山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題29
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

29記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 腕の麻痺  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「最近、気になってご相談します。
1〜2週間前のことになりますが、妙に左腕がだるく、おまけに左手の指先の感覚が
鈍いように感じます。
例えば、自分の身体をつねろうとすると、感覚的に掴みづらいのです。
つねる時も麻痺しているように思えます。
今のところ、右に関しては手のこわばりはあるものの、左よりは比較的軽いようです。
物を持つ時も、ちょっと持っただけで疲れたようにだるく、
重く感じます。
パソコンを打っていたり、携帯電話でメールを打つ時でさえ、
途中でだるく感じます。
つい最近、脳外科でCTを撮りましたが異常なしでした。
こういう場合、どういうことが考えられるんでしょうか?」

との事です。


#2
##1
この漠然とした「重さ」や「しびれ感」は「麻痺」
ではありません。
##2
「臨床神経学」では「症状・症候」として
名称付けがたいものなのですが。
##3
御相談者にもし「肩懲り・首懲り・背中凝り」が
おありのようでいたらば。
##4
これらの「症状・症候」は
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」の一環の
「症状・症候」として解釈が可能なものなのですが。
##5
「頭痛系の疾患」で
「器質的疾患(画像診断で「目に見える疾患」)」が原因でない
「頭痛系の疾患」を「機能性頭痛」といいます。
##6
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」等がございます。
##7
場合により「機能性頭痛の各種頭痛成分」が混合していることがあります。
##8
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
は大変元来正診断率の大変低い「症状・症候」でございます。
##9
上記をご理解戴いたうえで
#3に御相談者の様な「緊張型」の場合特徴を記載いたします。


#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは。
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象」(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は。
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは 。
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは「胃ばけ」(あだ名です)。
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
週末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。


#4
##1
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「眼科疾患」
と間違えられます。
##2
原因はともかく誘引は、
###1
「水分の足りない状態でいらっしゃり
####2
夜間就眠時に背部を冷やすこと」
により発症いたします。
##3
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。


#5
##1
「緊張型」には時間依存性が
或は「症状・症候」出現の時間・季節依存性が御座います。
##2
(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に最悪になることがあります。
##2
2月、6−7月、9月、11月に症状が悪化もしくは発症
(feb/june/7fal crisis)することが多い。
##3
(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に最悪になることがあります。
##4
(月)(木)の早朝に症候悪化すること多いことも「特徴」です。
##5
休日に悪化することが多いものです。
##6
新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))の
メモリーが一杯の状態から「情緒不安定」に陥り易いです。
##7
ストレスには弱くなります。
##8
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。


#6結論:
##1
御相談者の上記御相談内容からは
もし「肩懲り・首懲り・背中凝り」が強いようでしたらば。
##2
主訴を「肩懲り・首懲り・背中凝り」に転じられて。

##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「頭痛系の疾患」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。
##5
元来正診断率の大変低い「症状・症候」でございます。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 10時57分9秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 耳の痛み 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


ご心配なことと存じます。


#1
##1
「今回お聞きしたいのは、まず耳のつまりについてです。
運動をすると、耳がつまります。
一度つまると、つばを飲みこんでもしばらくなおりません。
2,30分でしょうか。
運動は、軽い程度ならばつまることはありません。
これも先ほどの病気と関係があるのでしょうか。」
との事です。


#2
##1
以前に御回答したかもしれません。
##2
御相談者の御相談内容からは「耳閉塞感」は
2つの理由から発生いたします。


#3
##1
まず「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
として。
##2
##1と関係があるのですが「緊張型」の患者さんは
「再発性反復性上気道感染」を起こし易いのですが。
##3
##2はまず「自覚症状」としては意識に上りません。


#4
##1
「緊張型」の患者さんは6月ー12月にかけて気管が頚椎の方に
引き寄せられるようにシフトしてきます。
##2
よって一種独特の「飲み込みにくさ」が出現いたします。
##3
これに「自覚症状」の乏しい「再発性反復性上気道感染」
が重なると「耳閉塞感」として出現いたします。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容からは「耳閉塞感」は
2つの理由から発生いたします。
##2
###1
まず「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
として。
###2
###1と関係があるのですが「緊張型」の患者さんは
「再発性反復性上気道感染」を起こし易いのですが。
##3
###2はまず「自覚症状」としては意識に上りません。
##4
「症状・症候」が軽ければ様子見で如何でしょう。
##5
怖い「御状態」ではありません。
怖い疾患ではございません。
だから絶対心配されませんように。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 7時32分57秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
20代の女性、
以前こちらで「耳の痛み」について相談した者です。
時々耳介(?)が激しく痛むと申しましたところ、
舌咽神経神経痛、あるいはヤコブソン神経痛であろうと
ご回答いただきました。
強い光が苦手であること、右下で眠ることなどの特徴に
当てはまっていましたが、
症状は軽いだろうとのことで病院には行ってません。
丁寧な回答、大変ありがとうございました。

今回お聞きしたいのは、まず耳のつまりについてです。
運動をすると、耳がつまります。
一度つまると、つばを飲みこんでもしばらくなおりません。
2,30分でしょうか。
運動は、軽い程度ならばつまることはありません。
これも先ほどの病気と関係があるのでしょうか。

また、これらの病気は進行する性質のものでしょうか。
ほっといたら治ることもあるのでしょうか。
脳に近いだけに少々怖いのですが、
どのようになったら病院に行けば良いのでしょう。

以上、おねがいします。

[2003年10月7日 23時16分30秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 足のしびれ 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「半年程前から左足の親指がなんとなくしびれています。
その時は気にしていなかったのですが1週間位前から同じく左足の
かかとも同じ様にしびれていることに気がつきました。
親指もかかともそこだけ感覚が鈍っているような感じで気にしだしてから
ひどくなってきたような気もします。
普通の生活の中ではわからないのですが触った時にわかる程度です。
1年半前に出産してその後生理がこなかったので1ヵ月半前からプレマリンと
プロゲストンを飲んでます。
ホルモンのバランスが悪くてしびれが来ることもあるのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「末梢神経障害」は大部分が
「運動神経麻痺」・「感覚神経麻痺」
が同時にきます。
##2
左足の親指側或は薬指側かに「しびれ感」があり
また「足の背側面」及び「くるぶし」に「しびれ感」が
くる患者さんが多いものです。
##3
御相談者の御相談内容からは「しびれ感」という
「知覚障害」です。
##4
「感覚障害・知覚障害」は
「無感覚」・「低感覚」・「錯感覚」・「異感覚」
に分類されますが。
##5
総じて中枢神経系専門医はこも御相談者の「症状・症候」を
ニューロパチーと表現致します。


#3
##1
御相談者の御相談内容の部位の
「低感覚」・「錯感覚」・「異感覚」
は多くの場合「静脈還流不全状態」で起こります。
##2
ご婦人の左下肢は特に「静脈還流不全状態」が右よりも起こり易く
「左」に自覚されることが多いものです。
##3
けれども基本的には両側下肢に存在するもので御座います。
##4
「内分泌異常」で関係するのは「甲状腺機能」とりわけ
「甲状腺機能低下症」で「症状・症候」は強く出ます。
##5
「プレマリンとプロゲストンを飲んでます。」
との事ですが「功果」は少ないはずです。


#4結論:
##1
御相談者の「感覚障害・知覚障害」は
「無感覚」・「低感覚」・「錯感覚」・「異感覚」の中で
「低感覚」・「錯感覚」・「異感覚」に分類されると考えます。
##2
中枢神経系専門医はこの「症状・症候」をニューロパチー
と呼称することが御座います。
##3
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」の
併発「症状・症候」として出現することがあります。
##4
だから「肩懲り・首懲り・背中凝り」などがあれば
「治療戦略」は異なります。
##5
御相談内容の部位の「低感覚」・「錯感覚」・「異感覚」は
多くの場合「静脈還流不全状態」で起こります。
##6
ご婦人の左下肢は特に「静脈還流不全状態」が
右よりも起こり易いので「左」に自覚されることが多いものです。
##7
「甲状腺機能低下症」以外は内分泌対応の意味は少ないと
考えます。
##8
「症状・症候」があまり御強くないから幸い
であったと存じます。
##9
しばらく様子見で如何でしょうか。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 7時23分42秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: まりも   
28歳の女性。身長164センチ体重48キロ。
半年程前から左足の親指がなんとなくしびれています。
その時は気にしていなかったのですが1週間位前から同じく左足の
かかとも同じ様にしびれていることに気がつきました。
親指もかかともそこだけ感覚が鈍っているような感じで気にしだしてから
ひどくなってきたような気もします。
普通の生活の中ではわからないのですが触った時にわかる程度です。
1年半前に出産してその後生理がこなかったので1ヵ月半前からプレマリンと
プロゲストンを飲んでます。
ホルモンのバランスが悪くてしびれが来ることもあるのでしょうか?
ちなみに薬を飲み始めても症状は変わっていません。

[2003年10月7日 21時43分2秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭痛と記憶力など 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


ご心配なことと存じます。


#1
##1
「ここ1年ほどのことになりますが、記憶と集中力に不安を覚え始めました。
席を立って戻ってくると、仕事の続きができなかったり、
約束を忘れる(ビジネスでは致命的)ことがたびたび発生。
きっかけは、仕事で徹夜が続いたことのように思います。
家庭内では大きな問題は出ていないようには思いますが。

また、後頭部(首に近いあたり)がすっきりしません。
言葉で表すと「チリチリ」という感じです。
これも何ヶ月か続いています。
パソコンに向かっている時間は長いです。
最近いった人間ドックでは、左耳の聴力の低下が指摘されましたが、
頭部についての所見などはありませんでした。」
との事です。


#2
##1
御相談者には「肩懲り・首懲り・背中凝り」はありませんでしょうか。
##2
もしおありであれば「頭痛系の疾患」
取り分け「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
が考えられます。
##3
ストレスには弱くなります。
##4
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##5
#3に「緊張型」の特徴を記載いたします。


#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは。.
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象」あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は。
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは。
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは「胃ばけ」(あだ名です)。
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
週末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。


#4
##1
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」
と間違われます。
##2
(土)(日)に症状が悪化して(月曜日)に最悪になることがあります。
##3
2月、6−7月、9月、11月に症状が悪化もしくは発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いものです。
##4
(月)(木)の早朝に症候悪化すること多いことも「特徴」です。
##5
原因はともかく誘引は、
「水分の足りない状態でいらっしゃり
夜間就眠時に背部を冷やすこと」により発生。
##6
新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))の
メモリーが一杯の状態から「情緒不安定」にもなります。
##6
治療法ですが筋肉を柔らかくする
即効性・持続性のお薬を内服、外用薬も用いて
場合により神経ブロックを施行いたします。


#5結論:
##1
「肩懲り・首懲り・背中凝り」がおありであれば。
##2
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」として
「治療戦略」を立てられても宜しいのではないでしょうか。
##3
「頭痛系の疾患」のお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科・神経内科専門医医」でも
「頭痛系の疾患」が苦手の先生がいらっしゃいます。
このことはご留意下さい。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


[2003年10月6日 16時52分7秒]
--------------------------------------------------------------------------------
お名前: トシ   
43歳、男性(会社員)です。

ここ1年ほどのことになりますが、記憶と集中力に不安を覚え始めました。
席を立って戻ってくると、仕事の続きができなかったり、
約束を忘れる(ビジネスでは致命的)ことがたびたび発生。
きっかけは、仕事で徹夜が続いたことのように思います。
家庭内では大きな問題は出ていないようには思いますが。

また、後頭部(首に近いあたり)がすっきりしません。
言葉で表すと「チリチリ」という感じです。
これも何ヶ月か続いています。
パソコンに向かっている時間は長いです。
最近いった人間ドックでは、左耳の聴力の低下が指摘されましたが、
頭部についての所見などはありませんでした。

クリニックへ受診に伺いたいたいと思っておりますが、
こういった相談ごとだけでも
何か判断できることがありますでしょうか?

よろしくお願いします。

[2003年10月6日 15時15分40秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科