山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題37
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

37記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題37

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【相談というか質問なnnです】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
けれども

1年齢 2・性別 の御記載が御座いません。

「重症頭部外傷」の場合は「年齢」が極めて重用です。
よりまして脳挫傷とは何かという病態のみおはなしいたします。

#1
##1
「私の友達がこの間、自転車に乗っていて
車にはねられという噂をきいたんです。
病院に運ばれ、脳挫傷だとききました。手術もしたみたいです。
命に別状はないみたいですが、私は、連絡も取れず、見舞いにも行けず、
心配で怖くてたまりません。」
との事です。


#2
##1
脳挫傷という「頭部外傷」病態は「荒木3型」という「頭部外傷」の
病態です。
##2
「脳の表面が破壊」された状態をいいます。
##3
「脳挫傷」のみでは「破壊された脳組織」を「手術」しても致し方
ないので「手術」は通常はおこないません。
##4
但し「頭部外傷」で「脳挫傷」を惹起するのは「相当の外力」
が働かなければ「おきえないこと」ですから。
##5
多くの場合は「硬膜下血腫」或いは「外傷性脳内出血」
或いは「脳浮腫」が強いなどが原因で。
##6
「脳圧亢進」を制御できないと
「脳神経外科専門医」が判断したら手術を行ないます
##7
##5の「出血性」の病態を「荒木4型」と呼称いたします。
##8
だから
御友人の「頭部外傷」は単純な「脳挫傷」のみではないはず
で御座います。
##9
「脳挫傷」+「出血」のはずです。
##10
即ち「荒木4型」のはずで御座います。


#3
##1
いずれにしても「脳圧亢進」の状態は
「生命維持」の困難な
「緊急事態」です。
##2
だから「減圧」をして「生命を守るため」に手術をいたします。
##3
「脳挫傷」といっても脳CTの所見や
実際の「「脳組織破壊」の程度により。
また
##3
手術の状況とかで「状況」は様々です。
##4
だから
即ち御相談者の御相談内容からは。
##5
御友人の「頭部外傷」の予後を判定することは
「全く不可能」のはずで御座います。


#4結論:
##1
「脳挫傷」とは「頭部外傷」による
「脳組織」の破壊」のことです。
##2
「お受けもちの先生」は「交通事故」の場合は殊更に
「秘密保持」(=「秘守義務」といいます。)
が高度になるので。
##3
必要最低限の御家族以外には「情報を漏らさない」
##4
そして
また「御家族もそれを守る」はずです。
##5
だから
「車にはねられという噂をきいたんです。」
という「噂」しか伝わらないはずです。
##5
御相談者はご家族ではないのです。
##6
だから「伝わっている内容」も当然ながら
正確ではないはずです。

##7
ご心配であることはよく判ります。

##8
けれども
「頭部外傷」を被ったご本人とその御家族の
ことをも考えて差し上げて下さいますように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月23日 16時8分36秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望  
このような場所に書き込みをしていいのかわからないのですが、
どのHPをみても私には理解できないので直接メールしました。
私の友達がこの間、自転車に乗っていて車にはねられという噂をきいたんです。
病院に運ばれ、脳挫傷だとききました。手術もしたみたいです。
命に別状はないみたいですが、私は、連絡も取れず、見舞いにも行けず、
心配で怖くてたまりません。
母に聞いてみたのですが、詳しい事はわからなくて、HPで調べたんです。
後遺症で麻痺が残ったり、意識障害などもあるとか・・・。
リハビリをしても治らないのですか?でも、完全に良くなる事もあるんですよね?
もし、後遺症が残った場合どのように支えていけば良いのでしょう。
まったく、知識がないのでお願いします、脳挫傷について詳しく教えてください!!

[2003年10月23日 15時36分28秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【電気マッサージ】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「30歳 男性
いつも回答させて頂きありがとうございます。
受け持ちの先生より電気マッサージを薦められました。
電気マッサージをしてもらった翌日に肩凝りがひどくなってきました。
これはよくないという意味でしょうか?もっと、マッサージをした
方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
大変判断が困難な所なのですが。
##2
「「緊張型(緊張型頭痛)」及びその「複合病態」」の「症状・症候」
の治療に関しては。
##3
「物療(物理療法)」をうけられた患者さんは。
##4
「最初「行なった当日」もしくは「直後」はよいが「翌日」もしくは「後で」
余計辛くなった」とおっしゃる患者さんは稀ならずあります。
##5
「神経ブロック」に関してもそのような要素が
あるように思われます。


#3
##1
元来に「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
患者さんは「因果付け」をよくされます。
##2
これは「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。
##3
だから
「電気マッサージをしてもらった翌日に肩凝りがひどくなってきました。」
という御相談者の「主観」による「AがBだからCになる」
という「現象」が。
##4
適切な表現が思い浮かばないのですが。
##5
客観的に
「正しいかどうか」判断が私には「困難」です。

#4
##1
一般論としては
「「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」及びその「複合病態」」
の患者さんは「マッサージ」を受けられるときは「極めて慎重」
にされて下さい。
##2
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の患者さんの場合
「筋肉の変性」を起こすことがあるからなのですが。
##3
御相談者のように「逆効果」であると思われる
患者さんは多いものです。


#5結論:
##1
「電気マッサージをしてもらった翌日に肩凝りがひどくなってきました。」
という御相談者の「主観」による「AがBだからCになる」
という「現象の「因果付け」」」が。
##2
適切な表現が思い浮かばないのですが。
##3
客観的に
「正しいかどうか」判断が私には「困難」です。
だからご回答限界では御座います。
##4
けれども「マッサージ」は「緊張型頭痛」の患者さんは
極めて慎重にされていただいたほうが宜しいと
今の私は考えます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月23日 13時58分46秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
30歳 男性
いつも回答させて頂きありがとうございます。
受け持ちの先生より電気マッサージを薦められました。
電気マッサージをしてもらった翌日に肩凝りがひどくなってきました。
これはよくないという意味でしょうか?もっと、マッサージをした
方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。

[2003年10月23日 13時15分10秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【左手指先がしびれる】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。


「詳細な所見」不明で御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。
#1
##1
「10月19日の指先が痛むの方の
緊張型頭痛症候群の症状に似ているんですが
私は43歳男性で、左手指先がしびれている
感じで手の温度も左手の方が暖かいです。
今月上旬にぎっくり腰をし、鍼治療を行いました。
関係はないと思うんですが‥‥。」
との事です。


#2
##1
「今月上旬にぎっくり腰をし、鍼治療を行いました。
関係はないと思うんですが‥‥。」
との事です。
##2
おおいに関係が御座います。
##3
「緊張型頭痛症候群・緊張型背部症候群」というあだ名で呼称される
ように。
##4
「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さん
は「「機能性頭痛系の「症状・症候」」のみではなく。
##5
「延長線上あるいは同一線上にある病態」として。
##6
「腰痛」や「背中にわたり激痛が走るあるいは打撲のような痛み」
が起こることが多いものです。


#3
##1
「43歳男性で、左手指先がしびれている
感じで手の温度も左手の方が暖かいです。」との事です。
##2
この「症状・症候」はよく「頚椎」の「疾患」と間違われます。
##3
「頸の牽引」などされると逆療法になってしまいます。


#4
##1
このとき頚椎X線撮影所見からの「決まり文句」が
###1
「「頚椎」の湾曲がなくなっている・或いは「逆になっている」」
###2
または「「頚椎」の5番・6番(C5/C6)の椎間板が磨り減っている」
という「決まり文句」が御座います。
##2
##1は「20歳」を過ぎれば人間であればどなたにも
出現する「所見」であり。
##3
##1により「神経根」或いは「頚髄」のいずれかの
「圧迫所見」があり「臨床神経学」と一致すれば別ですが。
##4
「「頚椎症」あるいは「頚椎椎間板ヘルニア」」
とよく間違われます。
##5
他にも「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「うつ状態・うつ病」「心身症」・「OA症候群」「膠原病」
「脊髄小脳変性症」などと間違われることも御座います。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さん
である可能性は高いと考えます。
##2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足
御相談者が「引用されている」御相談と回答を下記に補足のため
記載いたします。
+++++++++++補足+++++++++++++++++
御相談

お名前: 河合   
朝左手の指先が痛く目がさめてしまう。
手のひらも右に比べると赤く腫れていて
熱ぽいです。
腕も湿疹ができてるような感じ。
喉も痛いです。
年齢は42歳です。

[2003年10月19日 18時38分26秒]

ご回答
[2003年10月19日 18時59分13秒]

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「朝左手の指先が痛く目がさめてしまう。
手のひらも右に比べると赤く腫れていて
熱ぽいです。
腕も湿疹ができてるような感じ。
喉も痛いです。
年齢は42歳です。」
との事です。

#2
##1
「水分」の足りないかた独特の
「霜降り状」の「手掌」の紅い中に白い斑点がみられると
存じます。
##2
「胃炎でミルクのみ人形(あだ名です)」の患者さん
に見られる「症状・症候」で御座います。
##3
「ミルクのみ人形(あだ名です)」とは
「お水をのむとすぐに御化粧室に直行」の患者さん
の「症状・症候」のことです。
##4
「「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」及びその「複合病態」」
をもたれている患者さんの「手掌」に
よく見られます。


#2
##1
「肩こり・頸こり・背中こり」がお強ければ
「緊張型頭痛症候群」である可能性が御座います。
##2
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を反復するのも「緊張型頭痛症候群」
の患者さんには多いものです。
##3
#3に上記ををお含み頂き
「緊張型」の患者さんの特徴を下記に記載いたします。


#3
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
終末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##19
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#4
##1
いくらなんでも
「手掌」が赤くて指先が痛いのに
頭痛とはおかしいですから。
##2
もしも「肩こり・頸こり・背中こり」が
お強いはずでしょうから。
##3
この「症状・症候」を「緊張型」の症候と考えられて
下さいませ。

#5結論:
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」では
「ふわふわ感」「くらくら感」が「頭痛」と「同意義」をもちます。
##2
##1の「症状・症候」或いは「肩こり・頸こり・背中こり」
が強ければ。
##3
このような観点からご理解下さい。
##4
「婦人科疾患(特にホルモンのアンバランスなど)
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」と間違われます。

##5
朝に最も御症状は強い場合も特徴になります。

##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月23日 14時28分17秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 鈴木   
10月19日の指先が痛むの方の
緊張型頭痛症候群の症状に似ているんですが
私は43歳男性で、左手指先がしびれている
感じで手の温度も左手の方が暖かいです。
今月上旬にぎっくり腰をし、鍼治療を行いました。
関係はないと思うんですが‥‥。

[2003年10月23日 12時54分27秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【また質問です】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「9/17の多汗症についてのものです。
神経内科の方で、MRIを受けました。その結果、異常なしでした。
それで異常ないと、神経外科や、その胸部外科外来などを受けても
意味はないでしょうか?。また他の原因だという事でしょうか?。」
との事です。


#2
##1
「神経内科の方で、MRIを受けました。その結果、異常なしでした。」
との事です。
##2
御相談者が「御自分で異常であるとおもわれたとき」でも
「お受けもちの先生」が
「異常ありません」と「判断」されれば。
##3
なかなか
「反論」するのは難しい場合も時によりあるかもしれません。

##4
けれども「上記のご質問すべからく」を「神経内科」の先生に
されましたか。
##5
そのご回答はどうだったのでしょう。


#3結論:
##1
このような御相談と次の「治療戦略」を話すために。
##2
患者さんに対して
「お受けもちの先生」はいらっしゃるわけだから。
##3
御相談者は何事に付けられても「お受けもちの先生」を
みつけられ。
##4
しっかりと「お受けもちの先生」と御相談されないと
いけません。
##5
「神経内科」の「お受けもちの先生」に
しっかりと相談されるべきであると
今の私は考えます。


補足:
下記に御相談者の前回の御回答の一部を補足して記載いたしました。


なお前回の御回答は下記の通りでございました(一部)。
+++++++++++++前回の御相談・御回答++++++++++
ご心配なことと存じます。
#1
##1
大学病院は「胸部外科外来」を御受診されないと「多汗症症状・症候」
の具体的な「検査」などは進みがたいと考えます。
##2
「前回お話した御相談者が御持ちの「2つの問題」
混乱されてはだめですよ。
##3
前回の御回答は下記の通りでした。
何卒にご参照ください。
##4
「多汗症でご業績のある、専門的な施設とは
どういった所ですか?。探すのが大変なので、
教えていただけると助かります。」との事ですが。
これは御回答限界でございます。
##5
焦られてはだめですよ。


取り急ぎのお返事ゆえ間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解ください。

++++++++++「前回の御回答」下記の通りでした(一部)。+++++++++++++++++++++++++++++
#1
##1
「交感神経」は「無髄神経」であり「「末梢神経障害」例えば
「末梢運動神経障害」のように「「有髄神経」の束」の障害の場合
と異なり「「有髄神経」の「髄」(ミエリン鞘)がございません。
##2
だから「交感神経遮断」或いは「交感神経幹障害」の際の「神経再生」
は大変困難です。

#3
##1
御相談者の御相談内容要旨からは「2つの問題」がございます。
##2
即ち
###1
ETS(胸部交感神経遮断手術)を行なわれるに至った
「「緊張する「症状・症候」」
は「なぜおこるのであろうか」という「「症状・症候」の「原因論」
###2
現実にETS(胸部交感神経遮断手術)を行なわれたああと
「必ずしも好ましくない「症状・症候」」の「治療戦略」について
の2つでございます。

#3
##1
多汗症は「症状・症候」であり「疾患名」ではないから
多汗症の「原因病態」の解明が「十分行なわれていない」場合
当然不具合が発生します。
##2
例えば「痛くてどうしようもない「頑痛(がんつう)」痛」の患者さん
の「感覚神経」を神経ブロックは宜しいです。
##3
けれども
「神経破壊術ブロック」或いは「神経切断」を
施行しても「「頑痛(がんつう)」は「治らないか」
或いは「別の不快感覚」
に化けます。
##4
##3を「幻肢痛(げんしつう)」といいます。
##5
ご相談者の場合は「痛み」ではなく「交感神経性「症状・症候」」
ですが「類似点」は多いです。


#4
##1
御相談者の御相談内容要旨から「緊張しやすい」
「症状・症候」の中に「肩こり・後頭部痛」などはないでしょうか。
##2
もし「緊張型頭痛」であれば「緊張型頭痛」の患者さんは「症状・症候」
に多汗症を伴います。
##3
時には「大変重症」な多汗症「症状・症候」を伴われることが
ある。
##4
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」といいますが
この場合の治療法は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の「治療戦略」であるべきで。
##5
ETS(胸部交感神経遮断手術)ではありません。

#5
##1
ETS(胸部交感神経遮断手術)後の「不具合」は上記の如き
「自律神経」である「交感神経線維」の「解剖学的特性」により
「神経再生」は困難であると考えます。
##2
「末梢神経の修復や働きを高める良い方法というのは無いのでしょうか?」
との事ですが「交感神経線維」は「通常の末梢神経」とは異なります。

##3
だから「交感神経線維」の「神経再生」を「企てる」ことは
著しく困難であえうと「推定」されます。
##4
だから「代償性発汗」などにより「多くの患者さん」が
「縦隔腫瘍術後」に苦労されることが御座います。
##5
御相談者の御相談内容要旨からは
御回答者が「ご苦労されていることはよく判ります。
##6
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

#6結論:
##1
##1
御相談者の御相談内容要旨からは「2つの問題」がございます。
##2
即ち
###1
ETS(胸部交感神経遮断手術)を行なわれるに至った
「「緊張する「症状・症候」」
は「なぜおこるのであろうか」という「「症状・症候」の「原因論」
###2
現実にETS(胸部交感神経遮断手術)を行なわれたああと
「必ずしも好ましくない「症状・症候」」の「治療戦略」について
の2つでございます。
##3
##2の###2解決に当たり「お受けもちの先生」ともよく御相談されてみては
如何でしょうか。
##4
##2の###1についてもし
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」がおありであるのであれば
このご治療を「開始」されてみるのも方法でございます。
##5
ご参考になれば宜しいのですが。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

##
前回の御回答上記の通りでした(一部)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月23日 10時25分42秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆり   
9/17の多汗症についてのものです。
神経内科の方で、MRIを受けました。その結果、異常なしでした。
それで異常ないと、神経外科や、その胸部外科外来などを受けても
意味はないでしょうか?。また他の原因だという事でしょうか?。

[2003年10月23日 9時58分10秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【後頭部に激しい痛み】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

年齢・性別の御記載が御座いません。


「詳細な所見」不明で御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

#1
##1
「昨日から後頭部に痛みを感じます。
昨日は下を向くと何気に頭痛がする程度だったのですが、昨日の晩、
トイレに起き上がったとき、今朝からは靴を履いたり、しゃがんだり、
立ったりしただけ後頭部にズキズキと激しい痛みが走ります。
何ヶ月か前から首が痛く、先週まで整骨院へ通っていました。
10日位前から喉が痛くつばを飲むと痛いのがずっと続いています。
熱はありません。後頭部の痛みの頻度が増えてきているのと、
痛みも徐々に強くなっていってるので心配になってきてます。
何か原因があるのでしょうか?心配する頭痛なのでしょうか?」
との事です。

#2
##1
「何ヶ月か前から首が痛く、先週まで整骨院へ通っていました。
10日位前から喉が痛くつばを飲むと痛いのがずっと続いています。
熱はありません。後頭部の痛みの頻度が増えてきているのと、
痛みも徐々に強くなっていってるので心配になってきてます。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容からは
「「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」及びその「複合病態」」
で御座います。
##3
即ち「緊張型頭痛」という「機能性頭痛系の「症状・症候」」
と「反復性呼吸器感染」を起こされている「症状・症候」
で御座います。
##4
飲み込みにくい「症状・症候」がきます。
飲み込みにくい「症状・症候」の最も頻度の多いのは
「カプセル」「錠剤」などの「お薬」で御座います。


#3
##1
「頭痛系」の「疾患」の中で「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群がございます。
##2
「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##3
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」であり
「「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」及びその「複合病態」」
で御座います。
##5
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##6
#6に上記ををお含み頂き
「緊張型」の患者さんの特徴を下記に記載いたします。


#6
さて
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴はありませんか。
如何でしょう。
##16
週末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##19
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##20
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#7
##1
よく
「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「三叉神経痛」
などと間違われます。
##2
「緊張型」の患者さんでは「気管」が「頚椎」のほうに
引っ張られた状態であり「喉の奥に渇き感」があることが多いです。
##3
加えて基本的には唾液分泌は低下しているのだけれども。
##4
「口唇内に唾液」をためている傾向があり「反復性上気道感染」
をおこしやすいものです。

#8
##1
「「緊張型頭痛(緊張型頭痛症候群)」及びその「複合病態」」
の「症状・症候」発生には「時間・曜日・月依存性傾向」が
御座います。
##2
早朝もしくは朝の起床時に30分以内「症状・症候」の増悪
することが多いものです。
##3
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##4
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
##5
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##6
患者さんにより「昼間帯にうっかり仮眠後」にパニック
を起こされることも御座います。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#9結論:
##1
「「緊張型(緊張型頭痛)」及びその「複合病態」」の
「症状・症候」でございます。
##2
「御自覚症状」はないことが多いですが「反復性上気道感染」
即ち「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を繰り返されていらっしゃると考えます。
##3
「頭痛系」の「疾患」の中で
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてくださいませ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月23日 8時24分8秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: まるみ   
昨日から後頭部に痛みを感じます。
昨日は下を向くと何気に頭痛がする程度だったのですが、昨日の晩、
トイレに起き上がったとき、今朝からは靴を履いたり、しゃがんだり、
立ったりしただけ後頭部にズキズキと激しい痛みが走ります。
何ヶ月か前から首が痛く、先週まで整骨院へ通っていました。
10日位前から喉が痛くつばを飲むと痛いのがずっと続いています。
熱はありません。後頭部の痛みの頻度が増えてきているのと、
痛みも徐々に強くなっていってるので心配になってきてます。
何か原因があるのでしょうか?心配する頭痛なのでしょうか?

[2003年10月22日 22時31分30秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科