山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題30
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

30記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございました!】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったですね。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月9日 7時23分9秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 山元   
先生、ありがとうございました。
専門の先生にそういって頂けるとホッとしました。
体の中までは全然わからないので、ぎゃーぎゃー騒いでしまって。。。笑
お忙しいところお返事ありがとうございました。

[2003年10月8日 19時33分13秒

--------------------------------------------------------------------------



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございました!】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったですね。

何卒にお大事にされてくださいませ。
御健勝をお祈り申し上げます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

参考
前回の御回答下記の通りでした(一部)。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「はじめまして。
24歳 女性です。
先日床で梱包作業をしている最中、勢い良く立ち上がった瞬間に
隣の机(木製)の角に背中の中心(背骨に沿って)激しく擦る様なかたちで、
ぶつけてしまいました。
瞬間息も出来ないほどの激痛で思わず倒れてしまったんですが、
数分して立ち上がり作業を続けれるくらい痛みはなかったんですが
背骨にそってぶつけた部分に切り傷みたいな形が残ってしまいました。
その日はお風呂も入って、全然痛みもなかったんですけど
おとといから体調がわるくなり、頭痛もひどいのです。」
との事です。


#2
##1
「隣の机(木製)の角に背中の中心(背骨に沿って)
激しく擦る様なかたちで、
ぶつけてしまいました。」
との「外力」からは。
##2
御相談者の御相談内容の「外傷機転(外力の受け方)」
とその後の「症状・症候」を判断いたしますと。

##3
「恐いことは起きてはいません」。

##4
だから「まずは御安心」されてくださいます様に。

##5
この種の怪我のされ方をする患者さんは
共通して「頭痛」そして場合により「悪心・嘔吐」がきます。

##6
けれども早くて数日で治ってしまいます。

##7
永くても「3週間」で治ってしまいます。


#3
##1
御相談者の「
「「鞭打ち損傷」(wiplash injury)」の一種で
御座います。
##2
あだ名が「セルフ鞭打ち」等と患者さんのご苦労とは
うらはらに言われることがあります。

##3
おおむね
24時間位してから「頭痛・不調」が「症状・症候」
として出現いたします。

##4
けれども「お風呂にまめに入り」水分を十分にとって
いると自然のまま早く治ります。
##5
「「頸こり・肩こり」があっても
マッサージされないほうが
帰って宜しいです。


#4結論:

##1
「「鞭打ち損傷」(wiplash injury)」の一種で
御座います。
##2
あだ名が「セルフ・鞭打ち」等と患者さんのご苦労とは
うらはらに言われることがあります。

##3
24時間位してから「頭痛・不調」が「症状・症候」
として出現いたします。


##4
怖い「御状態」ではありません。
怖い疾患ではございません。
##5
だから絶対心配されませんように。

##6
ご様子見でかまいません。
##7
如何でしょう。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 18時41分31秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 山元   
はじめまして。
24歳 女性です。
先日床で梱包作業をしている最中、勢い良く立ち上がった瞬間に
隣の机(木製)の角に背中の中心(背骨に沿って)激しく擦る様なかたちで、
ぶつけてしまいました。
瞬間息も出来ないほどの激痛で思わず倒れてしまったんですが、
数分して立ち上がり作業を続けれるくらい痛みはなかったんですが
背骨にそってぶつけた部分に切り傷みたいな形が残ってしまいました。
その日はお風呂も入って、全然痛みもなかったんですけど
おとといから体調がわるくなり、頭痛もひどいのです。
脊髄にそっていたから、少し不安になってレスさせて頂きました。
全然関係ないのかな、とも思うんですが、素人なので判りません。
病院にいった方がいいのでしょうか?

[2003年10月8日 12時31分30秒]
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月9日 7時22分2秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 山元   
先生、ありがとうございました。
専門の先生にそういって頂けるとホッとしました。
体の中までは全然わからないので、ぎゃーぎゃー騒いでしまって。。。笑
お忙しいところお返事ありがとうございました。

[2003年10月8日 19時32分35秒]
--------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「緊張型頭痛の治療としてミオナールとロキソニンをもらっていますが、
それは効かないようですね。

治療として、
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

上記より緊張型頭痛と「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」が治るのでしょうか?

治療するまで期間はどのぐらいかかるでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「機能性疾患」は「眼で見て見えないものです」。
##2
だから「自己申告」で
「「症状・症候」がなくなりました。」と患者さんが
おっしゃれば「それを「寛解」(かんかい)」
と判断いたします。

#3
##1
逆に「患者さんがどんなに辛くても」
##2
「周りの方々にはには判りません」から。
##3
「周りの方々」に
「本当に辛いのでしょうか。仮病ではないでしょうか」
と言われてしまうと。
##4
「社会的には説得力」が全くありません。

#4
##1
「緊張型頭痛の治療として
ミオナールとロキソニンをもらっていますが、
それは効かないようですね。」
は「確かにその通りです」。
##2
けれども「お受けもちの先生」に「効くはずです」と
言われれば「患者さんは反論のしようが」
乏しいです。
##3
「治療するまで期間はどのぐらいかかるでしょうか?
1年ぐらい?」
とお考えになる前に。
##4
「機能性疾患」の「怖さ」はここにあることを
ご理解されることが宜しいです。

#5結論:
##1
ある「群発頭痛」の患者さんが「脳神経外科専門医先生」が
1分で「診断」を下すまで。
##2
「20年間診断がつかず」苦しまれた「事例」が御座います。
##3
私はこのような事例は稀ならずあると考えています。

##4
「「自己申告」で
「「症状・症候」がなくなりました。」と患者さんが
おっしゃれば「それを「寛解」(かんかい)」
と判断いたします。

##5
社会的には「まだ治っていないのに」
「治っている」とされてしまう事例が多いことに
ご留意ください。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 19時3分4秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
回答ありがとうございます。
やはりこれも「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」でしたか。

よって、緊張型頭痛を治療すれば、「「緊張型」による複合病態と
同一延長線上の「病態」がなくなるのでしょうか?

緊張型頭痛の治療としてミオナールとロキソニンをもらっていますが、
それは効かないようですね。

治療として、
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

上記より緊張型頭痛と「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」が治るのでしょうか?

治療するまで期間はどのぐらいかかるでしょうか?
1年ぐらい?

お忙しいところ、質問が多くて申し訳ありません。

[2003年10月8日 13時31分42秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【関係あるのでしょうか?】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「はじめまして。
24歳 女性です。
先日床で梱包作業をしている最中、勢い良く立ち上がった瞬間に
隣の机(木製)の角に背中の中心(背骨に沿って)激しく擦る様なかたちで、
ぶつけてしまいました。
瞬間息も出来ないほどの激痛で思わず倒れてしまったんですが、
数分して立ち上がり作業を続けれるくらい痛みはなかったんですが
背骨にそってぶつけた部分に切り傷みたいな形が残ってしまいました。
その日はお風呂も入って、全然痛みもなかったんですけど
おとといから体調がわるくなり、頭痛もひどいのです。」
との事です。


#2
##1
「隣の机(木製)の角に背中の中心(背骨に沿って)
激しく擦る様なかたちで、
ぶつけてしまいました。」
との「外力」からは。
##2
御相談者の御相談内容の「外傷機転(外力の受け方)」
とその後の「症状・症候」を判断いたしますと。

##3
「恐いことは起きてはいません」。

##4
だから「まずは御安心」されてくださいます様に。

##5
この種の怪我のされ方をする患者さんは
共通して「頭痛」そして場合により「悪心・嘔吐」がきます。

##6
けれども早くて数日で治ってしまいます。

##7
永くても「3週間」で治ってしまいます。


#3
##1
御相談者の「
「「鞭打ち損傷」(wiplash injury)」の一種で
御座います。
##2
あだ名が「セルフ鞭打ち」等と患者さんのご苦労とは
うらはらに言われることがあります。

##3
おおむね
24時間位してから「頭痛・不調」が「症状・症候」
として出現いたします。

##4
けれども「お風呂にまめに入り」水分を十分にとって
いると自然のまま早く治ります。
##5
「「頸こり・肩こり」があっても
マッサージされないほうが
帰って宜しいです。


#4結論:

##1
「「鞭打ち損傷」(wiplash injury)」の一種で
御座います。
##2
あだ名が「セルフ・鞭打ち」等と患者さんのご苦労とは
うらはらに言われることがあります。

##3
24時間位してから「頭痛・不調」が「症状・症候」
として出現いたします。


##4
怖い「御状態」ではありません。
怖い疾患ではございません。
##5
だから絶対心配されませんように。

##6
ご様子見でかまいません。
##7
如何でしょう。


上記御参考までにお留めおきください。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 18時41分31秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 山元   
はじめまして。
24歳 女性です。
先日床で梱包作業をしている最中、勢い良く立ち上がった瞬間に
隣の机(木製)の角に背中の中心(背骨に沿って)激しく擦る様なかたちで、
ぶつけてしまいました。
瞬間息も出来ないほどの激痛で思わず倒れてしまったんですが、
数分して立ち上がり作業を続けれるくらい痛みはなかったんですが
背骨にそってぶつけた部分に切り傷みたいな形が残ってしまいました。
その日はお風呂も入って、全然痛みもなかったんですけど
おとといから体調がわるくなり、頭痛もひどいのです。
脊髄にそっていたから、少し不安になってレスさせて頂きました。
全然関係ないのかな、とも思うんですが、素人なので判りません。
病院にいった方がいいのでしょうか?

[2003年10月8日 12時31分30秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございます】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

なお「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「9月24日に車で衝突事故を起こしました。
私の速度は時速20kmくらいで、相手が60kmくらいだと思います。
左ハンドルで運転席に座っていたため、衝突時に左頭上部を左の窓にぶつけました。
衝突時はぶつけて頭が痛いな、程度の痛みでした。
病院に行ったところ、今の段階ではレントゲンをとる必要はないということで
何もせずに帰ってきました。
その後も痛みは変わらず、夜になると頭上部全体が圧迫されるような痛みがあります。
時々ぶつけた箇所がズキズキと痛みます。右上部がズキズキすることもあります。
ぶつけた左側を下にして寝るとすぐに頭がズキズキしてきます。
右側を下にして寝ても次第にズキズキしてきます。
仰向けに寝ている分には痛みはありません。
時々左手の小指が痙攣もします。
これらの症状の場合、脳内出血をしてる可能性はあるのでしょうか。」
との事です。

#2
##1
「これらの症状の場合、
脳内出血をしてる可能性はあるのでしょうか。」
との事です。
##2
御相談者の上記御相談内容からは
「頭部外傷」としては幸いにも「外力」負荷は小さかった
と想定されます。
##3
また「頭部外傷」による「意識障害」もなくて宜しかったです。
##4
上記より
「単純頭部外傷」と御燗換え戴いてよろしいのではないでしょうか。


#3結論:
##1
「頭部外傷」に起因する器質的損傷は考え難いです。
##2
だから
「これらの症状の場合、脳内出血をしてる可能性はあるのでしょうか。」
との事ですが。
##3
ご心配は御無用です。
##4
災難であったとは考えますが。
##5
「頭部外傷」に起因すると想定される「症状・症候」
は考え難いと今の私は考えます。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月6日 16時43分43秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: みゆ   
アメリカ在住の28歳 女性です。
9月24日に車で衝突事故を起こしました。
私の速度は時速20kmくらいで、相手が60kmくらいだと思います。
左ハンドルで運転席に座っていたため、衝突時に左頭上部を左の窓にぶつけました。
衝突時はぶつけて頭が痛いな、程度の痛みでした。
病院に行ったところ、今の段階ではレントゲンをとる必要はないということで
何もせずに帰ってきました。
その後も痛みは変わらず、夜になると頭上部全体が圧迫されるような痛みがあります。
時々ぶつけた箇所がズキズキと痛みます。右上部がズキズキすることもあります。
ぶつけた左側を下にして寝るとすぐに頭がズキズキしてきます。
右側を下にして寝ても次第にズキズキしてきます。
仰向けに寝ている分には痛みはありません。
時々左手の小指が痙攣もします。
これらの症状の場合、脳内出血をしてる可能性はあるのでしょうか。
毎日、心配でたまりません。是非アドバイスを頂けますよう宜しくお願いいたします。

[2003年10月6日 13時54分30秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: みゆ   
衝突事故を起こした者です。
早速のお返事、ありがとうございました。
脳内出血の可能性がないとのお返事にとても安心しました。
気のせいか少し痛みも和らいできているようです。
このまま様子をみてみます。
お忙しい中、相談にのって頂き本当にありがとうございました。

[2003年10月8日 11時13分4秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【背中の凝りと右足のつり】 

--------------------------------------------------------------------------
お名前: きょーこ   
お久しぶりでございます。以前、カナダからよく相談に乗って頂いていた39歳女性です。この
7月末に帰国致しました。先生のところに伺いたいのですが、2歳のチビがおりまして、なかなか伺えません。さて、帰国直後に頭痛とめまい、吐き気がして、近所の神経内科に受診して、
「緊張型頭痛」と診断され、(CTも撮ってもらいました。先生は「単純で」と指示してらっしゃいましたが)テルネリンとあまり使うのは感心しないが、どうしてものときにとボルタレンを
出していただきました。その後、しばらく小康状態でしたが、先週半ばに例の「きらきら」閃輝
暗点を見てから、また肩こりとこめかみの痛み、くらくらめまいに悩まされ始めました。昨日、
また近所の神経内科に伺ったのですが、また同じ事が起こっているのでしょうと、テルネリンと
就寝前に飲むように「デバス」と肩こりに塗るように外用薬のボルタレンゲルを頂きました。
娘の幼稚園の面接が近いのと、それなのに彼女の「トイレトレーニング」が完了していないことに非常にイライラする毎日で、彼女がおもらしすると自分でも娘が可哀想なほど叱ってしまいます。そして、また自己嫌悪に陥って…の繰り返しで、一日中顔をしかめているか、奥歯を食いしばっていて、自分でも目の周りやこめかみが凝っているのがわかっています。そのくせ、今回、
受診した際に、CTはもちろん、腕や足の反射も診てくれなかったことに不満と不安を覚えて
いるのですが…。2ヶ月前にCTを撮ってから、今回何か怖い状態に陥ったりはしてない
でしょうか?いつもいらいら怒ったり、叱ったりしているので、くらくらとこめかみの痛みは
今回の方が厳しい気もするのですが…。
P.S.
間違ったところに書き込みをしてしまいました。お手数ですが、削除願います。申し訳ありません。

[2003年10月8日 19時52分43秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: きょーこ   
お久しぶりでございます。以前、カナダからよく相談に乗って頂いていた39歳女性です。この
7月末に帰国致しました。先生のところに伺いたいのですが、2歳のチビがおりまして、なかなか伺えません。さて、帰国直後に頭痛とめまい、吐き気がして、近所の神経内科に受診して、
「緊張型頭痛」と診断され、(CTも撮ってもらいました。先生は「単純で」と指示してらっしゃいましたが)テルネリンとあまり使うのは感心しないが、どうしてものときにとボルタレンを
出していただきました。その後、しばらく小康状態でしたが、先週半ばに例の「きらきら」閃輝
暗点を見てから、また肩こりとこめかみの痛み、くらくらめまいに悩まされ始めました。昨日、
また近所の神経内科に伺ったのですが、また同じ事が起こっているのでしょうと、テルネリンと
就寝前に飲むように「デバス」と肩こりに塗るように外用薬のボルタレンゲルを頂きました。
娘の幼稚園の面接が近いのと、それなのに彼女の「トイレトレーニング」が完了していないことに非常にイライラする毎日で、彼女がおもらしすると自分でも娘が可哀想なほど叱ってしまいます。そして、また自己嫌悪に陥って…の繰り返しで、一日中顔をしかめているか、奥歯を食いしばっていて、自分でも目の周りやこめかみが凝っているのがわかっています。そのくせ、今回、
受診した際に、CTはもちろん、腕や足の反射も診てくれなかったことに不満と不安を覚えて
いるのですが…。2ヶ月前にCTを撮ってから、今回何か怖い状態に陥ったりはしてない
でしょうか?いつもいらいら怒ったり、叱ったりしているので、くらくらとこめかみの痛みは
今回の方が厳しい気もするのですが…。

[2003年10月8日 19時49分57秒]

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「先生の言った通り、背中の凝りを感じるようになり
ひどくなって来ました。
今まではそんなにひどくなかったのですが、睡眠中に初め
(6月頃)は後頭部の痺れ
次に左腕の痺れ(9月頃)、今は勝手に右足が伸ばしてしまい、
つりそうになる事が
一昨日から2日連続で起きるようになって来ました。
これも緊張型頭痛の複合病態でしょうか?
今は緊張型頭痛の治療をしていますが、・・・。
他の病気の可能性があるのでしょうか?
もし、そうでしたら脳神経外科にまた見てもらった方がいいでしょうか?」
との事です。

#2
##1
その必用は取り分け御座いません。
##2
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」でございます。
##3
「今は勝手に右足が伸ばしてしまい、つりそうになる事が
一昨日から2日連続で起きるようになって来ました。」
との事です。
##4
「足のつる」現象は圧倒的に「右」に多く来ます。


#3結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」でございます。
##2
「今は勝手に右足が伸ばしてしまい、つりそうになる事が
一昨日から2日連続で起きるようになって来ました。」
との事です。
##3
「足のつる」現象は圧倒的に「右」に多く来ます。
##4
右足のふくらはぎがつります。


##5
圧倒的に就眠時に多い「症状・症候」であり
これで苦労される患者さん
も少なくありません。

##6
怖い「御状態」ではありません。
怖い疾患ではございません。

##7
だから絶対心配されませんように。

上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足
因みに前回の御回答は下記の通りです。
参考にされてくださいませ。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「今年の7月仕事はCAD作業で、午後5時頃に胸の圧迫から来て、
字を書こうと思っても動かなくなる程、痺れました。
無理にすると、めまいが襲ってきたような感じがしました。
不安が襲って来て過換気症候群になり、精神科ではパニック障害と
診断されました。

食事中に不安が襲ってくる事がありました。
(内科よりセルベックスを頂きました)
そのあと、だんだんと頭が締め付けられるようになってきました。
脳神経外科よりロキソニン、ミオナールを頂きました。」

との事です。

##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
ミオナールは効かないけれども御処方は「緊張型頭痛」病態に対する
御処方で御座います。
##3
「テクノストレス」も多いように想定されます。


#3
##1
「「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」から由来する「複合病態」
には飛蚊症や左腕の痺れ(胸郭出口症候群)や
両足のふくろはぎの凝り(?)にも起こり得るでしょうか?」
との事です。
##2
##1の「症状・症候」は
###1
「飛蚊症」
###2
「左腕の痺れ(胸郭出口症候群)」
###3
「両足のふくろはぎの凝り」
の3つの「症状・症候」に分解できると考えます。


#4
##1
「飛蚊症」を「飛蚊症」と病名をつけてしまえば
それまでですが。
##2
「閃輝暗点」の一歩手前或は「閃輝暗点」そのものであった可能性も
大きいです。
##3
そうすれば「偏頭痛」要素ももった「緊張型頭痛」。
##4
或は「緊張型」のみでも「相当な「閃輝暗点」」がでます。
##5
多くの場合「紫色」或は「プラチナ色」或は「黄色」或は「オレンジ色」
のちいさな「星状の光」です。
##6
しつこく光るまたピントが合わせ辛く「視力視野障害」
がおきたような気がするが患者さんの多くは「眼科」ではない
何かを感ずるようです。


#5
##1
「「左腕の痺れ(胸郭出口症候群)」の「痺れ」ですが。
##2
「緊張型」の患者さんは50肩・40肩と良く間違えられる
ことが実に多くあります。
##3
また男性が腕時計を見る格好の上肢の部分にしびれがくることが
多いものです。
##4
朝に最も御症状は強いものです。
##5
朝起床時に第1・第2指或は第4・第5指にしびれが15分位
継続することがあります。

##5
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」
と間違われ易いのですが。
##6
「胸郭出口症候群」は立派な「疾患概念」ですが
「画像診断」からは「胸郭出口症候群」は証明されましたでしょうか。
##7
いずれにしても「肩こり・頸こり・背中こり」或いは
「頸・肩・後頭部」の症状・症候として「考えやすい」
こともあり「骨・皮・筋」が悪者扱いされがちです。
##8
これは「骨・皮・筋」の病気では御座いません。


#6
##1
「両足のふくろはぎの凝り」ですが。
##2
「緊張型」の患者さんは両側下肢が「静脈還流不全状態」
状態にあることが多いものです。
##3
そのため疼痛性歩行障害や歩行障害が出現することも
御座います。
##4
ただし「緊張型」の患者さんに多い現象或は「症状・症候」
であり「さすがに「両足のふくろはぎの凝り」は
「頭痛」ではありえません。
##5
けれども
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」として
「両足のふくろはぎの凝り」は
大変おおくの患者さんに稀ならずあります。
##6
逆に「両足のふくろはぎの凝り」は治ってから
「頭痛」や「肩懲り・首懲り・背中凝り」が出現する患者さん
もいらっしゃいます。


#7結論:
##1
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
は元来正診断率の大変低い「症状・症候」でございます。
##2
よく「頚椎の疾患」自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「耳鼻科疾患」
と間違われます。
##3
このような「体全体」に起こる「症状・症候」
として「肩懲り・首懲り・背中凝り」そして頭痛系の「症状・症候」
があり「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
がある。

##4
上記は何卒に御相談者の今後の治療或はお体の「症状・症候」
の把握のためにお役に立てば何よりと考え御回答いたしました。
##5
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」というものが
あることのみでもご理解下さい。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。
治したいですね。


何卒にお大事にされてくださいませ。

[2003年10月2日 14時23分11秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
30歳 男

アドバイスありがとうございます。
説明不足ですみません。

喉になんか詰まったような感じがし、吐きそうになった事がありました。
初めは風邪かなと思っていました。

今年の6月頃睡眠中に頭の左後側が痺れて来ました。
(内科よりコンスタンをもらいました)

今年の7月仕事はCAD作業で、午後5時頃に胸の圧迫から来て、
字を書こうと思っても動かなくなる程、痺れました。
無理にすると、めまいが襲ってきたような感じがしました。
不安が襲って来て過換気症候群になり、精神科ではパニック障害と
診断されました。

食事中に不安が襲ってくる事がありました。(内科よりセルベックスを頂きました)
そのあと、だんだんと頭が締め付けられるようになってきました。
脳神経外科よりロキソニン、ミオナールを頂きました。

先生より「緊張型」の不思議だじが重用な特徴を見て当てはまるのが多かったです。

「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」から由来する「複合病態」
には飛蚊症や左腕の痺れ(胸郭出口症候群)や両足のふくろはぎの凝り(?)にも起こり得るでしょうか?

しつこいようですが、すみませんが、アドバイスをまたお願いします。

[2003年10月2日 13時44分32秒]

--------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
10月2日の3回連続で回答して頂きありがとうございました。
最近、先生の言った通り、背中の凝りを感じるようになりひどくなって来ました。
今まではそんなにひどくなかったのですが、睡眠中に初め(6月頃)は後頭部の痺れ
次に左腕の痺れ(9月頃)、今は勝手に右足が伸ばしてしまい、つりそうになる事が
一昨日から2日連続で起きるようになって来ました。
これも緊張型頭痛の複合病態でしょうか?
今は緊張型頭痛の治療をしていますが、・・・。
他の病気の可能性があるのでしょうか?
もし、そうでしたら脳神経外科にまた見てもらった方がいいでしょうか?

[2003年10月8日 9時30分22秒]
--------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科