山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題46
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

46記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題46

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ご回答ありがとうございました!】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


宜しかったです。

#1
御相談者が大変苦悩されていらっしゃるのは
よく判ります。
お可哀想にもそれでも
踏ん張ってがんばられている。

#2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

#3
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
+++++++++++++++++++++++++

ここでの御相談の文章にて表現されたよりは
はるかに「切実な苦悩」で苦しまれている
であろうことは見抜いております。
含まれて御回答ご参照下さい。


#1
##1
「26歳の都内で働く社会人女性です。

先生にご相談したいことですが、1年ぐらい前から
仕事探しがあったため、
ストレスから段々頭痛がするようになりました。

今は首が堅く、こめかみから上が
かちこちになり、目を開けるのも辛い状況です。

目の下もこめかみにひっぱられる
感じがあって、歯もしびれることがあります。
笑いたくても頭からつっぱるかんじで・・・。

ずっと視線恐怖症という症状があって悩んでいたんですが、

そんなのよりも表現できないような頭痛に今はへとへで

仕事も毎日勝負!という感じで行ってます!

最近は頭痛が良くならないせいなのか、
不安になったり、いらいらしたり、
自分なんてと
本当に卑下してしまって、悲しくなったりします。
食欲はかなりありますが。。

これはもしかして頭痛が起きたのは鬱病からなのでしょうか。

それとも緊張性頭痛からなのでしょうか。
どのジャンルの病因に行ったらいいですか。」
との事です。


#2
##1
「仕事も毎日勝負!という感じで行ってます!
最近は頭痛が良くならないせいなのか、
不安になったり、いらいらしたり、
自分なんてと本当に卑下してしまって、悲しくなったりします。
食欲はかなりありますが」
との事からは「うつ」と「うつ状態」とは私には
考えられません。
##2
「今は首が堅く、こめかみから上が
かちこちになり、目を開けるのも辛い状況です。
目の下もこめかみにひっぱられる
感じがあって、歯もしびれることがあります。
笑いたくても頭からつっぱるかんじで・・・。
ずっと視線恐怖症という症状があって悩んでいたんですが、
そんなのよりも表現できないような頭痛に今はへとへで
仕事も毎日勝負!」

との「症状・症候」からは。
##3
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

#3
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」がる場合を呼称いたします。
##3
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


#6
##1
ストレスには弱くなります。
##2
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##3
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。
##5
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」
等と間違われます。
##5
御相談者の御相談内容からは
「うつ」と「うつ状態」は全く異なる病態
であり「頭痛系の「症状・症候」」と考えます。
##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:
##1
「頭痛系の「症状・症候」」で御座います。
##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##3
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
##6
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##7
多分にここで表現されたよりは
御相談者は「切実な苦悩」はおありであろうと
今の私は考えます。
##8
「うつ状態」はだれしもがそうですが
病気では御座いません。
##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

+++++++++++++++++++++++++
前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月8日 14時42分59秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 高杉   
先生、お忙しい中ご返答いただき大変有難うございました。

「緊張性頭痛・・もしくは鬱ですか」とのタイトルで
書き込みをした高杉です。

先生のずばりご指摘頂いた通り、切実に悩んでいたため、
プリントアウトして何度も読ませていただきました。

脳神経外科の頭痛専門のところに行ってみたいと思います。

本当に有難うございました。
先生もお体、ご自愛ください。

[2003年11月8日 13時5分1秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【手足のしびれ】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「27歳の主婦(女)です。夜9時頃少し足先の痺れを感じました。
お風呂で暖めたら直ると思い入りました。そしたらひどくなり
ひざ下から指先までしびれました。手は少ししびれました。
痛くはありません。他頭いたなどもありません。
何か脳の病気でしょうか」
との事です。


#2
##1
「下肢ニューロパチー」+「末梢循環障害」
の「症状・症候」で御座います。
##2
「下肢ニューロパチー」は「下肢の痺れ」を
「ニューロパチー」という「疾患名」に置き換えただけで
病態として大きな意味は御座いません。
##3
また「末梢循環障害」は「下肢静脈還流不全状態」
のことで「動脈性末梢循環障害」のことでは御座いません。

#3
##1
「軽い静電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」
と考えます。
##2
「体重」をかけていると消失或は著明に軽減致しますが
「いすに座ったり」「入浴にて浮力で体重負荷がなくなる」
状態で強く「症状・症候」を感じられる患者さんが
多いものです。
##3
それでも入浴により軽減する方が50%で御座います。
##4
机の上に足を乗せるなど
おみ足を高くすると「一気に消失」致します。


#4
##1
「下肢ニューロパチー」は一度御自覚され「御自覚症状」となると
生活に御支障はないが「大変」気になるもので御座います。
##2
この痺れは上肢+「手しびれ」でも同時に「症状・症候」
が発生いたします。

#5
##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴です。
##2
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが特徴で御座います
##3
「朝」に「御症状」の強い
「ニューロパチー」という「御症状」です。
「右手」に圧倒的に多いです。
##4
正診断率の大変低い「症状・症候」」です。
##5
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」などと間違われます。
##6
気になるかもしれませんが
御様子見」で宜しいと今の私は考えます。


#6結論:
##1
「下肢ニューロパチー」+「末梢循環障害」の
「症状・症候」で御座います。
##2
「体重」をかけていると消失或は著明に軽減致しますが
「いすに座ったり」「入浴にて浮力で体重負荷がなくなる」
状態で強く「御自覚症状」として出ます。
##3
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
とは関係の無い「良性」の「症状・症候」で
御座います。
##4
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


[2003年11月8日 11時46分18秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 田中佳世   
27歳の主婦(女)です。夜9時頃少し足先の痺れを感じました。
お風呂で暖めたら直ると思い入りました。そしたらひどくなり
ひざ下から指先までしびれました。手は少ししびれました。
痛くはありません。他頭いたなどもありません。
何か脳の病気でしょうか?

[2003年11月8日 11時6分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【緊張性頭痛・・・それともうつ病ですか??】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

多分に御相談者は
ここでの御相談の文章にて表現されたよりは
はるかに「切実な苦悩」で苦しまれている
であろうことは見抜いております。
含まれて御回答ご参照下さい。


#1
##1
「26歳の都内で働く社会人女性です。

先生にご相談したいことですが、1年ぐらい前から
仕事探しがあったため、
ストレスから段々頭痛がするようになりました。

今は首が堅く、こめかみから上が
かちこちになり、目を開けるのも辛い状況です。

目の下もこめかみにひっぱられる
感じがあって、歯もしびれることがあります。
笑いたくても頭からつっぱるかんじで・・・。

ずっと視線恐怖症という症状があって悩んでいたんですが、

そんなのよりも表現できないような頭痛に今はへとへで

仕事も毎日勝負!という感じで行ってます!

最近は頭痛が良くならないせいなのか、
不安になったり、いらいらしたり、
自分なんてと
本当に卑下してしまって、悲しくなったりします。
食欲はかなりありますが。。

これはもしかして頭痛が起きたのは鬱病からなのでしょうか。

それとも緊張性頭痛からなのでしょうか。
どのジャンルの病因に行ったらいいですか。」
との事です。



#2
##1
「仕事も毎日勝負!という感じで行ってます!
最近は頭痛が良くならないせいなのか、
不安になったり、いらいらしたり、
自分なんてと本当に卑下してしまって、悲しくなったりします。
食欲はかなりありますが」
との事からは「うつ」と「うつ状態」とは私には
考えられません。
##2
「今は首が堅く、こめかみから上が
かちこちになり、目を開けるのも辛い状況です。
目の下もこめかみにひっぱられる
感じがあって、歯もしびれることがあります。
笑いたくても頭からつっぱるかんじで・・・。
ずっと視線恐怖症という症状があって悩んでいたんですが、
そんなのよりも表現できないような頭痛に今はへとへで
仕事も毎日勝負!」

との「症状・症候」からは。
##3
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。


#3
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」がる場合を呼称いたします。
##3
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。


#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


#6
##1
ストレスには弱くなります。
##2
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##3
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。
##5
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」
等と間違われます。
##5
御相談者の御相談内容からは
「うつ」と「うつ状態」は全く異なる病態
であり「頭痛系の「症状・症候」」と考えます。
##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:
##1
「頭痛系の「症状・症候」」で御座います。
##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##3
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
##6
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##7
多分にここで表現されたよりは
御相談者は「切実な苦悩」はおありであろうと
今の私は考えます。
##8
「うつ状態」はだれしもがそうですが
病気では御座いません。
##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月8日 7時44分0秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 高杉   
こんにちは。このような相談できるHPに出会えて嬉しいです!!

26歳の都内で働く社会人女性です。

先生にご相談したいことですが、1年ぐらい前から
仕事探しがあったため、
ストレスから段々頭痛がするようになりました。

今は首が堅く、こめかみから上が
かちこちになり、目を開けるのも辛い状況です。

目の下もこめかみにひっぱられる
感じがあって、歯もしびれることがあります。
笑いたくても頭からつっぱるかんじで・・・。

ずっと視線恐怖症という症状があって悩んでいたんですが、

そんなのよりも表現できないような頭痛に今はへとへで

仕事も毎日勝負!という感じで行ってます!

最近は頭痛が良くならないせいなのか、
不安になったり、いらいらしたり、
自分なんてと
本当に卑下してしまって、悲しくなったりします。
食欲はかなりありますが。。

これはもしかして頭痛が起きたのは鬱病からなのでしょうか。

それとも緊張性頭痛からなのでしょうか。
どのジャンルの病因に行ったらいいですか。

お忙しいとは思いますが、どうぞ少しでもいいのでアドバイスを
お願いします。

アドバイスして頂いたことは
何でもやりたいと思います!!

[2003年11月7日 23時49分10秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【無症候性脳梗塞】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「20代後半で偶然、確認できるだけで10箇所以上、特に左側の
無症候性脳梗塞が見つかり、血小板凝固に異常があるためという
診断によりパナルジンを服用していました。
その後、転勤により転院し今の近所の大学病院
(有名なとこではありません)へ。

ここではパナルジンは必要無いと、経過観察のみで
1年に1度のMRIと血液検査を3年間してきました。
しかし今回、脳梗塞が増えている疑いがあり、血小板凝固・
粘着など調べましたが、大きな異常は見られず原因不明・・
と言われたのです。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
この「脳MRI脳梗塞」は本物の「脳梗塞」とは
一線も二線をも画するものです。
##3
だから「パナルジン」内服など
「不要なこと」で「御座います。

#3
##1
「その後、転勤により転院し今の近所の大学病院
(有名なとこではありません)へ。

ここではパナルジンは必要無いと、経過観察のみで
1年に1度のMRIと血液検査を3年間してきました。
しかし今回、脳梗塞が増えている疑いがあり、血小板凝固・
粘着など調べましたが、大きな異常は見られず原因不明・・
と言われたのです。

との事です。

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##3
元来「不要でありかつ危険な」「パナルジン」
が「停止」されたことは「大変」幸運で御座いました。

#4
##1
「今回、脳梗塞が増えている疑いがあり、血小板凝固・
粘着など調べましたが、大きな異常は見られず原因不明・・
と言われたのです。」
##2
「脳MRI」では機器の性能や「条件」により
また「ヘリウムガス」の補充状況その他により。
##3
「脳MRI脳梗塞」の数は「脳MRIを検査するたびに」
変動いたします。
##4
「だから「脳MRI脳梗塞」が増えている」
という画像診断の「理論的根拠」は。
##5
脳MRIの画像診断を行なった御施設が異なれば
「脳MRI脳梗塞」の数は「100倍にも100分の1」
にも「変化」致します。
##6
即ち「脳MRI脳梗塞」或は
脳MRIによる「無症候性脳梗塞」の「数」
の√「分散」=「標準偏差」は
+−10*3(10の3乗)=+−1000個
とされています。
##7
すなわち
「100個(百個)も1100個(千百個)も」「同じである」
ということで御座います。


#5結論:
##1
上記の「標準偏差」のプラスマイナスよりは。
##2
「「脳MRI脳梗塞」の「客観的な画像診断」には
「定量性」は無し」とされています。
##3
だから
「若年で無症候性脳梗塞がおこり増える原因は何があるのでしょうか」
が。
##4
「脳MRI脳梗塞」を意味する限りは。
##4
何も「統計学的に本質的」原因は御座いません。
##5
しいて論ずれば。
##6
「御施設の違い」と「脳MRIの機種」の相違
が原因で御座います。
##7
「血小板凝固・
粘着など調べましたが、大きな異常は見られず原因不明」
との事です。
##8
「脳MRI脳梗塞」=「無症候性脳梗塞」では
臨床血液検査における
「凝固能の「異常所見」」は関係が御座いません。
##8
だか9
御相談者の御相談内容からは
##10
御相談者は「なんら心配される必要」は
医学的には「脳神経外科専門医」の観点からは
存在しない
と今の私は考えます。

##11
お受けもちの先生も一生懸命で
いらっしゃることよく分かります。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 18時59分2秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
34歳 女性
20代後半で偶然、確認できるだけで10箇所以上、特に左側の
無症候性脳梗塞が見つかり、血小板凝固に異常があるためという
診断によりパナルジンを服用していました。
その後、転勤により転院し今の近所の大学病院
(有名なとこではありません)へ。

ここではパナルジンは必要無いと、経過観察のみで
1年に1度のMRIと血液検査を3年間してきました。
しかし今回、脳梗塞が増えている疑いがあり、血小板凝固・
粘着など調べましたが、大きな異常は見られず原因不明・・
と言われたのです。
数年で、血小板凝固集は異常から正常に簡単になるものですか?
またコレステロール、血圧、心電図は正常で
脳のMRI以外、異常が全くないということであれば、
若年で無症候性脳梗塞がおこり、増える原因は何があるのでしょうか?
今の医師も「多分・・・」という返事ばかり。
これからの長い人生、原因不明では不安で仕方ないです。
先天的に脳の血管が細いのかも・・とも言われましたが
考えられる原因を教えて下さい。
また左側に多いことから体に変化は起こりますか?
最近、物忘れや、名前を思い出せないことが多く
少し気になっています。
どうかよろしくお願いします。

[2003年11月7日 18時5分53秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【教えてください。】

--------------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
#1
##1
「26歳 女性です。
いつの頃からか、頭の左側面にコブのようなものがあります。
位置としては目の横、耳より少し前の位置です。
直径2cm程度で硬く、結構盛り上がっています。
触っても痛みはなく、骨とつながっているようにも思います。
頭痛などの症状はありません。
このコブは診察に行ったほうがいいのでしょうか?
診察していただくとすると何科で診ていただけばいいのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
この「こぶ」は「「頬骨」の「頬骨弓」」という「顔面頭蓋の頬骨」
から発生する「正常構造物」で御座います。

#3
##1
「位置としては目の横、耳より少し前の位置です。
直径2cm程度で硬く、結構盛り上がっています。」
は。
##2
「「頬骨」の「頬骨弓」」は「側頭骨の頬骨弓」と結合
して。
##3
「ドイツ水平線」或は「Heiderberg line:ハイデルベルク線」
という「頭蓋骨」の「解剖学的な線」に水平に。
##4
「弓」のように水平に「横たわっている」のですが。
##5
皮膚の上からは
御相談者と同じくにあたかも「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
と間違えれて慌てられる患者さんは稀ならずいらっしゃいます。
##6
ご心配なものでは御座いません。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
この「こぶ」は「「頬骨」の「頬骨弓」」という「顔面頭蓋の頬骨」
から発生する「正常構造物」で御座います。
##3
「ドイツ水平線」或は「Heiderberg line:ハイデルベルク線」
という「頭蓋骨」の「解剖学的な線」に水平に。
##4
「弓」のように水平に「横たわっている」のですが。
##5
皮膚の上からは
御相談者と同じくにあたかも「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」
と間違えれて慌てられる患者さんは稀ならずいらっしゃいます。
##6
ご心配は無用で御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 18時43分11秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: カサハラ   
26歳 女性です。
いつの頃からか、頭の左側面にコブのようなものがあります。
位置としては目の横、耳より少し前の位置です。
直径2cm程度で硬く、結構盛り上がっています。
触っても痛みはなく、骨とつながっているようにも思います。
頭痛などの症状はありません。
このコブは診察に行ったほうがいいのでしょうか?
診察していただくとすると何科で診ていただけばいいのでしょうか?
よろしくお願い致します。

[2003年11月7日 18時2分11秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【記憶障害】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「22歳男、10月の初めに階段から落ちて頭を打つ。
一時的な記憶喪失みたいなものだと診断され、
そのうち思い出すでしょうといわれた。
現在、本人は2001年の冬だと思っている。
その時期は本人にとって、色々あった時期らしい。
私とは2002年の春に出会ったため、私のことは全く覚えていない。
2002年から、頭を打つまでの記憶がないらしい。
それ以前の記憶は普通にあるらしい。
私とは来年に結婚する予定でした。
記憶は完全に戻るのでしょうか」
との事です。

#2
「頭部外傷」の「状況」の記載が全く御座いません。
##1
「頭部外傷」の「御診断」名が御座いません。
###1
例えば「脳挫傷の「御診断」」であったとか
###2
「「外傷性「くも膜下出血(SAH)」」があったとか。
##2
「治療経過」の御記載が御座いません。
###1
例えば手術をしたとか。
###2
入院期間が何日であったとか。
##3
##1+##2に附随する「施行された検査」の御記載
が御座いません。
###1
脳CT・MRIは画像診断ではどうであったか。
###2
「脳波検査所見」はどうであったか。
とか。

##4
「10月の初めに階段から落ちて頭を打つ。
一時的な記憶喪失みたいなものだと診断され、
そのうち思い出すでしょうといわれた。」という
「症状・症候」が「外傷由来」であれば。
##5
「入院+精査+治療」は必ずや施行されているはず
で御座います。

#3
##1
#2の御記載がないと全く「症状・症候」が判断不能
であります。
##2
御回答限界でもあり想像すらつきませんので
「御回答不能」でございます。
##3
ご了解下さい。


#4結論:
##1
「10月の初めに階段から落ちて頭を打つ。
一時的な記憶喪失みたいなものだと診断され、
そのうち思い出すでしょうといわれた。
現在、本人は2001年の冬だと思っている。
その時期は本人にとって、色々あった時期らしい。
私とは2002年の春に出会ったため、私のことは全く覚えていない。
2002年から、頭を打つまでの記憶がないらしい。
それ以前の記憶は普通にあるらしい。」
との「症状・症候」が「「頭部外傷」由来のものであれば。

##2
これは「逆行性健忘:post-traumatic amnesia:PTA」
という「頭部外傷」で「意識障害のある」
病態で出現する「症状・症候」で御座います。
##3
「逆行性健忘:post-traumatic amnesia:PTA」
にしてはかなり「症状・症候」が強いので。
##4
場合により脳挫傷による「両側前頭葉」或は「両側側頭葉」
或は「この両者」による「症状・症候」とも
考えられます。
##5
上記のごとく
御回答限界でもあり想像すらつきません。
ご了解下さい。
##6
あくまでも「推測」ですが
何卒にご参考にされて下さい。
##7
御幸運をお祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 18時33分50秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 智子
22歳男、10月の初めに階段から落ちて頭を打つ。
一時的な記憶喪失みたいなものだと診断され、
そのうち思い出すでしょうといわれた。
現在、本人は2001年の冬だと思っている。
その時期は本人にとって、色々あった時期らしい。
私とは2002年の春に出会ったため、私のことは全く覚えていない。
2002年から、頭を打つまでの記憶がないらしい。
それ以前の記憶は普通にあるらしい。
私とは来年に結婚する予定でした。
記憶は完全に戻るのでしょうか?
そのうちっていつまで待てばいいんですか?
私に出来ることってなにかありますか??
お願いします!教えてください!!

[2003年11月7日 17時34分21秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【痙攣? 返信】

--------------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「適切、かつご丁寧な返信本当にありがとうございました。
先生のおしゃる通り、痙攣はありません。
ただ、筋肉が脈うつように振動?しているのです。
特に、安静時や起床時によくみられます。
さらに最近、これといった運動はしていないのに、
手の関節が痛むことがあります。
これも、緊張、不安、ストレスから、
筋肉が強ばり、関節に負担をかけているせいでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「筋肉が脈うつように振動?しているのです。
特に、安静時や起床時によくみられます。
さらに最近、これといった運動はしていないのに、
手の関節が痛むことがあります。 」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と延長線上あるいは同一線上にある病態で御座います。

#3結論:

##1
「夜間就眠中」或は「夜間臥床中」
に御相談者の御相談内容要旨の
「症状・症候」は稀ならず出現いたします。
##2
手指の親指・人指指(第1・第2指)か小指・薬指(第4・第5指)
に絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴です。
##3
「関節」にも同様な「症状・症候」はおありと存じます。
##4
いくらなんでも「手の甲のしびれ」等が
「頭痛」のはずは御座いません。
##4
延長線上あるいは同一線上にある病態である
とご理解下さい。
##5
「これも、緊張、不安、ストレスから、
筋肉が強ばり、関節に負担をかけているせいでしょうか」
との事です。
##6
正確には「##5」では御座いません。
##7
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「24歳の男です。
1ヶ月半前より、頚椎周辺の痛みというか、
締め付けられる感じがあり、同時に目眩(ふわふわした)、
目の圧迫感(常に後ろから
目を引っ張られてる感覚)が続いています。

なんだか、全身の筋肉が鼓動とは関係なく(鼓動より早く)、
どくどく一定リズムで震えている状態で、
2〜3分程で治まるんですが、

まるで二つ心臓があるみたいなかんじです。
さらに首を左右にゆっくり動かすと、同じところで
「関節がこすれるようなパキパキ音」が鳴るんです。
普通は鳴らないですよね?
これらの症状が毎日続くので正直まいっています。
一体なにがおきているんでしょうか?
特に服用している薬などはありませんし、
お酒はほとんど飲みません。 」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは
御相談者の「症状・症候」は3つに分類可能と考えます。
###1
「1ヶ月半前より、頚椎周辺の痛みというか、
締め付けられる感じがあり」という「頚部の締め付けられる
痛み」=「頚部痛」。
###2
「同時に目眩(ふわふわした)、目の圧迫感(常に後ろから
目を引っ張られてる感覚)」
という「眼の「症状・症候」」=「眼の「症状・症候」」
###3
「全身の筋肉が鼓動とは関係なく(鼓動より早く)、
どくどく一定リズムで震えている状態で、
2〜3分程で治まるんですが」
という「筋肉の震えるような「症状・症候」」=「筋肉の「症状・症候」」

##2
##1の
頚部痛+眼の「症状・症候」+筋肉の(硬い)「症状・症候」
からは頭痛系の疾患である
「緊張型頭痛」という病態が浮上いたします。

#3
##1
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」でなない
「頭痛」の一群を呼称いたします。
##3
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
御相談者の「症状・症候」はよく判りましたので。
##5
上記お含み頂いて「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。
##6
合致するかどうかおよみください。
##6
なお「痙攣」という「症状・症候」に合致する
「症状・症候」は御相談者の御相談内容からは
読み取れません。
##7
「痙攣」はおありではないと考えます。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
低い枕でないとお休みになれないのでは
##13
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##14
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##15
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##16
終末に具合が悪くなりませんか。
##17
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##18
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##19
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##20
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##21
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##22
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##23
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」には「症状・症候」発現に
時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


#6
##1
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」であると考えます。
##2
最初に御回答いたしましたように
御相談者の御相談内容からは
頚部痛+眼の「症状・症候」+筋肉の(硬い)「症状・症候」
からは頭痛系の疾患である
「緊張型頭痛」という病態が浮上いたします。
##3
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「
更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」等と間違われます。
##5
皮肉なことに脳MRIから「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」等と間違われます。
##6
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。


#7
##1
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
或は「緊張型頭痛」の治療法ですが。
##2
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##3
「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。
##4
再度お話いたしますが。
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。


#8結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
御相談者の「症状・症候」は3つに分類可能と考えます。
###1
「1ヶ月半前より、頚椎周辺の痛みというか、
締め付けられる感じがあり」という「頚部の締め付けられる
痛み」=「頚部痛」。
###2
「同時に目眩(ふわふわした)、目の圧迫感(常に後ろから
目を引っ張られてる感覚)」
という「眼の「症状・症候」」=「眼の「症状・症候」」
###3
「全身の筋肉が鼓動とは関係なく(鼓動より早く)、
どくどく一定リズムで震えている状態で、
2〜3分程で治まるんですが」
という「筋肉の震えるような「症状・症候」」=「筋肉の「症状・症候」」

##2
##1の
頚部痛+眼の「症状・症候」+筋肉の(硬い)「症状・症候」
からは頭痛系の疾患である
「緊張型頭痛」という病態が浮上いたします。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」が
「眼科疾患」と間違われることは近年激減致しました。
##4
けれども正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##5
「症状・症候」がお強い様であれば。
##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてくださいませ。

##8
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」等と間違われます。

##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

++++++++++++++++++++++++++++++
前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 19時7分55秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
適切、かつご丁寧な返信本当にありがとうございました。
先生のおしゃる通り、痙攣はありません。
ただ、筋肉が脈うつように振動?しているのです。
特に、安静時や起床時によくみられます。
さらに最近、これといった運動はしていないのに、
手の関節が痛むことがあります。
これも、緊張、不安、ストレスから、
筋肉が強ばり、関節に負担をかけているせいでしょうか?
なんども申し訳ありませんが、
緊張性頭痛との関連があるかご開示お願いいたします。

[2003年11月7日 16時9分46秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【右足のしびれ】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「32歳女性です。昨日夕方から突然右足(ひざ下などの脚ではなく、
ちょうど靴を履く足の部分のみ)にしびれが起こりました。
その後しばらくして気にならなくなりましたが、
睡眠中にも同じ部分にしびれがあらわれました。
今朝起きるとき脳を縦にはしるような頭痛が一瞬おきました。
そして昼過ぎからまた右足がしびれています。
2カ月くらい前までは、偏頭痛があったので病院からもらった
鎮痛剤を服用していました。偏頭痛は最近ありません。
父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが…。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」を
お持ちの様です。
##3
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」
等があります。
##5
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」を呼称致します。
##6
「機能性頭痛」でとりわけ
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
では「頭痛」の代わりに「痺れ」或は「ふわふわ」にて
「症状・症候」が代償されることが御座います。

#3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんでは下肢或は体部の「張った感じ」
或はしびれ感が「症状・症候」として出現致します。
##1
下肢に膝裏をのりで貼った様な「はり感」があり
重たい感じがするのも特徴で御座います。
##2
下肢の「静脈還流不全状態」なのですが。
##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんでは上肢・下肢ともに
「浅い静脈」を「深い静脈」よりも使うことになります。
##4
そのため「浅い静脈」の「静脈還流不全状態」から
くるはり感・或はしびれ感なのです。
##4
下肢の張った「症状・症候」はここからでます。
##5
しびれや下肢の張った感じを併発いたします。
##6
頭の痺れ感・或は頭皮の痺れ感も
延長線上あるいは同一線上にある病態で出現致します。
##7
「軽い静電気を感じられている様な御自覚症状」と考えます。
##8
##7に加えて
「静脈還流不全状態」の「症状・症候」が基本病態なのですが。
##9
#2+#3を含まれて
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
上記のごとく御相談者の御相談内容からは
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##2
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##3
「父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが」
との事ですが「心配無用」と考えます。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」等と間違われます。
##5
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##6
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」がお強いのであれば。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:

##1
「父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが」
との事ですが「この御心配は無用」であると
今の私は考えます。
##2
御相談者の御相談内容からは
「「軽い静電気を感じられている様な御自覚症状」と考えます。
##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##4
もしも御相談者に
「肩こり・頸こり・背中こり」があるのであれば。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
##7
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##8
「偏頭痛」の御御診断」が確かであれば。
御相談者の御相談内容からは
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
ということになります。
##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 18時18分52秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: さくま   
32歳女性です。昨日夕方から突然右足(ひざ下などの脚ではなく、
ちょうど靴を履く足の部分のみ)にしびれが起こりました。
その後しばらくして気にならなくなりましたが、
睡眠中にも同じ部分にしびれがあらわれました。
今朝起きるとき脳を縦にはしるような頭痛が一瞬おきました。
そして昼過ぎからまた右足がしびれています。
2カ月くらい前までは、偏頭痛があったので病院からもらった
鎮痛剤を服用していました。偏頭痛は最近ありません。
父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが…。

[2003年11月7日 15時57分45秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【頭痛と頭のしびれ】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「3日目ぐらい前から頭痛がはじまりまったのですが、
いつも痛いわけではなく、咳をしたり力を入れたり、
下を向いたりして作業したりするときに痛みを感じます。
痛みは左側のいつも決まったところに感じます。

また、昨日あたりから痛みを感じるところと同じところが
がしびれてきたのですが、これは風邪のでしょうか??
自分では風邪を引いている症状はなく、熱もありませんし、
のどの痛みなども特にありません。しびれは常時続いています」

との事です。

#2
##1
「3日目ぐらい前から頭痛がはじまりまったのですが、
いつも痛いわけではなく、咳をしたり力を入れたり、
下を向いたりして作業したりするときに痛みを感じます。
痛みは左側のいつも決まったところに感じます。」
という「症状・症候」からは。
##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
が最も考えられます。
##3
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」
は御座いますでしょうか。
##4
また
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を。
##5
「御自覚症状」なく繰り返されていることが
多いものです。


#3
##1
「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」
等があります。
##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
はそのひとつで御座います。
##3
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」の一群で御座います。
##4
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」
がよく混じり合います。
##5
上記お含み頂いて
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の特徴を
#4に記載いたします。


#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」
或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に
時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。
##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょうか。
##2
まずほかの手指には来ません。
##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょうか。
##4
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。
##5
とこの「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。
##6
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

#7
##1
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」などと間違われます。
##2
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われます。
##3
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##4
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##5
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##6
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」が
「眼科疾患」と間違われることは近年激減致しました。
##7
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##8
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#8結論:
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と考えます。
##2
よく「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」などと間違われます。
##3
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」「脊椎空洞症」等と
間違われます。
##4
「なにかの一つ覚え」のごとく
「咳ををするとしびれがくる」「下をむくと「症状・症候」がでる」
という「キアリ奇形」の御記載が一人歩きをしているからなのですが。
##5
「上気道」や「呼吸器」を繰り返すのも特徴で御座います。
##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##8
ご心配なことと存じますが。
##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記ご参考にまでお留めおき下さいませ。
何卒にお大事にされてくださいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 14時56分19秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 加藤 彩   
私は25歳の女性です。

3日目ぐらい前から頭痛がはじまりまったのですが、
いつも痛いわけではなく、咳をしたり力を入れたり、
下を向いたりして作業したりするときに痛みを感じます。
痛みは左側のいつも決まったところに感じます。

また、昨日あたりから痛みを感じるところと同じところが
がしびれてきたのですが、これは風邪のでしょうか??
自分では風邪を引いている症状はなく、熱もありませんし、
のどの痛みなども特にありません。しびれは常時続いています。

急に頭の痛みを感じるようになったので、家族に相談したのですが
ただの風邪だから大丈夫!と言われてしまい、まだ病院には
行っていません。風邪であればいいのですが心配だったので
書き込みをしました。

心配するようなことではない、ただの風邪なのでしょうか?

[2003年11月7日 13時22分51秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【子供の頭痛】

--------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「長男(5歳3ケ月)の頭痛のことで相談いたします。
3日ほど前から、時折、頭痛を訴えます。
場所は後頭部(首のすぐ上のあたり)がほとんどで、さらにおでこのあたりや
耳の上、それにこめかみ(歯痛かもしれません)、目も痛いと訴えることが
あります。そして、頭痛を訴えるようになってから、睡魔が襲うのか、よく寝るように
なっています。
昨日、小児科で見てもらいましたが、今のところ大きな問題はなさそうなので、
数日様子を見ましょう、ということでした。昨日、目医者にも見てもらいましたが、
視力の問題もないそうです。テレビの見過ぎ程度の症状なら心配はありませんが、
かなりひどい頭痛のようで、本日、幼稚園は早退してきました」
との事です。

#2
##1
これはご心配ですね。
##2
「頭痛系の「症状・症候」」の中で
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる頭痛は「症候性頭痛」と呼称されます。
##3
お母様はこのような「症候性頭痛」をご心配なことと存じます。
##4
けれども「症候性頭痛」の場合にはお子様の場合必ずや
「頭痛」+「噴出性嘔吐(projectile vomiting)]の「御症状・症候」
がきます。
##5
これだけでも「症候性頭痛」ではなさそうだと考えられます。
##6
けれども念のため「脳神経外科専門医」先生を
御受診されて精査をされておかれたほうが
おうちのかたも「安心」できると考えます。


#3
##1
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」が考えられない場合を呼称致します。
##2
御相談者の御相談内容からは
御子息さまは「偏頭痛」+「緊張型頭痛」の可能性が御座います。
##3
ただ「泣き出すほど」ひどくはないようなので
しばらく御様子をみられてみることは可能です。
##4
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」
「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##5
ご子息様は「偏頭痛」+「緊張型頭痛」の可能性が御座います。
##6
この場合にはまだおちいさいのですが
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#4結論:
##1
小児科の先生に診て頂き小児科的なものは問題なくて
宜しかったです。
##2
あとは念のため「脳神経外科専門医」先生に
精査を一度しておかれると宜しいと今の私は考えます。
##3
##2の場合お小さいので
「脳神経外科専門医」先生は場合により小児科病棟に入院も可能な
大学病院クラスの「脳神経外科」が御施設としては宜しいと
今の私は考えます。

##4
そして「機能性頭痛系の「症状・症候」」であるとなったらば
多少遠方でも「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

早くよくなられると宜しいです。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月6日 16時13分40秒]


--------------------------------------------------------------------------
お名前: 大塚祐子   
長男(5歳3ケ月)の頭痛のことで相談いたします。
3日ほど前から、時折、頭痛を訴えます。
場所は後頭部(首のすぐ上のあたり)がほとんどで、さらにおでこのあたりや
耳の上、それにこめかみ(歯痛かもしれません)、目も痛いと訴えることが
あります。そして、頭痛を訴えるようになってから、睡魔が襲うのか、よく寝る
ようになっています。
昨日、小児科で見てもらいましたが、今のところ大きな問題はなさそうなので、
数日様子を見ましょう、ということでした。昨日、目医者にも見てもらいましたが、
視力の問題もないそうです。テレビの見過ぎ程度の症状なら心配はありませんが、
かなりひどい頭痛のようで、本日、幼稚園は早退してきました。
何か、脳の病気ではないかと心配です。アドバイス、よろしくお願いいたします。

[2003年11月6日 15時33分12秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科