違うものなのかいまいちよく
わからないのです。(おそらく自分は精神的なものだと思いますが)どうか、先生むず
かしいかもしれませんが判断できないでしょうか。無理をいってもうしわけないのです
が答えてくださると助かります。

今飲んでいる薬は
レキソタン 2mg×2 ルボックス 50mg アモキサン 10mg を朝昼晩です。

[2003年9月23日 20時51分6秒]


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
前回の御回答上記の通りでした(一部)。

###

何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月27日 7時53分17秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: どんなときにも   
質問に答えてくれてありがとうございます。
文字を読むと頭が痛くなるの症状で質問したどんなときにもです。

先生に緊張性頭痛および複合症ではないかとの助言を聞き早速脳神経外科にいきました
ただ先生が言われたとおり私がいった病院は頭痛に関する診断があまり得意とはしてい
ないかもしれません。(素人の私がいうのはずうずうしいのは当然なのですが)でき
れば先生の病院に通いたいのですが遠方なのでそうもいきません。

私が通った病院の先生の診断は緊張性頭痛なら文字を読むときだけとか難しいことを考
える時だけに症状が強くでるのは緊張性頭痛じゃないのではないか、とのことでした。
特定の条件(私のときは文字を見てる最中の少しの間)の間だけ症状が強く出る緊張
性頭痛っていうのあるのでしょうか。(先生がおしゃる土曜日、日曜日など日にち単位
ではなく文章を読んでいるわずかの間だけ)

無理をいって緊張性頭痛に効くと言うリンプラール50mg と痛み止めロルフェナミン60
mg(朝夕)を処方してもらいました。実際薬の処方は正しかったのでしょうか。あと
薬の効果が感じ始めるのにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。さらにもうひと
つ、薬の長期服用が必要な場合の副作用などの問題はあるのでしょうか。

質問ばかりですみません。担当医に聞くのが当たり前なのでしょうが、私の個人的な
判断でしょうが先生のほうが信頼がおけるような気がして、たくさん質問してしまい
ました。お答えくださると助かります。

[2003年9月26日 22時38分0秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ハント症候群の後遺症について】 

--------------------------------------------------------------------------
お名前: みずはら   
丁寧な回答ありがとうございました。
さっそく、相談したいと思います。

[2003年9月26日 11時10分54秒]
--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「今年2月にハント症候群にかかり、
右半分の顔面神経がいったん全部動かなくなりました。
1ヵ月後あたりから回復に向かい、
今では大部分、動くようになったのですが
6月の半ばから
口の周りの神経と目の周りの神経が連動しているのに気づきました。
具体的にはあくびをすると完全に右目が閉じてしまったり、
喋っていると右目の周りがピクピク動いてしまったり、
唇を尖らせると時にどうしても右目だけ細目になってしまいます。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは
「「末梢性顔面神経麻痺」による「上眼嶮下垂」」
の「症状・症候」がわずかな「眼嶮痙攣」を付随して
「残っている」のを他の「顔面表情筋」と比較され
「気になられている」「症状・症候」と解釈いたします。
##2
「末梢性顔面神経麻痺」による右「上眼嶮下垂」が
他の「顔面表情筋」の動きに比較して「下垂」が強調されて
いるように思えます。
##3
「治療戦略」の上からは
「マーカス・ガン現象」とは考えないほうが宜しいです。


#3
##1
「顔面表情筋」は大変に筋力のつよいものです。
##2
例えば「赤ちゃん」の泣いているとき「上眼嶮」を
大人の力でも「あけさせるのは」困難。
##4
御相談者の御相談内容からは「右上眼嶮下垂」として
病態を捕らえ「リハビリ」を続ける。
##5
それでも「右上眼嶮下垂」が気になれば
形成外科的に「眼嶮下垂」に対して形成挙上手術を
お考えになられるのが宜しいです。


#4結論:
##1
ご心配なことと存じますが右「末梢性顔面神経麻痺」による
「右上眼嶮下垂」が気になられているようです。
##2
「眼嶮下垂」に対してリハビリを行えるように
「お受けもちの先生」と相談されると宜しいです。
##3
「形成外科的専門医」先生も受診されて「形成外科的専門医」的に
「眼嶮下垂」をどのように治療していくか
考えて頂くのも方法です。
##4
考え付く方法を御回答にしたためました。
ご心配なことと存じますがあくまでも病態を正確に把握されて
「お受けもちの先生」と宜しく相談されていただくと
宜しいと今の私は考えます。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお健やかにお大事にされてくださいませ。

[2003年9月26日 6時24分23秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: みずはら   
はじめまして。23才、男性です。
今年2月にハント症候群にかかり、
右半分の顔面神経がいったん全部動かなくなりました。
1ヵ月後あたりから回復に向かい、
今では大部分、動くようになったのですが
6月の半ばから
口の周りの神経と目の周りの神経が連動しているのに気づきました。
具体的にはあくびをすると完全に右目が閉じてしまったり、
喋っていると右目の周りがピクピク動いてしまったり、
唇を尖らせると時にどうしても右目だけ細目になってしまいます。

通院している医者はあまりくわしく説明してくれず、
今の薬(プロサイリン・アデホスコーワ・メチコバール)を
飲むぐらいしかないと言われました。

ここの履歴を調べてマーカスガンなのかな?
とは推測できるのですがもっと詳しく知りたいです。

私の場合は他に有効な治療法はないのでしょうか?
一生このままなのでしょうか?

[2003年9月26日 2時50分42秒

--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科