山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題43
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

43記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題43

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【本当にありがとうございました】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足:
なお前回の御回答は下記の通りでございました(一部)。

###
「#1
##1
「1歳半になる息子の怪我について伺いたく
よろしくお願いいたします。
1週間前に保育所のコンクリートに後頭部を打撲して
かなり腫れあがり、擦過傷による出血があったのですが、
保育所は打撲後元気に泣いていたので親に連絡を入れず
医者にも連れて行かず消毒して植木蜂のアロエの液をつけて
親が迎えに行くまでの4時間放置していたとのことでした。
私が慌てて近くの外科に受診に行き、すぐに消毒を
してもらい抗生物質の処方を頂きました。
外科の先生はしばらく入浴はせず、1週間何もなければ
大丈夫でしょうとのことでしたが、念のためインターネット等で
後頭部打撲について調べてみると半年は経過観察をした
ほうがよいとのコメントが多く見られました。
まだ、気分の悪さを言葉で表現できない
年齢ですので大変心配です。
この一週間は嘔吐もなく過ごしているのですが
(Q1)今後、どの程度の期間、どのような点を注意して
   経過観察すれば宜しいでしょうか?
(Q2)後頭部打撲後、所謂「たんこぶ」ができてるから
   大丈夫という人が多いですが医学的根拠がございますでしょうか?

以前、前頭部を打撲して数時間後に3回ほど嘔吐したので脳神経外科で
CTをとり、結果は異常なしで安心したのですが、今回は嘔吐もなく
それほど機嫌も悪くないので脳神経外科までは受診していません。」
との事です。


#2
##1
#1
##1
「1週間前コンクリートに後頭部を打撲して
かなり腫れあがり」との事です。
##2
よりまして
「後頭部をコンクリートに打撲したのが先週の金曜日」
と解釈させていただきます。
##3
「意識障害」の有無の記載がないので御回答限界なのですが。
##4
「意識障害」は無かったと解釈させていただきます。
##5
保育園の先生方皆様一生懸命であられたことが
よく判ります。

#2
##1
「頭部外傷」のときは必ずや「「脳神経外科専門医」を
御受診下さいますよう。
##2
「頭部外傷」の場合「頭部X線撮影」は特殊でございます。
##3
また「頭部外傷」には「意識清明期」という怖い「落とし穴」があり
「頭部外傷」
の「重症な病態」が見落とされることがございます。

#3
##1
御相談者の御相談内容からはもう「時間・日時」が経っているので
ある意味で安心はできますが。
##2
「頭部外傷」でも「後頭部打撲」の場合「後頭骨骨折」の有無の
診断は「大変重要」です。
##3
「後頭骨骨折」による「硬膜外血腫」は「静脈性」のため
場合により「意識清明期」が数日に及ぶことがございます。


#4
##1
「CT、X線等の検査を受けてはっきり確認したい
気持ちが起こってきました。
」との事です。
##2
「脳神経外科専門医」を御受診されると宜しいです。
##3
このとき頭部X線撮影は
###1「正面」
###2「側面」
###3「タウン撮影」の
「3方向」は必ず「脳神経外科専門医」は撮影
致します。
##4
まずは「頭部X線撮影」のみで宜しかろうと今の私は考えます。
##5
あとは「お受けもちの先生」の判断に
従われて下さいますよう。

#5
(Q1)今後、どの程度の期間、どのような点を注意して
   経過観察すれば宜しいでしょうか?
##1
まずは慌てずに週末ですから動かないで。
また週末は総合病院など腕利きの先生がいないことが
多いですから。
##2
しっかりとした「脳神経外科専門医」先生を必ずや
御受診されて下さい。


(Q2)後頭部打撲後、所謂「たんこぶ」ができてるから
   大丈夫という人が多いですが
医学的根拠がございますでしょうか?
##1
全くの医学的根拠の毛頭も無い「危険極まりない」
「間違った情報」で御座います。


(Q3)単に親の安心のためにCT、X線の検査を
   1歳半(体重11kg)の
   小児に1年間に2度も行うのは
   デメリットの方が大きい事でしょうか?
   放射線量が気になります。

##1
「親の安心」ではありません。
お気持ちは大変良く判ります。
##2
小児頭部外傷のなかでもとりわけ「後頭部打撲」
は怖いと思います。
##3
もしも「3歳未満で頭蓋骨骨折」があった場合。
##4
「成長骨折(増大骨折)」
の心配がありますから
##5
この場合は3歳まで経過観察は続きます。
##6
お気持ちは判りますが
「脳神経外科専門医」を御受診されない
「現実的な危険」=デメリットは計り知れません。


#6結論:
##1
保育園の先生方皆様一生懸命であられたことが
よく判ります。

##2
「頭部外傷」の場合必ず「脳神経外科専門医」を御受診下さい。
##3
「頭部外傷」で「脳神経外科専門医」を御受診されるとき
伝達しなければならない「大事な情報」がございます。
##4
「受傷時」の情報とりわけ
###1
「頭部外傷の日時と時刻」及び
###2
「意識障害の有無」や
###3
「受傷機転(何に頭をぶつけた)
は重要でございます。

##5
まずは慌てずに週末ですから動かないで。
また週末は総合病院など腕利きの先生がいないことが
多いですから。


##6
しっかりとした「脳神経外科専門医」先生を必ずや
御受診されて下さい。

##7
お子様は頭でっかちですから
親御様の心配は耐えません。

##8
「脳神経外科専門医」を御受診され
「お受けもちの先生」と様々に御相談されて下さい。
##9
ご心配なことと存じますが
幸に考えればか時間が経過していますので。
##10
慌てずに。
##11
しっかりとした「脳神経外科専門医」先生」
を御受診されて下さいますよう。
#12
保育園の先生方皆様一生懸命であられたことが
よく判ります。」


####
前回の御回答の一部は上記の通りでした。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月1日 5時39分0秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: とも   
先日(10/25)は1歳半になる息子の後頭部打撲について
ご指示いただき本当にありがとうございました。
今週の火曜日に脳神経外科を受診し「頭部X線撮影」を
3方向から撮影していただきました。その結果
後頭骨骨折等の骨折は無いとの診断を頂き、
大変安心したしました。ただ、今後半年ほど
遅発性の硬膜下血腫がおこることが大変確率は低いが
否定できないとのご指示を受け、手足、目の動き等の
観察ポイントも教えていただきました。
脳神経外科専門の先生に分かりやすくアドバイスを
いただき本当に心強く感じました。
今回、このようにホームページを開いていただいて
御相談いただけた事を心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

[2003年10月31日 19時3分31秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【頭がフラフラする。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「私は27歳の主婦です。10月の25日から30日まで海外旅行へ
行ってきて、帰ってきたその日の夕方から,頭がフラフラします。
疲れかな−と思ったのですが、なかなか直りません。前に2度、寝起きに
ぐるぐる回るめまいがありました。内科や耳鼻科へ行ったけれど異常なしでした。
今回もめまいの一種なのですか?放っておいても勝手に直るのでしょうか?
それとも病院へ行ったほうが良いですか?何科を受診すれば良いでしょうか?」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは「めまい」というよりは
「めまい感」で御座います。
##2
めまいには「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」があります。
##3
「ふわふわ感」であれば仮性眩暈ですから
「耳鼻科専門医先生」でも「「内科専門医先生」でも
「「異常所見」はないといわれてしまいます。
##4
「ふわふわ」+「しめつけ感」のような「頭重感」は
おありではないでしょうか。
##5
また御相談者は
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
をされたことはないでしょうか。


#3
##1
御相談者の御相談内容からは
「ふわふわ」+「しめつけ感」があり。
##2
もしも「肩こり・頸こり・背中こり」があるのであれば。
##3
「反復性上気道感染」+「緊張型頭痛」なのですが。
##4
「症状・症候」が軽いのであれば
しばらくご様子見で「宜しいのではないでしょうか。
##5
「症状・症候」がお強ければ
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」として。
##6
「頭痛系の「症状・症候」」として
「ふわふわ感」はよく出現するものなので。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#4結論:
##1
「緊張型頭痛」+「反復性上気道感染」
の「症状・症候」のように考えられます。
##2
「症状・症候」がよくなっていくようであれば
御様子見」で宜しいと今の私は考えます。
##3
ご心配であれば
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


##4
しばらくご様子見で宜しいのではないでしょうか。
##5
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 18時31分13秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: みゆう   
初めまして,私は27歳の主婦です。10月の25日から30日まで海外旅行へ
行ってきて、帰ってきたその日の夕方から,頭がフラフラします。
疲れかな−と思ったのですが、なかなか直りません。前に2度、寝起きに
ぐるぐる回るめまいがありました。内科や耳鼻科へ行ったけれど異常なしでした。
今回もめまいの一種なのですか?放っておいても勝手に直るのでしょうか?
それとも病院へ行ったほうが良いですか?何科を受診すれば良いでしょうか?

[2003年10月31日 17時46分22秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【はじめまして。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「私は現在41歳の男です。昨年11月に22年努めた会社を
精神的なもので自主退社し、現在は無職です。次の職と将来のことで
悩んでることは否めません。今回相談させていただきたいことは
退社してから、3ヶ月目の時に、今年の2月頃に、おきました。
文字とかテレビを見ていると、目の前に、キラキラしたものが
出現し、視野が奪われ、段々と大きくなり長いと20分くらい続いて
消えるのですが、その後に気分が悪くなったり、目の奥からこめかみが
少し痛みました。その日に風呂から上がると、今度は顔に火照りが
出始め、耳鳴りも起きたので、特に耳鳴りがひどかったので、耳鼻科に
行き、検査をしてもらったのですが、異常なし火照りで夜も眠れないと
言うと、肩こりも酷くカチコチだったことも話すと以下の薬をもらい
ました。
@アボデスコーワ顆粒
Aミオナール錠50mg
Bハイゼット錠50

以上の薬を飲んでたところその時は火照りも治り、ずっと半年ほど
症状はなかったのですが、この10月の初めにまた、同じ症状が
出始め、現在は出ないのですが、キラキラしたのも、週に2回ほど
でてました。そして、また、耳鼻科に行き、同じ薬をもらって
飲んでるのですが、身体の火照りが治まりません、特に火照りが
ひどく、頭のてっぺんから、身体中火照ってしまって、ずっと
冷やしてないと、耐えられないのです。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨からは
「機能性頭痛」とりわけ「緊張型頭痛」をおもちのようです。
##2
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##3
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

#2
##1
積極的に「脳腫瘍」の「症状・症候」は何もでていないと
思われます。
##2
「目の前に、キラキラしたものが
出現し、視野が奪われ、段々と大きくなり長いと20分くらい続いて
消えるのですが、その後に気分が悪くなったり、目の奥からこめかみが
少し痛みました。その日に風呂から上がると、今度は顔に火照りが
出始め、耳鳴りも起きたので、特に耳鳴りがひどかったので、」
との事です。
##3
これは「閃輝暗点」という「症状・症候」で
「片頭痛」及び「緊張型頭痛」の成分を
御相談者がお持ちであるゆえに見えるものなのですが。
##4
上記お含み頂いて
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の特徴を
#4に記載いたします。


#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
終末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##19
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##20
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##21
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##22
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##23
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」には「症状・症候」発現に
時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
「緊張型頭痛」或いは
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
或いは「機能性頭痛」の「症状・症候」は
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」と間違われます。
##3
ストレスには弱くなります。
##4
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##5
また血圧は「緊張型」の患者さんは140・100というパターン
が多いものです。

#7
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##2
「特に耳の後ろから、後頭部、てっぺん、前頭葉にかけてひどいので、
脳腫瘍とか、何か脳の病気かと心配しております。まだ、CT,MRI
などの検査は受けておりません。心配なので、ご相談にと思いました
よろしくお願いします。」との事です。
##3
これは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」であり「脳腫瘍」のご心配は無用なのですが。
どうしても心配であれば「脳神経外科専門医」を
画像診断として御受診されると宜しいです。

##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨からは
「機能性頭痛」とりわけ「緊張型頭痛」をおもちのようです。
##2
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##3
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
とりわけ「緊張型頭痛」の「症状・症候」が強く
出ておられるように今の私は考えます。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
##8
このことは何卒覚えておかれて下さい。
##9
御相談者に「脳腫瘍」を心配する「症状・症候」
はなにも出ていないように思われます。
##10
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 7時49分33秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: TOSI   
先生、はじめまして。脳腫瘍と検索していたらここに
辿りつきましたので、ご相談させていただきます。

私は現在41歳の男です。昨年11月に22年努めた会社を
精神的なもので自主退社し、現在は無職です。次の職と将来のことで
悩んでることは否めません。今回相談させていただきたいことは
退社してから、3ヶ月目の時に、今年の2月頃に、おきました。
文字とかテレビを見ていると、目の前に、キラキラしたものが
出現し、視野が奪われ、段々と大きくなり長いと20分くらい続いて
消えるのですが、その後に気分が悪くなったり、目の奥からこめかみが
少し痛みました。その日に風呂から上がると、今度は顔に火照りが
出始め、耳鳴りも起きたので、特に耳鳴りがひどかったので、耳鼻科に
行き、検査をしてもらったのですが、異常なし火照りで夜も眠れないと
言うと、肩こりも酷くカチコチだったことも話すと以下の薬をもらい
ました。
@アボデスコーワ顆粒
Aミオナール錠50mg
Bハイゼット錠50

以上の薬を飲んでたところその時は火照りも治り、ずっと半年ほど
症状はなかったのですが、この10月の初めにまた、同じ症状が
出始め、現在は出ないのですが、キラキラしたのも、週に2回ほど
でてました。そして、また、耳鼻科に行き、同じ薬をもらって
飲んでるのですが、身体の火照りが治まりません、特に火照りが
ひどく、頭のてっぺんから、身体中火照ってしまって、ずっと
冷やしてないと、耐えられないのです。
整形外科にも行き、レントゲンと血液検査、尿の検査はしたのですが
異常なしで、痛みや炎症を抑える薬を飲み、肩の痛みなどは取れたの
ですが。火照りは相変らずです。

現在の症状としては、耳鳴り(難聴なし)
火照り(頭のから脊髄にかけてがひどい)

特に耳の後ろから、後頭部、てっぺん、前頭葉にかけてひどいので、
脳腫瘍とか、何か脳の病気かと心配しております。まだ、CT,MRI
などの検査は受けておりません。心配なので、ご相談にと思いました
よろしくお願いします。

追記、血圧は高めといわれました。140−89これがここの
ところの平均数値です。特に薬はもらってません、食事に気をつける
ようにとのことです。

[2003年10月31日 3時19分49秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【胸の痛み】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「1.32歳 女性です

2.症状は、半年前くらいから右の胸が針をさしたようのちくっと痛みだし、
 最近はつい手で胸を押さえてしまうほどずきっとした痛みになってきました。
 痛い場所はいつも右胸の同じ部分のように思われます。
 痛いときは数日間続けて日に何度も痛み、
 また数日間痛まないときもあります。

 また、胸の痛みと合わせて気になることが2点あります。
 一つは胸のしこりです。
 つい先日の乳がん検診で右胸に7ミリくらいのしこりがみつかりました。
 痛みがあるのと同じ右胸です。
 総合病院の乳腺外科で再検査し、触診、マンモグラフィーとエコーの結果は
 良性の繊維線種だろうとのこと。
 今は、念のため行った細胞診の検査結果を待っている段階です。
 胸の痛みについても医師に話しましたが、乳がんは痛まないので
 その痛みは肋間神経痛か何かでは?とのことであまり重要視されませんでした。

 二つ目は心臓が急にドキドキすることがあることです。
 胸の痛みと同じくらいの時期(半年〜10ヶ月前くらいから)から、
 急に心臓がドキドキと早まり、数秒でおさまることがあります。
 横になっているときおこるが多いように思われます。
 最近はおこる頻度も少ないのですが、ちょっと気になります。

3.知りたいこと
 ・この胸の痛みは何なのか?乳腺外科の医師がいうように肋間神経痛なのでしょうか?
  気になるので病院へ行こうと思うのですが何科にかかればいいのでしょうか?
 (神経内科ですか?)
 ・胸の痛みと胸のしこりは関係ないのでしょうか?
  乳がんでこのような胸の痛みを感じることは本当にないのでしょうか?
  同じ右胸なので気になります。
 ・また、心臓がドキドキ早まることもなにか関係あるでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「半年前くらいから右の胸が針をさしたようのちくっと痛みだし、
 最近はつい手で胸を押さえてしまうほどずきっとした痛みになってきました。
 痛い場所はいつも右胸の同じ部分のように思われます。
 痛いときは数日間続けて日に何度も痛み、
 また数日間痛まないときもあります。」
との事です。
##2
この「「胸の裏」の痛みは
「肩こりの「背中」への押し寄せ」と御考え下さい。
##3
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」は御強くて
いらっしゃいませんか。

#3
##1
御相談者に
「肩こり・頸こり・背中こり」がお強いのであれば。
##2
基本的には「機能性頭痛」の一種の
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##3
よく「胸のピリピリ感」できて「胸部帯状疱疹」と
間違われることも御座います。
##4
「肋間神経痛」はよく誤解されやすいのですが
「肋間神経」の「脱神経」による病態で
あまりの「激痛」であるがため「大変怖い病態」で御座います。
##5
だから「肋間神経痛」などでは間違ってもありません。
##6
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と考えます。
##7
「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##8
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の
「成分」がよく混じり合います。
##9
上記ををお含み頂き「緊張型」の患者さんの
特徴を下記#4に記載いたします。


#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
終末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##19
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##20
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##21
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##22
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##23
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。


#5
「緊張型頭痛」には「症状・症候」発現に
時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


#6
##1
##1
この「胸の痛み」は「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の患者さんによく出現いたします。
##2
心臓痛と勘違いされて心配されたり
「脳神経外科専門医先生」以外の先生の場合
「心臓の精密検査」をされることもあります。
##3
「「肩こりの胸への押し寄せ」と考えて頂くと宜しい
ものなのです。
##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
でございます。


##5
因みに
海辺の「外科医先生」は救急疾患である「潜水病」や「自然気胸」
との鑑別で「日常茶飯事」になられております。
##6
この「病態」には
大変お得意でいらっしゃいます。
##7
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と同一延長線上の
「病態」と考えられていただけますか。


#7
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」「乳房疾患」「循環器疾患」とよく
間違われます。
##2
また「洞性頻脈発作」というのを
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんはよく起こされます。
##3
#6とあいまって循環器科にかかられてしまうことも
御座います。
##4
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##5
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

##6
「肩こり・頸こり・背中こり」の「症状・症候」
がつよくていらっしゃれば。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#8結論:
##1
知りたいこと
 ・この胸の痛みは何なのか?乳腺外科の医師がいうように
肋間神経痛なのでしょうか?

>>「違います」。

  気になるので病院へ行こうと思うのですが
  何科にかかればいいのでしょうか?
 (神経内科ですか?)

>>「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。

 ・胸の痛みと胸のしこりは関係ないのでしょうか?

>>「まったく関係が御座いません。」

  乳がんでこのような胸の痛みを感じることは
  本当にないのでしょうか?
  同じ右胸なので気になります。

>>御相談者の御相談内容要旨からは
  いたみが「違います」。

 ・また、心臓がドキドキ早まることも
  なにか関係あるでしょうか?
>>「洞性頻脈です」「延長線上あるいは同一線上にある病態です。」


##2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。


##4
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 12時15分28秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: さあこ   
はじめまして、ご相談にのって頂きたく

1.32歳 女性です

2.症状は、半年前くらいから右の胸が針をさしたようのちくっと痛みだし、
 最近はつい手で胸を押さえてしまうほどずきっとした痛みになってきました。
 痛い場所はいつも右胸の同じ部分のように思われます。
 痛いときは数日間続けて日に何度も痛み、
 また数日間痛まないときもあります。

 また、胸の痛みと合わせて気になることが2点あります。
 一つは胸のしこりです。
 つい先日の乳がん検診で右胸に7ミリくらいのしこりがみつかりました。
 痛みがあるのと同じ右胸です。
 総合病院の乳腺外科で再検査し、触診、マンモグラフィーとエコーの結果は
 良性の繊維線種だろうとのこと。
 今は、念のため行った細胞診の検査結果を待っている段階です。
 胸の痛みについても医師に話しましたが、乳がんは痛まないので
 その痛みは肋間神経痛か何かでは?とのことであまり重要視されませんでした。

 二つ目は心臓が急にドキドキすることがあることです。
 胸の痛みと同じくらいの時期(半年〜10ヶ月前くらいから)から、
 急に心臓がドキドキと早まり、数秒でおさまることがあります。
 横になっているときおこるが多いように思われます。
 最近はおこる頻度も少ないのですが、ちょっと気になります。

3.知りたいこと
 ・この胸の痛みは何なのか?乳腺外科の医師がいうように肋間神経痛なのでしょうか?
  気になるので病院へ行こうと思うのですが何科にかかればいいのでしょうか?
 (神経内科ですか?)
 ・胸の痛みと胸のしこりは関係ないのでしょうか?
  乳がんでこのような胸の痛みを感じることは本当にないのでしょうか?
  同じ右胸なので気になります。
 ・また、心臓がドキドキ早まることもなにか関係あるでしょうか?

お忙しいところお手数ですが上記教えて頂きたく、
よろしくお願いいたします。
  
 [2003年10月31日 2時58分47秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【頭痛と手のしびれ】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「1.23歳の女です。

2.数日前から夜になると頭痛がありまして、最近、両手がしびれて、
うまく、箸が使えなくなっています。
ピアノを弾くこともあるのですが、うまく動かすことができません。

3.こうした症状の場合、病院に行き、検査を受けた方がいいのでしょうか?
手を使う仕事なので、とっても不自由なので、早めにどうにかしたいです。」
との事です。

#2
##1
「数日前から夜になると頭痛がありまして、最近、両手がしびれて、
うまく、箸が使えなくなっています。
ピアノを弾くこともあるのですが、うまく動かすことができません。」という
御相談者の御相談内容からは。
##2
この「症状・症候」の基本は「頭痛系の「症状・症候」」
で御座います。
##3
御相談者には「肩こり・頸こり・背中こり」
はありませんでしょうか。
##4
「数日前からの頭痛」はともかく。
##5
「最近、両手がしびれて、
うまく、箸が使えなくなっています。」との「症状・症候」
はなかなk病院にいかれても
「お受けもちの先生」は「当惑」されると
存じます。

#3
##1
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」
があるのであれば。
##2
この「症状・症候」は「緊張型頭痛」
或いは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##3
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##4
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##5
「頭痛」とは全く関係の少ない「指のしびれ」も
起こります。
##6
親指側か、小指側かに朝起きたとき「症状・症候」
が一番強く現れるはずです。
##7
上記お含み頂いて
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。


#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
終末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##19
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##20
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##21
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##22
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##23
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」には「症状・症候」発現に
時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


#6
##1
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
とよく間違われます。
##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」がお強いのであれば。
頭痛の「症状・症候」とこの点を強調されて。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:
##1
「緊張型頭痛」
或いは「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」で御座います。
##2
親指側か、小指側かに痺れがでることが多いものです。
##3
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」があり
「症状・症候」が強いのであれば。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さい。
##6
御様子見でも宜しいと今の私は考えます。

##7
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 17時58分53秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 朔哉   
初めまして、朔哉と申します。
1.23歳の女です。

2.数日前から夜になると頭痛がありまして、最近、両手がしびれて、
うまく、箸が使えなくなっています。
ピアノを弾くこともあるのですが、うまく動かすことができません。

3.こうした症状の場合、病院に行き、検査を受けた方がいいのでしょうか?
手を使う仕事なので、とっても不自由なので、早めにどうにかしたいです。
よろしくお願いします。

[2003年10月30日 23時46分48秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ALSではないかと心配】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「26歳、女性です。
8月半ばより仕事が忙しくなり、ストレスも大。急に体がだるくなり、
ふくらはぎがだるいのがとれなかった。パソコンの前にいる仕事なの
で、腕がだるくなっても、仕事のせいかもと思っていた。
仕事が落ち着いても体調が回復しなかった為、内科を何度か受診したら、
「心身症」と診断。血液検査も健康体であった。(10月初旬)
その後、「デパス」と「パキシル」を服用していた所、体のだるさ、
ふくらはぎのだるさは解消したが、両腕の凝り(肘上の裏表両方)と、
全身のぴくつき感がとれない。(1ヶ月程続いています)
両腕の凝りは湿布を貼ると貼っている間は、楽になっている感じです。
(凝り?なのか、張っているような感じ。揉みたくなります。)
全身のぴくつき感は、始めは皮膚表面がぴくぴくした感じだったのが、
最近では、筋肉が動いているのが見て分かる時があります。
また、時々、腕と膝下(四肢)に引き裂かれるようなキヤっとした痛み
が走ります。筋肉痛の痛みとは違います。
今のところ、手が動きにくいことはありません。腕はあがりますが、
髪を洗う時には、以前より早くだるくなります。階段も上れます。

これらのことを考えると、「心身症」ではなく、「ALS」ではないか
と恐怖に毎日さいなまれ、頭が変になりそうです。
もともと、脊柱側湾症であるため、肩や首はこりやすかったのですが、
昨年の8月に急にひどい肩こり、首凝りが発症し、一時は頭を支えて
いるのが辛いくらい凝りがひどかったこともありました。今はそこまで
ひどくないので、気にしてなかったのですが、実は「ALS」の
第1歩だったのではないか?とも思えてしまいます。

一人で悩んでいると、悪い方向にしか考えれなくて、心因性でぴくつきや
だるさを余計に起こしているのではないかとも思えてきました。
私は、「ALS」の可能性が大きいのでしょうか?
神経内科にいって検査をうける勇気が出ません。一度先生にご回答頂けた
ら、きっかけになるかもと思って書きました。
ご回答お待ちしております。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨からは。
##2
「神経内科専門医」先生にて精密検査は施行
されていらっしゃるのでしようか。
##3
もしもそうでないのであれば
「「神経内科専門医」先生にて。
##4
「症状・症候」にあわせて精査をされていただいたほうが
宜しいです。
##5
「神経内科専門医」先生或いは「脳神経外科専門医」先生
の精査結果のがないと
心配の種はふえる一方ではないでしょうか。


#3結論:
##1
ご心配なことと存じます。
##2
めんどうでも「神経内科専門医」先生を御受診されて
様子見で宜しいものか否か御受診・「診断」を
頂くのが一番宜しいと今の私は考えます。
##3
如何でしょうか。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 6時31分23秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ぴょんきち   
26歳、女性です。
8月半ばより仕事が忙しくなり、ストレスも大。急に体がだるくなり、
ふくらはぎがだるいのがとれなかった。パソコンの前にいる仕事なの
で、腕がだるくなっても、仕事のせいかもと思っていた。
仕事が落ち着いても体調が回復しなかった為、内科を何度か受診したら、
「心身症」と診断。血液検査も健康体であった。(10月初旬)
その後、「デパス」と「パキシル」を服用していた所、体のだるさ、
ふくらはぎのだるさは解消したが、両腕の凝り(肘上の裏表両方)と、
全身のぴくつき感がとれない。(1ヶ月程続いています)
両腕の凝りは湿布を貼ると貼っている間は、楽になっている感じです。
(凝り?なのか、張っているような感じ。揉みたくなります。)
全身のぴくつき感は、始めは皮膚表面がぴくぴくした感じだったのが、
最近では、筋肉が動いているのが見て分かる時があります。
また、時々、腕と膝下(四肢)に引き裂かれるようなキヤっとした痛み
が走ります。筋肉痛の痛みとは違います。
今のところ、手が動きにくいことはありません。腕はあがりますが、
髪を洗う時には、以前より早くだるくなります。階段も上れます。

これらのことを考えると、「心身症」ではなく、「ALS」ではないか
と恐怖に毎日さいなまれ、頭が変になりそうです。
もともと、脊柱側湾症であるため、肩や首はこりやすかったのですが、
昨年の8月に急にひどい肩こり、首凝りが発症し、一時は頭を支えて
いるのが辛いくらい凝りがひどかったこともありました。今はそこまで
ひどくないので、気にしてなかったのですが、実は「ALS」の
第1歩だったのではないか?とも思えてしまいます。

一人で悩んでいると、悪い方向にしか考えれなくて、心因性でぴくつきや
だるさを余計に起こしているのではないかとも思えてきました。
私は、「ALS」の可能性が大きいのでしょうか?
神経内科にいって検査をうける勇気が出ません。一度先生にご回答頂けた
ら、きっかけになるかもと思って書きました。
ご回答お待ちしております。

[2003年10月30日 22時38分37秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【脳腫瘍で記憶障害】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

1・年齢 2・性別の御記載が無く
御回答限界でもあるのです。


可能な限り御回答致します。

#1
##1
「脳腫王で治療中です。記憶障害が
日に日に進んでます。病気が進んでいるのでしょうか?」
との事です。
##2
「脳腫瘍」の「「病理組織検査」の結痂が記載無く
良性「脳腫瘍」か悪性「脳腫瘍」か判断できませんが。

#2結論:
##1
「記憶障害が日に日に進んでます。病気が進んでいるのでしょうか?」
との事であれば。
##2
「脳腫瘍」の増殖による可能性は
否定できません。
##3
その他の原因例えば「内科的な背景要因」などで
「増悪」の「症状・症候」のでることが御座います。
##4
御回答限界でもあり想像すらつきませんので
これ以上は
「御回答不能」でございます。ご了解下さい。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 6時25分45秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 原 恵子   
脳腫王で治療中です。記憶障害が日に日に進んでます。病気が進んでいるのでしょうか?

[2003年10月30日 22時38分28秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【左足のしびれ続き】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「お返事ありがとうございます。
以前の内容よりも詳しく書くと、性別は女性、年齢は28歳。
椎間板ヘルニアと診断された理由ですが、昨年4月に立っている時に
くしゃみをしたら、腰に激痛が走り立っていられなくなりました。
その後、寝ていても寝返りうてない、自分で動くことも出来ないので
他人に体を支えてもらえないと動けないといった状態が1日続きました。
整形外科病院で診察とレントゲンをしてもらったら、ぎっくり腰でしょうと言われ、
約1週間ぐらいで治りました。
同じ年の7月に左足の太ももあたりから足首にかけてしびれるような
痛みがあったので、同じ病院でレントゲンをとってもらい、それでは
異常は見つからなかったので、後日MRI検査をしました。
その結果、腰の下部の神経が少しでているので椎間板ヘルニアであり、
原因は学生時代にやっていたスポーツ(バトミントン)か、運動不測など
かもしれないとも言われました。
今の足のしびれというものは、足の表側だけジーンとしたような感覚があり、
正座した時にしびれるような感覚とは違うような感じなのです。
お風呂からあがった後も少しの時間はそのような感覚がありますが、
歩いたり、足を触っても痛みはありません。
近いうちに同じ病院で診察してもらおうかと思っていますが、
整形外科にかかればよいのでしょうか?」
との事です。


#2結論:
##1
それでも
宜しいと思います。
##2
下記の前回の御回答は
あくまでもご参考にされて下さい。
##3
早く治られることを
お祈り申し上げます。
##4
頑張られて下さい。


上記及び下記の前回の御回答
あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

補足
前回の御相談と御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

1年齢 2・性別 の御記載が御座いません。
御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。
「御回答の精度」は低下します。


#1
##1
「今年の夏ぐらいからお風呂に入ると左
足の膝下から足首にかけて
しびれるような感覚がするようになりました。
それ以前にはそういう感覚が全く
なかったです。
昨年に椎間板ヘルニアの初期状態だと病院で診断され、
1度だけお尻あたりから足にかけて
しびれを経験しましたが、その感覚とはぜんぜん違うのです。
やはりヘルニアが原因でなるのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「今年の夏ぐらいからお風呂に入ると左
足の膝下から足首にかけて
しびれるような感覚がするようになりました。
それ以前にはそういう感覚が全く
なかったです。」
との事です。

##2
膝の裏が「のりで貼ったような」「張り感」
がおありであろうと
存じます。

##3
御相談者の御相談内容からは
「外側大腿皮神経」の「症状・症候」であろうと
思われます。

##4
体重をかけていないと足の裏に
「かすかな電流の流れる」感じもされると存じます。


#3
##1
「昨年に椎間板ヘルニアの初期状態だと病院で診断され、
1度だけお尻あたりから足にかけて
しびれを経験しましたが、その感覚とはぜんぜん違うのです。」
との事です。


##2
日本では欧米と「椎間板ヘルニア」の概念が全く違います。


##3
「椎間板ヘルニア」病態とは椎間板を構成する「線維輪(せんいりん)」
が「破裂」しておきる「急性緊急疼痛事態」です。

##4
椎間板のクッション役をする
中身の「髄核」という「ピンク色」をした
「ジェリー状」の物質が神経根或いは脊髄を直撃するものです。

##5
蛇足ながら「ある疼痛治療で有名な病院のペインクリニック科」が
本「邦で手術前の椎間板ヘルニアの患者さん」を調査したら。

##6
95%椎間板ヘルニアではなかったという報告が御座います。

##5
適切な表現が思い浮かばないのですが
「車のタイヤのパンク」と同じ状態ですから
緊急手術が必要なはずです。

##6
ちなみに米国では医師免許証取得後 1−2年目の
「外科系レジデント医師」が許可される手術のひとつです。

##7
で大体硬膜外麻酔或いは時に全身麻酔ですが手術時間は1時間弱。
「入院はしないか」しても「1日」です。


#6結論:
##1
御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みました。
##2
「外側大腿皮神経」の「症状・症候」で御座います。
##3
椎間板ヘルニアかどうかの
「御診断」にいたった経緯が御記載がございません。


##4
感覚「異常所見」が椎間板ヘルニアと関連するかは
ご回答不能で御座います。
##5
御免なさい。


##6
けれども椎間板ヘルニアの「「症状・症候」は
「泣くほど痛い」「症状・症候」であることを
ご理解下さい。
##7
「椎間板ヘルニア」病態とは椎間板を構成する
「線維輪(せんいりん)」が「破裂」しておきる
「急性緊急疼痛事態」であることを御理解下さい。
##8
日本では欧米と「椎間板ヘルニア」の概念が全く違います。

##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月30日 9時20分22秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: さや   
質問なのですが、今年の夏ぐらいからお風呂に入ると左足の膝下から足首にかけて
しびれるような感覚がするようになりました。それ以前にはそういう感覚が全く
なかったです。
昨年に椎間板ヘルニアの初期状態だと病院で診断され、1度だけお尻あたりから足にかけて
しびれを経験しましたが、その感覚とはぜんぜん違うのです。
やはりヘルニアが原因でなるのでしょうか?

[2003年10月29日 20時45分41秒]

++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月31日 6時21分14秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: さや   
お返事ありがとうございます。
以前の内容よりも詳しく書くと、性別は女性、年齢は28歳。
椎間板ヘルニアと診断された理由ですが、昨年4月に立っている時に
くしゃみをしたら、腰に激痛が走り立っていられなくなりました。
その後、寝ていても寝返りうてない、自分で動くことも出来ないので
他人に体を支えてもらえないと動けないといった状態が1日続きました。
整形外科病院で診察とレントゲンをしてもらったら、ぎっくり腰でしょうと言われ、
約1週間ぐらいで治りました。
同じ年の7月に左足の太ももあたりから足首にかけてしびれるような
痛みがあったので、同じ病院でレントゲンをとってもらい、それでは
異常は見つからなかったので、後日MRI検査をしました。
その結果、腰の下部の神経が少しでているので椎間板ヘルニアであり、
原因は学生時代にやっていたスポーツ(バトミントン)か、運動不測など
かもしれないとも言われました。
今の足のしびれというものは、足の表側だけジーンとしたような感覚があり、
正座した時にしびれるような感覚とは違うような感じなのです。
お風呂からあがった後も少しの時間はそのような感覚がありますが、
歩いたり、足を触っても痛みはありません。
近いうちに同じ病院で診察してもらおうかと思っていますが、
整形外科にかかればよいのでしょうか?

[2003年10月30日 22時27分38秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科