山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題48
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

48記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題48

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【記憶が飛びました】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「22歳の男です。先月交通事故を起こし、退院してしばらくたつのですが
事故の前後の記憶がありません。また、おそらくムチ打ちだろうと思われる
症状があるのと、すこし、左側後頭部が頭痛します。今は頭痛や首は痛いですが、
普通の生活を送っています。ここで事故の記憶は戻せるのでしょうか?
また、頭痛がするのは脳内に何かができているのでしょうか?左眉のところを
切っているので頭を打っていることは想像ができるのですが。

との事です。

#2
##1
「事故の前後の記憶がありません。」
との事です。
##2
「頭部外傷」で意識障害を伴う「外力」が加わりますと。
##3
###1
「外傷後健忘(post-traumatic amnesia : PTA)」
###2
と「「逆行性健忘(retrograde amnesia:RA)」
##4
##3の「2種類の健忘」が発生致します。

#3
##1
御相談者の御相談内容からは
「逆行性健忘(retrograde amnesia:RA)」の成分
のほうがお強いようです。
##2
また同時に「意識障害」の間は記憶が無いはずですから。
「外傷後健忘(post-traumatic amnesia : PTA)」の状態も
御座います。

#4
##1
「退院してしばらくたつのですが
事故の前後の記憶がありません。」との事です。
##2
「外傷後健忘(post-traumatic amnesia : PTA)」及び
「逆行性健忘(retrograde amnesia:RA)」に関しても
少しずつ回復いたします。
##3
けれどもそれは
「左眉のところを
切っているので頭を打っていることは想像ができるのですが。」
と御相談者がおっしゃっているように。
##4
通常の「記憶回路」を復活させるために。
##5
「新皮質」で「推理」しながら「回復」を努力試みられる結果で
御座います。
##6
多くの場合は
「「頭部外傷」の機転」=「どのようにして「頭部外傷」に至ったか」
の段階まででとまることが多いように思われます。
##6
「頭部外傷」のあとご無事でなによりで
御座います。


#5結論:
##1
「頭部外傷」のあとご無事でなによりで
御座います。
##2
「事故の前後の記憶がありません。」
との事です。
##3
「頭部外傷」で意識障害を伴う「外力」が加わりますと。
##3
###1
「外傷後健忘(post-traumatic amnesia : PTA)」
###2
と「「逆行性健忘(retrograde amnesia:RA)」
##4
##3の「2種類の健忘」が発生致します。
「「頭部外傷」特有の記憶が無い「症状・症候」を
「健忘」と呼称いたします。
##5
「外傷後健忘(post-traumatic amnesia : PTA)」及び
「逆行性健忘(retrograde amnesia:RA)」に関しても
少しずつ回復いたします。
##6
けれどもそれは
「左眉のところを
切っているので頭を打っていることは想像ができるのですが。」
と御相談者がおっしゃっているように。
##5
通常の「記憶回路」を復活させるために。
##5
「新皮質」で「推理」しながら「回復」を努力試みられる結果で
あり「通常の記憶回路の復活」ではなく「再合成」で
御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月10日 12時9分38秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
22歳の男です。先月交通事故を起こし、退院してしばらくたつのですが
事故の前後の記憶がありません。また、おそらくムチ打ちだろうと思われる
症状があるのと、すこし、左側後頭部が頭痛します。今は頭痛や首は痛いですが、
普通の生活を送っています。ここで事故の記憶は戻せるのでしょうか?
また、頭痛がするのは脳内に何かができているのでしょうか?左眉のところを
切っているので頭を打っていることは想像ができるのですが。

[2003年11月10日 11時41分25秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ニューロパチー?】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

御相談者は同様の御相談を
複数回反復されています。
治療法の示唆も含めて今回の御相談
も「本質的には」は
既に御回答はすみのはずで御座います。

御回答限界で御座います。

#1
##1
「10月2日の左腕の痺れとふくろはぎの違和感を書き込みした29才男です。
11月7日の右足痺れ、8日の手足のしびれの状況に似ているのですが、
やはり「ニューロパチー」なのでしょうか?
先生の言うとおり、寝る時や椅子に座ると、ビリビリする様な自覚があります。
おみ足を高くすると消失します。そうやって1ヶ月も経過してきました。
ふくろはぎ、腕時計による痺れについては機能性で心から来るものであると
考えていいでしょうか?
緊張型頭痛の治療である筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬、外用薬で
爽快するのでしょうか?
これは神経ブロックが必要な状況でしょうか?」

#2
##1
「機能性で心から来るものであると考えていいでしょうか?」
との事です。
##2
違います。
##3
機能性というのは病態が
「「画像診断」或いは「眼で見えるもの」」ではない
病態を「機能性病態」と定義します。
##4
「心理的な病態からくる「症状・症候」」=「機能性病態」
では御座いません。


#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨で
「可能な範囲内で」御回答をあまねく
おこたえしてきたつもりで御座います。
##2
それらを「再度」御参照下さい。
お辛いのはよく判ります。

##3
けれどもその御回答は既に御相談者には
届いている筈で御座います。

##4
御相談者は同様の御相談を
複数回反復されています。
治療法の示唆も含めて今回の御相談
も「本質的には」は
既に御回答はすみのはず。

##5

御回答限界で御座います。

前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++

[2003年10月8日 13時31分42秒]
の御相談にたいして
[2003年10月8日 19時3分4秒]
に御回答

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「緊張型頭痛の治療としてミオナールとロキソニンをもらっていますが、
それは効かないようですね。

治療として、
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

上記より緊張型頭痛と「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」が治るのでしょうか?

治療するまで期間はどのぐらいかかるでしょうか?」
との事です。

#2
##1
「機能性疾患」は「眼で見て見えないものです」。
##2
だから「自己申告」で
「「症状・症候」がなくなりました。」と患者さんが
おっしゃれば「それを「寛解」(かんかい)」
と判断いたします。

#3
##1
逆に「患者さんがどんなに辛くても」
##2
「周りの方々にはには判りません」から。
##3
「周りの方々」に
「本当に辛いのでしょうか。仮病ではないでしょうか」
と言われてしまうと。
##4
「社会的には説得力」が全くありません。

#4
##1
「緊張型頭痛の治療として
ミオナールとロキソニンをもらっていますが、
それは効かないようですね。」
は「確かにその通りです」。
##2
けれども「お受けもちの先生」に「効くはずです」と
言われれば「患者さんは反論のしようが」
乏しいです。
##3
「治療するまで期間はどのぐらいかかるでしょうか?
1年ぐらい?」
とお考えになる前に。
##4
「機能性疾患」の「怖さ」はここにあることを
ご理解されることが宜しいです。

#5結論:
##1
ある「群発頭痛」の患者さんが「脳神経外科専門医先生」が
1分で「診断」を下すまで。
##2
「20年間診断がつかず」苦しまれた「事例」が御座います。
##3
私はこのような事例は稀ならずあると考えています。

##4
「「自己申告」で
「「症状・症候」がなくなりました。」と患者さんが
おっしゃれば「それを「寛解」(かんかい)」
と判断いたします。

##5
社会的には「まだ治っていないのに」
「治っている」とされてしまう事例が多いことに
ご留意ください。


上記御あくまでも参考までにお留めおきください。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月8日 19時3分4秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
回答ありがとうございます。
やはりこれも「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」でしたか。

よって、緊張型頭痛を治療すれば、「「緊張型」による複合病態と
同一延長線上の「病態」がなくなるのでしょうか?

緊張型頭痛の治療としてミオナールとロキソニンをもらっていますが、
それは効かないようですね。

治療として、
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

上記より緊張型頭痛と「「緊張型」による複合病態」と
同一延長線上の「病態」が治るのでしょうか?

治療するまで期間はどのぐらいかかるでしょうか?
1年ぐらい?

お忙しいところ、質問が多くて申し訳ありません。

[2003年10月8日 13時31分42秒]
++++++++++++++++++++++++++++++

[2003年10月2日 10時1分56秒]
の御相談にたいして
[2003年10月2日 10時53分42秒]
に御回答

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「週に2回ぐらい朝5:30頃に左腕が痺れて目が覚めてしまいます。
血が止まったようで腕が重くなり、痺れます。
整形外科より胸郭出口症候群と診断されました。
また、目に黒い線や小さい泡が見えます。
眼科より異常はないと言われました。
両足のふくろはぎに違和感がします。

これも「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」でしょうか?

アレルギーについては鼻炎アレルギーがあります。
また、気管支炎になりやすいです。」
との事です。

#2
##1
「胸郭出口症候群」というのは「頚肩腕症候群」・「頚椎捻挫」等の
不幸にして全く「病理学的実態」のない「頸系」の
「整形外科」領域の「病名」とは異なり唯一「しっかりとした実態」
のある「疾患概念」です。
##2
お体の「全体に展開」する症状・症候は
「両足のふくろはぎに違和感がします。」ではいくらなんでも
「頭痛」ではないけれども。
##3
「緊張性頭痛」或いは「片頭痛」が例えば「下肢に起きた」と仮定して
考えればわかりやすくはないでしょうか。
##4
「「緊張型頭痛」及び「緊張型に伴う複合病態」」であり
「緊張性頭痛」と
延長線上あるいは同一線上にある病態です。

#3
##1
頭痛は「疼痛」の一種です。
##2
精緻に様々に「分析・解析」が進められています。
##3
ちなみに「腰痛」も「疼痛」の一種であり頭痛同様に様々な
「腹部症状・症候」や「泌尿器科症状・症候」を伴うことがあります。
##4
けれども「腰痛」の分野では「腰痛」しか日本語にありません。
だから本邦では「腰痛患者さん」のほぼ全員が「症候性腰痛」
とされてしまいます。
##5
英語圏内ではlumbar pain とlumbagoにまずは分けて
「機能性腰痛(lumbago)」を「器質的腰痛」と分離いたします。。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
もし御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」がおありであれば。
##2
この症状・症候を「強調されて」「脳神経外科専門医」先生に
を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##3
できれば
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
「布団を抱え込むのを止め、枕を低くして真上で寝るようにすれば
解消できるのでしょうか?」との事です。

##5
残念ながら##4では治療にはなりません。
逆療法になってしまうかもしれません。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年10月2日 10時53分42秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
30歳 男

週に2回ぐらい朝5:30頃に左腕が痺れて目が覚めてしまいます。
血が止まったようで腕が重くなり、痺れます。
整形外科より胸郭出口症候群と診断されました。
また、目に黒い線や小さい泡が見えます。
眼科より異常はないと言われました。
両足のふくろはぎに違和感がします。

これも「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」でしょうか?

アレルギーについては鼻炎アレルギーがあります。
また、気管支炎になりやすいです。

先生の言う通り
肩こり頸こり背中凝り、就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休み、
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象」、低い枕でないとお休みになれないがあります。

布団を抱え込むのを止め、枕を低くして真上で寝るようにすれば
解消できるのでしょうか?

アドバイスをよろしくお願いします。

[2003年10月2日 10時1分56秒]
---------------------------------------------------------------------------


++++++++++++++++++++++++++++++
前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月10日 11時44分51秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 桃太郎   
10月2日の左腕の痺れとふくろはぎの違和感を書き込みした29才男です。
11月7日の右足痺れ、8日の手足のしびれの状況に似ているのですが、
やはり「ニューロパチー」なのでしょうか?
先生の言うとおり、寝る時や椅子に座ると、ビリビリする様な自覚があります。
おみ足を高くすると消失します。そうやって1ヶ月も経過してきました。
ふくろはぎ、腕時計による痺れについては機能性で心から来るものであると
考えていいでしょうか?
緊張型頭痛の治療である筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬、外用薬で
爽快するのでしょうか?
これは神経ブロックが必要な状況でしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

[2003年11月10日 10時32分21秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございました】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

補足:
前回の御回答の一部は下記の通りでした(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「32歳女性です。昨日夕方から突然右足(ひざ下などの脚ではなく、
ちょうど靴を履く足の部分のみ)にしびれが起こりました。
その後しばらくして気にならなくなりましたが、
睡眠中にも同じ部分にしびれがあらわれました。
今朝起きるとき脳を縦にはしるような頭痛が一瞬おきました。
そして昼過ぎからまた右足がしびれています。
2カ月くらい前までは、偏頭痛があったので病院からもらった
鎮痛剤を服用していました。偏頭痛は最近ありません。
父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが…。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは。
##2
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」を
お持ちの様です。
##3
「機能性頭痛」といわれる
「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
「頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」
等があります。
##5
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」でなない「頭痛」を呼称致します。
##6
「機能性頭痛」でとりわけ
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
では「頭痛」の代わりに「痺れ」或は「ふわふわ」にて
「症状・症候」が代償されることが御座います。

#3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんでは下肢或は体部の「張った感じ」
或はしびれ感が「症状・症候」として出現致します。
##1
下肢に膝裏をのりで貼った様な「はり感」があり
重たい感じがするのも特徴で御座います。
##2
下肢の「静脈還流不全状態」なのですが。
##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんでは上肢・下肢ともに
「浅い静脈」を「深い静脈」よりも使うことになります。
##4
そのため「浅い静脈」の「静脈還流不全状態」から
くるはり感・或はしびれ感なのです。
##4
下肢の張った「症状・症候」はここからでます。
##5
しびれや下肢の張った感じを併発いたします。
##6
頭の痺れ感・或は頭皮の痺れ感も
延長線上あるいは同一線上にある病態で出現致します。
##7
「軽い静電気を感じられている様な御自覚症状」と考えます。
##8
##7に加えて
「静脈還流不全状態」の「症状・症候」が基本病態なのですが。
##9
#2+#3を含まれて
上記お含み頂いて「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
上記のごとく御相談者の御相談内容からは
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##2
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##3
「父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが」
との事ですが「心配無用」と考えます。
##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「OA症候群」等と間違われます。
##5
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##6
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」がお強いのであれば。
##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:

##1
「父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが」
との事ですが「この御心配は無用」であると
今の私は考えます。
##2
御相談者の御相談内容からは
「「軽い静電気を感じられている様な御自覚症状」と考えます。
##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
##4
もしも御相談者に
「肩こり・頸こり・背中こり」があるのであれば。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
##7
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。
##8
「偏頭痛」の御御診断」が確かであれば。
御相談者の御相談内容からは
「偏頭痛」+「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
ということになります。
##9
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月7日 18時18分52秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: さくま   
32歳女性です。昨日夕方から突然右足(ひざ下などの脚ではなく、
ちょうど靴を履く足の部分のみ)にしびれが起こりました。
その後しばらくして気にならなくなりましたが、
睡眠中にも同じ部分にしびれがあらわれました。
今朝起きるとき脳を縦にはしるような頭痛が一瞬おきました。
そして昼過ぎからまた右足がしびれています。
2カ月くらい前までは、偏頭痛があったので病院からもらった
鎮痛剤を服用していました。偏頭痛は最近ありません。
父親は脳疾患(脳溢血)だったこともあり、心配です。
しびれの原因が脳疾患に関わりのないことであればよいのですが…。

[2003年11月7日 15時57分45秒]

++++++++++++++++++++++++++++++

前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月10日 5時47分5秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: さくま   
右足のしびれというタイトルでご相談させていただいたものです。
ご回答ありがとうございました、安心しました。
また何か気になることがありましたらよろしくお願いいたします。

[2003年11月9日 23時37分21秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【ありがとうございます】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

宜しかったです。

#1
「手のミラームーブメントのことでご相談させていただいた
学生です。
色々とアドバイスありがとうございました。
今後の学業の参考にさせていただきます。
クローヌスの左右差のことですが、左足の方が強く出ます。
結論としてクリッペル・フィルの可能性はないとのことでした
が、他の中枢神経系の異常が考えられるのでしょうか?」
との事です。

#2
「症状・症候」からは「中枢神経系」の巣症状は
「症状・症候」として御座いません。

#3
だから「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
を考える「理由」が御座いません。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月10日 5時42分50秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: PT学生   
手のミラームーブメントのことでご相談させていただいた
学生です。
色々とアドバイスありがとうございました。
今後の学業の参考にさせていただきます。
クローヌスの左右差のことですが、左足の方が強く出ます。
結論としてクリッペル・フィルの可能性はないとのことでした
が、他の中枢神経系の異常が考えられるのでしょうか?

[2003年11月9日 22時8分1秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【同僚の事でご相談します】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

#1
##1
「福祉職ですが,同僚に行動が???の人がいます。
・・・略」

#2
##1
まず「御相談者の御相談文」を熟読
いたしました。

##2
結論的には
御相談者の御相談内容要旨からは
次の3つの問題の御解答が出来ないと
「お答え」にはならないでしょう。

##2
###1
御同僚に
「精神障害」=「精神科的疾患」の「症状・症候」の有無
###2
####1
御同僚の「人格障害の有無」
####2
御同僚の「性格障害の有無」

#3
##1
#2に関して。
##2
私は「精神科医専門医」では御座いません。
御回答申し上げることは不可能で御座います。

#4
##1
「10年前に脳挫傷をして(事故?)右前頭葉に血腫ができたとのこと」
に関して。
##2
御相談者の御相談内容通りとすれば
10年経過していれば「頭部外傷」による
精神「症状・症候」は考えにくいです。


#5結論:
##1
ご苦労されているのは大変よく判ります。
##2
###1
御同僚に
「精神障害」=「精神科的疾患」の「症状・症候」の有無
###2
####1
御同僚の「人格障害の有無」
####2
御同僚の「性格障害の有無」

を問われていらっしゃると判断いたしました。

##3
精神科領域の第3者よりの御相談
に関しては御回答限界でもあり
想像すらつきませんので「御回答不能」でございます。
ご了解下さい。
##4
「精神科専門医」先生に御相談者ご自身の問題として
「因果付け」をされずに御相談されてみては如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月10日 7時28分13秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 悩み多き乙女   
福祉職ですが,同僚に行動が???の人がいます。
54歳女性で記名力障害もあるし錯語,
保続間違いを指摘するととっさに見え透いた嘘をついたりします.
すぐパニックになるしいつも落ち着きなく不注意なミスが目立ちます。
文章も時々主語がわからなくなり理解しにくい文章です.
言葉は流暢で文章もさらさら長文を書きますが何かわかりづらいのです。
進行していっているように思います。
その方は国立大学大学院まで出た人で
はじめはいったいこの人何?という感じだったのですが
10年前に脳挫傷をして(事故?)右前頭葉に血腫ができたとのこと.
味覚と臭覚に少し異常があるがそれ以外は後遺症はないと
本人は言いますがどうみても少し行動が異常で
回りの同僚のイライラが募っています.
仕事柄痴呆の初期に人によく接しますがそれにすごく似ていて
アルツハイマーの初期のような症状で心配しています。
上司に言っても一見普通だし,偉い人にはベッタリする人なので
ピンとこないようです.
人権問題があるのでやたらとそんな事本人に言えない,
と上司は言いますがどう見ても脳挫傷と関係していると
思うのですご意見お聞かせいただけたら幸いです。

[2003年11月9日 21時6分8秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【右肩こりと右後頭部痛】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「28歳女性です。
もともと肩こりなどなかったのですが、
一ヶ月ほど前から右肩こりがひどくなり、
それが首から右後頭部にまで登ってきている気がします。
ここ一週間程は右後頭部痛(耳たぶの上ぐらいの高さ)
が時々起こっています。
痛みは激痛ではなく、突っ張るような重いような、
耳の奥がつまるような感じの時もあります。
肩こりだけの頃、整形外科でみてもらったのですが、
その時は首の骨が“むちうち症“のようになっていると言われました。
そのせいなのか、脳の病気からなのか、
脳神経外科を受診すべきか迷ってメールいたしました。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは
これは「緊張型頭痛」という「機能性頭痛系の「症状・症候」」
で御座います。
##2
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」が考えられない場合
の頭痛系疾患群を意味いたします。
##4
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

#3
##1
「痛みは激痛ではなく、突っ張るような重いような、
耳の奥がつまるような感じの時もあります。
肩こりだけの頃、整形外科でみてもらったのですが、
その時は首の骨が“むちうち症“のようになっていると言われました。」
との事です。
##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。
##3
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
##4
絵に描いた餅のように。
##5
###1
「「頚椎」の5番・6番(C5/C6)の椎間板が磨り減っている」
###2
「「頚椎」の「生理的湾曲」が無く「真直ぐだ」或いは「逆湾曲」だ」
といわれてしまいます。
##6
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。
##7
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##8
上記ご理解頂いたうえ「緊張型頭痛」の患者さんの特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##2
ストレスには弱くなります。
##3
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##4
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。

##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは「緊張型頭痛」で御座います。
##2
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##3
「ふわふわ」+「しめつけ感」及び「しびれ感」できて
場合により
頭痛ぼ「御自覚症状」がない場合も御座います。

##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。
##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月9日 10時6分38秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: きりこ   
よろしくお願い致します。
28歳女性です。
もともと肩こりなどなかったのですが、
一ヶ月ほど前から右肩こりがひどくなり、
それが首から右後頭部にまで登ってきている気がします。
ここ一週間程は右後頭部痛(耳たぶの上ぐらいの高さ)
が時々起こっています。
痛みは激痛ではなく、突っ張るような重いような、
耳の奥がつまるような感じの時もあります。
肩こりだけの頃、整形外科でみてもらったのですが、
その時は首の骨が“むちうち症“のようになっていると言われました。
そのせいなのか、脳の病気からなのか、
脳神経外科を受診すべきか迷ってメールいたしました。
よろしくお願いいたします。

[2003年11月8日 22時52分12秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【小学生の脳しんとう】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

これは困りましたね。
#1
##1
「小学4年生の男児です。2日前に、サッカー中に友達に接触し転倒。
後頭部を校庭に(土の上に砂)音がするくらい強打しました。
一時友達の声が遠くに聞こえ、記憶はしっかりしていますが、
自分では動けず先生に保健室までかかえてもらい移動。
最寄りの病院ということで、整形外科を受診。
頭部のレントゲンを撮影し、骨折はなく、
緊急で脳神経外科を受診するほどではないだろうとの
診断をもらいました。外傷はありません。
数時間後には元気になり、現在まで異常は見られません。
週に2日、部活動並みのバドミントンの練習をします。
対外の試合もあります。
ご相談したい事は、一度脳神経外科を受診した方が良いかどうか、
また今までとおり練習を続けていて良いのかどうかと言う事です。」
との事です。

#2
##1
「頭部外傷」にて
「後頭部を激しく打撲した」との事です。
よりまして
「後頭部を土の表面に強打したのが今週の金曜日」
と解釈させていただきます。
##2
「一時友達の声が遠くに聞こえ、記憶はしっかりしていますが、
自分では動けず先生に保健室までかかえてもらい移動。」
との事です。
##3
「頭部外傷の日時と時刻(何時何分何秒)」(2日前では判断不能)
「意識障害」の有無の記載がないので御回答限界なのですが。
##4
「意識障害」は無かったと解釈させていただきます。

##5
但し御相談者が御記載されているように「脳震盪」
の場合は「荒木2型の頭部外傷」であり「意識障害あり」
ということになります。
##6
ところが御相談者の御相談者の御相談内容からは
「一時友達の声が遠くに聞こえ、記憶はしっかりしていますが」
と「意識障害なし」と考えられる御記載なので
##4に取り計らいます。

#2
##1
「頭部外傷」のときは必ずや「「脳神経外科専門医」を
御受診下さいますよう。
##2
「頭部外傷」の場合「頭部X線撮影」は特殊でございます。
##3
また「頭部外傷」には「意識清明期」という怖い「落とし穴」があり
「頭部外傷」
の「重症な病態」が見落とされることがございます。

#3
##1
御相談者の御相談内容からはもう「2日」が経っているので
急性期の安心はできますが。
##2
「頭部外傷」でも「後頭部打撲」の場合「後頭骨骨折」の有無の
診断は「大変重要」です。
##3
「後頭骨骨折」による「硬膜外血腫」は「静脈性」のため
場合により「意識清明期」が数日以上に及ぶことがございます。

#4
##1
「緊急で脳神経外科を受診するほどではないだろうとの
診断をもらいました。外傷はありません。
数時間後には元気になり、現在まで異常は見られません。
週に2日、部活動並みのバドミントンの練習をします。
対外の試合もあります。
」との事です。
##2
「脳神経外科専門医」を御受診されると宜しいです。
##3
このとき頭部X線撮影は
###1「正面」
###2「側面」
###3「タウン撮影」の
「3方向」は必ず「脳神経外科専門医」は撮影
致します。
##4
「頭部X線撮影」のみ「はじめ」は宜しかろうと今の私は考えます。
##5
整形外科先生を受診されたが
「###3「タウン撮影」」を撮影されていなかったために
「骨折」がみのがされて大事に至ることが御座います。
##6
また「脳神経外科専門医」が「読影(どくえい)」してすらも
「小児頭部外傷」の頭部X線撮影で20%は「骨折」
があっても「みえない」という報告も御座います。
##7
整形外科の先生の「緊急で脳神経外科を受診するほどではないだろうとの
診断をもらいました。」
との事です。
##8
「整形外科」の先生のおっしゃられたことからは。
##9
「緊急ではなくてもよいから脳神経外科を受診される」必要性があると
整形外科の先生は「「御診断」されているように思われますが。
##10
如何でしょうか。


#5結論:
##1
「頭部外傷」の場合必ず「脳神経外科専門医」を御受診下さい。
##2
「頭部外傷」で「脳神経外科専門医」を御受診されるとき
伝達しなければならない「大事な情報」がございます。
##3
「受傷時」の情報とりわけ
###1
「頭部外傷の日時と時刻(何時何分何秒)」及び
###2
「意識障害の有無」や
###3
「受傷機転(何に頭をぶつけた)
は重要でございます。
##4
「ご相談したい事は、一度脳神経外科を受診した方が良いかどうか、
また今までとおり練習を続けていて良いのかどうかと言う事です。」
との事です。
##5
「脳神経外科を受診した方が良いかどうか」は
「したほうが安全にきまっております」。
##6
「今までとおり練習を続けていて良いのかどうかと言う事です。」
は「今はそれを論ずる時期ではなく」
「脳神経外科専門医」の「お受けもちの先生」の「御診断」と判断・指示
に従われて下さい。

##7
「小児頭部外傷」の「学校外傷の緊急重症事例」の半数以上は
「御相談者」のような「事例」であることを「御銘記」
下さい。


ご心配なお気持ちはよく判りますが。
何卒にご理解下さい。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月9日 9時28分14秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 林 寛樹   
小学4年生の男児です。2日前に、サッカー中に友達に接触し転倒。
後頭部を校庭に(土の上に砂)音がするくらい強打しました。
一時友達の声が遠くに聞こえ、記憶はしっかりしていますが、
自分では動けず先生に保健室までかかえてもらい移動。
最寄りの病院ということで、整形外科を受診。
頭部のレントゲンを撮影し、骨折はなく、
緊急で脳神経外科を受診するほどではないだろうとの
診断をもらいました。外傷はありません。
数時間後には元気になり、現在まで異常は見られません。
週に2日、部活動並みのバドミントンの練習をします。
対外の試合もあります。
ご相談したい事は、一度脳神経外科を受診した方が良いかどうか、
また今までとおり練習を続けていて良いのかどうかと言う事です。
宜しくお願い致します。

[2003年11月8日 20時4分55秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【後頭部締め付け感】

---------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「26歳主婦なのですがここ数日指の一部がしびれています
最初は麻痺している感じだったんですが、
今は軽く押すとしびれている感じです
一年位前から後頭部の締め付ける感じと
頭がふらふらする感じがあります
脳の病気でしょうか?毎日不安でたまりません
小さな時から遠視でよく眼の奥も痛くなります、
脳腫瘍の症状と似てるような気がするんですが
・・・肩も思い感じがあります、
どうぞよろしくおねがいいたします。」
との事です。

#2
##1
「日指の一部がしびれています
最初は麻痺している感じだったんですが、
今は軽く押すとしびれている感じです」
との事です。
##2
親指側か、小指側かに「軽い静電気を感じられている様な御自覚症状」
と考えます。
##3
男性が腕時計を眺めるような上肢の部位にも
「しびれ感」は御座いませんか。
##4
この「しびれ感」はよく「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
と間違われます。

#3
##1
「一年位前から後頭部の締め付ける感じと頭がふらふらする感じがあります」
との事です。
##2
この「ふわふわ」+「しめつけ感」及び「しびれ感」からは
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の「症状・症候」で御座います。
##3
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##4
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」が考えられない場合
の頭痛系の疾患群で御座います。
##5
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##6
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##7
上記お含み頂きご理解されたた上で
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんの特徴を#4に記載いたします。

#4
#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
「ふわふわ」+「しめつけ感」及び「しびれ感」からは
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##2
「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」
等ととよく間違えられます。
##3
皮肉なことに「脳神経外科専門医」にて脳MRI所見から
「キアリ・アーノルド奇形:Chiari-Arnold malformation」
と間違われることが御座います。
##4
原因はともかく誘引は
###1
水分の足りない状態でいらっしゃり
###2
夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。
##5
ストレスには弱くなります。
##6
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##7
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
もしも御相談者に
「肩こり・頸こり・背中こり」がおありであり
「症状・症候」が御強ければ。
##2
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。
##3
「ふわふわ」+「しめつけ感」及び「しびれ感」できて
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてください。

##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月9日 9時50分5秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: かなみ   
こんばんわ、26歳主婦なのですがここ数日指の一部がしびれています
最初は麻痺している感じだったんですが、今は軽く押すとしびれている感じです
一年位前から後頭部の締め付ける感じと頭がふらふらする感じがあります
脳の病気でしょうか?毎日不安でたまりません
小さな時から遠視でよく眼の奥も痛くなります、脳腫瘍の症状と似てるような気がするんですが
・・・肩も思い感じがあります、どうぞよろしくおねがいいたします。

[2003年11月8日 17時53分31秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【集中すると・・】

--------------------------------------------------------------------------------
お名前:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「不安なので、まずはインターネツトで調べてみたところ、
「本態性振戦」という病気があると知り、その特徴を読んでみましたが、
家族に振戦のある者はいないし、何か動作をはじめようとする時に
震えが起きるわけでもないし、緊張して手や声が震えることもないので
私の場合はどうも違うような気がします。

素人の考えで恥ずかしいのですが・・
集中力を発揮する脳の部位(名前はわかりませんが)、
そこが影響しているのかな?と考えたりもします。
症状が出る2日前に、たいへん強い頭痛を体験したことも気になるところですが
はたしてその頭痛がこの震えに関連しているのかは分かるすべもありません。

もしも何かの病気の前兆だとお心当たりがありましたら、お教え願いたいのですが・」
との事です。

#2
##1
まず「振戦」についてご説明いたします。
##2
従来より「振戦」は「本態性」・「「アルコール性」・「パーキンソン性」
等とと「疾患名」「病態名」をつけて呼称される時期が御座いました。
##3
「振戦」を「疾患」の「症状・症候」として定義づけをしても
なんら「治療戦略」に利するところがないので。
##4
40年位前からは「「振戦」の発生する状況」から「振戦病態」を
呼称することになっています。

#3
##1
「休止時振戦」
「休止時振戦」は患者さんの身体(四肢・体幹・頭部)
が休止している状況で発生する振戦。
##2
「活動時刻振戦」
「活動時刻振戦」は筋肉が
「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」です。
この中で「活動時刻振戦」は「2つ」に分類されます。
###1
「運動時振戦」
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」
###2
「姿勢時振戦」
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
##3
ちなみに「活動時振戦」の2つは「英国臨床神経学」の
「アクション振戦:action trmor]即ち
「とにかく力を入れたときに出現する振戦」とは全くの「別物」です。
##4
ご留意下さい。

#4
##1
「急いで鏡を見るのですが、そのときはもう
震えていません。気になって鏡の前で震えるのを待ったりもしましたが、
意識してると症状は出ないようで、だから自分では震えている状況を
見たことがないのです。」
との事です。
##2
「鏡をみてじっと見守っていてもでない振戦」ということで
御相談者は「みごとに」「臨床神経学」の検査を御自分で行なわれたわけで
御座います。
##3
御相談者の御相談内容からは
この振戦は「「活動時振戦でありその中でも「運動時振戦」」
で御座います。

#5
##1
「気になって鏡の前で震えるのを待ったりもしましたが、
意識してると症状は出ないようで」が「でるのであれば」
御相談者の振戦は
###1
「休止時振戦」或いは
###2
「「活動時振戦でありその中でも
「姿勢時時振戦」」ということになります。
##2
#5##1では御座いません。

#6
##1
「「活動時振戦でありその中でも「運動時振戦」」で御座います。
##2
「「活動時振戦でありその中でも「運動時振戦」」
は「悪性のものではなく」温度変化のある時期に自然出現いたします。

#7
##1
「中学や高校受験勉強」でお疲れの「子供さんなど」ではよく見られ
御受診される患者さんは多いものです。

##2
「振戦」により集中力の著明な低下が認められるので
「成績低下」或いは「成績低迷」の原因にもなるので近年
急速に「注目されています」
##3
すなわち「無意識のうちに」参考書に手を伸ばしたり辞書をひこうとすると
「「活動時振戦でありその中でも「運動時振戦」」がおこるので
「いやがって」勉強中に「しずかな格好」をこのみますが
「かすかに震えています」
##4
御相談者の場合は「受験勉強」ではないので
早急な「治療戦略」は必要ではありませんが。
##5
「内科専門医先生」にて「「甲状腺機能」検査その他」を
されておかれると宜しいです。


#8結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
「「活動時振戦でありその中でも「運動時振戦」」
で御座います。
##2
「活動時振戦」の2つはは「英国臨床神経学」」の
「アクション振戦:action tremor」という「力をいれたときの振戦」
とは全く異なります。
##3
「中学や高校受験勉強」でお疲れの「子供さんなど」ではよく見られ
御受診される患者さんは極めて多いものです。

##4
「振戦」により集中力の著明な低下が認められるので
「成績低下」或いは「成績低迷」の原因にもなるが
「お子様本人」は理由がわからず苦しむ。

##5
近年
急速に「注目されています」
##6
すなわち「無意識のうちに」参考書に手を伸ばしたり辞書をひこうとすると
「「活動時振戦でありその中でも「運動時振戦」」がおこるので
「いやがって」勉強中に「しずかな格好」をこのみますがそれでも
「かすかに震えています」

##7
成人の場合は「携帯電話(PHS)症候群」や
「パソコン依存症」になりやすいもので御座います。

##8
「振戦系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##9
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「振戦」
が苦手な先生のいらっしゃることを何卒覚えておかれてください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月9日 8時56分45秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: ますみ   
はじめまして。わたしは37歳・女です。
お忙しいなか恐縮ですが、どうか相談に乗ってください。

2ケ月くらい前から突然なんですが、家族から「いま頭が震えているよ」
と言われるようになりました。急いで鏡を見るのですが、そのときはもう
震えていません。気になって鏡の前で震えるのを待ったりもしましたが、
意識してると症状は出ないようで、だから自分では震えている状況を
見たことがないのです。
家族の話だと、メールを打ったり、料理をしたり、おしゃべりしたり、etc
何かに夢中になっているときや何かに集中している時に震えているそうです。
震える様子はお年寄りの震えにそっくりだと言われました。

不安なので、まずはインターネツトで調べてみたところ、
「本態性振戦」という病気があると知り、その特徴を読んでみましたが、
家族に振戦のある者はいないし、何か動作をはじめようとする時に
震えが起きるわけでもないし、緊張して手や声が震えることもないので
私の場合はどうも違うような気がします。

素人の考えで恥ずかしいのですが・・
集中力を発揮する脳の部位(名前はわかりませんが)、
そこが影響しているのかな?と考えたりもします。
症状が出る2日前に、たいへん強い頭痛を体験したことも気になるところですが
はたしてその頭痛がこの震えに関連しているのかは分かるすべもありません。

もしも何かの病気の前兆だとお心当たりがありましたら、お教え願いたいのですが・・

[2003年11月8日 17時31分50秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科