山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題28
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

28記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【脳腫瘍の後遺症・その2】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
前回の御相談の一文を複写いたします。
##1
「今度は7月頃より時々頭痛に
悩まされるようになりました。突然こめかみから前頭部
にしめつけられるような鈍い痛みを感じます。
それも30分ほどたつと痛みは薄れていくのですが…。
尚、ちょっと小走りをしますと、頭の中が揺れ動く
ような不快感がございます。これは、術後からずっと
続いております。
今、私が知りたいのは、術後しばらくたってから
このような頭痛が後遺症として出てくるのかどうかと
いうことです。それとも、もしかしたら脳腫瘍再発
の兆候なのでしょうか?
手術後、今年の3月にMRIを受け、腫瘍は完全に
除去されたと診断されております。次回のMRIは、
来年1月に受ける予定です。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からすれば
「臨床神経学」からすれば「症状・症候」が
「脳下垂体腺腫」とは異なります。
##3
即ち「右眼の視力・視野障害」の視力・視野障害は
「脳下垂体腺腫」では起こしません。
##4
だから「脳下垂体腺腫」以外の脳腫瘍を考えます。
##5
まず最も頻度が高いのは「髄膜腫」である。
##5
「髄膜腫」と「病理組織診断」が決まったものと仮定して
以後御回答致します。


#3
##1
髄膜腫は必ずや「硬膜」という膜から発生いたします。
(正確には「くも膜から発生する)」
##2
だから脳腫瘍といっても脳外の硬膜から発生するから
脳外腫瘍(このような名称はありませんが)ということになります。
##3
すなわち「髄膜腫」には発生して付着している「根っこ」
があるということで御座います。
##4
この「「根っこ」の場所により「髄膜腫」の名称も様々に変わります。
##4
御相談者の御相談内容からは
###1
「鞍結節髄膜腫(あんけっせつずいまくしゅ):
tuberculum sellae meninngioma」
或は
###2
「蝶型骨隆起部髄膜腫
(ちょうけいこつりゅうきぶずいまくしゅ:planum or jugum
sphenoidalemeningtoma」
の「両者」の何れかであろうと考えます。
これ以外には「髄膜腫」の場合ありえない。

#4
##1
#3の###2は「嗅窩部髄膜種(olfactory groove meninngioma)」の
トルコ鞍よりに発生したもので「嗅覚障害」をも起こしえます。
##2
また開頭手術にて「トルコ鞍近傍髄膜腫」を手術を施行した場合
多少の「嗅神経」障害は触らなくても「発生しえます」。

#5
##1
因みに
「トルコ鞍近傍髄膜腫」の初診時手術前「症状・症候」の中で
嗅覚障害は
###1で10.9% ###2で67.3%と言われています。
##2
この数字は
1983年Soleroという脳神経外科医師
が発表した「有名な論文」からのものですが「論文名」は失念致しました。
##2
だから御相談者の嗅覚障害は「髄膜腫」からのものです。
##3
「髄膜腫」が発生或は「髄膜腫」を手術を行わざるを
得なかったが故の「症状・症候」で「原因不明」では御座いません。

#6
##1
「髄膜腫」の手術成績は「Simpsonの手術摘出Gr(grade:グレード)」
で脳神経外科専門医は考えます。
##2
脳腫瘍とりわけ「髄膜腫」は良性腫瘍なので
外科医のうまい下手は患者さんにもろに「降りかかります」。
##3
###1
Simpsonの
「Gr(grade:グレード)」Tが
「腫瘍全摘出」+「硬膜付着部及び異常骨の除去」を行ったもので
いわゆる「全的」。
###2
「Gr(grade:グレード)」Uが腫瘍の全摘出に「硬膜付着部の電気凝固」を
加えたもの。
###3
「Gr(grade:グレード)」Vが「腫瘍全摘出」のみ。
あと「Gr(grade:グレード)」W・Xありますが省略致します。

##4
「Gr(grade:グレード)」1の再発率9%・2が19%。3が29%
と考えられています。
##5
「髄膜腫」の全摘出は他の良性脳腫瘍と同様に大変「判定が厳しく」
唯の「全摘出」であれば「優良可」の「可」で御座います。


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
嗅覚障害は「髄膜腫」に由来する致し方の無いもので御座います。
##2
「髄膜腫」術後で今の経過であれば
現在の時点で「再発による」症候性頭痛は
考え難いと思います。
##3
ただ何か「髄膜腫」の根っこと関係しているような気も
致します。
##4
いずれにいたしましても
怖い「御状態」ではありません。
##5
怖い疾患ではございません。
##6
だから絶対心配されませんように。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月5日 12時43分19秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ひえだ よしえ   
さきほどは、早速ご回答頂き、ありがとうございます。
山本先生がご指摘された点ですが、

* 病理診断の結果はわかりません…。
* スキャナーを取った時点では、脳下垂体腫瘍が
  疑われていたようですが、その後MRIを取った
  あとで髄膜腫と診断されました。
* 手術は、開頭方式でした。
* 内分泌異常は特にありません。術後しばらくは、
  抗テンカン剤らしきものを3ヶ月間服用しただけ
  でした。頭痛止めは市販のものでかまわないと
  言われておりましたが、術後別に頭痛はなかった
  ので、全く飲んでおりませんでした。それなのに、
  3ヶ月ほど前より頭痛を感じるようになってきました
  ので、不安なのです…。

私を執刀してくださったドクターは、空軍病院の脳神経
外科部長で、私の手術の1ヶ月前に、チリの軍部大臣の
脳腫瘍も執刀されました。ですから、チリでは名のある
ドクターだと思います。
手術はMRIの結果が出てから10日後に受けました。
山本先生がおっしゃる通り、視神経をプッシュしている
ので、一刻も早くと眼科のドクターにも言われて
おりました。
手術の前から、「ほぼ100%悪性ではないから、安心
しなさい」と言われ、術後もすぐに「やっぱり良性
だったよ。バイオプシーの結果は出ていないけれど、
見てすぐわかったから」と自信満々で励まして下さい
ましたが…。

やはり、病理診断結果がないとご判断頂けないでしょうか?

すべてのデータがないのに、申し訳ございません。
分かる範囲でアドバイス頂けますと、ありがたいです。

[2003年10月5日 9時56分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【脳腫瘍の後遺症について】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「トルコ鞍付近にできた
2.5cmの腫瘍が視神経を圧迫していることがわかり、
10月に南米のチリで摘出手術を受けました。
退院後しばらくは、顔面にやや麻痺が残る程度で、
それも2ヶ月ほどたって良くなりましたが、今年1月に
なって、だんだん嗅覚が鈍くなってまいりました。
ドクターに相談したところ、手術部位は嗅覚神経とは
全く関係がないと言われ、耳鼻科のドクターの診断も
受けたのですが、原因はわからないままでした。
嗅覚については、それ以上は悪くならないまま現在に
至っておりますが、今度は7月頃より時々頭痛に
悩まされるようになりました。突然こめかみから前頭部
にしめつけられるような鈍い痛みを感じます。
それも30分ほどたつと痛みは薄れていくのですが…。
尚、ちょっと小走りをしますと、頭の中が揺れ動く
ような不快感がございます。これは、術後からずっと
続いております。」
との事です。

##2
「トルコ鞍付近にできた
2.5cmの腫瘍が視神経を圧迫していることがわかり」
との事です。

#2
##1
トルコ鞍の近傍にできる腫瘍は
「トルコ鞍近傍腫瘍」或は「視交差部腫瘍」とも呼称され
「脳下垂体腺腫」を筆頭に14種類くらいございます。
##2
因みに「視交差」という左右視神経が交差して視束と
名前を変える場所
を「視交差部」と呼称致します。

#3
##1
「急速に右目の視力を失っていき、
スキャナーを取ったところ、トルコ鞍付近にできた
2.5cmの腫瘍が視神経を圧迫していることがわかり」
との事です。

##2
「急速に右目の視力を失っていき」という「症状・症候」
は。
##3
例えば「トルコ鞍近傍腫瘍」の代表格に
「脳下垂体腺腫」がありますが。

##4
「脳下垂体腺腫」の「発育に合致した」「症状・症候」
では御座いません。

##5
術後の「「病理組織検査」による脳腫瘍の「病理組織診断」は
結局何と言う脳腫瘍であったのでしょうか。
##6
このことは極めて重要でありこの「病理組織診断」の結果が
ないと御回答が困難で御座います。


#4
##1
それから開等手術(かいとうしゅじゅつ)
にて手術されたのでしょうか。
##2
「経蝶型洞下垂体手術」で手術をされたのでしょうか。

#5
##1
チリで「トルコ鞍近傍腫瘍」の手術をされたのは。
##2
「右目の視力・視野障害」が発生したからと存じ理解できました。
##3
因みに
チリでは御相談者の脳腫瘍を手術しうる「脳神経外科専門医」は
数名足らずで御座います。

#4
##1
「内分泌障害」の御記載がないのですが。
##2
いかなる
「トルコ鞍近傍腫瘍」或は「視交差部腫瘍」でも
術後にはほぼ必ずや「内分泌「異常所見」」が出現します。
##3
そのため場合によりかなり長期に甲状腺ホルモン
及び副腎皮質ホルモンを内服余儀なくされるのですが。
##4
現在は
如何でしょう。

#6結論:
大変に申し訳御座いません。
下記の理由により御回答が不可能で御座います。

##1
「トルコ鞍近傍腫瘍」或は「視交差部腫瘍」の手術後の
脳腫瘍名の「病理組織診断」の記載
が御座いません。

##2
「トルコ鞍近傍腫瘍」或は「視交差部腫瘍」の手術術式
についての御記載が御座いません。
##3
内分泌のreplacement(補充)に関する或は内分泌「異常所見」
についての御記載がございません。

##4
チリでは脳腫瘍の手術は可能でも「トルコ鞍近傍腫瘍」或は
「視交差部腫瘍」の術後の「尿崩症」の治療・術後管理が困難
です。

##5
だからチリでは「トルコ鞍近傍腫瘍」の手術は
「緊急時」以外はまず行われません。
この点は「右目の視力・視野障害の急速な進行」で
理解できました。


このような御回答しかできなくて
申し訳ありません。


御回答限界でございます。
申し訳ありません。

[2003年10月5日 9時7分13秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ひえだ よしえ   
はじめまして。私は12月で40歳になる女性です。
昨年8月頃に、急速に右目の視力を失っていき、
スキャナーを取ったところ、トルコ鞍付近にできた
2.5cmの腫瘍が視神経を圧迫していることがわかり、
10月に南米のチリで摘出手術を受けました。
退院後しばらくは、顔面にやや麻痺が残る程度で、
それも2ヶ月ほどたって良くなりましたが、今年1月に
なって、だんだん嗅覚が鈍くなってまいりました。
ドクターに相談したところ、手術部位は嗅覚神経とは
全く関係がないと言われ、耳鼻科のドクターの診断も
受けたのですが、原因はわからないままでした。
嗅覚については、それ以上は悪くならないまま現在に
至っておりますが、今度は7月頃より時々頭痛に
悩まされるようになりました。突然こめかみから前頭部
にしめつけられるような鈍い痛みを感じます。
それも30分ほどたつと痛みは薄れていくのですが…。
尚、ちょっと小走りをしますと、頭の中が揺れ動く
ような不快感がございます。これは、術後からずっと
続いております。
今、私が知りたいのは、術後しばらくたってから
このような頭痛が後遺症として出てくるのかどうかと
いうことです。それとも、もしかしたら脳腫瘍再発
の兆候なのでしょうか?
手術後、今年の3月にMRIを受け、腫瘍は完全に
除去されたと診断されております。次回のMRIは、
来年1月に受ける予定です。
お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞアドバイスを
お願い申し上げます。

[2003年10月5日 7時42分6秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ぴくつき】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「29歳の女性です。
3月から3ヶ月間、左まぶたのぴくつきが続きました。
総合病院で受診したところ、眼科にまわされ『疲れ」だと言われました。
現在左まぶたの断続的なぴくつきはありませんが、
目をきゅーっとつむると、時々軽くぴくつくことがあります。
最近になって、左右の口元や眉も時々軽くぴくつきます。(左が多い)
上記の症状は顔面痙攣なのではと思ってます。
さらに気になるのが、足の裏、肩、背中、腕・・・と全身いたるところで、
ぴくつくようになりました。
これって顔面痙攣と何か関係はありますか?
それとも何か怖い病気なのでは・・と心配してます。
物心ついた時からセミが鳴いている様な耳鳴りがありますが、これも何か
関係ありますか?」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは
「目をきゅーっとつむると、時々軽くぴくつくことがあります。
最近になって、左右の口元や眉も時々軽くぴくつきます。(左が多い)」
は考えるとしたら。
##2
「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」
で宜しいのですが。
##3
なにか「症状・症候」が顔面痙攣hemifacial spasm HFSにしては
「しっくりきません」。
##4
また顔面痙攣hemifacial spasm HFSは
まず「両側」には同時には来ません。
##5
だから顔面痙攣hemifacial spasm HFSの治療を
考えられるのであれば
「顔面痙攣hemifacial spasm HFSの鑑別」のできる
「脳神経外科専門医」先生に診て頂くと宜しいと今の私は考えます。
##6
明確でない「顔面痙攣hemifacial spasm HFSの鑑別のできる先生」とは
「お一人で」Janetta(ジャネッタ)の手術という
顔面痙攣hemifacial spasm HFSの手術を何百例も施行された先生です。

#3
##1
まず御相談者は「顔面痙攣hemifacial spasm HFS」病態
をひとまず忘れられて頂けますか。
##2
からだじゅうに「ぴくつき」がくるのであれば
そして「左がおおい」のであれば。
##3
御相談者は「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
であられる可能性が御座います。
##4
もしも「肩懲り・首懲り・背中凝り」がおありであれば
この「症状・症候」を主訴とされて「ぴくつき」はひとまず
さておき「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の治療をされると宜しいように考えます。
##5
すなわちもしも「肩懲り・首懲り・背中凝り」がおありであれば
病態の「症状・症候」を「肩懲り・首懲り・背中凝り」にとられて
診療をして頂けると宜しいと今の私は考えます。

##6
原因はともかく誘引は、
「水分の足りない状態でいらっしゃり夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発生致します。


#4
##1
「物心ついた時からセミが鳴いている様な耳鳴りがありますが、これも何か
関係ありますか?
」との事ですが。
##2
この「症状・症候」は御小さい時からの「再発性反復性上気道感染」
の「症状・症候」で宜しいのではないでしょうか。


#5結論:
##1
顔面痙攣hemifacial spasm HFSが考えられます。
##2
顔面痙攣hemifacial spasm HFSが考えられますが
何かはっきりした顔面痙攣hemifacial spasm HFSの
「症状・症候」ではないようにも考えます。

##3
また御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」を
御持ちの様です。
##4
もしも「肩懲り・首懲り・背中凝り」がお辛いようでしたらば
病態の主訴をこ「肩懲り・首懲り・背中凝り」とされ
「緊張型」とされて。
##5
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「頭痛系の疾患」」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。

##7
最後に「御小さい時からのセミ」は「再発性反復性上気道感染」
を御小さい時からもたれていらっしゃるのではないでしょうか。

##8
如何でしょう。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月5日 8時32分39秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: まき    URL
はじめまして。29歳の女性です。
3月から3ヶ月間、左まぶたのぴくつきが続きました。
総合病院で受診したところ、眼科にまわされ『疲れ」だと言われました。
現在左まぶたの断続的なぴくつきはありませんが、
目をきゅーっとつむると、時々軽くぴくつくことがあります。
最近になって、左右の口元や眉も時々軽くぴくつきます。(左が多い)
上記の症状は顔面痙攣なのではと思ってます。
さらに気になるのが、足の裏、肩、背中、腕・・・と全身いたるところで、
ぴくつくようになりました。
これって顔面痙攣と何か関係はありますか?
それとも何か怖い病気なのでは・・と心配してます。
物心ついた時からセミが鳴いている様な耳鳴りがありますが、これも何か
関係ありますか?

[2003年10月5日 1時1分49秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科