山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題50
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストへ戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

50記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題50

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【聴神経腫瘍について】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「1.59歳 女性  2.7年前に小脳にあった腫瘍を摘出。
同時に聴神経にも腫瘍が見つかったが小さいことと
反対側の聴力が突発性難聴ですでになかったのでそのまま残す。

術後の経過順調で、現在難聴以外は健康に問題はない。
通院もしていない。3.1年ほど前から腫瘍のある側のほほの下の部分、
触ると歯茎にあたるところがときどき痛くなるので、
歯科に行ったが虫歯ではないとのこと。

聴神経腫瘍と関係しているのでしょうか。
腫瘍が大きくなってなにかの神経を圧迫しているのでしょうか。
もう手術はしたくないと本人は言っておりますが、
そのまま大きくなり放置すると命にかかるのでしょうか。
どうか教えてください。」
との事です。
##2
お母様の病態は「後頭蓋窩手術」後の
「定型」でもあると考えます。
##3
命にかかわるような状態では御座いません。
ご心配とは思いますが。
##4
まずは慌てないで。

#2
##1
「小脳の腫瘍」の「名前」即ち「病理組織診断」
の結果は如何で
あったのでしょうか。

##2
「聴神経腫瘍(シュワノーマ)」は「神経鞘腫」です。
##3
「小脳の腫瘍」
となることは「最近」ではまず御座いません。
##4
「詳細な所見」不明で御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

#3
##1
「同時に聴神経にも腫瘍が見つかったが小さいことと
反対側の聴力が
突発性難聴ですでになかったのでそのまま残す。」
の「お受けもちの先生」の判断は「大変適切」で御座いました。
##2
間違っても
触ってはいけません。
##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことよく分かります。
##4
大変に適切な「術中判断」で御座います。

#4
##1
「術後の経過順調で、現在難聴以外は健康に問題はない。
通院もしていない。3.1年ほど前から腫瘍のある側のほほの下の部分、
触ると歯茎にあたるところがときどき痛くなるので、
歯科に行ったが虫歯ではないとのこと。」との事です。

##2
「脳腫瘍」の「重複腫瘍」かつ
「多発性脳腫瘍」であられることはひとまず御銘記下さい。

#5
##1
及び
「1年ほど前から腫瘍のある側のほほの下の部分、
触ると歯茎にあたるところがときどき痛くなるので、
歯科に行ったが虫歯ではないとのこと。」との事です。

##2
これは「前回の術中所見」=「聴神経腫瘍(シュワノーマ)」と
同側の「三叉神経痛第3枝」の「症状・症候」ですから。

##3
まずはCT・MRIにて「前回の「聴神経腫瘍(シュワノーマ)」」
の部位に「のう胞」(シスト)或いは「くも膜下漕の癒着」
の有無をまずは「検査」して頂くと宜しいです。
##4
「三叉神経第3枝」と「聴神経」は距離が有るといえ近い。
##5
「症候性三叉神経痛」
であろうと今の私は考えます。

#6
##1
「聴神経」との或いは「聴神経腫瘍(シュワノーマ)」との
直接関係はないのです。
##2
神経鞘腫の「自然歴」にはよくこのようなことが起こります。
##3
「ambient cistern:アンビエント・シスターン:迂回くも膜下漕」
の癒着の「症状・症候」で御座います。
##4
「一度後頭蓋窩の手術」をされているので益々
ちょっと難しい場所の名前なのですが。
##5
「ambient cistern:アンビエント・シスターン:
迂回くも膜下漕」という場所の。
##9
「くも膜下漕癒着」或いは「嚢胞形成」が発生し易くなります。
##10
このCT・MRIの検査をされまして。
##11
「お受けもちの先生」のご意見に従われて下さい。


#6結論1:
##1
まずは前回の「お受けもちの先生」の基でCT・MRIで検査されて。
##2
「ambient cistern:アンビエント・シスターン:迂回くも膜下漕」
のくも膜下漕癒着或いはのう胞形成の有無を検査されて頂くと
宜しいです。

##3
「聴神経腫瘍(シュワノーマ)」の「圧迫徴候」ではないと
今の私は考えます。

##4
ただひとつ
上記で#4の##2で
「「脳腫瘍」の「重複腫瘍」かつ
「多発性脳腫瘍」であられることはひとまず御銘記下さい。」
と申し上げたことですが。

##5
お母様のような「脳腫瘍」で「重複腫瘍」の場合は
「フオン・レックリングハウゼン氏病:von Recklinghausen」
の場合が稀ならずあります。

##6
このことも「お受けもちの先生」は頭に入られているとは
考えます。

##7
「フオン・レックリングハウゼン氏病:von Recklinghausen」
であると「三叉神経」にも「神経線維腫瘍」が発生している可能性
ということになるのですが。
##8
判断宜しい「お受けもちの先生」の手術後の出来事であるから
今は「お受けもちの先生」を御受診されて見て下さいませ。


#7結論2:
結論の要旨

##1
最初に「お受けもちの先生」が「判断」されましたように。
##2
御様子見で宜しいのではないでしょうか。
##3
結果的には
手術はされなければならない状態ではないと
今の私は考えます。
##4
その根拠は#6に記載した通りでございます。
##5
ご心配されないで宜しいのではないでしょうか。
##6
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 17時43分18秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
1.59歳 女性  2.7年前に小脳にあった腫瘍を摘出。
同時に聴神経にも腫瘍が見つかったが小さいことと
反対側の聴力が突発性難聴ですでになかったのでそのまま残す。

術後の経過順調で、現在難聴以外は健康に問題はない。
通院もしていない。3.1年ほど前から腫瘍のある側のほほの下の部分、
触ると歯茎にあたるところがときどき痛くなるので、
歯科に行ったが虫歯ではないとのこと。

聴神経腫瘍と関係しているのでしょうか。
腫瘍が大きくなってなにかの神経を圧迫しているのでしょうか。
もう手術はしたくないと本人は言っておりますが、
そのまま大きくなり放置すると命にかかるのでしょうか。
どうか教えてください。

[2003年11月13日 16時16分6秒]
---------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご相談タイトル:逆行性健忘 

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「以前に、掲示板で相談させていただきました、22歳の男です。
そのとき、事故の前後の記憶がないということで、逆行性健忘の要素が
多いということでした。今、事故から一ヶ月をたとうとしていますが、
未だに思い出せません。事故で入院してたときに、事故前後の記憶がないことを
ドクターに聞かれなかったために、確か記憶がないことが伝わっていないかも
しれなく、今心配なのは、少し頭痛がするので脳内出血していないか?ということ
とです。ただ、近くの病院で首の診察のときに整形外科の先生が頭のCTをみて、
問題ないといわれたが、整形外科の先生なのにほんとうなのかなと思いました。」
との事です。

#2
##1
「頭部外傷」で「脳内出血のある患者さん」を退院させることは
ありえません。
##2
退院直前まで「脳神経外科専門医」先生が「お受けもちの先生」
であったはずです。
##3
「事故前後の記憶がないことを
ドクターに聞かれなかったために、確か記憶がないことが伝わっていないかも
しれなく」との事です。
##4
心配ご無用です。
##5
「脳神経外科専門医」は非常に敏感ですから
そのようなことは見抜いています。

#3
##1
「今、事故から一ヶ月をたとうとしていますが、
未だに思い出せません。」との事です。
##2
御相談者のお悩みはよく判ります。
##3
「日にち薬」が「記憶」を「再合成」していきます。
##4
正しくない記憶になってはいけませんから。
##5
焦られませんように。


#3結論:
##1
「頭部外傷」につき交通事故は「事務処理」上
一般の「病気」とは異なります。
##2
最良の方法は「最初に入院された「脳神経外科専門医」先生」に
見ていただくことです。
##3
事前のほう方法は「交通事故」の「「頭部外傷」でも
診療可能なしっかりした御施設の「脳神経外科専門医」を
御受診されることです。
##4
「記憶を戻したいのですが、
脳神経外科に行けばよいのか、心療内科みたいなとこに
行けばよいのでしょうか?」は
今の段階では「脳神経外科専門医」で御座います。
##5
お気持ちは大変よく判ります。
##6
けれども
あまり心配ばかりしていては駄目ですよ。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 12時17分24秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
以前に、掲示板で相談させていただきました、22歳の男です。
そのとき、事故の前後の記憶がないということで、逆行性健忘の要素が
多いということでした。今、事故から一ヶ月をたとうとしていますが、
未だに思い出せません。事故で入院してたときに、事故前後の記憶がないことを
ドクターに聞かれなかったために、確か記憶がないことが伝わっていないかも
しれなく、今心配なのは、少し頭痛がするので脳内出血していないか?ということ
とです。ただ、近くの病院で首の診察のときに整形外科の先生が頭のCTをみて、
問題ないといわれたが、整形外科の先生なのにほんとうなのかなと思いました。
記憶を戻したいのですが、脳神経外科に行けばよいのか、心療内科みたいなとこに
行けばよいのでしょうか?

[2003年11月13日 11時50分46秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【海綿状血管腫2】 

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1

###1
##7
何か「時間が迫っている気が致します」。

との回答を頂きましたが、これは現在も危険な状態にあるとのことでしょうか。
もしくは手術が極めて難しいとのことなのでしょうか。

###2
また、「血管腫」を取り除くことに成功したら
再出血はしないとの理解で宜しいでしょうか。

#2
##1
なお前回の御回答は下記の通りでございました(一部)。
「##6
手術以外の方法も御座います。
例えばガンマーナイフなどですが。
##7
何か「時間が迫っている気が致します」。」
##2
は「おかあさまに「血管腫」は残っているわけですから。
##3
お母様には
「1時間」後にも或いは「1分後」にも
「再出血」する可能性は御座います。
##4
だから「手術以外の方法」を模索しようとすると「再出血」
してしまう可能性=「時間のロス」が「
新たな問題として強調されて出現」いたします。
##5
だから
「何か「時間が迫っている気が致します」。
##6
ご心配であろうと存じます。
いまお母様は「再出血」防止策はすべてとられて
「安全な状態」で「お受けもちの先生」は全身管理
をされていると存じます。
##7
けれども「ガンマナイフ」をはじめ他の「治療戦略」の先生は
「全身管理」をしないから・
そうなると「迫ってしまう」という意味で御座います。

#3
##1
「###2
また、「血管腫」を取り除くことに成功したら
再出血はしないとの理解で宜しいでしょうか。」
との事です。

##2
「再出血」の防止。
##3
「当然これ以外の目的」はありませんから。
手術に成功すれば
「再出血」は致しません。
##4
けれども「血管腫」の手術の難易度は高いです。
なぜならば「血管腫」=「海綿状血管腫」であれば
手術で「血管腫」に切り込めば「全摘出」するまで
「止血」は不可能です。
##5
だから
お母さまの「血管腫」で脳幹部海綿状血管腫
で「今出血が止まっている」とはいえ。
##6
「現実的な危険」な状態で御座います。


##7
「血管腫」の患者さんには時として
多発性・或いは多臓器にわたって
「血管腫」のある「多臓器管腫症」におあることが
稀ならずあります。


#4結論:
##1
いろいろとご心配のことは多いことと存じます。
##2
けれども
「お受けもちの先生」は大変に「しっかりと」
「適切な判断」を「誤ることなく」下されていらっやいます。
##3
「「お受けもちの先生」のご意見」
に従われてお母さまにもご家族にも「安泰の日」
が得られますことを御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


前回の御相談と御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++
#1
##1
「10日ほど前、57歳の母が頭が重いと言って総合病院へ行き、
脳幹出血(右側)と診断されそのまま入院しました。
入院時は、少々左半身に麻痺があったもの自分で歩ける状態でした。
入院から3日ほどして、再出血したとのことで麻痺が広がり、
現在は、リハビリをしているものの左手がほとんど動かない状態にあります。
意識はしっかりしており、現在の症状は左半身の麻痺のみであると思われます。
母は高血圧でもなく、海綿状血腫による出血であり、
いつ再々出血するか分からない
ため、開頭手術(血腫を取り除き、原因の血管を焼き切る)
する必要があるとの説明を受けました。
予定では、10日後くらいに手術を予定しているとのことです。」
との事です。

#2
##1
お母様の脳血管障害の「御診断」は
「お受けもちの先生」の話からは
「「血管腫」を出血源とする「脳幹部出血」」で
御座います。
##2
「脳幹部出血」には「中脳」「橋」「延髄」と
あるのですが「脳幹部出血」の部位の御記載が無いので
「御回答の精度」は低下致します。

#3
##1
「お母様の手術」を施行すると判断された「お受けもちの先生」
の考えは。
##2
お母様に
「再出血」の可能性がある以上は出血の原因である
「血管腫」を除去しなければ「今後何も手をうてない」
ということなのですね。
##2
「脳幹の手術は大変危険であり、最悪の場合死亡したり、
昏睡状態に陥ることもあるが、
うまく行けばすぐにリハビリを開始できるようにもなると聞きました。」
との事です。
##3
その通りで御座います。
##4
お受けもちの先生も大変に一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##5
これは「血管腫」から「出血すべき状態」に至ったから
出血したのであって「今再出血の可能性は大変高い」
と考えます。

#4
##1
「この場合、危険を冒して手術をする必要はあるのでしょうか。
同じ症例の場合は、大抵手術するものでしょうか
(高血圧性の脳幹出血では手術は意味がないのでしないものと聞きました)。」
との事です。

##2
これは誠に「「脳幹部出血」の患者さん」により様々で御座います。
##3
多くの場合は「手術」出来ないほどに「重症」で
あることが多く「俄かに呼吸停止」に至る場合も稀ならずあります。
##4
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

#5結論:
##1
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##2
また御相談者の御心配のひとしおでいらっしゃるることも
よく判ります。
##3
お母様のように「入院されてからも再出血」されているのは
思い切るのは大変ですが。
##4
「再出血」の可能性高い「血管腫」と考えられますから。
##5
「お受けもちの先生」にお任せしてみるのが方法で御座います。
##6
手術以外の方法も御座います。
例えばガンマーナイフなどですが。
##7
何か「時間が迫っている気が致します」。

##8
お母様の御幸運を心よりお祈り申し上げます。

++++++++++++++++++++++++++++++
前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 9時23分24秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: YM   
おととい質問させていただいた者です。
早速のご回答ありがとうございました。
脳幹部のどこに出血があるかによって手術の難易度も症状も大きく異なるのですね。
今後、執刀される先生とはなす機会があるので、納得のいくようお話を聞こうと思
います。

2点ほど気になることがあります。

##7
何か「時間が迫っている気が致します」。

との回答を頂きましたが、これは現在も危険な状態にあるとのことでしょうか。
もしくは手術が極めて難しいとのことなのでしょうか。

また、「血管腫」を取り除くことに成功したら再出血はしないとの理解で宜しい
でしょうか。

再度の質問恐縮ですが宜しくお願いします。

[2003年11月13日 9時8分9秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【メージュ症候群のようです】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「51才、女性です。
2年位前から目が眩しくなった。
その時点抗鬱薬を3年くらい服用していた。
瞼が下がり、ボツリヌス注射も2度受けたが、効果なかった。
症状は進み、今では目の染みるような痛みでで長く目を開けていられない。
鼻も痛く、下顎が上下して、唇にしびれを感じる時もある。
リボトリールを処方されたが、効果無く、
ビタミンEも飲んでいるが効果なく、困って居ります。
何か薬あるいは治療法はありませんか?お教え下さいませ。」
との事です。

#2
##1
「瞼が下がり、ボツリヌス注射も2度受けたが、効果なかった。
症状は進み、今では目の染みるような痛みでで長く目を開けていられない。
鼻も痛く、下顎が上下して、唇にしびれを感じる時もある。」
との事です。
##2
この「症状・症候」は「偽性眼嶮下垂」を伴い「「眼の奥が痛い」
また「鼻の奥の閉塞感」は
「頭痛系の「症状・症候」」で御座います。
##3
「眼嶮痙攣」+アルフア=「メージュ症候群」
であるかどうかは別として。
##4
この「症状・症候」は「頭痛系の「症状・症候」」であり
「機能性頭痛系の「症状・症候」」で御座います。

#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##2
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」が考えられない場合を呼称いたします。
##3
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の
一群は各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。
##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」+「偏頭痛」の成分をおもちのようですが。
##5
治療戦略上は「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
と考えたほうが宜しいです。
##6
上記ご理解頂いたうえ「緊張型頭痛」或いは
「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さんの特徴を#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#7
##1
「眼科疾患」「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」
等ととよく間違えられます。
##2
皮肉なことに「脳神経外科専門医」にて
脳MRI所見から
「キアリ・アーノルド奇形:Chiari-Arnold malformation]
と間違われます。
##3
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。
##4
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。
##4
「メージュ症候群」はひとたび忘れられて。
##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
「ホルネル症候群」とりわけ
###1
「眼球陥凹」型「ホルネル症候群」
###2
眼裂の狭小型「ホルネル症候群」
と間違われます。

##7
「メージュ症候群」は教科書的な「疾患概念」で
「眼嶮痙攣」の意味しかないので「メージュ症候群」と
間違われることは少ない気が致します。


#8結論:
##1
「メージュ症候群」のことはひとたび忘れられて頂き。
##2
もしも御相談者に
「肩こり・頸こり・背中こり」がお強いようでしたらば。
##3
##2を強調されて
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。
##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
##5
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##6
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 10時48分39秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 立岩和子    URL
51才、女性です。
2年位前から目が眩しくなった。
その時点抗鬱薬を3年くらい服用していた。
瞼が下がり、ボツリヌス注射も2度受けたが、効果なかった。
症状は進み、今では目の染みるような痛みでで長く目を開けていられない。
鼻も痛く、下顎が上下して、唇にしびれを感じる時もある。
リボトリールを処方されたが、効果無く、
ビタミンEも飲んでいるが効果なく、困って居ります。
何か薬あるいは治療法はありませんか?お教え下さいませ。

[2003年11月12日 23時58分2秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【大腿部鈍痛でよく眠れません】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「48歳男性 事務職会社員、身長188CM 体重86KG 
比較的健康なつもりです。
一週間前から 午前3時頃 大腿部の鈍痛で目が覚め、
治まるまで1−3時間眠れません。
鈍痛は右足大腿部外側のみで 表面から筋肉にかけて 
非常に違和感不快感を伴ないます。
横になったままでいると一向に痛みが取れないので、
歩いたり腰をかけたりして痛みが引く
のを待つのみです。 
不思議なことに昼間は痛みを全く感じません。
眠る体勢も右下を止め 
左下や上向きで眠りにつく工夫をを試して見ましたが、
効果ありませんでした。

原因としてどのような可能性が考えられるのでしょうか? 
貴クリニックで診察検査は可能でしょうか? 

当面、症状の軽減のためにどのような対策をとることを勧められますか?
不安と睡眠不足をかかえていました所・・」
との事です。

#2
##1
「症状・症候」としては「外側大腿皮神経」の領域「違和感」で
御座います。
##2
「午前3時頃 大腿部の鈍痛で目が覚め、
治まるまで1−3時間眠れません。」との事です。
##3
##2は「「何らかの就眠中の症状・症候」による「不眠」
というよりは
「睡眠障害」そのものであると考えます。
##4
原因としては推測の域をでないのですが。
###1
「就眠中の温度差」及び
###2
「末梢静脈還流の障害」=「「静脈還流不全状態」
###3
「不眠による「症状・症候」の増悪」
の3つが考えられます。

#3
##1
何故「1週間前からはじまっったかと」考えると
「1週間前の連休」の「エピソード」に何事かないかと
考えます。
##2
当面の「応急処理」ですがにわかに思い浮かびませんが。
##3
「治まるまで1−3時間眠れません。」のであれば
「入浴されてみては如何でしょうか。」
##4
すでに「お読みになられたかも知れませんが」
この「症状・症候」は「機能性頭痛」の「症状・症候」を
御持ちの患者さんに「併発」することが御座います。
##5
「機能性頭痛」とは
「「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
などによる「症候性頭痛」が考えられない場合の「頭痛」のことなのですが。
##6
「機頭痛系の疾患」で
「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。
##7
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
をお持ちの患者さんに多かれ少なかれ御相談者と同じ「症状・症候」
がでます。
##8
上記ご理解頂いたうえ「緊張型頭痛」の患者さんの特徴を
#4に記載いたします。

#4
さて「緊張型」には特徴がございます。
##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

#5
#5
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。
##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。
##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。
##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。
##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。
##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

#6
##1
いくらなんでも「外側大腿皮神経」の「症状・症候」は
頭痛とは違う範疇の「症状・症候」のはずで御座います。
##2
けれどもこの「症状・症候」は「機能性頭痛系の「症状・症候」」
と延長線上あるいは同一線上にある病態であることが
おおいものです。
##3
このおみ足の「症状・症候」については
大変に正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
##4
治療法ですが
###1
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
###2
外用薬も用いて
###3
場合により神経ブロックを施行いたします。


#7結論:
##1
「外側大腿皮神経」の「症状・症候」で御座います。
##2
原因としては推測の域をでない「可能性」を論ずれば。
###1
「就眠中の温度差」及び
###2
「末梢静脈還流の障害」=「「静脈還流不全状態」
###3
「不眠による「症状・症候」の増悪」
の3つが考えられます。
##3
昼間帯に「症状・症候」は出ないので
器質的疾患=「画像診断でうつるもの」或いは「目に見えるもの」
の可能性は少なく「機能性の病態」と考えます。
##4
ここで「機能性疼痛」など「機能性」とは
「心理的なもの」というわjけでは全くありません。
##5
「内科疾患」の大部分例えば
「甲状腺機能亢進・低下」「糖尿病」「高血圧」「不整脈」「高脂血症」等
は機能性疾患で御座います。
##6
さりとて御相談者の「症状・症候」は「内科的」「症状・症候」
であるというわけでは御座いません。
##7
###1
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
に留意され微熱など「熱発」に留意され。
###2
「症状・症候」に対し「夜間帯、覚醒帯」に「入浴」による
「症状・症候」の改善を図られるのも方法です。
##8
如何でしょうか。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 10時27分28秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 晃    URL
48歳男性 事務職会社員、身長188CM 体重86KG 比較的健康なつも
りです。一週間前から 午前3時頃 大腿部の鈍痛で目が覚め、治まるまで1−3
時間眠れません。
鈍痛は右足大腿部外側のみで 表面から筋肉にかけて 非常に違和感不快感を伴な
います。横になったままでいると一向に痛みが取れないので、歩いたり腰をかけた
りして痛みが引くのを待つのみです。 不思議なことに昼間は痛みを全く感じません。
眠る体勢も右下を止め 左下や上向きで眠りにつく工夫をを試して見ましたが、
効果ありませんでした。
原因としてどのような可能性が考えられるのでしょうか? 
貴クリニックで診察検査は可能でしょうか? 
当面、症状の軽減のためにどのような対策をとることを勧められますか?
不安と睡眠不足をかかえていました所、このサイトを知りましたので 
飛びつくように早速相談させていただいた次第です。
なにとぞ、アドバイスいただけますよう、宜しくお願いします。

[2003年11月12日 23時29分30秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【外傷性脳内出血について】

--------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

「詳細な所見」不明で御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

#1
##1
「私の主人(27歳)は、平成14年5月に交通事故に遭いました。
意識は戻ったのですが、完全失語症、右片麻痺、理解能力な
しという、状態です。
お金は幾らかかってもかまいません。世界中で、治療が出来
る医師、病院を探しています。どんな情報でもかまいません。
そうか、助けてください!」
との事です。

#2
##1
まず「脊髄刺激装置」の埋め込みはされていますか。
##2
「「脊髄刺激装置」の埋め込み」のことは
ご存知でしょうか。
##3
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。
##4
「頭部外傷」の「機転」或いは「「頭部外傷」の「診断」」
が「外傷性脳内出血」だけでは「診断書病名」ですから。
##5
現状や「過去の血腫」の「部位・大きさ」
「び慢性軸策損傷(DAI)」の有無などが不明です。

##5
誠に申し訳ないのですが。
##6
御回答限界であり「御回答の精度」は低下いたします。


#3結論:
##1
「お受けもちの先生」と相談されて
「脊髄刺激装置」の埋め込み手術について御相談されて
みていただけますか。

##2
全く「「頭部外傷」の「状況」と正確な診断が不明なため
すなわち「左」「右」「外傷性脳内出血」の「範囲=おおきさ」
が不明であり。
##3
今「日現在のCT・MRIの「症状・症候」」
の御記載が御座いません。
##4
だから
全くの「参考」程度のご回答しかできません。
##5
申し訳ありません。
#6
「御幸運」を御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 9時8分20秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 笹倉 圭子   
私の主人(27歳)は、平成14年5月に交通事故に遭いました。
意識は戻ったのですが、完全失語症、右片麻痺、理解能力な
しという、状態です。
お金は幾らかかってもかまいません。世界中で、治療が出来
る医師、病院を探しています。どんな情報でもかまいません。
そうか、助けてください!

[2003年11月12日 22時9分33秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【仕方がなかったのでしょうか】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはお大変でしたね。
心よりお悔やみ申し上げます。

#1
##1
「54歳の主人が今年5月にたった一度のめまいで脳腫瘍が見つかり、
放射線治療を済ませ落着いていると思っていたところ、
放射線終了後1ヶ月で下半身麻痺になり結局麻痺になってから
1ヶ月で呼吸が止まってしまいました。
 入院期間は二ヶ月だけでした。神経膠芽腫グレードW
という診断ではありましたが、放射線治療で少しは命が延びたかと
安心していましたので、
余りにも早い絶命で病院側への不信感が残り困っています。
 
それまでがとても健康な体だっただけに、
生検、放射線治療だけで他の取り組みは全く提示されないまま
脳死状態になって3週間。
2ヶ月だけの入院期間の半分は脳死状態という
命のはかなさに涙の枯れることがありません。
 発病から五ヶ月だけの命なら
もっと充実した生き方をさせたかった!
せめて1年は生きながらえることは不可能だったのか?
そんなに進行の速い癌細胞なんてあるのかと
何か病院側の主人の脳腫瘍への考えが甘すぎたのではないか
と疑問に思えてなりません。
5年後の生存率は5%とはあっても、
一年以内の確率などどこにも書いてありません。」
との事です。

#2
##1
「悪性脳腫瘍」のなかでも。
##2
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]は
極めて取り分けて「悪性度」が高いものです。

##3
「グリオーマ(gloma)」の「Gr(グレード)」4は。
##4
すべからく「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]
であり。
##5
「神経膠芽腫」或いは「グリオブラストーマ」
と呼称されます。

#3
##1
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]を
治療するには
「生長解析」という「知識」が「必要不可欠」で
御座います。

##2
Gordon Steel(英国)によって提唱された「生長解析」の
概念であり。
##3
本邦の「脳神経外科専門医」
Hoshinoらの「生長解析」の理論として大変有名なのですが。

#4
##1
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]
では手術をして通常「グリオーマ(gloma)」の全摘は不可能なのですが。
##2
99.9%摘出したとしても0・01%しか「腫瘍」が残っていない
としても。
##3
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]では
「80日間」で「元の大きさに」戻ってしまいます。
##4
##3だから
「「上手な放射線療法」+「化学療法(抗がん剤治療)」
が手術に加えて「必要不可欠」で御座います。
##5
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]は
極めて悪性で御座います。
##6
私は「中枢神経系」の「器質的疾患」の中で「最悪性」の疾患であると
考えています。

#5
##1
「せめて1年は生きながらえることは不可能だったのか?
そんなに進行の速い癌細胞なんてあるのかと
何か病院側の主人の脳腫瘍への考えが甘すぎたのではないか
と疑問に思えてなりません。
5年後の生存率は5%とはあっても、
一年以内の確率などどこにも書いてありません。」
との事です。

##2
お気持ちは本当によく判ります。

##3
「5年生存率=5%」は「教科書的な数値」で御座います。
##4
「脳神経外科専門医」でも悪性脳腫瘍を専門にされている先生の場合
は「5年生存率=25%」くらいは「引っ張ります」。

#6
##1
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]

「神経膠芽腫」とも呼称されるのですが。

##2
とにかく大変な「悪性です」。

##3
「「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]が怒る」
という表現を使いますが。

##4
手術で時によては
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]
を「わずかばかり」でも正検しようとして
「一寸触っただけでも」。
##5
手術から「帰れなくなるくらい」「腫瘍」が盛り上がり
膨れてしまうことがあろます。


#6結論:
##1
「脳神経外科専門医」でも「悪性脳腫瘍」を御専門にしていないと。
##2
適切な表現が思い浮かばないのですが
「脳神経外科専門医」のタイトルだけでは。
##3
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]の患者さんは
「到底扱えない」ほど
その「悪性度」は専門性が高いです。
##4
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]の
「5年生存率=5%」は「教科書的」なもの
で御座います。

##4
「悪性脳腫瘍」治療を専門にする「脳神経外科専門医」達を
「脳腫瘍グループの先生」と呼称致します。
##5
「悪性脳腫瘍」の専門の「脳神経外科専門医」の場合
「5年生存率=25%」くらいまで引っ張れることが
御座います。

##6
「実際には半年後の生存率は何%ぐらいなのでしょうか? 」
との事です。

##7
「生存率」にも何種類もあるのですが。
上記の「5%」は概ね20年前の「相対生存率」の「報告数値」
で御座います。
##8
「相対生存率」では「半年は計算不可能」で
御座います。
##9
けれども御相談者のご質問の意味はよく判ります。
半年どころか「発見されてから八方手をつくしても」
数日で「脳死」にいたってしまうことも御座います。

##10
日ごろから「「悪性脳腫瘍」に詳しい「脳神経外科専門医」先生
におかかりになられていることが肝要なのです。

##11
「脳神経外科専門医」でも「悪性脳腫瘍」を専門とされていない
先生は「50%以上」はいらっしゃること
をご理解下さい。

##12
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]は
「悪性脳腫瘍」の中でも余りにも悪性すぎるのです。
##12
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃったことと存じます。

##13
手術でほぼ全摘出=99・9%摘出をしても
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]の場合
「80日間」で「元の大きさに」戻ってしまいます。

##14
##13だから
「「上手な放射線療法」+「化学療法(抗がん剤治療)」
が手術に加えて「必要不可欠」で御座います。
##15
「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]は
極めて悪性で御座います。

##16
私は「多型性神経膠芽腫:glioblastoma multiforme]は
「中枢神経系」の「器質的疾患」の中で「最悪性」の疾患であると
確信しています。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

お体を大切に何卒にお大事に
お健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 8時33分5秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 濱田光子    URL
54歳の主人が今年5月にたった一度のめまいで脳腫瘍が見つかり、
放射線治療を済ませ落着いていると思っていたところ、
放射線終了後1ヶ月で下半身麻痺になり結局麻痺になってから
1ヶ月で呼吸が止まってしまいました。
 入院期間は二ヶ月だけでした。神経膠芽腫グレードW
という診断ではありましたが、放射線治療で少しは命が延びたかと
安心していましたので、
余りにも早い絶命で病院側への不信感が残り困っています。
 
それまでがとても健康な体だっただけに、
生検、放射線治療だけで他の取り組みは全く提示されないまま
脳死状態になって3週間。
2ヶ月だけの入院期間の半分は脳死状態という
命のはかなさに涙の枯れることがありません。
 発病から五ヶ月だけの命なら
もっと充実した生き方をさせたかった!
せめて1年は生きながらえることは不可能だったのか?
そんなに進行の速い癌細胞なんてあるのかと
何か病院側の主人の脳腫瘍への考えが甘すぎたのではないか
と疑問に思えてなりません。
5年後の生存率は5%とはあっても、
一年以内の確率などどこにも書いてありません。
実際には半年後の生存率は何%ぐらいなのでしょうか? 

[2003年11月12日 21時20分18秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【口が中がもどかしい】

---------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「3〜4ヶ月前くらいから、話をするのに違和感を覚えました。
何となく、ろれつが廻らないというかカツゼツが悪くなったというか・・・。
そうこうしているうちに、2ヶ月前くらいから全身の筋肉がピクツクようになりました。
気分的に落ちつかなったので、いろんな診療科を受診しましたが、結果は異常なし。
ただ、つい最近は口の中がもどかしくなり、明らかに自分としては違和感があります。
口の中が痺れるというか、口のあたりの筋肉がこわばっているように感じます。
話をするのがつらく感じられ、時に息苦しさを覚えます。
もともと気管支が弱く、耳鼻咽喉科にも風邪の症状かと思い受診しましたが特に問題なし。
体重が減少しているとか食欲不振とかはありません。
しいてあげれば、食事すると満腹感があり食べる量がこころなしか減りました。
そうなると、この口の中のモヤモヤ感は何なんでしょう。」
との事です。

#2
##1
口腔内粘膜には「鼻腔(びくう)」粘膜に比して「粘液分泌腺」は乏しく
乾きやすいのです。また皮膚でないから「汗腺」がありません。
##2
そのため「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」の3大唾液腺からの口腔内に開口
する「分泌」のほかに口腔粘膜に無数に「小唾液腺」が皮膚の「汗腺」
の如く分布しています。
##3
ところが大気温度が低下すると「口腔粘膜の無数に「小唾液腺」」
の「分泌」が著しく低下します。
##4
##3の「症状・症候」は因みに「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんに多いものです。
##5
「口腔粘膜の無数に「小唾液腺」」からの分泌ふが低下すると
まず「喉の奥の「乾燥感」」が強く感じられるます。

#3
##1
「口の中が痺れるというか、
口のあたりの筋肉がこわばっているように感じます。
話をするのがつらく感じられ、時に息苦しさを覚えます。
もともと気管支が弱く、耳鼻咽喉科にも風邪の症状かと
思い受診しましたが特に問題なし。」
との事です。
##2
御相談者の御相談内容からは「
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を反復して起こしている為「反復性上気道感染」の状態にあると考えます。
##3
「反復性呼吸器感染」或いは「反復性上気道感染」は
「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さんに併発病態として
頻々と認められるもので御座います。


#4
##1
上記のように
「口腔粘膜の無数に「小唾液腺」」からの分泌ふが低下すると
まず「喉の奥の「乾燥感」」が強く感じられるます。
##2
さらに進行すると「喉が渇く」「症状・症候」のほかに
「何か口周りがおかしくなります」。
##3
この「症状・症候」が御相談者の「症状・症候」の本体のひとつであり。
##4
加わって「「緊張型」及びその「複合病態」」がおありになり
「緊張型」の「症状・症候」として
「全身の筋肉がピクツク」に至っているものと考えます。


#5結論:
##1
大気温度が低下すると「口腔粘膜の無数に「小唾液腺」」の
「分泌」が著しく低下します。
##2
「口腔粘膜の無数に「小唾液腺」」からの分泌が低下すると
まず「喉の奥の「乾燥感」」が強く感じられるます。
そして「口周りの違和感」が発生いたします。
##3
「「緊張型」及びその「複合病態」」として
9月ー2・3月までの「秋冬「症状・症候」」として
頻々と患者さんは「御自覚症状」として経験されるものです。
##4
「喉の奥が乾く」ので「炎症」と間違えて
「耳鼻科専門医先生」を受診されることも稀ならずあります。
##5
「口腔内・周囲」の違和感のほかに
咀嚼・嚥下困難、構語障害を来たすことが御座います。
とくに痙性発声障害が合併することも御座います。

##6
この「口周り違和感」+「眼嶮痙攣」=「メージュ症候群」
とされることが御座います。

##7
基本的には「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。

##8
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月13日 7時41分14秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
37歳、男です。
つい最近、気になることがあって相談です。
3〜4ヶ月前くらいから、話をするのに違和感を覚えました。
何となく、ろれつが廻らないというかカツゼツが悪くなったというか・・・。
そうこうしているうちに、2ヶ月前くらいから全身の筋肉がピクツクようになりました。
気分的に落ちつかなったので、いろんな診療科を受診しましたが、結果は異常なし。
ただ、つい最近は口の中がもどかしくなり、明らかに自分としては違和感があります。
口の中が痺れるというか、口のあたりの筋肉がこわばっているように感じます。
話をするのがつらく感じられ、時に息苦しさを覚えます。
もともと気管支が弱く、耳鼻咽喉科にも風邪の症状かと思い受診しましたが特に問題なし。
体重が減少しているとか食欲不振とかはありません。
しいてあげれば、食事すると満腹感があり食べる量がこころなしか減りました。
そうなると、この口の中のモヤモヤ感は何なんでしょう。
脳あるいは神経と何か関係あるのでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ありません。

[2003年11月12日 20時17分25秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●ご相談タイトル:【帯状疱疹と関係があるでしょうか】

--------------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。

「下顎帯状疱疹」は確かであり三叉神経痛ではない
と仮定して御回答致します。

#1
##1
「66歳の父のことでご相談いたします。
父は、10月11日頃より顎のあたりから痛みが始まり
連休明けに病院でみてもらったところ、帯状疱疹と診断されました。
相当な痛みだったようで、食事もとれず夜も眠れなかったそうです。
細菌感染症防止、アレルギー反応防止薬他の沢山の薬プラス
抗菌剤の入った塗り薬を処方されたとの事。数日してから
胃が痛み出し、薬の副作用かもしれないということで
ドクターが帯状疱疹もだいぶ良くなったようだし薬をやめましょう
ということで、治療をストップしました。ところが、胃の症状は
悪化する一方で、おまけに背中しかも右の肩甲骨の内側が痛く
痛み止めの座薬を貰って6時間ごとに使わなくては居てもたっても
いられないというのです。入院し内臓の検査をしましたが
胃カメラでは胃は多少荒れている程度でそう悪くもなく
MRIの結果も多少胆のうが腫れている程度だが、それほどの
痛みが来るとは思えないとドクターに言われたそうです。
しかし、本人は痛みがつらいらしく相変わらず痛み止めを
使用しています。現在検査入院中です。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容からは
「御父様」には「2つの」疼痛があると考えます。
###1
「10月11日頃より顎のあたりから痛みが始まり
連休明けに病院でみてもらったところ、帯状疱疹と診断されました」
という
「お受けもちの先生」から「帯状疱疹」と10月上旬に診断された
疼痛。
###2
「数日してから
胃が痛み出し、薬の副作用かもしれないということで
ドクターが帯状疱疹もだいぶ良くなったようだし薬をやめましょう
ということで、治療をストップしました。」
という
「胃の疼痛」
##2
上記の「2種類」の疼痛です。

#3
##1
まず「下顎部の「帯状疱疹」」が「帯状疱疹」であれば。
##2
10月上旬から2ヶ月未満の今は「ヘルペス痛・ヘルペス後痛・神経痛」
の3種類の「疼痛自然歴」のなかで「ヘルペス痛」の時期で御座います。
##3
「下顎帯状疱疹」であれば「大変痛く」
胃が痛いよりも「苦痛」であろうと思われます。
##4
「帯状疱疹」の「ヘルペスウイルス治療」はともかく。
##5
「「下顎帯状疱疹」の疼痛治療でおおさわぎになっている
はずで御座います。
##6
「下顎帯状疱疹」にしては「疼痛治療」が
「休薬」できるよりも「帯状疱疹」はテグレトールなどを
鎮痛剤に使うことはありますが。
##7
まず効果乏しいものなので
「どのようなお薬」を「休薬」されたのかと
考えています。

#4
##1
「御父様」の「胃の痛み」は御相談者がご指摘のように
「消化器」の疾患では御座いません。
##2
「おまけに背中しかも右の肩甲骨の内側が痛く
痛み止めの座薬を貰って6時間ごとに使わなくては居てもたっても
いられないというのです。」との「症状・症候」
のように。
##3
「御父様」は「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
はおつよそうだから。
##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う胃ばけ(あだ名です)の可能性は濃厚で
御座います。

#5
##1
「ドクターは帯状疱疹の
影響ではないと仰っているそうですが、このサイトで
帯状疱疹の治療は長期にわたるものだと知り、父の場合
胃の痛みがあったため途中でストップしたように思え
とても気になっています。」
との事です。
##2
確かに「帯状疱疹」の「ヘルペス痛・ヘルペス後痛」は
極めて痛くもしもこれが本当ならば
ヘルペスの「疼痛治療」一本やりのところです。
##3
何か「帯状疱疹疼痛」らしくない「症状・症候」でも
御座います。
##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の可能性が濃厚なのですが。
##5
「内科専門医先生」の分野ではないから困難かな
と考えます。
##6
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
けれどもこの病態を「理解」していただくのは
困難であろうと考えます。

#6
##1
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
##2
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」が強いようであれば。
##3
「お受けもちの先生」も
「ヘルペスの「症状・症候」ではない」とご指摘されている
のが幸いなのですが。
##4
「「機能性頭痛」系の「症状・症候」ではないか
とご相談可能であれば一番宜しいのですが。
##5
「お受けもちの先生」にとっても
ご家族にとっても「進展の困難」な状況である
のは理解できます。


#7結論:
##1
病態については上記御回答致しました。
##2
現実的には「疼痛」ですので
「お受けもちの先生」と「ヘルペス」の件も含めて。
##3
「麻酔科ペインクリニック専門医先生」と
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」先生
をご紹介していただいては如何でしょうか。
##4
「麻酔科ペインクリニック専門医先生」にも
「脳神経外科専門医」にも。
##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
など。
##6
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さい。
##7
「御父様」のいち早いご回復をお祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年11月12日 19時7分21秒]
---------------------------------------------------------------------------
お名前: のの   
はじめまして。66歳の父のことでご相談いたします。
父は、10月11日頃より顎のあたりから痛みが始まり
連休明けに病院でみてもらったところ、帯状疱疹と診断されました。
相当な痛みだったようで、食事もとれず夜も眠れなかったそうです。
細菌感染症防止、アレルギー反応防止薬他の沢山の薬プラス
抗菌剤の入った塗り薬を処方されたとの事。数日してから
胃が痛み出し、薬の副作用かもしれないということで
ドクターが帯状疱疹もだいぶ良くなったようだし薬をやめましょう
ということで、治療をストップしました。ところが、胃の症状は
悪化する一方で、おまけに背中しかも右の肩甲骨の内側が痛く
痛み止めの座薬を貰って6時間ごとに使わなくては居てもたっても
いられないというのです。入院し内臓の検査をしましたが
胃カメラでは胃は多少荒れている程度でそう悪くもなく
MRIの結果も多少胆のうが腫れている程度だが、それほどの
痛みが来るとは思えないとドクターに言われたそうです。
しかし、本人は痛みがつらいらしく相変わらず痛み止めを
使用しています。現在検査入院中です。ドクターは帯状疱疹の
影響ではないと仰っているそうですが、このサイトで
帯状疱疹の治療は長期にわたるものだと知り、父の場合
胃の痛みがあったため途中でストップしたように思え
とても気になっています。ただ、父はちょっと
気が弱い(特に病院関連)ところがあるので、もしかしたら
緊張型の症状なのかも。とも思ったりします。
何かアドバイスいただければ助かります。よろしくお願いいたします。

[2003年11月12日 8時28分54秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階(300u)が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストへ戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科