山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール
脳神経外科、神経内科、外科、内科、形成外科、美容外科、レーザー外科、レーザー治療
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 235
山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科
診療時間 9時〜18時 東京都世田谷区南烏山3-23-1 (旧甲州街道沿い)
土曜日も午後6時まで 京王線 芦花公園駅 北口徒歩1分 駐車場あり(8台)
休診日 木曜・日曜・祝日 TEL 03-3300-1126 FAX 03-3300-3388
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/ ←山本クリニックの詳細はこちらをご覧下さい
掲示板TOPへ

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科

リストに戻る 前のページ 次のページ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

235記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題235

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 脳CT脳MRIで脳腫瘍?脳挫傷?  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
これは困りましたね。
うまくご説明できるとよろしいのですが。

短文での御回答をお許し下さい。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「年齢は39歳 女性です。

一週間前に脳腫瘍の疑いといわれて、この一週間、眠れぬ日々が続いています。
インターネットで先生のHPを見て、
お忙しい中、先生がこのメールに目を留めていたただける事を願いながら
メールを書いております。
失礼を心からお詫び申し上げます。
もし よろしかったらお返事をいただければ・・・と
心から願っております。


先日、急激な頭痛がし、以前にも一回救急車で運ばれたことのある病院の
深夜診療を受けました。
そのときは、CTをとり イミグランを点鼻し事なきを得ました。

先生のおっしゃるには、CTに一年前もあったのだけど、
影があるから診察を受けてくださいとの事でした。
早速、翌日に診察を受け、MRIを取りました。

CT画像上は一年前と現在では まったく大きくなっていない。
MRI上では 一センチくらいの腫瘍が移っており、
まわりがぼやけている。

先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。

脳腫瘍とも脳挫傷とも断言できない。ともおっしゃいました。
私もそのMRIの画像を見て・・・・愕然としてしまいました。

実際、私は交通事故でその部位を強く打った事があります。
そのときは検査はしませんでした。

腫瘍の部位は 左前頭葉です。ちょうどおでこ・・・
の上方の部位だと思われます。

私の症状は、時々、耐えられない頭痛に襲われる。
←これは、多くの病院で緊張性の頭痛だと診断されております。
夕方頭痛が始まり 深夜にもっとも酷くなる。
意識はしっかりとある。
ずきーん ずきーんと・・・頭の中が締め付けられるような頭痛です。


現在、不安で不安でたまらない日々を送っております。
脳腫瘍であるなら 
悪性でなくても 手術をして取り除きたいと思っています。
脳挫傷であるなら 
このままにしておいてもいいのか?を不安に思っています。

これから先、テンカンや失神といったことも起こりえる
かもしれませんとも言われました。

このまま 何か動きがあるまで 
不安な日々を過ごさなければならないかと思うと
その年月を考えて・・・・本当に憂鬱になります。
明日なのか?10年後なのか?・・・・と
不安で不安でしかたがありません。

脳腫瘍であるかないかだけでも 
なんらかの方法で判別できないものでしょうか?
先生教えてください。 」
との事です。


#2
##1
「先日、急激な頭痛がし、以前にも一回救急車で運ばれたことのある病院の
深夜診療を受けました。
そのときは、CTをとり イミグランを点鼻し事なきを得ました。

先生のおっしゃるには、CTに一年前もあったのだけど、
影があるから診察を受けてくださいとの事でした。
早速、翌日に診察を受け、MRIを取りました。

CT画像上は一年前と現在では まったく大きくなっていない。
MRI上では 一センチくらいの腫瘍が移っており、
まわりがぼやけている。

先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。」
との事です。
=>##2

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
けれども
「お受けもちの先生」は
「画像診断」の段階で「臨床」が停滞しており「治療戦略」に
到ってはいらっしゃらない。

##4
「・略・先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。
脳腫瘍とも脳挫傷とも断言できない。ともおっしゃいました。」
との事です。
=>##5

##5
「お受けもちの先生」の先生は「脳神経外科専門医先生」
であろうと考えます。

##6
適切な表現が思い浮かばないのですが
私には「お受けもちの先生」の判断は
極めて不思議な御判断のように思えます。

##7
雲をつかむような・御判断。


#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
これはさぞかし御心配であろうと存じます。

##3
致し方なくも
単刀直入に御回答申し上げます。

##4
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。
しっかりと「御診断」を確立されていただいて下さい。

##5
通常の「脳神経外科専門医」が
「画像診断」で「脳腫瘍」と「脳挫傷」が鑑別
できないことはありえないと思います。

##6
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年9月27日 18時29分22秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   


年齢は39歳 女性です。

一週間前に脳腫瘍の疑いといわれて、
この一週間、眠れぬ日々が続いています。

インターネットで先生のHPを見て、
お忙しい中、先生がこのメールに目を留めていたただける事を願いながら
メールを書いております。
失礼を心からお詫び申し上げます。
もし よろしかったらお返事をいただければ・・・と
心から願っております。


先日、急激な頭痛がし、以前にも一回救急車で運ばれたことのある病院の
深夜診療を受けました。
そのときは、CTをとり イミグランを点鼻し事なきを得ました。

先生のおっしゃるには、CTに一年前もあったのだけど、
影があるから診察を受けてくださいとの事でした。
早速、翌日に診察を受け、MRIを取りました。

CT画像上は一年前と現在では まったく大きくなっていない。
MRI上では 一センチくらいの腫瘍が移っており、
まわりがぼやけている。

先生は、一年間も大きくならないのであれば、
これからは半年に一度、来院されて
検査をうけられて様子を見たらいいのではないでしょうか?
とおっしゃいました。

脳腫瘍とも脳挫傷とも断言できない。ともおっしゃいました。
私もそのMRIの画像を見て・・・・愕然としてしまいました。

実際、私は交通事故でその部位を強く打った事があります。
そのときは検査はしませんでした。

腫瘍の部位は 左前頭葉です。ちょうどおでこ・・・
の上方の部位だと思われます。

私の症状は、時々、耐えられない頭痛に襲われる。
←これは、多くの病院で緊張性の頭痛だと診断されております。
夕方頭痛が始まり 深夜にもっとも酷くなる。
意識はしっかりとある。
ずきーん ずきーんと・・・頭の中が締め付けられるような頭痛です。

現在、不安で不安でたまらない日々を送っております。
脳腫瘍であるなら 
悪性でなくても 手術をして取り除きたいと思っています。
脳挫傷であるなら 
このままにしておいてもいいのか?を不安に思っています。

これから先、テンカンや失神といったことも起こりえる
かもしれませんとも言われました。

このまま 何か動きがあるまで 
不安な日々を過ごさなければならないかと思うと
その年月を考えて・・・・本当に憂鬱になります。
明日なのか?10年後なのか?・・・・と
不安で不安でしかたがありません。

脳腫瘍であるかないかだけでも 
なんらかの方法で判別できないものでしょうか?
先生教えてください。

September 25, 2005 9:38 PM

[2005年9月25日 21時38分31秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭の中が燃えるような感じでした。  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

総じて「症状・症候」は
「 その日は、頭に重しがのったようで、わっかで締め付けられてる症状が
翌日の午前中まで続きました。
今は頭に重しがのったようでボーっとした状態です。」
という「頭痛系の「症状・症候」」と考えます。

典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「頭痛に関してのご相談です。
最初の症状ですが、運動をしていて頭の中が燃えるような感じでした。
その後、約5日後ぐらいにやはり運動中にオデコの右側が刺すような、
また、裂くような痛みを感じました。(体に力が入ると痛くなる)

近くの大学病院に行きCT検査を受けましたが、脳の出血がなく、
特に悪いところがないから2〜3日で直ると診断され、2〜3日間
安静にしてれば良いと言われました。

しかし、一週間後の運動中にオデコの左側が刺すような、
また、裂くような痛みを感じました。
その日は、頭に重しがのったようで、わっかで締め付けられてる症状が
翌日の午前中まで続きました。

今は頭に重しがのったようでボーっとした状態です。

年齢は49歳で男性です。
どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「最初の症状ですが、運動をしていて頭の中が燃えるような感じでした。
その後、約5日後ぐらいにやはり運動中にオデコの右側が刺すような、
また、裂くような痛みを感じました。(体に力が入ると痛くなる)」
との事です。

##3
「もえるような感じ」は「頭が熱い」「感じ」の「感覚障害・知覚障害」
であったのであろうと推察致します。

##4
「運動中」に「症状・症候」が起きているのが特徴と考えます。

##5
総じて「症状・症候」は
「 その日は、頭に重しがのったようで、わっかで締め付けられてる症状が
翌日の午前中まで続きました。
今は頭に重しがのったようでボーっとした状態です。」
という「頭痛系の「症状・症候」」と考えます。

##5
###1
「発作性発症:attackwise epsode」でもない。
###2
また「運動領野:うんどうりょうや」その他の大脳「症状・症候」
としての
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」
もありません。

##5
だから脳血管障害のような「病態」ではない。

##6
「近くの大学病院に行きCT検査を受けましたが、脳の出血がなく、
特に悪いところがないから2〜3日で直ると診断され、2〜3日間
安静にしてれば良いと言われました。」
との事ですが。

##7
「症状・症候」からして
脳CTなど「画像診断」では何も「異常所見」はえられないはず。


#3
##1
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」を御持ではないでしょうか。

##2
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」がお強い様であれば。
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」で御座います。

##3
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##4
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##5
「月木おち」
(saturday − sunday−monday fall)]と呼称し
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##6
「頭に重しがのったようで、わっかで締め付けられてる症状が
翌日の午前中まで続きました。
・略・頭に重しがのったようでボーっとした状態です。」
の「頭痛系の「症状・症候」」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」。

##7
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##8
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等とよく間違えられます。

##9
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##10
因みに「緊張型」に関しては
よく「ストレッチ」をしましょうとか「リフレッシュ」をしましょうとか
いわれますが感心しません。

##11
「緊張型」の患者さんは
「リフレッシュ」ができないから
このような「病態」にいたるのであるから全く感心致しません。

##12
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

特徴につき「補足1」に。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。

##13
また「頭が熱い」「症状・症候」に関しては。
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」

「頭の中、脳内が熱い [2] [2004年 4月18日 13時38分54秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/62648298016666.html
を御参照下さい。
(コピー致します=>「御参考1」)

##13
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##4
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。

##6
大学病院の頭痛専門外来の「中枢神経系専門医」或は
「頭痛専門医」(この名称の「専門医はいません)でも。

##7
「偏頭痛」の患者さんは宜しいのだが
「緊張型」の患者さんになると苦手な先生は少なくありません。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。

##8
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp



++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象」(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは「胃ばけ」(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
週末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感」がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこされることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎 」
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重要な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

「補足2おわり」

++「御参考1」+++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「60歳 女 頭の中{脳内}が熱くなり、
自分で脳内温度を下げることが出来なくなって
しまいました。
脳内に熱がこもったままの状態で放熱されません。]
熱くてたまらないので、
氷枕をして額にアイスノンを当てて頭に扇風機をかけてん寝ています。

内科、更年期外来、精神科と、どの科も効果なく、熱いままです。
血液検査、心臓、肝臓、腎臓、肺、脳Ct全て全て正常でした。
ただ熱いだけなんです。

このような場合、病院の何科で受診すればいいですか。
脳内温度を下げてもらえる病院はありますか。
脳のサーモグラフをとってもらったりしたほうがいいでしょうか。
私と同じような症状の人を、先生ご存知でしょうか。

1日も早く治りたい、ただただ治りたい一身です、
どうぞよろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
人間には「温度と痛覚」の神経は「同じ神経」を用いています。

##2
だから「脳」が熱いということは「温度と痛覚」の神経は「同じ神経」
にて「「脳」の中が「熱い」との「御自覚症状」を「認知」致します。

##3
けれども「大変」重用な「臨床神経診断学」の「ポイント」が御座います。

##4
これを#3にお話いたします。


#3
##1
「中枢神経系」=この場合「大脳」といたします。

##2
「中枢神経系」には「痛み」を感じる「神経線維」は分布
していないのです。

##3
「温度と痛覚」の神経は「同じ神経」ですから
「中枢神経系」には「熱い寒い」を探知する神経も分布しては
おりません。

##4
だから御相談者の「御自覚症状」で
「脳」が「熱い」という「御自覚症状」は「起こりえない」
「症状・症候」ということになります。

##5
私は御相談者の「「脳」が熱い」という「症状・症候」が
「起こりえない」と申し上げているのではないのです。

##6
多分に御相談者は「脳」以外の熱感を「脳」の熱感と
知らず知らずのうちに「勘違い」されているということ
が「判明」すると言うことを申し上げたいのです。


#4
##1
さて御相談者のような「症状・症候」のかたは
稀ならずいらっしゃいます。

##2
「熱い」というより「暑いか寒いかわからない」「症状・症候」
が出現していると御考え下さい。

##3
因みに「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんの「後頚部」体温は1分間のうちに「20度ー40度」
の上昇下降を繰り返されます。

##4
御相談者に「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」はおありでしょうか。

##5
もしも御相談者に「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」がおありであれば
これを「緊張型」「病態」として解決しなければ
暑いか寒いかわからない」「症状・症候」が出現は解決できません。


#5結論:
##1
「脳のサーモグラフをとってもらったりしたほうがいいでしょうか。」

=>
###1
「脳」の「サーモグラフイー」は測定できません。

###2
また「おっしゃる意味」はよくわかります。
「必要」は御座いません。

##2
「私と同じような症状の人を、先生ご存知でしょうか。」

=>

何人も何人もの患者さんで同じ「症状・症候」のかたは
いらっしゃいます。

##3
「1日も早く治りたい、ただただ治りたい一身です、
どうぞよろしくお願いします。」

=>
お気持ちは大変よくわかります。
###1
「内科、更年期外来、精神科と、どの科も効果なく、熱いままです。
血液検査、心臓、肝臓、腎臓、肺、脳Ct全て全て正常でした。
ただ熱いだけなんです。」
との事です。

###3
御可愛そうに。

###4
この「病態」は慣れていない先生或いは苦手な先生には
手も足も出ません。

##4
ここでは御相談者の「御自覚症状」には
「治療戦略」があるのだと・「治し方があるのだと」
お伝えするに留めましょう。

##5
悪性の「病態」ではないから
あまり心配ばかりしていては駄目です。
けれども御相談者がお悩みになられているのは
大変に・痛いほどによくわかります。

おかわいそうに・。

##6
的外れな御回答であればお許し下さい。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年4月18日 13時38分54秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: まつこ   
60歳 女 頭の中{脳内}が熱くなり、
自分で脳内温度を下げることが出来なくなって
しまいました。
脳内に熱がこもったままの状態で放熱されません。]
熱くてたまらないので、
氷枕をして額にアイスノンを当てて頭に扇風機をかけてん寝ています。

内科、更年期外来、精神科と、どの科も効果なく、熱いままです。
血液検査、心臓、肝臓、腎臓、肺、脳Ct全て全て正常でした。
ただ熱いだけなんです。

このような場合、病院の何科で受診すればいいですか。
脳内温度を下げてもらえる病院はありますか。
脳のサーモグラフをとってもらったりしたほうがいいでしょうか。
私と同じような症状の人を、先生ご存知でしょうか。

1日も早く治りたい、ただただ治りたい一身です、
どうぞよろしくお願いします。

[2004年4月18日 12時55分35秒]

「御参考1おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年9月25日 9時39分22秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

頭痛に関してのご相談です。
最初の症状ですが、運動をしていて頭の中が燃えるような感じでした。
その後、約5日後ぐらいにやはり運動中にオデコの右側が刺すような、
また、裂くような痛みを感じました。(体に力が入ると痛くなる)

近くの大学病院に行きCT検査を受けましたが、脳の出血がなく、
特に悪いところがないから2〜3日で直ると診断され、2〜3日間
安静にしてれば良いと言われました。

しかし、一週間後の運動中にオデコの左側が刺すような、
また、裂くような痛みを感じました。
その日は、頭に重しがのったようで、わっかで締め付けられてる症状が
翌日の午前中まで続きました。

今は頭に重しがのったようでボーっとした状態です。

年齢は49歳で男性です。
どうぞよろしくお願いいたします。

Sunday, September 25, 2005 12:49 AM

[2005年9月25日 0時49分32秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 56歳の父の脳内出血  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「9月8日に父56歳がゴルフボール大の
大きさの脳内出血になりました。
位置的にも、中心部よりも、左にずれていたのと、発見が早かったのとで、
2週間の入院で先日退院できました。

入院している間は、ずっと眠気があったようで、
ほとんどの時間寝ている状態でした。
病院では3回CTを撮り、MRIはとっていません。
大きな麻痺も無く、お箸も、もてますし、文字も書けます。
入院中は簡単なリハビリのみでした。

退院して、わかったのですが、記憶障害があるようで、
親戚の良く知っていた名前が何度聞いても
出てきません。

たまに、意味不明な事を言ったり、
やはり、以前とは少し違います。

無口な父で、普段どおりに生活しており、こちらから、
いろいろ話しかけて、いろいろ言葉、会話を聞いて
みないと障害はきずかない程度ですが、
実際のところ、どれほどの脳細胞が破壊され、
どのような障害がでるのか
まったくわかりません。

入院先の先生は日常生活がリハビリになるとおしゃって
おられましたが、なにか記憶障害によい
リハビリ等あるのでしょうか?

また、MRIをとれば、
障害について何かわかることがあるのでしょうか?

お忙しいと思いますが、宜しくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「出血性脳血管障害」として。
「高血圧性脳内出血」の起きる「部位と範囲」は
ほぼ決まっています。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
左右御記載無く。
また
止むを得ずも「部位と範囲」の御記載はありません。

##4
「9月8日に父56歳がゴルフボール大の大きさの脳内出血になりました。
位置的にも、中心部よりも、左にずれていたのと、発見が早かったのとで、
2週間の入院で先日退院できました。」
との事です。

##3
本当に宜しかったです。

##4
上記よりは「部位と範囲」は
「大脳半球」の「高血圧性脳内出血」であり「ゴルフボール」大と
仮定させて御回答致します。


#3
##1
「入院している間は、ずっと眠気があったようで、
ほとんどの時間寝ている状態でした。
病院では3回CTを撮り、MRIはとっていません。
大きな麻痺も無く、お箸も、もてますし、文字も書けます。
入院中は簡単なリハビリのみでした。」
との事です。

##2
「御父様」の
「高血圧性脳内出血」の場合「ゴルフボール」大で
とまってくれたので本当に宜しかったです。

##3
「お受けもちの先生」は場合により「開頭手術」も
考えられて脳CTの「継時的変化」を観察されたものです。

##4
「治療戦略」を踏まえた上での診断の手法としては
脳MRIでは急性期の「継時的変化」は
「不正確」である。

##5
「出血性脳血管障害」の急性期にあっては
脳MRIでは
「治療戦略」に結びつく情報量も乏しく判断は困難です。

#4
##1
「退院して、わかったのですが、記憶障害があるようで、
親戚の良く知っていた名前が何度聞いても
出てきません。

たまに、意味不明な事を言ったり、
やはり、以前とは少し違います。

無口な父で、普段どおりに生活しており、こちらから、
いろいろ話しかけて、いろいろ言葉、会話を聞いて
みないと障害はきずかない程度ですが、
実際のところ、どれほどの脳細胞が破壊され、
どのような障害がでるのか
まったくわかりません。」
との事です。

##2
「脳内出血」は「読まれての通り」「脳内実質(白質=神経線維)」
に発生致します。

##3
だから「脳表:のうひょう」の障害を起す
「虚血性脳血管障害」の「脳梗塞」と異なり。

##4
「脳内出血」は「皮質=灰白質」=「神経細胞」が
破壊されることはありません。

##5
但し「脳内出血」=「脳内」だから
「脳内実質(白質=神経線維)」の障害を起します。


#5
##1
「入院先の先生は
日常生活がリハビリになるとおしゃっておられましたが、
なにか記憶障害によい
リハビリ等あるのでしょうか?」
=>
「「入院先の先生は
日常生活がリハビリになるとおしゃっておられましたが、」
との事です。

その通りです。
日常の刺激を今現在までどおり反復されるのが
一番です。

##4
「また、MRIをとれば、
障害について何かわかることがあるのでしょうか?」
=>
脳MRIで判断できる「中枢神経系」の「画像診断能力」には
大きな限界があります。
だから
多分何も解らないでしょう。

##5
経過観察をされるのであれば
脳CTを3回(日)精査されているわけだから
脳CTを撮影されたほうが得るところは大きいでしょう。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

##3
今現在の「御父様」は退院後に時間をかけられて
次第に元の「御父様」の
「「古い昔の記憶」=「remote memory」=
「リモート・メモリー」と呼称致します。」
は回復されていくと今の私は考えます。

##4
「お受けもちの先生」の
「 入院先の先生は日常生活がリハビリになるとおしゃって
おられましたが」は
まさにその通りです。

##5
さぞかし御心配であろうと存じます。
けれども「毎日の日々」が「くすり」「リハビリテーション」と
思われて下さい。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

[2005年9月23日 16時43分9秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   


9月8日に父56歳がゴルフボール大の
大きさの脳内出血になりました。
位置的にも、中心部よりも、左にずれていたのと、発見が早かったのとで、
2週間の入院で先日退院できました。

入院している間は、ずっと眠気があったようで、
ほとんどの時間寝ている状態でした。
病院では3回CTを撮り、MRIはとっていません。
大きな麻痺も無く、お箸も、もてますし、文字も書けます。
入院中は簡単なリハビリのみでした。

退院して、わかったのですが、記憶障害があるようで、
親戚の良く知っていた名前が何度聞いても
出てきません。

たまに、意味不明な事を言ったり、
やはり、以前とは少し違います。

無口な父で、普段どおりに生活しており、こちらから、
いろいろ話しかけて、いろいろ言葉、会話を聞いて
みないと障害はきずかない程度ですが、
実際のところ、どれほどの脳細胞が破壊され、
どのような障害がでるのか
まったくわかりません。

入院先の先生は日常生活がリハビリになるとおしゃって
おられましたが、なにか記憶障害によい
リハビリ等あるのでしょうか?

また、MRIをとれば、
障害について何かわかることがあるのでしょうか?

お忙しいと思いますが、宜しくお願いいたします。

Friday, September 23, 2005 2:55 AM

[2005年9月23日 2時55分17秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 ドライ・アイ?  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1初めまして、23歳の会社員女です。どうぞ宜しくお願い致します。

今年5月末に髄膜炎(ウィルス性)にかかり、10日ほど入院して
退院しました。病気にかかった当初から目の羞明感がひどく、蛍光灯も
日の光も辛い状態でアイマスクをしていました。

退院して4ヶ月経った今も羞明感があり、テレビ、PC、本、携帯のメール
を見ると目の奥に痛みが発生し、サングラスをしていますが、
日ごろの生活が制限されます。

いくつか眼科に行って検査しても異常はなく「時間の問題だ」と
言われます。神経内科医には病気が治っているのに目の症状を訴える例は
少ないと言われ、「まあ、治るでしょう」とのことでした。

この状態ではPCを使う現在の仕事も難しいと思いますが、
慣らしていってみては?と医者に言われます。ただでさえ痛いのに
さらにひどくなったらどうしよう・・・と思います。現在も家で静養中で
休業しています。

目は特に生きていく上でとても大切でよく使う部分です。いつになればこの目が
治るのか不安です。お忙しい中申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

現在の状況:ドライアイ
   首に凝りあり。そのため一定の姿勢が辛く後頭部やこめかみ
   が痛くなる。日によって目の調子が良くなったり、悪くなったりする。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
「現在の状況:ドライアイ
   首に凝りあり。そのため一定の姿勢が辛く後頭部やこめかみ
   が痛くなる。日によって目の調子が良くなったり、悪くなったりする。」
との事です。

##3
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
「「眼科専門医先生の「病態」」等ととよく間違えられます。

##5
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態でも御座います。

##6
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##7
「緊張型」は「眼」にきます。

##8
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。


#3
##1
「緊張型」の「症状・症候」とは一重に「ただひたすら辛い」
「症状・症候」であると御考え下さい。


##2
「緊張型」の「病態」とは両肩に「外す事の出来ない
重たいの重荷を背負ったような状態」とご理解下さい。

##4
「緊張型」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による「ドライアイ」の「症状・症候」です。

##3
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による口腔内の「唾液分泌減少」の「ドライマウス」もおありであろうと
考えます。

##4
しっかり治されるためには
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci



++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象」(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1−2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは「胃ばけ」(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
週末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感」がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6−7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこされることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎 」
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重要な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

「補足2おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年9月23日 16時24分58秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   


初めまして、23歳の会社員女です。どうぞ宜しくお願い致します。

今年5月末に髄膜炎(ウィルス性)にかかり、10日ほど入院して
退院しました。病気にかかった当初から目の羞明感がひどく、蛍光灯も
日の光も辛い状態でアイマスクをしていました。

退院して4ヶ月経った今も羞明感があり、テレビ、PC、本、携帯のメール
を見ると目の奥に痛みが発生し、サングラスをしていますが、
日ごろの生活が制限されます。

いくつか眼科に行って検査しても異常はなく「時間の問題だ」と
言われます。神経内科医には病気が治っているのに目の症状を訴える例は
少ないと言われ、「まあ、治るでしょう」とのことでした。

この状態ではPCを使う現在の仕事も難しいと思いますが、
慣らしていってみては?と医者に言われます。ただでさえ痛いのに
さらにひどくなったらどうしよう・・・と思います。現在も家で静養中で
休業しています。

目は特に生きていく上でとても大切でよく使う部分です。いつになればこの目が
治るのか不安です。お忙しい中申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

現在の状況:ドライアイ
      首に凝りあり。そのため一定の姿勢が辛く後頭部やこめかみ
      が痛くなる。日によって目の調子が良くなったり、悪くなったりする。


Thursday, September 22, 2005 5:03 PM

[2005年9月22日 17時03分5秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1−2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



リストに戻る 前のページ 次のページ

掲示板TOPへ ▲このページのTOPへ


しおり 特色 設備と内容 レーザー 院長 地図 関連 トピックス 便利ツール

山本クリニック(東京都世田谷区)脳神経外科・神経内科